山手学院藤沢校 | 埼玉県入間市の塾

  • 住 所 埼玉県 入間市 下藤沢490-1
  • 電話番号 04-2902-6861
  • 最寄駅 西武池袋線 武蔵藤沢駅 (西口徒歩1分)

●校舎予定へ●通常期時間割へ●日曜ゼミへ●高校受験合格体験談 へ

日曜ゼミ

難関公立高校必勝ゼミ

対象高校:県立浦和、浦和第一女子、大宮、県立川越、川越女子、市立浦和など

 「難関公立高校必勝ゼミ」は、難関公立高校の合格を勝ち取るために必要な「とれる問題は確実に得点すること」はもちろん、「難易度が高く、差がつきやすい問題にどう対応するか」を常に意識し、得点力を極限まで高めることを目標としたゼミです。得意・不得意を出来るだけなくし、5 教科すべてにおいて、「深い理解力」と「高い得点力」を養成していきます。
 高い志を持つ皆さんの参加を、お待ちしております。

 2017年度難関公立高校必勝ゼミ合格率 95.7%
 2018年度難関公立高校必勝ゼミ合格率 95.0%

所沢北高校必勝ゼミ

対象高校:所沢北 理数科・普通科

 平成28 年度入試から「理数科」の募集を開始した、旧2学区屈指の人気校「所沢北高校」の合格を目指すためのゼミです。
 難易度は年を追うごとに高くなり、近年では難関国立大学の合格実績も着実に増えてきています。毎年高倍率の入試が繰り返され、難関公立高校と遜色のないレベルの学力が必要とされています。 
 各教科バランスのとれた学力を身につけ、万全の態勢で入試本番を迎えましょう。

実施要項

【教科】

 国語・数学・英語・理科・社会(5科セット)

【コース/ 実施校舎】

難関公立高校必勝ゼミ ➡ 所沢東口校

所沢北高校必勝ゼミ ➡ 所沢西口校

【期間】

2019年9月~2020年2月

【授業時間】

週90分×3 (定着テストは100分)

【時間割】

1限目:13:00~14:30
2限目:14:40~16:10
3限目:16:20~17:50
 ☆定着テスト実施週の3限目は16:20~18:00

【日程表】
9月10月11月12月1月2月
9月 8日(日)☆10月 6日(日)10月27日(日)☆11月24日(日)12月22日(日)☆2月 2日(日)
☆9月15日(日)10月13日(日)☆11月10日(日)12月 8日(日)☆1月12日(日)2月16日(日)
9月22日(日)☆10月20日(日)11月17日(日)☆12月15日(日)1月19日(日)☆2月23日(日)

山手学院藤沢校 校舎予定

【2020年1月】

1月01日(水) 【中3】大晦日・正月特訓
1月02日(木) 【中3】大晦日・正月特訓
1月03日(金) 休み(自習室開放なし)
1月04日(土)~1月06日(月)冬期講習
1月07日(火) 冬期講習(中3のみ)/冬期まとめテスト
1月08日(水) 休み(自習室開放)
1月09日(木) 休み(自習室開放)
1月10日(金) 3学期授業開始/連絡袋配付
1月11日(土) 新中3・新中2新年度保護者会
1月12日(日) 新中1・小学部新年度保護者会/山手ジュニア説明会
1月18日(土) 数学検定※所沢東口校
1月22日(水) 私立高校推薦入試開始
1月25日(土) 英語検定(1次)※所沢東口校
1月26日(日) 第8回中3北辰テスト

【2月】

2月01日(土) 中1・2育伸(5科)※予定/小3~5YOT
2月05日(水) 連絡袋配布日
2月08日(土) 新中2・3特進判定テスト/漢字検定※所沢東口校
2月09日(日) 県立模試
2月27日(木) 2019年度終了
2月28日(金) 埼玉県公立入試/授業なし
2月29日(土) 授業なし

山手学院藤沢校のご紹介

みなさんの希望を叶えるため、全力で指導にあたります。

 山手学院藤沢校は、武蔵藤沢駅から徒歩1分と交通至便な場所にあります。近くには交番もあり、安心してお通い頂けます。校舎には専用駐輪場・自習室も完備しており、生徒のみなさんが集中して勉強に取り組むことができる環境を整えております。
 藤沢校では、自らの目標を叶えるため、たくさんの生徒が精一杯努力してくれています。「将来に希望を持って力強く生きていける指導の実践」という学院の教育理念の下、私たち教師もその1人ひとりの頑張る姿勢を、全力でサポートしてきました。その結果、川越高校・川越女子高校をはじめとした県公立上位高校はもちろん、難関私立大附属高校などにも多くの合格者を輩出してきました。
 勉強にやる気を持てない生徒の背中を押すことも、私たちの重要な役目です。「やればできるはずなのに、なかなかやる気になれない」と思っている生徒のみなさん、是非一度藤沢校にお越しください。私たちはそのやる気に火をつけ、自分でも想像もしなかった姿へと、みなさんを変えていきます。
 高い志を持つみなさんのご来塾を、心よりお待ちしております。

山手学院藤沢校に通塾する小学生・中学生・高校生

藤沢校の塾生が在籍する小学校

藤沢小・藤沢北小・藤沢南小・藤沢東小・若狭小
(これらの小学校の生徒が藤沢校に通塾し、元気に授業に参加しています)

藤沢校の塾生が在籍する中学校

藤沢中・上藤沢中・向原中・黒須中・入間野中・三ヶ島中・狭山ヶ丘中・埼玉平成中・狭山ヶ丘付属中・川村中
(これらの中学校の生徒が藤沢校に通塾し、仲間と切磋琢磨しています)

藤沢校の塾生が在籍する高校

所沢高・川越南高・所沢西高・城北高・三輪田学園高
(これらの高校の生徒が藤沢校の個別スクールに通塾しています)

山手学院藤沢校 校舎案内

◆駅から徒歩1分

武蔵藤沢駅から徒歩わずか1分。しかもすぐそばに交番があるという安心で便利な立地です。

◆メールシステム

通塾時に「塾につきました」「塾を出ました」というメールが即時に届きます。《無料》

◆職員室

職員室はオープンカウンターになっており、いつでも気軽に質問ができます。

◆奥行きのある空間

職員室を中心に広い廊下があり開放的な空間になっています。最高の学習環境を準備しました。

◆明るい自習室

職員室の前にある自習室は大きな窓があるのが特徴。職員室の先生にすぐに質問できます。

◆集中できる教室

ホワイトボードや壁の白と木目が調和して、落ち着きのある集中できる空間を作り出しています。

◆モニターカメラ

全教室に設置されたカメラの音声および映像は職員室はもちろん本部でもモニター可能。安全管理は万全です。

◆個別スクール

明るくさわやかな色づかいで、集中して勉強できる空間になっています。《個別指導教室》

◆講義室

保護者会や各種セミナー、ガイダンスなどに使う教室です。もちろん授業にも使用します。

◆清潔なお手洗い

女子用・男子用ともに明るく清潔で、ゆったりとした設計になっています。

山手学院藤沢校 時間割

小学生 ジュニア・シリウスコース

公立中学進学を予定している小学生のための基礎学力・応用力 育成コースです。

学年コース教科曜日時間割1日の授業時間
小3ジュニア国・算17:00~18:4090分(各45分)
小4シリウス国語17:00~18:4090分(45分×2)
算数17:00~18:4090分(45分×2)
小5シリウス国語17:00~18:4090分(45分×2)
算数17:00~18:4090分(45分×2)
英語17:20~18:0545分
小6シリウス国語17:00~18:4090分(45分×2)
算数17:00~18:4090分(45分×2)
英語18:10~18:5545分

小学生 オプションコース

・楽しく英語を学ぶジュニアイングリッシュ
・進級式学習のレグルスコース

コース学年教科曜日時間割1日の授業時間
ジュニア
イングリッシュ
小3・小4英語16:45~17:3045分
レグルス小学生無学年国・算17:00~17:45
17:55~18:40
1コマ45分

中学生 特進・進学コース

進学サポート県内NO.1! 高校入試は山手学院にお任せください。

学年コース教科曜日時間割1日の授業時間
中1進学国・数・英月・水・金19:20~20:5590分(45分×2)
21:00~21:4590分(45分×2)
21:00~21:4590分(45分×2)
中2進学国・数・英月・水・金19:20~20:5590分(45分×2)
理科21:00~21:4545分
社会21:00~21:4545分
中3進学国・数・英火・木・土19:30~21:40120分(60分×2)
理・社19:10~22:00160分(各80分)
特進国・数・英火・木・土19:30~21:40120分(60分×2)
理・社19:10~22:00160分(各80分)

中学生 ゼミ

学年コース教科曜日時間割1日の授業時間
中3入試対策ゼミ16:00~17:3090分
17:30~19:0090分
17:30~19:0090分

※日曜ゼミは所沢東口校、所沢西口校で実施します

個別スクール

学年コース教科曜日時間割1日の授業時間
小2~高3個別指導国数英理社月~土下記からお選び下さい※80分

①13:00~14:20
②14:30~15:50
③16:00~17:20
④17:30~18:50
⑤19:00~20:20
⑥20:30~21:50
※中学受験以外の小学生は1コマ60分授業です。
◆「習い事がある小学生」「部活動が忙しい中・高生」など、一人ひとりのご都合に合わせた指導ができるのが「個別スクール」です。生徒ごとにカリキュラムを組んで指導しますので、それぞれの目標・目的に合わせた学習を行えます。私立中学生や高校生も、目的に応じた指導を行います。

2019入試 合格体験談【高校受験】

●狭山市立 入間野中 H.M.さん
●山手学院 藤沢校
●合格校 川越女子・錦城(特進)・星野(Ⅲ類)


山手学院で過ごして
 私は中学三年生の春から山手学院に通い始めました。中学二年生までは塾に通いたくないと思っていましたが、山手学院に入塾してからは塾の存在が手放せないものになり、気づけば毎日のように塾に通っていました。
 私は周囲に影響されやすい人間なので、先生方からの励ましの言葉はとても心の支えになりました。ゼミや 正月特訓などでハイレベルな問題を解いたり、テストの順位を競ったりすることで、わからない問題ばかりで泣きそうになったこともあるけれど、メンタル面で強くなったように感じます。入試当日も、メンタルを保ち、集中して試験に取り組むことができました。そして、合格しました。
 私が過ごしてきたこの一年間は、高校入試のためだけではなく、私の人生において不可欠なものでした。山手学院に通えて、最高の先生と友達に出会うことができて、合格できて、私は本当に幸せ者だとしみじみ感じます。

●狭山市立 入間野中 T.O.くん
●山手学院 藤沢校
●合格校 所沢北(普通)・狭山ヶ丘(最難関国立進学)・星野(α類)


先生と二人三脚だった受験
 私は、中学二年生の冬期講習から山手学院に通い始めました。なぜなら、その頃の私は、入試が約1年後に迫ってきているのに、自身の学力と勉強法に自信が持てず、伸び悩んでいたからです。入塾してからは、勉強法に誤りがあることに気づき、積極的に先生と話をし、これを続けることができれば、志望校に合格できるだろうという勉強法と予定を設定しました。そして、先生方に英作文や作文、記述の添削もしてもらいました。もともと私は、文章を書くのが苦手なので、塾に入っていなかったらと思うと、ゾッとします。誰しも受験に不安があると思います。技術面、精神面の不安は先生に頼って解消するのがいいと思います。困ったら、まずは先生たちに相談しましょう。この作文を読んでいるあなたは、今山手学院という大船に乗っていると思います。このまま、順調な航海をして、合格を掴みとってください。

●入間市立 上藤沢中 Y.A.さん
●山手学院 藤沢校
●合格校 所沢・狭山ヶ丘(難関国立私立、普通:特別進学)


自習室の使いかた
 私は、ずっと前から所沢高校に行きたいと思いっていました。しかし、全然勉強していなくて、北辰テストや県立模試の結果は常に下位でした。なので、中学三年生の冬くらいからは毎日塾の自習室に居ました。自習室にいると、わかならない問題があったときに、すぐに先生に質問することができて良いと思います。また、受験勉強の邪魔になる誘惑を断ち切ることもできます。私は家にいるとテレビを見てしまうので、集中するためにも。塾の自習室をよく利用していました。
 私は最後の北辰テストでは努力圏でした。そのとき、お母さんには志望校を下げてと言われたけど、下げませんでした。その結果、私は所沢高校に合格することができました。一週間で学力はすごく伸びると思うので、あきらめないで最後まで頑張って下さい。

●入間市立 上藤沢中 I.M.くん
●山手学院 藤沢校
●合格校 所沢・聖望学園(S特)


計画性の大切さ
 今回の高校受験は、生まれてきて初めての受験で、わからないことがたくさんありました。
その一つが勉強の仕方です。受験は学校のテストとは違い、3年間という広い範囲から出されます。そのため、しっかりと計画を立てなくてはいけません。しかし、私はそれをせず、3学期になってまだやっていない単元があったために、本来したかったことができなかったことがりました。今回はそれでも合格することができましたが、もし出ていたら絶対に後悔していたと思います。
 また、受験が終わったらやっていない単元は、復習しないと思います。だから私は、受験結果がどうであれ、勉強をしっかりとやりきったという気持ちが持てるように、しっかりと計画を立てて、勉強していくべきだと思います。

●狭山市立 入間野中 M.T.さん
●山手学院 藤沢校
●合格校 豊岡・山村学園(総合進学)


絶対に合格するために
 私は志望校が決まるまであまり勉強していませんでした。今の自分の学力に対して、高い学力の学校へ進学するためには、より一層勉強しなければなりませんが、そうでないのなら、今持っている学力をキープする程度の勉強量で良いと考えていたからです。
今、私は受験を終えて、そうではないと感じています。たとえ、自分の学力が志望校に足りていたとしても、学力は高いに越したことはありません。高校に入学してからのことを考えても勉強はしておくべきです。また、受験当日は自分の中で最高のパフォーマンスが発揮できるとは限りません。少しでもリスクを下げ、自身をつけて当日挑むことで、成功につながると思います。
これから受験を受ける後輩たちには一つでも不安の種をつぶしてから受験に挑んでほしいと思います。