山手学院所沢東口校のご紹介

生徒の「本気」に全力で応えます!

山手学院所沢東口校 校舎予定

※予定は変更になる場合があります。

山手学院所沢東口校 時間割(2021年度)

小学生 進学コースの時間割

公立中学進学を予定している小学生のための基礎学力・応用力 育成コースです。

学年 コース 教科 曜日 授業時間帯 1日の授業時間
小4 進学 国語 18:10~18:55 45分(45分×1)
算数 17:00~18:00 60分(60分×1)
小5 進学 国語 17:00~18:40 90分(45分×2)
算数 17:00~18:40 90分(45分×2)
英語 17:00~18:00 60分
小6 進学 国語 17:00~18:40 90分(45分×2)
算数 17:00~18:40 90分(45分×2)
英語 18:10~19:10 60分
小学生 オプションコースの時間割
学年 コース 教科 曜日 授業時間帯 1日の授業時間
小4 ジュニアイングリッシュ 英語 17:00~17:45 45分
小学生 中学受験コースの時間割

一人ひとりに最善の指導を実践する山手学院の中学受験コースです。

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
小4 中学受験 国語 17:00~18:40 90分(45分×2)
算数 12:20~13:55 90分(45分×2)
理・社 14:00~15:35 90分(各45分)
小5 中学受験 国語 17:00~19:10 120分(60分×2)
算数 17:00~19:10 120分(60分×2)
理・社 15:00~17:40 150分(各75分)
小6 中学受験 国語 17:00~19:10 120分(60分×2)
算数 月・金 17:00~19:10 240分
理・社 15:00~18:10 180分(各90分)
中学生 進学・特進コースの時間割

進学サポート県内NO.1! 高校入試は山手学院にお任せください。

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
中1 進学 国・数・英 月・水・金 19:20~20:55 90分(45分×2)
理科 21:05~21:50 45分
社会 21:05~21:50 45分
中2 進学 国・数・英 月・木・金 19:20~20:55 90分(45分×2)
理科 21:05~21:50 45分
社会 21:05~21:50 45分
中3 進学 国・数・英 火・木・土 19:30~21:40 120分(60分×2)
理・社 19:15~21:55 150分(各75分)
特進 国・数・英 火・木・土 19:30~21:40 120分(60分×2)
理・社 19:15~21:55 150分(各75分)
合格へ一直線!合格必勝ゼミ
学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
中3 入試対策ゼミ 17:30~19:00 90分
17:30~19:00 90分
17:30~19:00 90分
日曜ゼミ 難関公立高校必勝ゼミ 国数英
理社
1限目:13:00~14:30 90分×3
2限目:14:40~16:10
所沢北高校必勝ゼミ 3限目:16:20~17:50
定着テスト実施週の3限目は16:20~18:00
個別スクールの時間割
学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の
授業時間
中学受験以外
の小学生
個別指導 4教科 月~土 下記からお選び下さい
  1. 13:00~14:20
  2. 14:30~15:50
  3. 16:00~17:20
  4. 17:30~18:50
  5. 19:00~20:20
  6. 20:30~21:50
※60分
中学受験小学生
~高校生
個別指導 国数英理社 月~土 80分

※中学受験以外の小学生は1コマ60分授業です。

 「習い事がある小学生」「部活動が忙しい中・高生」など、一人ひとりのご都合に合わせた指導ができるのが「個別スクール」です。生徒ごとにカリキュラムを組んで指導しますので、それぞれの目標・目的に合わせた学習を行えます。私立中学生や高校生も、目的に応じた指導を行います。

2021入試 合格体験談【高校受験】

  • 所沢市立南陵中 S.M.さん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校  中央大学附属・星野(S類特進選抜)

可能性10%からの合格

 私は、中学一年生の三月から特進のクラス指導を受講し、三年生の九月に個別指導の併用受講を始めました。
 中央大学附属高校が私の第一志望校になったのは二年生の夏でしたが、一年生の頃から常に内申で高い値を取れるように意識していたので、内申の数字という点ではあまり心配はありませんでした。しかし、緊急事態宣言による長期の休校や、夏合宿が中止になってしまったことによって、受験生である私に甘えや気の緩みが生じ、受験が終わった今振り返ってみても、とても受験生とは言えない毎日を過ごしてしまっていました。さらに、11月・12月の北辰テストで合格の可能性10%という現実を突きつけられ、「正直厳しいかもしれない」「第二志望の高校でもいいや」と思ってしまうことさえありました。それでも山手学院の先生方は私のために時間を割いて教えてくださり、また、個別指導では私の苦手な部分を克服するために私に合った問題を毎回用意してくださりました。そのおかげで、入試までの約1か月は自分でもはっきりと実感できるほどに学力の伸びを感じ、更なるやる気と自信を持つことができました。
 支えてくださった先生方がいたからこそ、私は「中央大学附属高校合格」という目標を成し遂げることができました。先生方に合格を報告した際の祝福の言葉と笑顔がとても嬉しかったです。山手学院には本当に感謝しています。ありがとうございました。

  • 所沢市立南陵中 S.H.さん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校  さいたま市立浦和・錦城(特進)・星野(S特)

丁寧なサポート

 私は中学二年生から入塾しました。入塾当初は定期テストの点数を上げるという目的で通っていましたが、中学三年生になると、受験を特に意識するようになりました。中学三年生の春の段階では、特に行きたい高校もありませんでしたが、高校をいくつか見に行ってみて、行事の多さや学校の雰囲気にひかれて市立浦和高校に行きたいと思うようになりました。しかし、塾の授業はついていくので精一杯。「本当に合格できるのだろうか」「不安で全く自信がない」と思う日々が続きました。それでも、講習や集中特訓をやっていく中で、学力が向上していくのが自分でも分かり、それが自信へとつながりました。また、先生方に最後までサポートしていただいたので、入試当日には特に不安もなく、安心して落ち着いて入試を受けることができました。
 最後まで丁寧にサポートしてくれた先生方がいたからこそ、合格できたのだと思います。合格を報告したとき、たくさんの人が喜んでくれ、祝福してくれたときのうれしさは本当に忘れられません。山手学院には感謝しかありません。本当にありがとうございました。

  • 所沢市立南陵中 R.M.くん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校  県立川越・中央大学附属(普通)・拓殖大学第一(特進)

明確な目標に向かい努力することが大切

 僕は、中学三年の始めに山手学院に入塾しました。入塾した当初は、周りの生徒達のレベルが高く、一時は自分に自信を失くし、志望校を下げようか迷った時期もありました。ですが、日々の授業で先生方の丁寧な指導により、二学期に入るころにはそのような不安もなくなり、全力で第一志望への受験に臨むことができました。そして、結果として、川越高校に合格することができました。
 今回の受験で僕が学んだことは、早めに志望校や当日の目標点を決め、それに向かって勉強することが大切だということです。ただ漠然と勉強していても結果は出ません。明確な目標を決め、それに向かって努力することが大切だと思います。
 最後に、一年間僕の受験勉強をサポートして下さった先生方には、とても感謝しています。ありがとうございました。

  • 所沢市立中央中 D.N.くん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校  県立川越・中央大学附属(普通)・拓殖大学第一(特進)

先生方のレベルの高さ

 僕はもともと塾に入るつもりはなく、親に言われて仕方なく入りました。初めはあまり塾に入ったことで何か特別に良くなったという実感はありませんでしたが、北辰テストの結果が実感させてくれました。僕は塾に入る前はほとんど家庭学習をしていませんでしたが、塾に入ったことによって確実に勉強時間が増えました。僕が一番驚いたのは先生方のレベルの高さです。私立の過去問を解いた際に分からなかった問題を何問も同時に質問に行ったことがありました。先生が解答も見ずににどの問題も分かりやすく解説してくれたことに非常に驚きました。数学以外の教科の先生も同様に答えてくれました。また、山手の先生は僕が不安なときいつも優しくより添ってくれました。
 一年にも満たない短い入塾期間ではありましたが、高校でもし塾に入るならば絶対に山手学院にします。

  • 所沢市立東中 K.S.さん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校  川越女子・星野(α選抜)

感謝

 私は、中学校入学当初からずっと山手学院に通っていました。YOTや育伸テスト、特進判定テストは私にとってさほど大きな壁ではありませんでした。二年生までは。
 入試まで残り一年半を切ったあたりから、もともと苦手だった国語や得意だった数学でさえも点数が伸びなくなってしまいました。部活をすることが大好きだった私は、徐々に勉強から遠ざかるようになりました。この悪循環を断ち切ったのは、コロナウイルスでした。学校が休校になり、部活動が停止され、私たち受験生がやることが勉強に絞られたことで、私はスランプから抜け出せました。
 塾の合宿がない。過去問があてにならない。不安要素はたくさんありました。解けない問題を前に何度も泣きそうになりました。それでも、塾の先生方は私に優しく、丁寧に教えてくれました。そんな先生方に私は感謝しかありません。私を志望校合格まで導いてくださり、本当にありがとうございました。

  • 所沢市立東中 S.Y.さん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校  川越女子・錦城(特進)・星野(α選抜)

後輩の皆さんに向けて

 私は、小学六年生の夏にこの山手学院に入塾をしました。私は普段から家庭学習に取り組み、コツコツやるタイプでした。今ではそれを続けることができて良かったと思います。理由は二つあります。
 一つ目は、受験期で学習時間を増やそうとしたときに、慣れがあり楽に増やせたことです。
 二つ目は、普段から学習していたことで身についていることが多く、復習より演習に時間を仕えたことです。
 この二つは普段からコツコツとやる人にしかできないと思います。今からでも始めてみてはどうでしょう。
 最後に、私が合格できたのは、間違いなくこの塾でやってきたからです。校舎の先生方や講習、特訓やゼミなどを利用して、後悔のないようにしてほしいと思います。

  • 所沢市立東中 S.E.くん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校  所沢北(理数)・川越東(普通)・狭山ヶ丘(Ⅱ類)

二つの対策

 僕が、所沢北高校の理数科に合格するために行ってきたことを二つ紹介します。
 一つ目は、休憩時間に何をするかです。テレビやスマホに触れたくなかった僕は、文系教科と理系強化を交互に勉強するという対策をとっていきました。つまり、文系教科を勉強したら、休憩として理系教科を勉強するということです。この方法を始めてから、僕は効率よく学習することができるようになりました。
 二つ目は、苦手教科の対策です。僕は特進クラスに在籍してはいましたが、クラスの中で圧倒的に国語ができませんでした。先生方にたくさんの助言をもらい、僕は国語の対策をたくさんしてきました。その中で心がけたことは、解答だけでなく解説を中心にしっかりと見直しをするということです。
 僕はこれらの対策をとり、熱心に勉強を続けた結果、第一志望に合格できました。今年はレベルが高いと聞いていたので、気をゆるめないようにしていきます。

  • 所沢市立南陵中 E.N.さん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校 所沢北・山村学園(文理)

最後まであきらめない

 入塾当時、私の理社の偏差値は50台前半と、第一志望校である所沢北高校には程遠いスタートでした。秋の北辰では、成績が上がるどころか下がる一方で、何度も心が折れそうになりました。志望校を変えた方がいいのではないかと何度も悩みました。そんなときに、山手学院の先生方がたくさん声をかけてくれて、何とか頑張り続けることができました。分からないところを質問すると、分かるまで詳しく教えてくれて、少しずつではありましたが、確実に学力が向上している手ごたえがありました。
 山手学院での授業や日曜ゼミを通して、一年間で理社の偏差値は10以上上がりました。そして、最後まであきらめずに勉強を続けた結果、第一志望に合格することができました。一年間頑張り続けられたのは、一緒に頑張ってきた友達、支えてくれた先生たちのおかげです。一年間ありがとうございました。

  • 所沢市立南陵中 K.T.さん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校 所沢北・錦城(特進)・狭山ヶ丘(Ⅰ類)

バスケと受験の両立

 私は、小学校三年生からバスケを始め、中学生になっても上の大会に出場することを目指していたので、定期テスト前以外は、ほとんど勉強をせず、部活から帰った後もクラブチームに通うなど、バスケばかりしていました。
 しかし、中学三年生になり、受験を意識し始め山手学院に通い始めた頃から、勉強でも上の学校を目指してみたいと思うようになりました。
 けれども、私の学力は全く足りていませんでした。そこで、今まで以上に授業に真面目に取り組み、分からないところを周りの友達や先生にどんどん質問するようにしました。その結果、十一月を境に学力を急激に伸ばすことができました。また、日曜ゼミや冬期講習で苦手な数学を少しは克服することができ、最終的に目標の学校に合格することができました。
 私が合格することができたのは、先生方や周りの友達のサポートのおかげです。本当にありがとうございました。

  • 所沢市立中央中 R.K.さん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校 所沢北・狭山ヶ丘(Ⅱ類)・錦城(進学)

特進判定の失敗から

 私は、中二の夏期講習から山手学院に入塾しました。初めは特進クラスでのスタートで、学校では習わないような英語の文法や数学の解法などを授業で学べました。ですが、中二の終わりの特進判定テストで失敗してしまい、中三の最初はV1クラスでのスタートになってしまいました。先生はそんな私に「中三の夏にもう一度チャンスはあるからそこでまた上がってくればいい」と言ってくださいました。だから私はもう一度特進クラスに上がることを目標にして日々勉強を続けて、その結果特進クラスに戻ることができました。特進クラスでは自分と同じ高校を目指す人も多くいて、より一層受験勉強に気合いが入りました。苦手な数学では分からないところを先生に積極的に質問しました。先生は、理解が遅い私にも分かるまで教えてくれました。そのほか、各教科の先生方も私の質問に丁寧に分かりやすく教えてくれました。
 志望校合格を勝ち取れたのは山手の先生たち、親のサポートのおかげだと心から思っています。本当にありがとうございました。

  • 所沢市立東中 R.I.さん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校 所沢・西武台(選抜Ⅱ)

大逆転

 三年生になった春に、志望校を所沢高校に決めましたが、私が本当に頑張ったのは、冬期講習から受験本番までだったと思います。それまでの期間は、勉強をしていないわけではありませんでしたが、本気になれてはいませんでした。こんなに何か一つのことに集中して頑張ったのは生まれて初めてでしたが、育伸テストでも北辰テストでも全然良い結果が出せなくて、所沢高校を志望するのはやめたいと何度も思いました。科目によっては偏差値が三十台や四十代と、所沢高校に入るためには二十以上足りていないこともありました。志望校判定もほとんどが要検討で、良くて努力圏の一番下でした。それでも私が頑張れたのは、そんな成績にもかかわらず応援してくれた山手の先生や、両親、友達がいたからでした。発表の日になっても、本当に絶対に受かれないと思っていました。合格通知を手にした今、まだまだ信じられません。ですが、ここで気をゆるめず、高校でも頑張りたいです。一年間お世話になりました。本当にありがとうございました。

  • 所沢市立東中 N.M.さん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校 所沢・山村学園(総進選抜)・細田学園(選抜L)

少しずつでも努力を重ねる

 私は、中学校三年間で、すこしずつでもいいから努力する大切さを学びました。
 私が塾に入ったのは、小学校六年生のときでした。そのときは、なんとなく勉強をしているだけで、勉強に対する特別な意識はありませんでした。中学一年生になると、塾でテストを受ける機会が多くありました。私はある時の英語のテストで十六点を取ってしまったことがあります。その衝撃から、少しずつ勉強に対する意識が変わりました。私は英語が苦手だったので、毎日少しでもいいからやることを目標にして受験勉強をしました。北辰テストでは、あまり得点が伸びず、英語が足を引っ張ることが多くありましたが、入試当日では最もいい結果を出すことができました。これからも少しずつでも努力することを大切にしていきたいと思います。

  • 所沢市立南陵中 K.S.くん
  • 山手学院 所沢東口校
  •  合格校 所沢・明法(普通)

苦手科目を諦めない

 ぼくは三年生になったばかりの頃は、北辰テストで思うように点を取ることができず伸び悩んでいました。十月くらいまでは北辰テストの合格率でも五十パーセントをほとんど超えず、合格圏に入ったこともありませんでした。十月に入り、勉強時間を増やしたことで十一月の北辰テストでは合格率が五十パーセントを超えて合格圏に入ることができました。特に、三年生の初めに最も苦手としていた国語が急に点数が取れるようになり、受験時には国語が一番の武器になりました。苦手な科目だからと最初から諦めないでコツコツと勉強を続けることと、気合を入れて勉強時間を増やすことが大切だと実感しました。受験直前には、他の教科の点数もかなり高くなり、自信を持って入試に挑むことができました。
 受験は終わったけれど、ここで勉強をやめずコツコツとやっていきたいです。特にあまり点の良くなかった理科にもっと磨きをかけていきたいと思っています。

山手学院所沢東口校 | 埼玉県所沢市の塾

住 所 所沢市くすのき台3-4-2
電話番号 04-2968-9991
最寄り駅 西武新宿線 所沢駅 (徒歩3分)

所沢東口校の塾生が在籍する小学校

北秋津小、所沢小、美原小、安松小、北小、若松小、並木小、上新井小、秋津小、秋津東小 (これらの小学校の生徒が所沢東口校に通塾し、元気に授業に参加しています)

所沢東口校の塾生が在籍する中学校

南陵中、東中、所沢中、中央中、美原中、上山口中、東村山第二中、工学院大附属中、日大二中、明治学院中、中央大附属中、狭山ヶ丘高付属中、星野学園中(これらの中学校の生徒が所沢東口校に通塾し、仲間と切磋琢磨しています)

所沢東口校の塾生が在籍する高校

白梅学園高、城北埼玉高、城西川越高、西武文理高、十文字高(これらの高校の生徒が所沢東口校の個別スクールに通塾しています)