さいたま市立浦和南高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2023年

●坂戸市立 若宮中 T.R.く
●山手学院 若葉校
●合格校 さいたま市立浦和南、埼玉栄(Sコース)


受験で大切なこと
 僕がこの受験を通して学んだことは二つあります。一つは実戦しなければできるようにならないということです。受験直前に詰め込むように勉強するのではなく、毎日の積み重ねが重要です。授業で習った解き方や考え方を毎回の宿題で復習しなければすぐに忘れてしまいます。また、内申点も重要なので、中学一年生の頃から定期テストの学習をコツコツ頑張って良い結果を取るようにしましょう。二つ目は、誰かに言われて勉強するより、自分から進んで勉強する意識を持つことです。山手学院に入塾した最初の頃はなんとなく塾に行き、宿題を中途半端にこなすだけでした。しかし、自分で志望校を決めて、そこに合格するために一問一問丁寧に解く意識を持つようになると成績も良くなっていきました。皆さんも受験勉強に向かう動機をしっかり持って自分から勉強に向き合う努力をしてみてください。受験はかなり体力的にも精神的にも大変だと思いますが、うまくリフレッシュしながら前向きに頑張ってください。

2022年

●新座市立 第二中 Y.M.く
●山手学院 新座校
●合格校 さいたま市立浦和南、細田学園(選抜Lコース)、西武台(選抜Iコース)


自分を信じる
 僕が高校入試において重要だと思うことは自分のことを信じるということです。
 僕は夏の大会が終わってから本気で入試に向けて勉強をし始めました。勉強をしていき、北辰テストを受けていくなかで偏差値があまり上がらないときや、受験1ヶ月前に志望校の変更をするかどうかなどのさまざまな困難がありました。このような困難はこれから高校受験に挑む人たちに必ずあると思います。そのようなときに一番頼れるのは「自分」です。僕は受験に不安を覚えたときは、今まで頑張ってきた自分自身を信じて受験にのぞみました。受験の不安をうちけすのは自分自身の努力から生まれる自信です。自分のことを必ず信じてください。そして受験に打ち勝ってください。みなさんの合格をお祈りします。

●朝霞市立 朝霞第二中 O.T.くん
●山手学院 朝霞台校
●合格校 さいたま市立浦和南、山村学園(特別選抜SAコース)


「感謝」すること
 桜の花が少し咲き始めたころ、僕は高校入試で合格をすることができました。この1年は合格に向けての勉強をたくさんしてきました。その努力が報われたことはとても良かったです。自分はもちろん頑張ったけれども、自分の他に、勉強をたくさんサポートしてくださった塾や学校の先生や、相談に乗ってくれた親など、いろいろな人の支えがあったから、合格することができたと感じています。そのため僕は、入試で大切なことは「感謝」だと思いました。自分だけの力で合格できる人はいないと思います。自分を支えてくれたすべての人に結果に関係なく、感謝することが大切だと思いました。また、入試では合格することを目標とすることの他に、支えてくれている人の期待に応えることを目標とすることも大切だとも思いました。
 このように、入試では、支えてくれる人のことを考えることが合格につながると僕は思います。