山手学院小学部

■中学校へ向けた基礎力の確立

 小学5・6年生は、中学校に向けての基礎学力を確立する学年です。
 中学入学後の学習面・生活面の変化に対応できる力、規則正しい学習習慣とそれを継続する力を養っていきます。

シリウスコース

 シリウスコースでは、国語と算数を1日ずつ学習します。各単元 の基礎から応用まで、小学校の学習内容を完全に身につけ、公立 中学校進学に向けての準備を進めていくコースです。また、習熟 度に合わせて、発展レベルの内容にも取り組んでいきます。中学 校で上位の成績を目指すための基礎学力を身につけていきます。

オリオンコース

 より発展的な内容を中心に学習するコースです。中学校進学後に、トップレベルを目指すための学力を養成します。高校受験の際、国公立高校・私立最難関高校への進学を目指すために、小学生のうちから考える力を鍛え、正解を導き出せる力をつけていきます。

各教科の取り組み

〇国語

●漢字・知識の学習

 小3・4に引き続き、毎回の授業で確認テストを行っていきます。高学年では学習する漢字の難易度が高まるため、これまで以上に漢字の学習を習慣化して繰り返すことが大切になります。小3・4での確認テストと同様に、塾で使用する教科書準拠ワークをもとに漢字範囲表を作成していますので、新出漢字もワークを使って筆順や読み方などを正しく勉強できます。また、合格点に届かなかった場合は解き直しを行い、間違えた漢字の再確認を徹底して定着を図ります。各学期に実施する漢字コンクールやYOT(到達度チェックテスト)でも、テストまでに学習した漢字や知識を出題し、テストの直しも行うことで習ってきた漢字・知識を定着させていきます。

●読解分野の学習

 低学年の間に鍛えた文章内容を理解する力に加え、高学年では問題を解く力も重視して指導を行っていきます。問題を解く際に注意しなければならないことは、『設問をよく読むこと』です。問題を作成した人が何を問い、どのように答えさせようとしているかを見落とすと、そのまま失点につながります。中学校の定期テストや高校入試でも、記述の形で答える問題が多く出題されるため答え方を明確にすることが重要です。山手学院の国語の授業では、問いかけの表現や答え方の条件にしっかりと注目するように指導し、自分が選んだ答えの根拠を説明すること、自分が考えたことや読み取ったことを記述して説明する訓練をすることを通じて強い国語力を身につけ、国語を得意教科にできる指導を行っていきます。

●オリジナル教材「ことばのトレーニング」(小5)

 4年生に引き続き、言語分野学習教材『ことばのトレーニング』を使用します。小学5年生では中級の教材を使用し、4年生で養った日本語に対する感性(センサー)をさらに磨き、日本語のルールやきちんとした法則への理解を深めていきます。

〇算数

● 山手学院の算数

 小学5・6年生の算数は、これまで学習してきた基本的な内容から発展し、感覚的にとらえにくい問題や、整数の性質など理論的な内容まで扱います。また、割合や比、速さなど今後の算数・数学で重要な単元を学習するのもこの時期です。この時期の内容を理解することが中学生の数学を得意科目にする絶対条件になります。山手学院の算数は、毎回の授業に行う確認テストや、家庭学習教材のワーク学習の反復を徹底し、基本事項の定着を図ります。また、対話形式の授業を通じて、「なぜそうなるのか」「それをどのように利用するのか」をしっかりと理解させて問題に取り組み、考える力・判断する力を着実に育てていきます。山手学院だから可能な特別プログラムです。

● 数量関係の学習

 小学5・6年生では、「単位量あたりの大きさ」や「速さ」、「割合」や「比」など、重要な数量の概念について数多く学習していきます。また、中学校から本格化する「関数」の基礎や「資料の活用」「場合の数」をはじめとする数量の扱い方も学習します。いずれも中学校や高校で発展的な内容を学習する基礎にあたる部分になるものばかりです。山手学院では、要点をおさえた授業を通じて、重要事項をしっかりと理解した上で段階的に構成された問題に取り組み、標準的な内容から発展的な内容までチャレンジしていきます。

● 図形分野の学習

 平面図形の面積や立体図形の体積などを学習するのがこの時期です。図形の見方や考え方の基本は、小学生のうちに形成されていきます。これを的確な指導のもとできちんと理解させ、問題演習を通じて図形の特徴をつかむ力を培っていきます。そして、複雑な図形であっても基本的な図形の組み合わせでできていることに気付けるようになると、より発展的な問題にチャレンジできるようになります。山手学院では、発展的な図形問題にも積極的に取り組み、理解を深めることで算数の面白さを実感します。

〇英語

●新カリキュラムに対応できる総合的な英語力の育成

 新指導要領では最大800語の英単語指導が行われる予定です。中学校ではさらに最大1800語をプラスしますので、その数はとても膨大です。山手学院では、今後必要となる英単語のリストを作成、改訂し、新指導要領に準拠した形での英単語指導を行います。
 また、移行期間中に使われる教科書(採用は自治体の任意)である「We can」の内容に完全準拠した形でのテキストを使用し、先取り学習をしていきます。