入試情報

【入試情報】進路希望状況調査結果(2回目)が埼玉県教育委員会から公表されました。

 埼玉県教育委員会から、2回目の進路希望状況調査の結果が発表されました。令和2年12月15日現在の調査結果です。  県内全体の進学希望者は98.7%で前年同時期よりも0.1%上昇しました。これは、平成28年から平成30年同期と並び、過去最高となっています。  進学希望者の内訳を見ると、高等学校全日制課程の希望者の割合は91.2%で、前年度同時期よりも0.8ポイント低くなっています。県内公立高校への進学希望者は65.4%(前年度同時期-1.9ポイント)、県内私立高校への進学希望者は18.3%(前年度同時期+1.3ポイント)です。  県外の高校への進学希望者は7.2%(前年度同時期-0.2ポイント)、通信制課程の希望者は3.9%(+0.8ポイント)です。  県内の全日制公立高等学校全体の進学希望者は、内部進学希望者157人を除くと40,251人で、募集人員36,040人に対する割合は1.12倍となり、過去20年間で最も低くなっています。学科別では普通科が1.19倍、専門学科が0.91倍、総合学科が0.96倍です。  県内の公立高校で、倍率が高い高校・学科は次の通りです。 ■全日制普通科  市立川越 普通科 2.90倍  川口市立 普通科 2.42倍  市立浦和 普通科 2.29倍  川越南 普通科 1.99倍  浦和西 普通科 1.78倍 ■全日制専門学科・総合学科  大宮 理数科 2.18倍  久喜工業 情報技術科 1.90倍  川口市立 理数科 1.83倍  川越工業 デザイン科 1.80倍  市立大宮北 理数科 1.80倍 詳しくは埼玉県のHPでご確認ください。 https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2020/0112-01.html

【入試情報】埼玉県公立高校入試における新型コロナウイルスに係る対応について発表されました

 埼玉県公立入試における新型コロナウイルス感染症に係る対応について発表されました。従来の学力検査、インフルエンザ罹患者を想定した追検査に加え、新たに「特例追検査」が実施されます。  埼玉県教育局より、令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜における新型コロナウイルス感染症に係る対応に関する詳細が発表されました。特例追検査の実施以外にも変更点があります。  まず、2月12日から始まる出願については、従来の志願者が高校の窓口に持参して出願する形式から、原則郵送による出願へと変更されます。ただし、さいたま市及び川越市の市立高等学校については窓口での出願になります。 (12/18追記 埼玉県教育局より出願方法の変更が発表されました。変更内容は次の通りです。「さいたま市及び川越市の市立高等学校は、原則、中学校がまとめて郵送による出願とする。その際、入学選考手数料は振込により納入する。志願者が持参して出願する場合、現金で納入することも可能。」)  2月26日に実施される学力検査については、1つの検査会場を35人以下に限定することや、受検中の常時換気、昼食時を除きマスクの着用を義務付けるなどの対応が新たに発表されました。  3月8日の入学許可候補者発表については、従来では午前9時に高校にて掲示による発表、午後1時にウェブにて発表されていましたが、掲示板前での密状態を防ぐため、午前9時にウェブにて発表、午前10時に高校にて掲示発表へと変更されます。  新設される「特例追検査」は、3月12日に実施されることになりました。県内4会場にて実施を予定しており、対象者は「新型コロナウイルス感染症に感染するなどして、学力検査・追検査の両方を受検できなかった志願者で、3月12日までに健康観察期間が終了している者及び3月12日に無症状の濃厚接触者である者」となっています。実施教科は国語、数学、英語の3教科で、英語ではリスニングは実施されません。また、学校選択問題の実施もありません。入学許可候補者は募集人員の枠外で決定することも発表されています。特例追検査の入学許可候補者発表日は3月16日午後2時です。 詳細につきましては、埼玉県のホームページでご確認ください。

【入試情報】進路希望状況調査結果(1回目)が埼玉県教育委員会から公表されました。

※中学校での進路指導が本格化する前の調査結果です。倍率が高く出ている高校については、今後大きく変わる可能性があります。  埼玉県教育委員会から、1回目の進路希望状況調査結果が発表されました。令和2年10月1日現在の集計結果です。  今年の埼玉県全体の中学校卒業予定者数は61,740人で、前年同期より1,353人減少しています。  県内の全日制公立高等学校全体の進学希望者は、内部進学希望者159人を除くと42,794人で、募集人員36,040人に対する割合は1.19倍と、過去20年間で最も低くなっています。学科別では普通科が1.29倍、専門学科が0.88倍、総合学科が1.04倍です。 県内の公立高校で、倍率が高い高校・学科は次の通りです。 ■全日制普通科  市立川越 普通科 4.34倍  川口市立 普通科 3.06倍  市立浦和 普通科 2.73倍  川越南 普通科 2.45倍  浦和西 普通科 2.34倍  普通科で倍率が2倍を超えている高校は9校です。(市立川越・川口市立・市立浦和・川越南・浦和西・上尾・越ヶ谷・大宮・越谷南) ■全日制専門学科・総合学科  大宮 理数科 2.55倍  久喜工業 情報技術科 2.53倍  大宮光陵 美術科 2.50倍  越谷総合技術 食物調理科 2.20倍  市立大宮北 理数科 2.10倍  川越総合 総合学科 2.10倍  専門学科・総合学科で倍率が2倍を超えている学校は以上の6校です。  近年、進学希望者が減少傾向にある外国語科は、1.07倍と前年よりも0.06ポイント低下しています。理数科も同様に低下傾向が続いていましたが、今年は1.66倍と前年よりも0.23ポイント上昇しています。  詳細については埼玉県のホームページをご確認ください。

【入試情報】令和3年度埼玉県立高校入試の選抜基準が公表されました

 令和3年度高等学校入学者選抜における各県立高等学校の選抜基準が公表されました。  なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和2年度の部活動等の大会が中止になったことから、すべての高等学校において、3年生の大会等のほとんどが中止になったことを踏まえ、部活動及び部活動に準ずる活動の大会等の実績は、1・2年生の事項のみを評価することになりました。 https://www.pref.saitama.lg.jp/f2208/r3senbatsu-kizyun.html

【入試情報】令和3年度埼玉県公立入試に出題されない内容が発表されました。

令和3年度埼玉県公立入試に出題されない内容が発表されました。 ※学校選択問題にも同様の配慮がなされます。 教科 配慮の内容 国語 次の内容は出題しない。 ・第3学年における言葉の特徴やきまりに関する事項のうち、慣用句・四字熟語などに関する知識 ・県内市町村立中学校で使用している第3学年の教科書で学習する漢字の読み書き 社会 公民的分野において、次の内容は出題しない。 ・私たちと経済 ・私たちと国際社会の諸課題 数学 次の内容は出題しない。 ・相似な図形のうち、日常生活で相似な図形の性質を利用する場面 ・円周角と中心角 ・三平方の定理 ・標本調査 理科 第1分野において、次の内容は出題しない。 ・科学技術と人間 第2分野において、次の内容は出題しない。 ・地球と宇宙 ・自然と人間 英語 次の内容は出題しない。 ・関係代名詞のうち、主格の that、which、who 及び目的格の that、which の 制限的用法(接触節も出題しない。) ・主語+動詞+what などで始まる節(間接疑問文) ※ただし、教科書で扱う語彙はすべて出題範囲とする。

【入試情報】令和3年度入試より所沢北(理数科)で傾斜配点を実施

 令和3年度埼玉県公立入試の入学者選抜実施要項・入学者選抜要領が発表されました。  所沢北高校の理数科は、令和3年度入試より数学と理科で傾斜配点を実施します。また、新たに学校選択問題実施校になった川口市立高校の理数科でも数学と理科で傾斜配点が実施されます。 https://www.pref.saitama.lg.jp/f2208/r3zissiyoukou.html

【入試情報】令和3年度埼玉県公立高校・県立中学の生徒募集人員が発表されました。

 令和3年度埼玉県公立高等学校第1学年及び専攻科第1学年並びに県立中学校第1学年生徒募集人員が発表されました。  中学校等卒業予定者数の減少(昨年と比べ1,449人の減少)に伴い、募集人員は昨年よりも840人の減少となります。また、令和3年度入試より川口市立高校の文理スポーツコースは、スポーツ科学コースに名称が変更となります。 http://www.pref.saitama.lg.jp/f2207/nyugakusya-senbatsu/boshujininichiran.html

【入試情報】令和3年度学校選択問題実施校について

令和3年度 学校選択問題実施校について  令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜における学校選択問題実施校が発表されました。実施する学校数は昨年と同じ21校ですが、春日部女子高校が抜け、新たに川口市立高校が加わります。 ■学校名(すべて全日制課程) 浦和高等学校  浦和第一女子高等学校  浦和西高等学校 大宮高等学校  春日部高等学校  川口北高等学校 川越高等学校  川越女子高等学校  川越南高等学校 熊谷高等学校  熊谷女子高等学校  熊谷西高等学校 越ケ谷高等学校  越谷北高等学校  所沢高等学校 所沢北高等学校  不動岡高等学校  和光国際高等学校 蕨高等学校  さいたま市立浦和高等学校  川口市立高等学校

【入試情報】令和3年度埼玉県公立高校入試の方針が発表されました。

令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜における中学校等の臨時休業等を踏まえた配慮事項の方針が発表されました。 ①各高等学校が定める選抜基準における調査書の扱いについて 部活動等の大会等が中止になっている状況を踏まえ、出場等できなかった生徒が入学者選抜において不利益を被ることがないよう、各高等学校に対し、各校が定める選抜基準における調査書の扱いについての配慮に関する考え方を示す。 ②学力検査の出題範囲等について 学力検査の出題範囲等については、中学校3年生等の学習状況を踏まえて、出題範囲を縮小する方向で検討する。(詳細については、7月上旬に改めて公表する。)

【入試情報】令和2年度埼玉県父母負担軽減事業が発表されました

埼玉県私立高等学校等父母負担軽減事業補助制度とは  埼玉県では、県内の私立高等学校等に通学する生徒の経済的負担を軽減するため、国が授業料への補助を行う「高等学校等就学支援金」のほかに、授業料や施設費等納付金、入学金の軽減補助を行っています。 所得の状況により、授業料及び施設費等納付金が実質無償化される場合があります。 詳しくは埼玉県のホームページをご覧ください。 私立学校の父母負担軽減事業について(令和2年度)