中学2年生 入試に直結する応用力を育成

■2年生の学習

 2年生になると部活動や生徒会活動などで中心になる機会も多くなり、これまで以上に学校活動に費やす時間が長くなります。同時に学習においても、入試頻出単元が数多く登場し、公立入試問題の約7割の学習内容をこの期間までに終えることになりますので、1年生以上に効率的な時間の使い方を要求されます。
 2年生は1年生で習得した基礎力を入試に直結する応用力へと高めていく大切な学年です。「2年生での取り組み方が、次年度、受験生になってからの伸び具合を決める」と言っても過言ではありません。
 どの教科においても、これまで以上に『思考力』を必要とする内容が多くなるため、これまでの作業を中心とした学習から、考える力を育成する学習へと徐々に移行していきます。また、『記述力』を養成することもこの時期の目標の1つです。
 1年生で培った学習方法(ノートの取り方・家庭学習の仕方・解きなおし・定期テスト準備の仕方など)を更に進化させ、志望校合格へ大きく近づけていきます。

■1週間の授業時間

国語 数学 英語 理科 社会
90分 90分 90分 45分 45分

各教科の取り組み

英語

 2021年度から新学習指導要領に基づき、教科書が改訂されます。新しい教科書では、学習する単語数が大幅に増えるだけでなく、英文の数や学習単元も多くなります。学習単元の増加に伴い、これまで中学3年生で学習していた単元のうちいくつかは、中学2年生の学習内容に変わります。もともと入試頻出事項が多かった中学2年生の学習内容に新しい単元が加わるため、中学2年生は今まで以上に重要な学年になっていきます。また、文章読解についても、入試問題の長文化・難化が進んでいるため、早い時期からの対策が必要です。山手学院では、語彙力・読解力を強化できるよう文章読解にも力を入れています。教科書の文章指導や、初見の文章読解問題に取り組むことで、総合的な英語力を養います。

数学

 新しい計算方法・数量の扱い方を学び、よりレベルの高い問題の解法をマスターしていきます。連立方程式の文章問題や一次関数の応用問題など、入試でも会場テストでも頻出の重要問題の解法ポイントをわかりやすく解説。力がつく精選問題の演習を積み重ねて、自信をもって答えられる知識を増やしていきます。秋からは、角度や四角形の性質を学び、「証明」を書く力を鍛えていきます。学校での定期テストの数学が得意になっているのはもちろんのこと、中学3年生になる前に、入試レベルや会場テストレベルの数学も意識して、計画的に実力アップに取り組んでいきます。高校入試数学がしっかり得点できるようになる基礎学力を中学2年生のうちから作り上げます。

国語

 読解力を高めるために、日本語のルールに基づいた文章の読み方と語彙力の強化にバランスよく取り組んでいきます。説明的文章の読解では、文と文のつながりや段落の役割、文章構成を意識しながら読む練習を通して、筆者の言いたいことをつかみ、要旨をまとめる作業ができるように指導します。文学的文章の読解では、文章展開の確認と細部の理解を進め、登場人物の心情や文章の主題にせまることができるように指導します。語彙力の教科については、山手学院オリジナル教材「知識の確認2」を用いて、漢字や中学2年生で必要とされる対義語・ことわざ・慣用句・四字熟語の知識を身につけ、語彙力の強化を図ります。文法についても中学2年生の終わりまでには中学校で扱う全単元を学習し、受験学年に備えます。

理科

 「生物のからだのつくりとはたらき」、「化学変化」、「電流」、「天気」など入試でよく出題される重要単元を数多く学習します。毎回の授業で、重要ポイントをわかりやすく解説し、問題演習、確認テストを通して理解を深めていきます。暗記だけでなく、仕組みや現象を理解し、原理原則を利用できる力を養っていきます。知識の活用や計算、実験結果の考察などに重点を置き、学校の定期テストで高得点を目指すだけでなく、公立高校入試で高得点を取れる力を計画的に育成していきます。

社会

 公立高校入試で高得点を取ることを念頭に置いた指導を行います。地理分野では、日本の気候・産業・貿易および各地方の特色、歴史分野では、江戸時代以降の内容を中心に扱います。授業では、文章記述問題や歴史の文化に関する内容など、入試に頻出の内容について解説や問題演習を行うことにより、重要ポイントの定着を目指し、中学3年生になった際に受験する会場テストや入試に向けた準備を行っていきます。

定期テスト対策

 中学1年生同様、「定期テストまでの流れ」を随時確認しながら、「ワーク指導(5教科)」「定期テスト対策授業(理科・社会)」をおこないます。

理科の定期テスト対策

 定期テストで高得点を取ることにこだわった、山手学院オリジナル定期テスト対策プリントを作成しています。「まとめプリント」、「一問一答・図解のプリント」、「練習問題A・B」などがあり、基礎から応用まで幅広く対応しています。
 「まとめプリント」でテスト範囲のおさらいと基礎固めをおこない、そのうえで「一問一答」や「練習問題」を進めることにより、各単元の頻出問題を徹底的に反復演習します。これらのプリントを定期テスト前にやり込むことにより、自信を持って本番に臨むことができます。

社会の定期テスト対策

 定期テストの範囲となる学習内容は、毎回かなりの量になるため、高得点を取るためには、重要な知識を効率よく定着させていくことが必要です。山手学院では、教科書の各単元において、定期テストで出題されやすい重要事項に関する問題などをまとめた、「定期テスト対策プリント」を作成しています。このプリントにより、定期テスト直前の時期に、重要知識の総復習や頻出問題の演習をおこなうことができます。
 また、時事問題が出題される中学校のために、一定期間の出来事をまとめた「時事問題対策プリント」も定期テストの時期に合わせて作成し、配付しています。

POINT

 理科と社会については、山手学院でお渡ししている教科書準拠ワークの各単元の導入授業の動画や問題の解説動画をご家庭のPCやタブレット、スマートフォンから視聴することができます。また、理科の各種実験の動画を視聴することもできます。学校の授業で実施した実験をテスト前にもう一度確認したいというときも、実験のやり方や結果を動画で確認することが可能です。

 

塾内テスト予定

4月 講習まとめテスト
6月 YOT(山手学院オリジナルテスト)
7月 育伸テスト
8月 講習まとめテスト
10月 YOT(山手学院オリジナルテスト)
11月 YOT(山手学院オリジナルテスト)
12月 育伸テスト
1月 講習まとめテスト
2月 育伸テスト(5科)