基礎力の構築と学習スタイルの確立

■1年生の学習

 小学校から中学校への進学に伴い、生活環境や学習環境も大きく変化します。部活動に費やす時間の大幅な増大と並行しながら定期テストの準備もしなければなりません。学習内容もこれまで以上に多くなり、授業内の理解・演習だけでは定着が困難になるため、家庭での復習・くり返しが必要となってきます。
 これらの変化に対応し、高校受験へ向けた理想的なスタートダッシュをすることが1年生の最大の目標です。
 国語は日本語のルールに基づいて、文章に書かれていることを精確に読み取る方法を身につけること、数学はマイナスの概念と文字式の運用から算数とのちがいを理解すること、英語は動詞(be動詞・一般動詞)や代名詞の使い方をマスターすることが目標です。
 『ノート指導』『家庭学習指導(通常時・定期テスト時)』『解きなおし指導』『定期テストに向けてのワーク指導』などを通じて、中学生としての基礎力を固め、学習スタイルを確立させていきます。

■1週間の授業時間

国語 数学 英語 理科 社会
特進コース 90分 90分 90分 45分 45分
進学コース 90分 90分 90分 45分 45分
※中学1年生の理科・社会の授業は9月よりスタートします。

各教科の取り組み

英語

 「英語の音や英文の構造に慣れ、正しい発音・正しいルールで英文を読み書きできること」を目標に学習を進めていきます。学校の教科書に出てくる順番も意識しながら、中学1年生のうちに、be 動詞や一般動詞の正しい使い方の定着と、人称代名詞の正確な使い分けができるようになることを徹底します。また、単語については、フォニックスのルールに基づいて、「発音しながら書く」作業をすることで、音と綴りの関係が自然に身につくような訓練もおこないます。

数学

 数学の基礎となる重要事項を丁寧に学習していきます。数量の扱い方や数学の基礎計算をしっかり学んだ上で、方程式の文章題における立式のコツ、関数の扱い方、平面図形・空間図形の重要問題の考え方をバッチリ伝授していきます。数学が得意になるための山手学院独自の学習カリキュラムで効率よく実力アップに取り組んでいきます。毎回の授業で確認テストを実施し、定着度を確認しながらレベルアップのための学習を進めていきます。

国語

 中学生になると、取り組む文章の語彙が格段に難しくなります。そこで、文章の読み方と語彙力の定着を意識した取り組みを実施しています。文章読解では、文と文のつながりや文章の構成を意識しながら、日本語のルールにしたがって文章を読み進めていく練習を積み重ねていきます。また、中1で必要とされる対義語・四字熟語・ことわざ・慣用句などの知識事項の定着を通した語彙力のアップにも積極的に取り組みます。

理科

 光や音、大地の変化など身のまわりのものについての学習を進めていきます。どうしてそうなるのか、どうしてその実験・作業を行うのかなど、各単元の重要ポイントを完全解説。実験・観察問題にも取り組み、考える力を養っていきます。知識の定着度を高める確認テストも実施します。

社会

 公立高校入試で高得点を取ることを念頭に置いた指導を行います。毎回の授業では、確認テスト、要点を絞った解説および問題演習を行うことにより、重要ポイントの完全マスターを目指し、入試に向けて土台となる学力を作り上げていきます。

Events&Topics 山手学院の内申対策

定期テスト対策

 定期テスト前には、各中学校のテスト範囲に合わせて、理科・社会を中心とした定期テスト対策授業を実施しています。授業以外でも、中学校で配布されているワーク教材や、山手学院で配布しているワーク教材の進度と完成度を管理し、生徒全員が最後までやりきる指導を心がけています。

◆初めての定期テスト対策講座

 初めての定期テストに臨むにあたり、小学校までのテストとの違いや通知表との関係、高校入試と通知表の関わりを学んだ上で、どういう方法で、どんな内容の勉強をどれくらいしていけばよいか、講義形式でお伝えするのが、「初めての定期テスト対策講座」です。各校舎で実施しています。

定期テスト対策プリント 理科・社会

理科

 定期テストの点数を取ることに徹底的にこだわった、山手学院オリジナル定期テスト対策プリントです。単元ごとの「まとめプリント」、「一問一答・図解のプリント」、「練習問題A・B」を用意してあり、基礎から応用まで幅広く対応しています。まず、「まとめプリント」でテスト範囲のおさらいをし、基礎を固めていきます。その上で、一問一答、練習問題を解き進めることにより、各単元の頻出問題を徹底的に反復練習します。これらのプリントを定期テスト前にやり込むことにより、自信を持ってテストに臨むことができます。

社会

 定期テストの範囲となる学習内容は、毎回かなりの量になるため、高得点をとるためには、重要な知識を効率良く定着させていくことが必要です。山手学院では、教科書の各単元において、定期テストで出題されやすい重要事項に関する問題などをまとめた、定期テスト対策プリントを作成しています。このプリントにより、定期テスト直前の時期に、重要知識の総復習や定期テストで出題されやすい問題の演習を行うことができます。

塾内テスト予定

4月 春期講習まとめテスト
6月 YOT(山手学院オリジナルテスト)
7月 育伸テスト
8月 夏期講習まとめテスト
10月 【特進】育伸テスト
【進学V】YOT(山手学院オリジナルテスト)
11月 【特進】育伸テスト
【進学V】YOT(山手学院オリジナルテスト)
12月 育伸テスト
1月 冬期講習まとめテスト
2月 育伸テスト