所沢東口校【小学生クリスマスパーティー】のお知らせ

 上記の日程で小学生対象のクリスマスパーティーを行います。今年は「英語を使ってサンタクロースに手紙を書こう」がテーマです。英語で手紙を書いたことがない人でも簡単に書けるようになりますので、ぜひ参加してみてください。山手学院に通っていないお友達の参加も大歓迎です。たくさんのみなさんの参加をお待ちしています。   山手学院所沢東口校の校舎案内へ戻る

そろばん通信|2020年1月号

子年は成長の一年です。  二〇二〇年は子年です。子年には、ネズミを動物として当てます。  紀元前二〇〇年代の秦の時代の竹簡に「子、鼠也」と書かれているそうですが、理由を説明していません。漢字の世界では、音が共通する漢字は意味が関連すると考えます。江戸時代に書かれた『和漢暦原考』(石井光致)を見ると、『「子」は「滋」(繁殖・生長)「孳」(繁殖)であり、つとめて止まず、ますます増える』とあります。みなさんが「子の字があらわす、つとめて止まず、ますます増える動物はなあに?」というクイズに答えるとしたら、どんな動物を思い浮かべるでしょうか?  十九世紀までであれば、中国人に限らず、日本人でも、ヨーロッパ人でも、「ネズミ!」と答えたのではないでしょうか。それほど、ネズミはどんどん増えるのです。  さて、和算・そろばんの世界で、ネズミといえば、まっさきにネズミ算が思い浮かびます。  「正月に、ネズミの父母が子を十二匹生む。親と合わせて十四匹。このネズミたちが一組の父母になって、二月に十二匹ずつ生む。合計で九十八匹。このように、親も子も孫も曽孫も、毎月、十二匹ずつ子ネズミを生むと、十二月には合計で何匹になるだろうか? ※月々に生まれる十二匹はオス・メス半数ずつ」  もとは江戸時代にまとめられた塵劫記(じんこうき)という和算の教科書に載っているのですが、明治・大正になっても、算術や珠算の教科書に取り上げられています。  月々を計算していくと、  一月 親(父母)ネズミが子ネズミ12匹(オス6匹・メス6匹)を生んで、合計14匹。  二月 生まれた子 84匹 合計98匹。  三月 生まれた子 588匹 合計686匹。  四月 生まれた子 4,116匹     合計4,802匹。  五月 生まれた子 28,812匹     合計33,614匹。  六月 生まれた子 201,684匹     合計235,298匹。  七月 生まれた子 1,411,788匹     合計1,647,086匹。  八月 生まれた子 9,882,516匹     合計11,529,602匹。  九月 生まれた子 69,177,612匹     合計80,707,214匹。  十月 生まれた子 484,243,284匹     合計564,950,498匹。  十一月 子 3,389,702,988匹      合計3,954,653,486匹。  十二月 子 23,727,920,916匹      合計27,682,574,402匹。  となり、答えは、二百七十六億八千二百五十七万四千四百二匹になります。  もちろん、珠算では、こんな遠回りはしません。わたしの手元にある『新選珠算実習書』(大正六年)には、「まずこの算法は実(被乗数)に二匹を置き、法(乗数)に七と置き十二度乗ずれば知るなり」と説明してあります。数式であらわせば、  こういった考え方でも珠算と数学はつながっています。珠算に加えて、数学的な発想ができれば、さらに計算は速くなるのです。  陰陽の思想でいいますと、子年は陽が兆す年です。みなさんにとっては成長の年になります。  いい一年にしていきましょう。 学院長 筒井保明

学院長からのメッセージ 2019 December

君たちのもっといい未来 Your Better Future  2020年は、庚子(かのえ・ね)の年である。  江戸時代に書かれた『和漢暦原考』(石井光致)を見ると、『「庚」は、陰気が万物をあらためるので「更」であり、万物は粛然と更改する』とある。  また、『「子」は「滋」(繁殖・生長)「孳」(繁殖)であり、つとめて止まず、ますます増える』とある。  さらに『冬至の日(子月)に一陽が生じて万物が生じ始める』とある。陰陽の思想でいえば、冬至に陰が極まり、そこに新しい陽が生まれる。「子」は、始まりを表している。  十干十二支や陰暦で見ても、2020年の庚子とは、「あらゆることが根本から改まり、新しい年にますます発展していく」という意味になるので、文字どおりであれば、すばらしい一年になるはずだ。  では、子はどうして鼠なのか?  紀元前200年代の秦の時代の竹簡に「子、鼠也」と書かれているそうであるが、それはそう書かれているだけで理由を説明していない。  もし君たちが「子の字が表す、つとめて止まず、ますます増える動物は、なあに?」となぞなぞを投げられたなら、君たちはどんな動物を思い浮かべるだろうか?  当時の中国人は、たぶん、ネズミを思い浮かべた。  日本人も同じだろう。その証拠に、和算に鼠算というものがある。  正月に、ネズミの父母が子を12匹生む。親と合わせて14匹。このネズミたちが一組の父母になって、2月に12匹ずつ生む。合計で98匹。このように、親も子も孫も曽孫も、毎月、12匹ずつ子ネズミを生むと、12月には合計で何匹になるだろうか?  ちょっと計算してみよう。答えは、2×712 = 27,682,574,402で、276億8257万4402匹。つまり、ネズミたちは、つとめて止まず、ますます増えるのだ。  『和漢暦原考』には、十二支に当てられた動物たちの根拠と思われることも書いてあるが、もしかしたら私の想像のほうが当たっているかもしれない。  いずれにせよ、庚子の2020年は、改革の時であり、発展の時を意味する。  さて、このおめでたい年のはじめ、君たちの抱負は、どんなものだろうか?  抱負はどんなに大きくてもかまわない。抱負の意味は、「大志」であり、「理想」だ。だから、途方もなく壮大なものであってもいい。  抱負や目標を考えるとき、方法や手段を考える必要はない。なぜなら、方法や手段は、抱負や目標が決まった後に、生まれてくるものだからだ。  まず自分にとって重要なことを抱負や目標にしよう。  そして、その抱負や目標を達成している自分を思い浮かべてみよう。  晴れやかな笑顔の自分が思い浮かんだなら、さっそく、その抱負や目標に向かって走り出せばよい。走り出すと、やることや手段や方法が次々とあらわれてくるはずだ。  子の年は、万物のスタートだ。これから、君たちの毎日はもっといい未来になる。  希望をもって、自分の目標に向かっていこう! 学院長 筒井保明

学習指導付き学童クラブ 山手ジュニア 新規開校

学習指導付き学童クラブ「山手ジュニア」が2020年春、志木校・藤沢校・鶴ヶ島校、東毛呂校に開校いたします。 学習塾のノウハウを生かし、子どもたちの力を大きく育てるために誕生したのが「学童クラブ 山手ジュニア」です。宿題に取り組み、課題に取り組み、積極的にさまざまなことを学んでいきます。子どもたちが大きく成長できる環境をご提供いたします。      

霞ヶ関校【ワーク完成勉強会】のお知らせ

 山手学院霞ヶ関校では以下の日程でワーク完成勉強会を実施いたします。各科目とも、指定された範囲のワークを期日までに提出されていない生徒さんは、ワーク完成勉強会に参加してすべて仕上げてください。ワークは副教材とはいえ、各学期に配当された学習内容が取り扱われている点では授業で使用しているテキストと変わりません。一つ一つの学習内容をきちんと積み重ねることが、入試本番での力になります。どんな細かなことも揺るがせにせずしっかり取り組むことで学力の底上げを図るためにも、必ず完成させましょう。 12月22日(日) 13:00~17:00 12月23日(月) 17:00~20:00 12月24日(火) 17:00~20:00 【持ち物】筆記用具・塾ワーク ※期限までに全科目ワーク提出してある生徒さん以外は、必ず全員参加して全科目やり切りましょう。   山手学院霞ヶ関校の校舎案内へ戻る

鶴ヶ島校【クリスマスパーティ】のお知らせ

 鶴ヶ島校では毎年、小学生英語授業の一環として、クリスマスパーティを行っております。クリスマス文化とはどういったものなのかを学んで、楽しいゲームをしながらクリスマスの英語表現を覚えていきましょう。 〈日時〉 12月20日(金) 17:55~18:40 〈対象〉 小学生 〈申込〉 ・申込書(塾内配布) ・電話(049-233-0003) 〈申込締切〉 12月16日(月)   山手学院鶴ヶ島校の校舎案内へ戻る

個別スクール朝霞校【三者面談】のお知らせ

 2学期の期末テストがおわり、1・2年生は次の学年に向けて、3年生は志望校合格に向けて今まで以上に学習に力を入れる時期となりました。そこで、これまでの取り組みを確認し、今後の学習につなげるために、塾生とその保護者様を対象に三者面談を実施いたします。  個別スクール朝霞校では、塾生の成績向上、志望校合格に向けて、今後も全力を尽くして参ります。 【面談でお話しさせていただく内容】 1・2年生 ①成績確認・学習状況のご報告 ②3学期・次学年に向けて実施すること ③高校受験に向けたご相談 3年生 ①成績確認・学習状況のご報告 ②志望校確定に向けたご相談 ③志望校合格に向けた自習計画・学習内容のご相談   個別スクール朝霞校の校舎案内へ戻る

ふじみ野校【新年度学院説明会】のご案内

 山手学院ふじみ野校では、下記の日時で2020年度の「新年度学院説明会」を行います。  山手学院の学年ごとの取り組みや指導方針、3月からの新しい時間割、特進クラスをはじめとするクラス分けについて、次学年への進級や中学進学にあたっての注意点など、様々な観点から保護者の皆様にお話しをさせていただきます。 ・1月12日(日)  13:00~14:00 中学受験生(現小2~小5)対象  ・1月12日(日)  14:30~15:30 新中学3年生(現中2)対象 ・1月12日(日)  16:00~17:00 新中学1年生(現小6)対象 ・1月13日(月祝)  13:30~14:30 小学生(現小2~小5)対象 ・1月13日(月祝)  15:00~16:00 新中学2年生(現中1)対象 塾生以外で、新年度学院説明会を参加ご希望の方は、塾受付またはお電話でお申し込みください。   山手学院ふじみ野校の校舎案内へ戻る

東毛呂校【第7回中3北辰テスト当日解説授業】のご案内

 山手学院東毛呂校では、下記の日程で、中学3年生を対象にした、「北辰テスト当日解説授業」を行います。自己採点をし、次回の試験への反省点を洗い出します。また、得点のポイントになる問題や、出題傾向、試験全体の解き方等に関して、アドバイスをさせていただきます。ぜひ、ご参加ください。 日時 12月1日(日)16:00~18:00 会場 山手学院 東毛呂校 内容 北辰テストの自己採点及び解説授業 持ち物 北辰テストの問題用紙・解答   山手学院東毛呂校の校舎案内へ戻る

ふじみ野校【公立高校入試対策勉強会】のお知らせ

 中学3年生は、最後の期末テストも終了し、いよいよ入試本番に向けて学習を進めるだけとなりました。山手学院ふじみ野校では、今年度の公立高校入試(理科)に出題される可能性のある分野に絞って、入試対策講座を開講します。基本の定着から応用問題まで、公立高校入試で、全員80点以上を目指します。 ※標準・応用とも内容は同じです。どちらかに参加してください。 ※専用のノートを準備してください。 中3理科 入試対策講座の日程・時間 ■標準クラス 回 日程 時間 内容 1 12月1日(日) 17:00~19:00 動物 2 12月8日(日) 17:00~19:00 植物 3 12月15日(日) 17:00~19:00 化学① 4 12月22日(日) 17:00~19:00 化学② 5 1月12日(日) 17:00~19:00 化学③ 6 1月13日(月) 14:00~16:00 光・音 7 1月19日(日) 17:00~19:00 電流 8 1月26日(日) 17:00~19:00 運動 9 2月2日(日) 17:00~19:00 運動 10 2月9日(日) 17:00~19:00 天体 11 2月16日(日) 11:00~13:00 天気 12 2月23日(日) […]