さいたま市立浦和南高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2021年

志木市立 志木中 Y.U.さん
●山手学院 志木校
●合格校 さいたま市立浦和南高校(普通)、細田学園高校(選抜L)、山村学園高校(総進-選抜)


苦手を克服して臨んだ受験
 私は小学五年生の頃に山手学院に入りました。受験までの長い間通い続けることができたのは、先生方の手厚い指導と、そのおかげで自分の学力が向上したのを実感できたからだと思います。
 以前は苦手だった数学と英語も、受験前は志望校の問題にしっかり取り組めるようになりました。先生方の指導が的確で、要点を絞って教えてくれたので、苦手教科でも基礎を固めることができました。
 また、入試や北辰テストに関するアドバイスをしてくれて、受験に不安を抱いていた私も安心して効果的な勉強ができました。そのおかげで、私は目標としていたコースの一つ上のコースで合格することができました。これは、山手学院で基礎と要点を抑えた学習ができたからだと思います。
 長い間通うことができてよかったです。

川越市立 東中 M.Y.さん
●山手学院 南古谷校
●合格校 さいたま市立浦和南高校(普通)、山村学園(選抜)


夢に向かって
 私が高校入試において大切だと思うことは「諦めない」ということです。三年生になったばかりは受験生という実感がなく、受験勉強ではなく学校の定期テストに向けて勉強していました。
 そして、テストの点数は上がり、三年生の内容は確実に頭に入るようになりました。しかし、一・二年生の内容を覚えていなかった私は、毎回行われる北辰テストでひどい点数ばかり取っていました。
 特に理社が苦手で、私は理社に力を入れて取り組むようにしました。問題を繰り返し解くことが大切で、塾の授業やテストで自分の身についていることを実感していきました。志望校に受かる確率が低くても、倍率が高くても、一度自分で「行きたい」と思った志望校は変えないこと、諦めずに粘り強く最後の日まで取り組むことが合格につながると分かりました。
 「努力は報われる」本当にその通りだと思います。自分を信じて努力を続け、結果を得ることができて嬉しいです。受験生のみなさん、応援しています!

 

2020年

さいたま市立浦和南高校

●さいたま市立 日進中 N.E.くん
●山手学院 日進校
●合格校 さいたま市立浦和南高校、城北埼玉(本科コース)


大きく変わった冬休み
 僕は八月まで部活をやっており、他の受験生に比べてスタートが遅かったので少し心配でしたが、引退後の9月の北辰テストで良い結果が出て不安がなくなりました。
 僕が入塾して一番よかったと思ったのは冬期講習です。冬期講習では基本的な問題から応用問題までやり、一日で自分の苦手なところが減り、とても効率の良い勉強をすることができました。また、冬期講習は午後からの開始なので、午前中には苦手科目である社会の重要用語を中心に勉強しました。この冬休みの使い方が僕を合格に大きく近づけたと思います。入塾から卒業まで常に先生方がサポートしてくれたおかげで最高の結果を残すことができました。本当にありがとうございました。

さいたま市立浦和南高校

●朝霞市立 朝霞第三中 S.T.くん
●山手学院 志木校
●合格校 さいたま市立浦和南高校、細田学園高校(選抜Lコース)、山村学園高校(総合進学コース選抜クラス)


この入試で学んだこと
 掲示板に自分の受験番号があった時は、泣きそうなくらい嬉しかった。なぜなら、公立入試三週間前に行われた県立模試では、絶望するような結果だったからです。僕の内申で模試の点数と同じ点数を本番に取って、合格した人は誰もいないと言われたときは、とても焦り、怖くなりました。それでも、僕はこの高校に行きたかったので、ほぼ毎日自習室に行き、苦手な理科と数学を必死に勉強しました。
 試験の直前は、社会を重点的に勉強して、分からないところは山手の先生に質問しました。もし、あの時、勉強をしておけば……などの悔しい思いはしたくなかったので、死ぬ気で勉強しました。なので、掲示板に受験番号があった時は、諦めないで良かったと思いました。今でも、山手学院の先生には、とても感謝しています。何よりもこの受験を通して、諦めないことの大切さと、努力は報われるということを学びました。ありがとうございました。