山手学院鶴ヶ島校 | 埼玉県川越市・鶴ヶ島市の塾

  • 住 所 埼玉県 川越市 鯨井新田48-1
  • 電話番号 049-233-0003
  • 最寄駅 東武東上線 鶴ヶ島駅 (西口徒歩12分)

●校舎予定へ●通常期時間割へ●高校入試合格体験談へ

山手学院鶴ヶ島校 校舎予定

【2020年1月】

1月01日(水) 正月特訓(川越・坂戸)
1月02日(木) 正月特訓(川越・坂戸)
1月03日(金) お休み
1月04日(土) 冬期講習
1月05日(日) 冬期講習
1月06日(月) 冬期講習
1月07日(火) 講習まとめテスト
1月08日(水) お休み
1月09日(木) お休み
1月10日(金) 3学期授業開始/連絡袋配布
1月12日(日) 難関公立ゼミ/小学生新年度保護者会新中3新年度保護者会/学童説明会
1月13日(月) 授業実施日(成人の日)
1月18日(土) 数学検定
1月19日(日) 難関公立ゼミ/新中1新年度保護者会新中2新年度保護者会
1月25日(土) 英語検定1次試験
1月26日(日) 中3北辰テスト解き直し会/学童説明会

【2月】

2月01日(土) 中1中2育伸テスト/小3~小5YOT
2月02日(日) 難関公立ゼミ
2月05日(水) 連絡袋配布
2月08日(土) 学童説明会/新中3特進判定テスト/漢字検定
2月09日(日) 県立模試
2月11日(火) 授業実施(建国記念の日)
2月16日(日) 難関公立ゼミ
2月23日(日) 難関公立ゼミ/学童説明会
2月27日(木) 3学期授業終了
2月28日(金) 埼玉県公立入試
2月29日(土) お休み

山手学院鶴ヶ島校のご紹介

生徒の目標達成のため全力で指導します!

 山手学院鶴ヶ島校は2階建の広い校舎です。校舎横には広い駐車場と駐輪場があり、お車でも自転車でも通塾ができます。校舎には、大中小様々な教室があります。一番大きな教室には60名分以上の座席があり、通常授業はもちろん、勉強会や講演会などでも使用しています。自習室は机ごとにパーテーションで区切られており、集中して学習に取り組める環境が整っています。
 授業は、小学2年生から高校3年生を対象として行っております。クラス指導と個別指導に分かれており、自分に合った指導を選択することができます。山手学院は「やる気にさせる指導」「成績を上げる指導」「志望校に合格させる指導」を実践する塾です。毎回の授業を通し、お子様に学ぶ楽しさを伝えることで、学習に対する前向きな姿勢をつくっていきます。鶴ヶ島校では、ワーク勉強会やテスト対策授業、補習授業の実施により、成績向上を実現させます。また、生徒面談を実施し、テストの振り返りをするとともに、次回のテストへ向けての目標設定もするなど、計画的な学習のサポートも徹底します。各学期に最低でも一度は保護者面談を行い、授業の様子や目標をご家庭と共有していきます。
 私たち鶴ヶ島校のスタッフは、生徒の目標達成へ向けて、全力で指導してまいります。生徒全員の第一志望校合格に徹底的にこだわった、情熱溢れる鶴ヶ島校の授業に、ぜひご期待ください。

山手学院鶴ヶ島校に通塾する小学生・中学生・高校生

鶴ヶ島校の塾生が在籍する小学校

鶴ヶ島市立南・鶴ヶ島市立藤・鶴ヶ島市立杉下・川越市立名細・川越市立広谷・川越市立川越西・川越市立霞ヶ関西
(これらの小学校の生徒が鶴ヶ島校に通塾し、元気に授業に参加しています)

鶴ヶ島校の塾生が在籍する中学校

鶴ヶ島市立南・鶴ヶ島市立藤・鶴ヶ島市立富士見・鶴ヶ島市立鶴ヶ島・川越市立名細・川越市立川越西・川越市立霞ヶ関・日高市立高萩北・星野学園
(これらの中学校の生徒が鶴ヶ島校に通塾し、仲間と切磋琢磨しています)

鶴ヶ島校の塾生が在籍する高校

西武学園文理・松山女子・山村学園・星野
(これらの高校の生徒が鶴ヶ島校の個別スクールに通塾しています)

山手学院鶴ヶ島校 校舎案内

◆校舎外観

◆校舎は大通りに面しています。駐車場も完備しておりますので、送迎の際も安心です。自動ドアを通れば、活気あふれる校舎の雰囲気が体感できます。

◆入口を通ると、すぐに目に入るのが大きな掛け時計です。時間を守って行動することの重要性を塾生に伝えています。鶴ヶ島校のシンボル的な存在となりました。

◆各学校のパンフレットはいつでも手に取ってご覧いただけます。入試情報を手に入れることは、志望校合格への第一歩です。

◆集団授業を行う教室です。わかりやすい授業であることはもちろんですが、教師と生徒の対話形式を重視した生徒参加型の授業は必見です。

◆個別指導用の教室です。真ん中の机に教師が座り、その両隣に塾生が座ります。子どもたちとの距離が近く、親身になって指導をしています。

◆個別・集団ともに教室には大きな窓が設置してあります。校舎へ入れば活気のある授業風景が目に入ります。

◆鶴ヶ島校で最も大きい教室です。収容人数は50名以上で、保護者会や入試セミナー等の会場としても利用しています。

山手学院鶴ヶ島校 時間割

小学生 ジュニア・シリウスコース

公立中学進学を予定している小学生のための基礎学力・応用力 育成コースです。

学年コース教科曜日時間割1日の授業時間
小3ジュニア国・算17:00~18:4090分(各45分)
小4シリウス国語17:00~18:4090分(45分×2)
算数17:00~18:4090分(45分×2)
小5シリウス国語17:00~18:4090分(45分×2)
算数17:00~18:4090分(45分×2)
英語17:00~17:4545分
小6シリウス国語17:00~18:4090分(45分×2)
算数17:00~18:4090分(45分×2)
英語17:55~18:4045分

小学生 オプションコース

・楽しく英語を学ぶジュニアイングリッシュ
・進級式学習のレグルスコース

コース学年教科曜日時間割1日の授業時間
ジュニア
イングリッシュ
小3・小4英語16:05~16:5045分
レグルス小学生無学年国語17:00~17:4545分
算数17:55~18:4045分

中学生 特進・進学コース

進学サポート県内NO.1! 高校入試は山手学院にお任せください。

学年コース教科曜日時間割1日の授業時間
中1進学国・数・英月・水・金19:30~21:0590分(45分×2)
21:10~21:5545分
21:10~21:5545分
中2進学国・数・英月・水・金19:30~21:0590分(45分×2)
理科21:10~21:5545分
社会21:10~21:5545分
中3進学国・数・英火・木・土19:30~21:40120分(60分×2)
理・社19:00~21:50160分(各80分)
特進国・数・英火・木・土19:30~21:40120分(60分×2)
理・社19:00~21:50160分(各80分)

中学生 ゼミ

学年コース教科曜日時間割1日の授業時間
中3難関公立対策ゼミ14:00~16:10120分(60分×2)
16:20~17:5090分
14:00~16:10120分(60分×2)
16:20~17:5090分
入試対策ゼミ17:30~19:0090分
17:30~19:0090分
17:30~19:0090分

※難関公立対策ゼミは「英・社」と「数・理」を隔週で実施します。

個別スクール

学年コース教科曜日時間割1日の授業時間
小2~高3個別指導国数英理社月~土下記からお選び下さい※80分

①13:00~14:20
②14:30~15:50
③16:00~17:20
④17:30~18:50
⑤19:00~20:20
⑥20:30~21:50
※中学受験以外の小学生は1コマ60分授業です。
◆「習い事がある小学生」「部活動が忙しい中・高生」など、一人ひとりのご都合に合わせた指導ができるのが「個別スクール」です。生徒ごとにカリキュラムを組んで指導しますので、それぞれの目標・目的に合わせた学習を行えます。私立中学生や高校生も、目的に応じた指導を行います。

2019入試 合格体験談【高校受験】

●川越市立 霞ヶ関西中 U.K.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 大宮(理数)・お茶の水女子大附属・豊島岡女子学園


成績が上がる喜び
 私が受験で得たものは、効率の良い勉強法です。山手学院に入る前は、学校のワークの他に、様々なテキストを自分で買って勉強していました。たくさんのテキストを使うことの利点は、多くの問題に触れることができる点だと思います。定期テストの問題のみを考えれば、見たことがあるものが多く、簡単であると感じていました。しかし、模試では思うような成績を残すことができないでいました。山手学院に入ってからは、学校のワークや学校の授業より、塾のテキストや授業を大切にしました。たくさんのテキストに手を出すのではなく、限られた数のテキストを繰り返すようになりました。すると、模試での成績を上げることができました。
 高校生活で楽しみにしているのは、数学の授業です。高校でも学校の授業をしっかり聞き、頑張りたいと思います。

●川越市立 霞ヶ関西中 T.Y.くん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立川越・川越東(普通)・狭山ヶ丘(難関国立私立)


先生が川高に導いてくれました
 僕はもともと私立単願の予定だったので、理科・社会をほとんど勉強せずに受験期の半分近くを過ごしていました。そんなとき十一月の三者面談で、先生から「川高も目指せる」と言われました。それまでは川高なんて行けるはずがないと思っていたので、その言葉を聞いたときにチャンスがあるのならやってやろうと決意し、川高が志望校となりました。
 それからはただひたすらに勉強を重ねました。特にそれまで勉強してこなかった理科と社会が公立高校では重要となるので、死ぬ気で知識を叩き込みました。また、不安に思う気持ちを落ち着かせるために、どの教科で何点とるかなどを考え、決して無理なことではないと自分に言い聞かせたりもしました。本番前日まで細かいところをつめ続けて、間違いなく受かると思いながら眠りました。
 塾に通っていなければ受験すらしていませんでした。感謝しかありません。

●川越市立 霞ヶ関西中 Y.J.くん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立川越・城西大学付属川越(特別選抜)・川越東(普通)


苦手を得意科目に
 私は第一志望の学校に合格することができましたが、塾に入った二年生のときの学力は悲惨なものでした。特に英語がひどく、一年生の範囲がまったくできていませんでした。そのため授業ではたくさんのまちがいをしていましたが、先生にたくさん英語を教えてもらい、だんだんテストで点が取れるようになりました。入試本番では、苦手だったはずの英語で5教科のなかで一番高い点数を取ることができました。
 数学では先生にやれと言われたところを繰り返すと北辰テストの偏差値が安定するようになり、得意教科にすることができました。国語は三年次から始めたため、周りの生徒より知識量が少なくて苦労しました。先生の授業をしっかりと聞くことで同じくらい点数を取れるようになりました。理科と社会は小テストを繰り返すことで知識を定着させることができました。
 以上のような塾のサポートにより、私は合格を勝ち取れたのだと思います。

●川越市立 霞ヶ関西中 A.M.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 川越女子・星野(S類特進選抜)


山手学院の先生ありがとう
 中学校に入学したばかりのときには、自分が川越女子高校に進学するとは夢にも思っていませんでした。しかし、こうして今、合格の喜びをかみしめることができるのは、家族や友人の支え、そして山手学院で学習してきたからだと思います。
 家族や友人には色々な相談にのってもらったり、迷惑をかけることもありました。「合格」というかたちで、少しは恩返しができたのではないかと思っています。
 また、これまで勉強を教えてくださった先生方、特に鶴ヶ島校の先生方、本当にありがとうございました。今回の高校入試で私はたくさんの方に見守っていただいて、本当に幸せだと感じました。

●川越市立 名細中 K.A.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 川越女子・星野(S類特進選抜)


頑張ることが出来る塾
 私は、中学二年生のときに山手学院に入塾しました。最初は、学校よりもレベルが高く、速い授業のスピードについていくのが大変でした。また、長時間勉強することがつらいときもありました。しかし、友達が増え、分かるまで教えてくださる先生方のサポートもあり、志望校を川越女子高校に決め、今まで頑張ることができました。
 部活を引退するまでは、勉強との両立が本当に大変でした。特に、夏期講習はとても大変で、心が折れそうになることもありました。それでも、私が頑張ってこられたのは、周りで頑張っている友達や、授業だけでなく、自習の時間にも分かりやすく丁寧に教えてくださった先生方のおかげです。
 もともと勉強が好きではなかった私にとって、山手学院の先生方や、一緒にがんばってきた友達は、大きな支えとなりました。今まで本当にありがとうございました。

●川越市立 名細中 K.N.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 所沢北(理数)・狭山ヶ丘(難関国立私立)・東京農業大第三(Ⅰ)


苦手をなくす
 私はこの春、志望していた所沢北高校の理数科に無事に合格することができました。
 私が所沢北高校に行きたいと考え始めたのは中二の夏くらいからでした。しかし、私は苦手科目が多く、なかなかテストの結果が伸びずに悩んでいました。中三の夏に部活を引退するまでは思うように勉強もできず、勉強の仕方もよく分からない状態でした。その状況が変わったのが中三で行った山手学院の夏期講習でした。先生方のとても分かりやすい授業のおかげで、今までできなかったところができるようになってきました。そして、苦手教科も少しずつですが、前より着実にできるようになってきました。
 受験当日、少し不安が残っている状態ではありましたが、今までやってきた自分を信じ、自分の力をしっかり出し切ることができたと思います。そして、合格発表の日、自分の番号を見つけたときの喜びは忘れられません。この合格をゴールとは考えずに、入学してから将来自分の進みたい進路に進めるように頑張ります。

●鶴ヶ島市立 藤中 U.K.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 所沢北(普通)・山村学園(特進文理)


授業と友達に刺激を受けました
 私の通っていた校舎には私と同じく所沢北高校を第一志望とする友達がいました。私はその友達と高め合えたからこそ、合格できたのだと思います。授業がない日に塾に行くと既に友達が自習をしていたり、補習を受けたときに友達のほうが高い点数を取ったりすると、すごく焦りました。だから私も負けないようにと頑張りました。
 入試対策ゼミに行ったことで北辰の成績が上がったと思いました。特に数学は塾のテキストでやった問題が出て、点数がとれたときとても嬉しかったです。難関ゼミではおくれを取ってしまうことも多くとまどっていましたが、一位や二位を取れたときは自信になりました。
 一月の北辰で努力圏との判定が出てしまい、第一志望順位でも定員にぎりぎり入っている状態で不安だったのですが、県立模試ではいい成績を取ることができました。私はそれを自信として受検しようと思いました。思い返すと夏合宿も正月特訓もとても辛かったですが、今となってはいい思い出です。

●鶴ヶ島市立 藤中 N.M.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 所沢北(普通)・大宮開成(特進Ⅱ類)・日大豊山女子(A特進)


不安から自信へ
 私は山手学院に二年生のときに入塾しました。当時の私は、部活が忙しく自主学習はまったくしていなかったので、塾の授業についていくのがやっとでした。しかし、先生方が分かりやすく教えてくれたおかげで成績が3年生になってからメキメキと伸びていきました。
 受験が近くになるにつれて、志望校に対する様々な不安がでてきました。しかし、私のおかしな質問にも真面目に答えてくれた先生方のおかげで、不安が小さくなっていきました。日々自習室で勉強を続け、分からないことはどんどん質問をし、私は受験に対する自信がついてきました。その自信を持った状態で、受験当日を迎えることができました。
 私が第一志望の高校をあきらめようとしたときも、勉強法や受験までの過ごし方をなどをくわしく教えていただいたので、第一志望の所沢北高校を受けることができました。ありがとうございました。

●川越市立 名細中 N.K.くん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 川越東(普通)・東京農業大第三(Ⅰ)


先生方に支えられました
 私は部活を引退してから、中三の夏休みに山手学院に入りました。夏期講習では、前から塾に通っている友人についていけるか心配でした。実際、思っていたよりも理解できていなかったことも多く、とても焦りました。しかし授業時間以外にも教えていただいたり、自習室を利用したりするうちに、次第に理解できるようになっていきました。
 特に印象深いのは、夏合宿と正月特訓です。今までにないくらい勉強しましたが、他校の友人もでき、楽しい一面もありました。その友人に高校説明会や受験会場で会えたときには、とても励まされました。
 そして何より、受験する高校について直前まで悩んでいた私を、ポジティブに励まし的確なアドバイスをしてくださった先生方には感謝しています。私の性格まで見抜いた言葉に背中を押されました。
 これまでの努力を無駄にしないよう、高校生活も文武両道で頑張っていきたいです。