夏期講習受付中

まだ間に合います!
お気軽にお問い合わせください。
夏期講習キャンペーン詳細

コース 開始日
小4~小6 進学(国・算) 8月2日
中1・中2(国数英) 8月2日
中3 7月26日

山手学院藤沢校のご紹介

みなさんの希望を叶えるため、全力で指導にあたります。

山手学院藤沢校 校舎予定

※予定は変更になる場合があります。

山手学院藤沢校 時間割(2021年度)

小学生 進学コースの時間割

公立中学進学を予定している小学生のための基礎学力・応用力 育成コースです。

学年 コース 教科 曜日 授業時間帯 1日の授業時間
小4 進学 国語 17:30~18:15 45分(45分×1)
算数 17:30~18::30 60分(60分×1)
小5 進学 国語 17:00~18:40 90分(45分×2)
算数 17:00~18:40 90分(45分×2)
英語 17:00~18:00 60分
小6 進学 国語 17:00~18:40 90分(45分×2)
算数 17:00~18:40 90分(45分×2)
英語 18:00~19:00 60分
小学生 オプションコースの時間割
学年 コース 教科 曜日 授業時間帯 1日の授業時間
小2~小6 レグルス 国語 17:00~17:45 45分
算数 17:55~18:40 45分
小4 ジュニアイングリッシュ 英語 16:15~17:00 45分
小2~小6 QUREO プログラミング 月~土 ご希望制 60分
中学生 特進・進学コースの時間割

進学サポート県内NO.1! 高校入試は山手学院にお任せください。

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
中1 進学 国・数・英 月・水・金 19:20~20:55 90分(45分×2)
中2 進学 国・数・英 月・水・金 19:20~20:55 90分(45分×2)
理科 21:00~21:45 45分
社会 21:00~21:45 45分
中3 進学 国・数・英 火・木・土 19:30~21:40 120分(60分×2)
理・社 19:10~21:50 150分(各75分)
特進 国・数・英 火・木・土 19:30~21:40 120分(60分×2)
理・社 19:10~21:50 150分(各75分)
個別スクールの時間割
学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の
授業時間
中学受験以外
の小学生
個別指導 4教科 月~土 下記からお選び下さい
  1. 13:00~14:20
  2. 14:30~15:50
  3. 16:00~17:20
  4. 17:30~18:50
  5. 19:00~20:20
  6. 20:30~21:50
※60分
中学受験小学生
~高校生
個別指導 国数英理社 月~土 80分

※中学受験以外の小学生は1コマ60分授業です。

 「習い事がある小学生」「部活動が忙しい中・高生」など、一人ひとりのご都合に合わせた指導ができるのが「個別スクール」です。生徒ごとにカリキュラムを組んで指導しますので、それぞれの目標・目的に合わせた学習を行えます。私立中学生や高校生も、目的に応じた指導を行います。

2021入試 合格体験談【高校受験】

  • 狭山市立入間野中 N.S.さん
  • 山手学院 藤沢校
  •  合格校  中央大学附属

頑張れる環境が山手学院にはある!

 私は中学2年生の2月に山手学院に入塾しました。中3のクラス替えで特進クラスに入りましたが、周りのレベルが高く、毎回の授業を必死に受けていました。怠けやすい私にとってこの環境はとても合っていて、学習への意欲を高めることができたと感じています。
 入試直前は毎日、塾へ通っていました。分からない問題は、必ず先生に聞いて、その場で解決するように心がけていました。入試1週間前の補習中に行った過去問で、合格点には程遠い点数を取ってしまった時もありましたが、そんな時でも先生方は丁寧に指導してくれました。本当に最後までお世話になりました。
 入試本番では、「過去問を解くように。特別なことをしない。」という先生のアドバイスが役に立ちました。入試の感覚は、正月特訓や補習の時と同じ緊張でした。その緊張に慣れていたため、冷静にこれまでの勉強の成果を発揮することができたと思います。
 私の合格は先生方の指導があってこそだと思います。勉強を苦に思わず、楽しく学ぶことができました。本当にありがとうございました。

  • 所沢市立狭山ヶ丘中 K.O.くん
  • 山手学院 藤沢校
  •  合格校  県立川越高校、川越東高校(普通)、城北埼玉高校(本科)

周りのサポートのおかげで

 私は小学6年生の冬期講習に山手学院に入塾しました。当時は、自分に川越高校なんてレベルが高すぎると思っていました。ただ、基礎から応用まで毎回密度の濃い授業を受け、次第に学力も上がっていき、中3の春に特進クラスに入りました。新型コロナウイルス流行の影響により、このままで大丈夫なのか不安に感じる時もありましたが、先生方の熱心な指導で、着実に学力が上がっていったと思います。
 特進クラスでは、周りに学力の高い友人が多くいました。彼らに負けないように切磋琢磨することで、自分の実力もついていきました。また、通常の授業以外にも日曜ゼミや各講習に参加し、多くの演習量を積むことができました。
 中学3年間、とても充実した生活を送ることができ、山手学院を選んでよかったと感じています。高校でも、山手で学んだことを生かし、精進していきます。そして、自分のことをサポートしてくれた先生と、私の両親に感謝しています。ありがとうございました。

  • R.T.くん
  • 山手学院 藤沢校
  •  合格校  県立川越、川越東(理数科)、星野(S類特選)

人生で一番勉強した期間

 私は中学3年生の2学期の半ばに山手学院に入塾しました。その時期、私の偏差値は伸び悩んでおり、このままでは私の志望校には届かないと焦っていました。初めての塾の授業は、想像していたより何倍も難しく、特に英語の授業では単語や熟語の意味が分からず、とても苦労しました。それと同時に、今までやってきた勉強量では、他の受験生に太刀打ちできないと思い、今まで以上の勉強時間を確保するようになりました。
 その甲斐もあって、入塾して1か月後の北辰テストでは、偏差値が大幅に上がりました。しかし、これで満足してはいけないと自分を鼓舞し、日曜ゼミや冬期講習、正月特訓でも頑張りました。その結果、無事に第一志望の高校に合格することができました。
 山手学院に通った期間が、今までの人生の中で一番勉強した期間です。このような環境を作ってくださり、ありがとうございました。

  • R.I.くん
  • 山手学院 藤沢校
  •  合格校  県立川越高校、川越東(理数科)、西武学園文理(グローバル選抜)

目標の重要性

 私は、入塾した時のクラスはV2でした。まずそこで自分の実力を知り、またこのままではダメだと感じました。
 中3で初めて北辰テストを受けた時、第一志望の川越高校の合格率は「10%」でした。ここから、勉強を生活の中心に据えることにしました。目標は変えず、自分の行動を一から見直し、多くの時間を机に向かうようにしました。すると次第と成績が上がっていき、自分のやっていることが間違っていない、という実感を持てるようにもなりました。入試当日は不安でしたが、しっかりとそれまでの成果を出すことができ、合格できました。
 私は、勉強をするときには、明確な目標や動機があると良いと思います。大きな目標を設定し、そこから逆算して小さな目標をクリアしていくと、自分が今何をすべきなのか、迷うことがありません。
 もちろん、受験勉強は1人ではできませんでした。塾の先生や友達、親からのサポートの上に、私の合格はあります。本当にありがとうございました。

  • 所沢市立三ケ島中 H.I.くん
  • 山手学院 藤沢校
  •  合格校  県立所沢北高校、狭山ヶ丘高校(Ⅲ類)

継続は力なり

 私は中学3年生で山手学院に入塾するまで、テスト前以外、家庭ではほとんど勉強をしていませんでした。特に苦手な国語や理科は、定期テストでも高い得点は取れず、北辰テストでは偏差値40台ほどでした。そんな状況だった私にも、山手学院の先生は丁寧に指導してくれました。
 私が本格的に受験勉強に力を入れたのは、部活動を引退した8月からです。自分なりには精一杯頑張っていたつもりでしたが、11月の北辰テストではそれまでで最も悪い成績になってしまいました。しかし、その後すぐに山手学院の先生と面談をし、これまでの勉強を振り返り、改善点を見つけ、それを修正していく綿密な計画を立てました。
 その後も、志望校は変えず、決めたプランを愚直に継続し、合格することができました。
 この文章を読む中学生へ、私の経験を、皆さんに参考にしてくれると嬉しいです。

  • 所沢市立狭山ヶ丘中 Y.I.くん
  • 山手学院 藤沢校
  •  合格校  県立所沢高校、城西大学付属川越(特進)

不安な気持ちに打ち勝つために

 私は中3のときに山手学院に入りました。最初は、受験に対して不安な気持ちが大きかったですが、時が経つにつれ、勉強する時間を長くすることでその不安も徐々に薄まっていきました。
 夏休みに入り、本格的に受験勉強を始めました。最初は長時間の勉強はきつかったですが、どんどん慣れていき、それにつれて学力も上がっていきました。
 冬になり、私立高校の受験が近づいてくると、また不安な気持ちが強くなっていきました。それを払拭するには勉強するしかない、と思い、冬休みは食事と睡眠以外の時間はほとんど勉強に充てました。
 2月は、理社を中心に勉強しました。私は理科が苦手だったので、山手学院のテキストを何度も解きなおしました。県立受検当日、とても緊張しましたが、ここにいる全員が同じ気持ちだと思うと、自然と落ち着くことができ、自分の力を出し切ることができ、無事合格することができました。
 高校でも、この受験を通して学んだことを生かして、頑張ります。

  • 入間市立向原中 K.T.くん
  • 山手学院 藤沢校
  •  合格校  川越東(普通)、城北埼玉(本科)

自分の努力が生み出す力

 私が山手学院に入ったのは中1の春でした。勉強があまり好きではなかった私は、塾に行きたくないと思う日もありました。しかし、そんな私にも山手の先生は丁寧に指導してくれて、自分の成績も上がっていきました。そのおかげ第一志望の高校に合格できたと思っているので、先生方にはいくら感謝してもしきれません。
 私は、今でも勉強があまり好きではありません。しかし、この山手学院に通っていた3年間で、「自分の努力が生み出す力」を実感できました。
 最後に、こんな自分にも愛想を尽かさずに指導をしていただいた山手学院の先生方、そして両親に感謝したいです。周りの支えがあってこそ、今の自分があることを自覚し、高校生活を大切に過ごしていきます。

  • 所沢市立三ケ島中 A.S.さん
  • 山手学院 藤沢校
  •  合格校  狭山ヶ丘(Ⅱ類)

努力は裏切らない

 私が狭山ヶ丘高校を志望した理由は、「大学の合格実績」です。東京大学・慶應義塾大・早稲田大などの実績をみて、高いレベルの大学に入りたいと思っていた私は、この高校は自分に合っている、と感じ、第一志望にしました。
 狭山ヶ丘高校を受験するにあたり、苦手な数学と英語を中心に勉強しました。狭山ヶ丘の数学は難しい、と山手の先生から聞いていたので、不安もありました。しかし、自習室に通ったり、わかりやすい山手の先生の授業を受けたりする中で、北辰テストの偏差値も上がり、過去問でも良い点数が取れるようになりました。
 受験当日、緊張しすぎることもなく、良い精神状態で受験に臨むことができ、無事合格することができました。
 中学生のみなさんへ、辛くてもコツコツと努力を重ねていけば、「行けない」と思っていた学校に「行ける」のです。最後まで自分を信じること。努力は裏切りません。

  • 入間市立藤沢中 N.Y.くん
  • 山手学院 藤沢校
  •  合格校  県立川越、川越東(理数)、聖望学園(S特進)

油断せず、やるべきことを継続しよう

 私は、中学校に入学する前の3月に山手学院に入塾し、約3年間お世話になりました。入塾したころから、川越高校に行けたらいいな、と漠然と考えていましたが、初めのうちは思うような偏差値が取れず、諦めようと思ったこともありました。しかし、どんな時でも山手学院の先生方に励ましていただき、勉強を重ねてきたおかげで合格することができたと思います。
 高校受検を通して私が学んだのは、「油断してはいけない」ということです。10月の北辰テストで良い偏差値をとり、正直少し心に余裕ができてしまい、少し気を抜いてしまったかもしれません。その影響からか、11月・12月は大きく偏差値を落としてしまいました。その後、自分を戒め、もう一度気合いを入れなおし勉強に励みました。
 受験に向かうときは、偏差値の上下に一喜一憂することなく、淡々とやるべきことを続けるべきだと感じています。
 最後に、今までどんな時でも支えてくれた家族、そして山手学院の先生方、本当にありがとうございました。

  • 狭山市立入間野中 M.T.さん
  • 山手学院 藤沢校
  •  合格校  県立所沢北、錦城(特進)、星野(S類)

切磋琢磨できる環境

 私は中学3年生の春に山手学院に入塾しました。最初に受けた塾内テストでは思っていたより順位が低く、自分の立ち位置の低さに驚いてしまいました。このままではだめだと思い、まずは次の特進判定テストの合格を目標に頑張りました。無事に合格したときは本当にうれしかったです。
 夏期特訓、正月特訓、日曜ゼミは、どれも大変でした。しかし、大変だった分、確実に力もつきました。他の校舎の人たちと一緒に学んだり、他の校舎の先生の授業を受けたりすることは、大きな刺激になりました。
 大変な1年間でしたが、山手学院で勉強した時間はとても充実していました。先生の授業はとても楽しかったし、同じクラスの仲間が頑張っている姿には何度も励まされました。
 私が所沢北高校に合格できたのは、山手学院のおかげです。本当にありがとうございました。

  • 入間市立上藤沢中 N.K.さん
  • 山手学院 藤沢校
  •  合格校  県立川越女子、錦城(特進)、星野(a選抜)

感謝の気持ちを忘れずに

 私は中3の12月まで、第一志望を決められずにいました。周りの友達はとっくに志望校を決め勉強を進めていて、毎日不安と焦りが募る一方でした。
 そんな中、「三者面談をしよう」と声をかけてくれた山手の先生がいました。先生は私の話を真剣に聞き、さまざまなアドバイスをしてくださいました。長い時間をかけ、進路の悩みについて親身に向き合ってくださった先生には、感謝してもしきれません。  悩みに悩んだ末、私は自ら第一志望を決めました。そこから、やっと勉強にも本当の意味で身が入ったと思います。「他のライバルよりスタートが遅いんだ」という危機感と常に過ごす、勉強漬けの日々でした。今思えば、あの時自分の気持ちに寄り添い続け、最後の最後まで第一志望校を悩んだことは決して間違いではなかったと感じます。
 たくさんの方々に支えられここまで来られたことを忘れず、高校生活を頑張りたいです。

  • 入間市立藤沢中 M.S.さん
  • 山手学院 藤沢校
  •  合格校  県立所沢、山村学園(選抜)

志望校への想い

 私は中3の10月くらいから本格的な受験勉強を始めました。夏休みまではあまり勉強しておらず、中学校の先生からは「所沢高校は無理」と言われてしまっていました。
 しかし、「どうしても所高に行きたい!」と思い、真剣に勉強を始めました。初めは基本的な事柄を中心に勉強し、徐々にレベルを上げて発展問題にも取り組んでいきました。県立の受検日までこれをつづけました。
 「もう受検は無理」と思うことは数えきれないほどありましたが、「所高に入りたい、楽しい高校生活を送りたい」という気持ちのほうが何倍も強く、その気持ちを持ち続けたおかげで最後まで頑張り切ることができました。
 高校入試は、人生で一番緊張すると思います。皆さんも、、弱い気持ちに負けず、頑張ってください。きっと良い未来が待っています。

山手学院藤沢校 | 埼玉県入間市の塾

住 所 埼玉県 入間市 下藤沢1-11-8
電話番号 04-2902-6861
最寄り駅 西武池袋線 武蔵藤沢駅(西口徒歩1分)

藤沢校の塾生が在籍する小学校

藤沢小、藤沢東小、藤沢北小、藤沢南小、宮前小、林小(これらの小学校の生徒が藤沢校に通塾し、元気に授業に参加しています)

藤沢校の塾生が在籍する中学校

藤沢中、上藤沢中、狭山ヶ丘中、三ケ島中、入間野中(これらの中学校の生徒が藤沢校に通塾し、仲間と切磋琢磨しています)

藤沢校の塾生が在籍する高校

埼玉平成高、日大第二高、狭山ヶ丘高(これらの高校の生徒が藤沢校の個別スクールに通塾しています)