山手学院川越西口校 | 埼玉県川越市の塾

  • 住 所 埼玉県 川越市 新宿町1-20-17
  • 電話番号 049-241-1511
  • 最寄駅 東武東上線/JR線 川越駅 (西口徒歩8分)

●校舎予定へ●通常期時間割へ●高校入試合格体験談へ

山手学院川越西口校 校舎予定

山手学院川越西口校のご紹介

生徒の目標達成・実現にとことんこだわっていきます

 志望校合格、定期テストの点数・順位など、目標は生徒によって様々です。川越西口校では、そういった一人ひとりが持つ大切な目標を、全力でサポートしていきます。生徒のみなさんには、目標に向かって全力で努力し、それを達成する喜びを味わってほしいと思います。その積み重ねが、本物の自信につながっていくのです。  そのために、下記のような取り組みを徹底し、生徒の可能性を最大限に引き出していきます。
【全生徒に対して】
  • 学習習慣の定着(やる気を引き出すための生徒面談・三者面談を実施します。復習による定着→理解を深めるための宿題・課題の実践という流れを身につけさせます。)
  • 目標・目的をもった学習(テストの結果にこだわりをもたせます。授業外の時間に個別フォローや補習の時間を設け、テストへ向けての事前学習を徹底させます。)
  • しっかりとした学力の定着(毎週の確認テストを合格するまで繰り返させます。各テスト後には解き直し勉強会を実施して、弱点単元をつくらせません。また、授業前後の時間や土・日・祝日を利用して個人フォローを実施し、学習の遅れや苦手意識をつくらせないようにします。)
  • 通知表を意識した学習姿勢づくり(通知表評定で重要となる意欲・関心項目の対策として、発問を多くした授業を展開し、積極的に授業に参加する意識を養います。)
  • 保護者との情報共有(定期的に三者面談や電話連絡を実施します。)
【小学生に対して】
  • 中学進学を見据え、学習単元の基礎を定着させるとともに、発展的思考へとつなげていきます。(将来の中学受験・高校受験に活きる学力をしっかり養います。)
【中学受験生に対して】
  • 一人ひとりの志望校合格を実現(少人数制のクラス指導で、きめ細かな指導を実践し、難関校から中堅校まで、しっかり対応します。)
【中学生に対して】
  • 通知表「4」「5」を狙った対策の実施(土・日・祝日を利用して、中学校別もしくは単元別に、無料の定期テスト対策授業を実施します。県公立高校合格に必要な内申を、中1からしっかりと取らせます。)
【高校生に対して】
  • 目的に合わせた指導を実践(指定校推薦を意識した学校のテスト対策も、入試対策も、それぞれの目的に合わせて、しっかり対応します。)
学習を取り巻く環境が大きく変化する中で、いかにして自分の理想とする進路へ進んでいくか、その鍵は、「今できること」をきちんとやりきることにあります。川越地域No.1の、情熱溢れる山手学院の授業で、キミも夢への第一歩を踏み出しましょう。

山手学院川越西口校に通塾する小学生・中学生・高校生

川越西口校の塾生が在籍する小学校

【公立】仙波小・新宿小・中央小・今成小・大東東小・武蔵野小・大塚小・泉小・大東西小・高階北小・福原小・新狭山小・南古谷小・霞ヶ関東小
【私立】星野学園小・東京創価小
(これらの小学校の生徒が川越西口校に通塾し、元気に授業に参加しています)

川越西口校の塾生が在籍する中学校

【公立】城南中・野田中・大東中・富士見中・福原中・大東西中・高階中・山田中・堀兼中・芳野中・初雁中・霞ヶ関西中・川島西中
【私立】西武学園文理中・城北埼玉中・富士見中・星野学園中・三輪田学園中・栄東中・頌栄女子学院中
(これらの中学校の生徒が川越西口校に通塾し、仲間と切磋琢磨しています)

川越西口校の塾生が在籍する高校

【公立】川越西高
【私立】星野高・城北埼玉高・大妻嵐山高・秋草学園高
(これらの高校の生徒が川越西口校の個別スクールに通塾しています)

山手学院川越西口校 校舎案内

・川越西口校は川越の新たな中心である「ウエスタ川越」に隣接する場所に立地していることもあり、市内広範囲から多くの生徒が元気に通ってくれています。 ・校舎内装は白を基調とした、とても明るい雰囲気となっています。 ・廊下も広々としています。 ・個別スクール教室は、生徒2人までのブースに分かれており、集中して授業に臨めるようになっています。

山手学院川越西口校 時間割

小学生 ジュニア・進学コース

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
小3 ジュニア 国・算 17:15~18:50 90分(各45分)
小4 進学 国語 18:05~18:50 45分(45分×1)
算数 17:00~18:00 60分(60分×1)
小5 進学 国語 17:15~18:50 90分(45分×2)
算数 17:15~18:50 90分(45分×2)
英語 17:00~17:45 45分
小6 進学 国語 17:15~18:50 90分(45分×2)
算数 17:15~18:50 90分(45分×2)
英語 17:00~17:45 45分

小学生 オプションコース

・楽しく英語を学ぶジュニアイングリッシュ ・進級式学習のレグルスコース

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
小1~
小6
レグルス 国語 17:00~17:45 45分
算数 17:50~18:35 45分
小3
小4
ジュニア イングリッシュ 英語 17:00~17:45 45分

小学生 学童

学年 プラスワンレッスン 曜日 時間割 1日の授業時間
小学生無学年 プログラミング 16:00~17:05 30分
そろばん 16:00~17:05 30分×2
英語 17:20~18:55 45分×2
書写 16:00~17:05 30分×2
理科実験 16:00~17:40 45分×2

中学生 特進・進学コース

進学サポート県内NO.1! 高校入試は山手学院にお任せください。

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
中1 進学・特進 国・数・英 月・水・金 19:20~20:55 90分(45分×2)
理科 21:05~21:50 45分
社会 21:05~21:50 45分
中2 進学・特進 国・数・英 月・水・金 19:20~20:55 90分(45分×2)
理科 21:05~21:50 45分
社会 21:05~21:50 45分
中3 進学・特進 国・数・英 火・木・土 19:30~21:40 120分(60分×2)
理・社 19:20~21:55 150分(各75分)
川越ゼミ 15:40~17:50 120分(60分×2)
14:00~16:10 120分(60分×2)
16:20~17:50 90分
14:00~15:30 90分
入試対策ゼミ 17:45~19:15 90分
16:10~17:40 90分
14:30~16:00 90分

個別スクール

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
中学受験以外の小学生 個別指導 4科 月~土 下記からお選び下さい ※60分
中学受験小学生~高校生 個別指導 5科 月~土 下記からお選び下さい 80分
  1. 13:00~14:20
  2. 14:30~15:50
  3. 16:00~17:20
  4. 17:30~18:50
  5. 19:00~20:20
  6. 20:30~21:50

※中学受験以外の小学生は1コマ60分授業です。
◆お子様の状況・都合に合わせて受講できるのが個別スクールです。川越西口校には、小学生から高校生まで多くの生徒が通塾してくれています。「丁寧に学習を進めたい」「苦手を克服したい」というお子様はもちろん、「志望校対策をもっと細かく行いたい」「大学の指定校推薦を取るための学習を進めたい」といった進学フォローとしてもご活用ください。

2020入試 合格体験談【高校受験】

●川越市立野田中 K.I.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 早稲田大学高等学院・川越東高校


山手の先生のおかげで
 私は小学6年生の「中学準備講座」からずっと山手学院で学習してきました。最初はついていけずに悔しかったのですが、先生方の丁寧な指導のおかげで、グングンと学力が上がっていき、特進クラスに所属することができました。そこから、育伸テストなどで現在の自分の位置を知り、さらに学習に励むことができ、実力が高まっていきました。休日にも使える自習室を利用したり、分からない問題は先生に質問したりして精度を高めていきました。  入試直前には、面接の対策を何度もしてもらい、自分に自信がつき、堂々と試験を受けることができました。第一志望の面接では、最後に自ら英語で話すことができました。その結果、第一志望校に合格できました。  山手学院の先生方には感謝の気持ちがいっぱいです。積極的に問題に取り組む姿勢や集中力も、全て山手学院で養うことができました。私を成長させてくれた先生方、本当にありがとうございました。

●川越市立城南中 H.N.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 早稲田大学高等学院


全力を尽くしたから
 私は自己推薦入試を受けました。この試験は面接だけですが、面接を受ける条件として3年二学期の内申の基準をクリアしなければならず、今まで以上に学校の定期テストに集中する必要がありました。また、提出書類の文量も多く、作成にもかなりの時間がかかりました。そのため、受験勉強と自己推薦の両立は大変でした。さらに、1月に入ると面接練習が始まり、より勉強に使うことのできる時間が少なくなってしまい、不安でした。  しかし、山手学院の先生方は公立受験の勉強に並行して、私に面接練習を行ってくださり、その都度適切なアドバイスをしてくださいました。このことが自分の自信に繋がり、見事合格することができました。  この合格は、私が自分にあった受験方法を見つけられたことが大きな要因だと思います。皆さんも自分に合った受験方法を見つけて、勉強に励んでいってください。

●川越市立城南中 R.N.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 中央大学附属高校・明治大学中野八王子高校


努力のおかげで
 僕は中学3年生になった頃、入塾しようか迷っていました。しかし、このまま中学校のレベルに合わせているだけではいけないと感じ、6月に山手学院に入塾しました。夏期講習から集団授業に参加し、宿題などを必ず終わらせるように頑張りました。また、夏期合宿は、最初は緊張しましたが、多くの友達や仲間と楽しく、充実した時間を過ごすことができました。合宿後も気を抜かずに勉強し、11月頃から過去問題を解き始めました。個別の授業でも志望校の対策をしっかりとしていただき、少しずつ力をつけていくことができました。冬期講習、正月特訓も終わり、いよいよ本番の日が来ました。当日は、全ての問題で、集中してミスのないよう丁寧に解き、自分の力を出し切りました。翌日、自分の合格を知った時はとても安心しました。今までの努力を本番で全て発揮できたことが嬉しかったです。これまで支えてくれた全ての人に感謝し、これからも努力を続けていきたいと思います。

●川越市立富士見中 S.T.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立川越高校・川越東高校(理数【B特待】)・大宮開成高校(特選Ⅰ類)


山手学院に通ってつかみとった合格
 私は山手学院で頑張ってきて本当に良かったと思います。三年生に進級した頃の私には、第一志望に届くような学力はなく、模試などでの志望校判定は常に努力圏でした。しかし、先生との面談などを通して、自分のやるべきことが分かり、全力で勉強に取り組むことができました。その結果、夏休みが終わる頃には学力が大きく伸び、良い成績を残すことができました。このとき、志望校との距離が縮まったことを実感し、勉強に対するモチベーションも上がってきました。  二学期は、学校行事などでとにかく忙しく、学力が伸び悩む時期があり、学校の先生には、このままだと志望校は厳しいと言われていました。しかし、私は山手学院の先生方を信じて勉強を続け、併願校の受験で最高の結果を出すことができました。その勢いのまま、本番でも全力を出し切り、合格することができました。山手学院に通っていたからこそ、つかみとれた合格でした。

●川越市立城南中 T.T.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立川越高校・川越東高校(普通)・城北埼玉高校(本科)


受験生との自覚
 私が山手学院に入塾したのは、小学校六年生の春休みのときでした。初めは、塾に行って勉強するのがとても面倒でした。しかし、中学校三年生になり、自分が受験生であることを自覚し始めたころから、塾をよく頼るようになりました。  中学校三年生の夏、私は今までに経験したことのないほどの勉強をしました。しかし、そのときはまだ志望校を受験することは難しいくらいの状況でした。  受験まで残り二週間となったとき、その頃の自分をよく理解し、腹をくくって、塾の先生をたくさん頼って必死に勉強しました。不安な気持ちはありましたが、自分を信じ、諦めずに勉強したことで受験を成功させることができました。山手学院に通っていて良かったと思います。

●川越市立大東中 H.O.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立川越高校・川越東高校(理数)・城西大付属川越高校(特別選抜)


志望校合格は新たなスタート
 僕は中学二年生の冬期講習のとき、山手学院に入塾しました。山手学院の先生方の良質な授業によって、伸び悩んでいた僕の学力がぐんぐんと成長して、今まで幻のような存在だった高校にも手が届くようになりました。  中学三年生の夏期講習から本格的に始まった受験勉強は、ゴールまでがとても長く辛いものでしたが、山手学院の先生方の親身なサポートのおかげでやりとげることができたと思います。特に講習中の授業はとてもためになりました。先生が授業に熱心なのはもちろんのこと、他の塾では教えてもらえないような入試に役立つ知識も教えてもらうことができたからです。 山手学院の先生方は、よく「高校に合格することが全てではない」と言っていました。僕もその通りだと思います。志望校合格は新たなスタートになるので、今まで以上に勉強に集中して取り組み、充実した高校生活を送りたいです。

●川越市立福原中 S.N.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立川越高校・川越東高校(普通)・星野高校(S類特進選抜)


周囲と切磋琢磨して臨んだ受験
 僕は中学生になる頃から山手学院に通い始めました。その頃は塾や家でも真面目に勉強していませんでした。三年生になって、周りの友達が勉強に熱心に取り組んでいたので、自分もしっかりやろうと思っていました。しかし、一年生のときからしっかり勉強していたわけではなかったので、あっという間に周りの友達に追い抜かれてしまいました。  でも、山手学院の先生は、面談を通じて育伸や北辰、定期テストなどから分かった自分の苦手を伝えてくれました。そのため、僕は苦手なところを中心に勉強に取り組むことができました。また、難関公立高校を目指す仲間と一緒に勉強した夏期合宿や正月特訓では、より緊張感が高まり集中できました。このような様々なサポートのおかげで、県立川越高校に合格することができました。  山手学院の先生方、本当にありがとうございました。

●川越市立城南中 S.S.さん
●山手学院 川越西口校
●合格校 川越女子高校・淑徳与野高校(選抜A)


努力すれば夢は叶う
 私は、小学五年生のときから山手学院に通っていました。山手学院の先生方は、成績が伸び悩んでいたり、なかなか志望校が決まらなかったりしたときも優しくサポートし、常に私を導いてくれました。また、どんなときでも質問をすれば答えてくださり、励まし続けてくれました。そんな先生方の温かさがあったことで合格の道へと歩むことができました。  私は正直、自分が受かる見込みはないと思っていました。しかし、先生方の指導の下、最後まで諦めずに粘った結果、合格することができました。私はこのことから、どんなに駄目だと思っても、最後まで努力を続ければ夢はかなうということを学びました。最後まで励まし続けてくださった山手学院の先生方、本当にありがとうございました。そして、これから受験を迎える皆さんも、粘り続けて自分の夢をつかんでください。

●川越市立城南中 Y.N.さん
●山手学院 川越西口校
●合格校 川越女子高校・淑徳与野高校(選抜A)


受検を通して学んだこと
 私は、小学六年生の終わりに山手学院に入塾しました。中学二年生からは特進クラスに入りましたが、まわりの人たちに全然ついていけず勉強が少し嫌になってしまいました。しかし、先生方の授業のおかげで少しずつ理解できるようになり、成績も上がりました。特に数学や英語が分かるようになりうれしかったです。それから勉強することが嫌ではなくなり、前より勉強を積極的にするようになりました。  受検では合格できましたが、正直、自分では悔しい気持ちもありました。もっと一、二年生のときに勉強しておけばよかった、もっと苦手なところの復習をしておけばよかった等、入試を受けた後にとても後悔しました。自分の力を出し切った、だからもう後悔はない、と思えなかったことが本当に悔しかったです。また、私は入試後、受検した高校に不合格になったとずっと思っていました。しかし、合格することができました。  私は受検の経験から最後まであきらめないことや、自分の弱い部分を知りました。これからは一つ一つのことに全力で取り組んでいこうと思います。あきらめないことや弱い部分を知れたこと、そして合格できたことは山手学院のおかげだと思います。本当にありがとうございました!

●川越市立富士見中 Y.H.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 市立浦和高校・大宮開成高校(特選Ⅰ類)・細田学園高校(特進H【奨学生S】)


困ったときは先生が頼れる存在に
 私は中学一年、二年ではあまり熱心に勉強をしていませんでした。しかし中学三年生になるときに、先生の一言でやる気が出て、熱心に勉強をし始めることができました。週末や夏休み、冬休みには、朝早くから自習室が開いていたので、自習室を友好的に使うことができ、学力を伸ばすことができました。困ったときには、いつも先生が助けてくれました。授業では夏休みから特進クラスに上がったのでついていけるか心配でしたが、先生の分かりやすい説明でついていけるようになり、勉強をすることに楽しさを感じるようになりました。  私が勉強に一生懸命に取り組めたのは山手学院のおかげでした。山手学院で学び、合格できたことを誇りに思います。ありがとうございました。

●川越市立城南中 R.I.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 所沢北高校(普通)・川越東高校(普通)・西武学園文理高校(普通)


継続して学習する習慣が身についた
 私は、初めやる気も行きたい高校もありませんでしたが、自分で志望校を決めてからは、一生懸命頑張りました。まず、夏期講習の授業後に、毎日少しでも必ず自習をするようにしました。そこでは新しく学習したことではなく、その日の授業でできなかったところを重点的に復習するようにしました。その習慣は冬まではなかなか続かず、成績が伸び悩んだ時期もありました。焦りも覚えましたが、冬からは塾の授業の前に勉強に取り組み、塾の授業がない日も毎日自習室での勉強に励みました。そうして一つずつ苦手をつぶしていき、合格することができました。

●川越市立城南中 M.K.さん
●山手学院 川越西口校
●合格校 所沢北高校(普通)・星野高校(α選抜)


苦手科目も自信が持てた
 私が志望校を決めたのは中学二年生の後半の頃でした。その頃は塾に通っておらず、成績も全く伸びなかったので一度は諦めようとしました。しかし、塾に通い始めると少しずつ成績が伸びて、志望校にほんの少し手が届きそうになりました。  私は社会や英語が苦手で、英語の学校選択問題はいつも平均点より下か、ぎりぎり上くらいでした。しかし、塾の先生方の指導によって、問題の見かた、ポイントなどが分かるようになり、得意とまではいきませんがある程度力をつけることができました。また、合宿などで長時間学習をすることで、集中力を高めることができ、耐える心も育ちました。  ここまでとても大変でしたが、受験は長いようであっという間に終わりました。私が合格できたのは勉強の他に強い心を持つことの大切さを教えてくれた山手学院の先生方や多くの人が支えてくれたおかげです。最後まで諦めなければ夢は叶うのだと思います。