山手学院伊勢原校のご紹介

目標に向けて努力できる環境があります。

山手学院伊勢原校 校舎予定

※予定は変更になる場合があります。

山手学院伊勢原校 時間割(2022年度)

小学生 進学コースの時間割

公立中学進学を予定している小学生のための基礎学力・応用力 育成コースです。

学年 コース 教科 曜日 授業時間帯 1日の授業時間
小4 進学 国語 17:00~17:45 45分(45分×1)
算数 17:55~18:55 60分(60分×1)
小5 進学 国語 17:00~18:40 90分(45分×2)
算数 17:00~18:40 90分(45分×2)
英語 16:50~17:50 60分
小6 進学 国語 17:00~18:40 90分(45分×2)
算数 17:00~18:40 90分(45分×2)
英語 18:00~19:00 60分

 私たちはお子様の将来を第一に考え、今のうちからしっかりと学習をする習慣つけ、学力をしっかりと向上させる指導をしていきます。小学生は得意教科づくりと学習習慣の定着を目指し、指導を行っています。

小学生 オプションコースの時間割
学年 コース 教科 曜日 授業時間帯 1日の授業時間
小4 ジュニア イングリッシュ 英語 17:00~17:45 45分
小学生 山手ジュニアの時間割
学年 コース プラスワンレッスン 曜日
小1~小5 学童クラブ プログラミング
小1~小4 暗算・そろばん
小1~小3 英会話
小1~小3 書写
小1~小5 理科実験
学年 コース 教科 曜日 授業時間帯 1日の授業時間
小2~小6 山手プログラミング教室 プログラミング 16:30~17:30 60分

 体験授業を実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

小学生 中学受験コースの時間割

一人ひとりに最善の指導を実践する山手学院の中学受験コースです。

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
小6 中学受験 国語 16:50~19:00 120分(60分×2)
算数 月・火 16:50~19:00 240分
理・社 16:00~19:10 180分(各90分)

 地元近隣では設置している塾が少ない中、伊勢原校では中学受験コースを専門に設置しております。県内私立中学はもちろん、都内難関中学にも対応出来るカリキュラムで指導しています。
 伊勢原校は早稲田実業中学校や海城中学校に合格者を出しています。

中学生 進学コースの時間割

進学サポート県内NO.1! 高校入試は山手学院にお任せください。

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
中1 進学 国・数・英 月・水・金 19:20~20:55 90分(45分×2)
中2 進学 国・数・英 月・水・金 19:20~20:55 90分(45分×2)
理科 21:05~21:50 45分
社会 21:05~21:50 45分
特進 国・数・英 月・木・金 19:20~20:55 90分(45分×2)
理科 21:05~21:50 45分
社会 21:05~21:50 45分
中3 進学 国・数・英 火・木・土 19:30~21:40 120分(60分×2)
理・社 19:10~21:50 150分(各75分)
特進 国・数・英 火・木・土 19:30~21:40 120分(60分×2)
理・社 19:10~21:50 150分(各75分)
個別スクールの時間割
学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の
授業時間
中学受験以外
の小学生
個別指導 4教科 月~土 下記からお選び下さい
  1. 13:00~14:20
  2. 14:30~15:50
  3. 16:00~17:20
  4. 17:30~18:50
  5. 19:00~20:20
  6. 20:30~21:50
※60分
中学受験小学生
~高校生
個別指導 国数英理社 月~土 80分

※中学受験以外の小学生は1コマ60分授業です。

 「習い事がある小学生」「部活動が忙しい中・高生」など、一人ひとりのご都合に合わせた指導ができるのが「個別スクール」です。生徒ごとにカリキュラムを組んで指導しますので、それぞれの目標・目的に合わせた学習を行えます。私立中学生や高校生も、目的に応じた指導を行います。

2022入試 合格体験談 高校受験

  • 川越市立 霞ヶ関西中 W.H.くん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  早稲田大学本庄、明治大学付属中野八王子、川越東(普通コース)

将来のために自分で選んだこと

 私は中学1年生から山手学院に通い始めました。当時、私はクラブチームでサッカーをやっていたため、勉強はあまり熱心にはしていませんでした。そのため、最初のころは授業についていくのがやっとで、「どうしよう、どうしよう」という不安な気持ちが募るばかりでした。それでも必死に努力をし、なんとかついていけるようにがんばりました。それから2年が経ち、私は進路選択という大きな壁にぶつかりました。サッカーか勉強、どちらを優先にするかすごく悩んでいたときに、先生から「勉強とサッカーで将来につながる確率が高いのはどっちだと思う」と聞かれました。私はその一言で勉強に専念しようと決意することができました。それから私は第一志望に向けて必死に努力をしました。勉強をしていく中でたくさんの難しい問題にぶつかりわからなくなることもたくさんありましたが、先生方がわかるまで優しく丁寧に教えてくれました。ときには勉強から逃げ出しそうになることもありましたが、先生方が温かく見守ってくれたおかげで諦めずに最後まで戦い続けることができたと思います。たくさんの先生方のおかげで無事に合格することができて、とても感謝しています。僕にとってこの山手学院で過ごした3年間はとても充実したものでした。本当に3年間たくさんのことを教えてくださり、ありがとうございました。

  • 川越市立 霞ヶ関中 T.S.さん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立大宮、栄東(東医クラス)

合格体験談を読む受検生へ

 私は中学準備講座から入塾しました。入塾当初は周りの生徒たちについていくのに必死でほかの高校を目指した時期もありました。しかし、先生方や家族、友人の助けをかりながら、最後まで諦めずに全力で勉強し続けた結果、大宮高校合格をつかみ取ることができました。
 これから公立高校入試に挑む後輩たちが念頭に置くべきことを紹介します。それは、通知表の重要性と理社の知識の完成時期です。これはかつての私もこの冊子を読んで意識してきたことです。通知表の要諦は入試の結果だけではなく、自便の精神に大きな影響を与えます。自分自身の最後に後悔しないためにも、内申に影響する日々の提出物や期末テストの副教科をおろそかにしないようにすることをオススメします。
 1・2年生までに習った理社は学んだそのときから、3年生の夏休みまでに大方完成しているとよいと思います。これは先輩の合格体験談から学び私が実践したことです。理社のどちらか1つでも自信をもった状態になっていれば、もう一方の教科分の学習時間はあとで作ることができるので、最低限夏休みまでには大体のことは知っているという状態にしておきましょう。受験期はつらくて終わりがないように思えるけれど、終わった今だから言えることですが本当にあっという間です。最後まで諦めずに自分を貫き通して頑張ってください。応援しています。
 最後に、今まで支えてくださった先生方へ 本当にありがとうございました。

  • 川越市立 川越西中 K.T.くん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立川越、川越東(普通コース)

逃げない。最後まであきらめない!

 僕はバカだ。周りの人はそんなことないよと言ってくれるが、調子に乗らないように自分ではそう思うようにしている。あとから考えればあのときこうしておけばという後悔もたくさんある。それでも僕が県立川越高校に合格することができたのは、山手学院のおかげだ。
 僕は得意な教科と苦手な教科の成績に大きな差があった。自分でもわかっているのに、その苦手な教科からすぐ逃げてしまう。しかし、山手学院に通うことで、やるしかない状況になる。完璧に克服したわけではないが、少しずつできるようになるのが実感できた。
 僕は山手学院を愛し、そして感謝している。
 この1年を通して学んだことは試験は‘よくわからないもの’だということだ。もちろん得意な教科だとしてもわからない問題はあるが、そういうことではない。最後まで結果がわからないのだ。僕は公立入試前の最後の北辰テストで県立川越高校の判定で合格率が20%前後という結果がでた。正直この時は絶望した。しかし結果として、僕はいまこうして合格した喜びを作文にしている。あのとき投げやりになることなく、最後まで自分と向き合って勉強を続けたことで、本番でも不安はなくなっていた。この経験を通して結果はやってみなければわからないということを改めて知った。このあきらめないという気持ちを手にした僕は、これからの高校生活も絶対にあきらめずにがんばろうと思う。

  • 鶴ヶ島市立 南中 S.K.くん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立川越、栄東(東医クラス)、川越東(理数コース・B特待)

大好きなゲームと同じくらいとりこになった授業

 僕は親に連れて行かれたことがきっかけで、中学2年生の夏から山手学院に入塾しました。当時は3か月に及ぶ休校期間があり、その期間中全く勉強をせず、ゲームばかりの生活をしていました。学校再開後も、その生活は変えられませんでした。その結果、定期テストや通知表の成績は大きく下がってしまい、上がったのはゲームの実力だけでした。見かねた母が僕を山手学院に連れて行き、渋々通い始めた僕でしたが、すぐに山手学院のとりこになりました。先生方の授業はわかりやすく丁度いいペースで進むので、聞いていて飽きることなく学校の何倍も楽しい授業でした。また、質問をするとわかるまで丁寧に教えてくれました。そのおかげで、サボり癖があり、努力するのが苦手な僕でも勉強時間が確保でき、常に学年で5位以内をとることができるようになりました。
 入試本番では、あまり状況を重く考えすぎ、むしろ楽しむ気持ちで入試に臨みました。山手学院で培った読解力や思考力、解法パターンや知識が自信となり、自然と僕を楽しませたのです。その結果、川越東高校にB特待生として合格し、栄東高校も東・医クラスにスライドで上がりました。そして、本命の川越高校にも合格することができました。これを読んでいる皆さんもぜひ山手学院の授業を受けてみてください。きっと僕のようにとりこになるはずです。

  • 川越市立 霞ヶ関西中 Y.H.くん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立川越、川越東(理数コース)、城北埼玉(本科コース)

前を向けば前に進む

 僕は、母と兄に勧められて2年生の3月に入塾しました。1年生の時は定期テストの学年順位も5位以内を保っていましたが、2年生になってからは順位も2桁に落ち、焦りを感じていました。自分なんかが川越高校に合格するなんて無理なんじゃないか。そんな不安を抱えたまま入塾すると、周りには驚くほど勉強熱心な塾生たちがいました。我先にと先生に質問に行き、暇があればテキストを開いて勉強をしている姿は、それまでの自分とは正反対で、受験生だという自覚が自分には足りていないことを痛感しました。また、前年に卒業した兄と自分を比べて、できていないことを見つけて落ち込んだり自信を失っていました。そんなときでも、先生は僕を励ましてくれました。「君には秘めたポテンシャルがある。」と勇気づけてくれました。
 4月からは、塾で行われる育伸テストと、会場で受ける北辰テストの2つの実力テストを受けるようになり、自分の実力について、客観的にみられるようになりました。塾で勉強をしてうけた北辰テストの結果に驚きました。自分の想像よりはるか上の偏差値をとることができ、書いたすべての志望校がA判定を出すことができたのです。この経験で僕は大きな自信をつけ、前向きに勉強をするようになり、さらに成績を上げていくことができました。川越高校志望者の中でも上位10%以内に入るようになり、定期テストの順位も5位以内に戻っていました。最終的には受けた全ての高校に合格し、3学期の学年末テストでは学年1位を取ることができました。クラスで少し順位が高い生徒という立ち位置から学校のトップをとることができるようになるほど成長できたのは、山手学院の先生たちが僕を励まして、本気で寄り添ってくれたおかげだと思います。今だからこそ思える自分なりの受験必勝法は、「自分に自信を持つこと」です。これから受験を迎える後輩たちも自信をもってがんばってほしいです。

  • 川越市立 霞ヶ関東中 N.K.くん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立川越、川越東(普通コース)、西武学園文理(グローバルクラス)

悔しさを噛みしめた先に

 中学校1年生の初めに入塾しました。1年生のときはなかなか成績が上がらず悩んだこともありましたが、2年生、3年生と進級するにつれて成績が上がっていきました。合格した今、なぜ自分の成績が上がっていったのかを改めて考えてみました。それは、山手には先生方と共に戦う仲間がいたからです。受検が近づいくにつれて、休み時間中に授業で取り組んだ問題を確認し、教えあうことが増えました。休み時間も問題のことを考えるくらい授業に集中している日々を過ごすことで、自分の苦手な単元がわかりました。あとは苦手を無くすように取り組み、県立川越高校に合格することができました。合格とわかった瞬間はとてもうれしかったです。
 私立高校入試では悔しい想いもしました。しかし、そのときの悔しいという気持ちが自分の心の財産になっていたと今では確信しています。悔しかったことも、それをバネにすれば力になることを受検を通して学びました。たくさんのことを山手の先生方に教えてもらいました。この塾に入ってよかったと思います。学んだことを心に留めこれからもがんばっていきます。

  • 川越市立 川越西中 T.S.さん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立川越女子、大宮開成(特進選抜Ⅰ類コース)、山村学園(特別選抜SAコース)

あこがれ続けた学校へ

 私が川越女子を目指したのは、スーパーサイエンスハイスクール指定校だったからです。私は中学校に入学したときから川女を目指していましたが、やる気が出ずに悩んだこともありました。
 私は中2の終わりに山手学院に入塾しました。入塾後はそれまでに比べ、1日の勉強時間が2~3時間増え、一定時間集中して勉強できるようになりました。北辰テストや塾のテスト、学校の定期テストではその成果が出て、少しずつ成績も上がり、自信が持てるようになりました。
 しかし、12月の北辰テストでは、合格率は3割ほどという判定がでました。母も私も少しあきらめかけていました。それでも私が最後まで川女合格を目指し続けられたのは、山手学院の先生方が温かく見守り、応援し続けてくださったからです。本当にありがとうございました。
 これから受験を迎えるみなさん、勉強がいやになったときは自分なりの集中方法を見つけてがんばってください。

  • 川越市立 霞ヶ関西中 K.A.さん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立川越女子、淑徳与野(SA類)、星野(女子部)(Ⅲ類特進選抜コース)

8敗1勝

 私は中3の春期講習から山手学院に通い始めました。初めは、特進クラスのレベルについていくのが精一杯でしたが、しっかりと宿題に取り組んで復習をすることで、少しずつ力がついていくのを感じました。
 北辰テストでは、偏差値が足りずに私立高校の個別相談で満足いく結果を得られず、不安を抱えながら私立高校の受験をしました。しかし、山手学院の先生方の言葉に励まされ、今までやってきたことを信じて試験を受けました。無事合格することができ、公立入試に向け自信がつきました。その後、最後の北辰テストがありました。私立高校入試に向けあれだけ勉強したのだから良い結果が出ると信じていました。しかし、結果を見て諦めかけました。偏差値は前回から大きく下がり、C判定でした。そのときの「北辰で8回負けても、本番で1回勝てばいい」という先生の言葉に励まされ、気持ちを奮い立たせました。迎えた公立高校入試当日先生方からいただいたメッセージのおかげで緊張がほぐれ落ち着いて問題を解くことができました。合格発表のとき、自分の受験番号を見つけたときは、今までの努力は無駄ではなかったと感じました。
 私を合格まで導いてくださった先生方には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。
 これから受験を迎える皆さん「もう無理かも。」と思っても、そこからが本番です。最後まで自分を信じてがんばってください。

  • 川越市立 川越西中 S.R.さん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立所沢北(理数科)、西武学園文理(グローバル選抜コース)

行きたかった理数科に

 私が山手学院に通い始めたのは、中学1年生の春期講習からです。そのころは家庭学習の習慣がなかったので、普段の学習は塾の授業に支えられていました。
 私は理科が好きで、高校の理数科に興味がありました。しかし、数学に関しては心配なところがあり、倍率も高かったので、普通科と理数科で迷っていました。
 不安が多かったのですが、塾の授業で演習を繰り返すうちに数学の成績も少しずつ良くなりました。先生に励ましていただき、数学も少し自信がついて、理数科を受検するという決断ができました。
 周りの人々の支えによって合格できたのですが、その中でも塾の先生方の力は大きかったと思います。
 山手学院で学ぶことができて本当に良かったです。ありがとうございました。

  • 川越市立 霞ヶ関東中 N.R.くん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立所沢北(普通科)、川越東(普通コース)

真剣に向き合ってくれる塾

 僕はこの山手学院に通うまで偏差値が伸び悩んでいましたが、通ってからは先生たちの熱意のこもった授業により大幅に偏差値を上げることができました。また高校を選ぶときは両親と同じくらい真剣に向き合ってくれました。そして偏差値が下がってしまった回があっても「気にしないで、前を向いて志望校を一緒に目指していこう」と先生は僕に励ましの言葉をかけてくれました。このように山手学院は生徒一人ひとりと真剣に向き合ってくれる塾でした。そのため僕は合格することができました。入塾する当初は不安と心配でしたが、今は入塾して良かったと自信をもっていうことができます。今まで本当にありがとうございました。高校部でもがんばります。これからもよろしくお願いします、山手学院!

  • T.Y.さん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立和光国際(普通科)、山村学園(特別進学ELコース)

最後は本気で

 私は3年生になっても受験生という時間を持てずに1学期や2学期を過ごしていました。志望校もなかなか決められずにいました。しかし塾で面談を重ね、いろいろな提案をしていただき、和光国際高校に決めました。
 志望校を決めたのは良いものの、学校の評定が高いわけでもなく、北辰テストでもA判定をとれることもなく、焦りを感じ、冬期講習や集中特訓はもちろん自習の時間を増やし、基礎から発展まで苦手克服のため本気で取り組みました。
 1月の北辰テストでもA判定は取ることができませんでしたが、あきらめずに今まで以上に勉強付けの毎日を過ごしました。
 当日は自信を持つことができ、緊張をあまりせず受験することができました。
 ここまで自信がつくまで親身にわからない所を教えてくださったり、気にかけていただき本当に感謝しています。ありがとうございました。

  • 川越市立 川越西中 I.R.くん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立松山、東京農業大学第三(Ⅱコース)

調子にのっているあの時の自分へ

 今だから正直に書きたいと思います。私立高校入試前の私は調子にのっていました。過去問の正答率がよく、難関校とよばれる学校の問題も解けたので有頂天でした。うかれていたまま、私立高校に願書を出すときには個別相談で相談したコースより上にスライドできるように書きました。当日、テストがまったく出来ず、焦りました。本当に後悔しました。上のコースへのスライドを希望している受験票が恥ずかしくて、思わず受験票を裏返してしまいました。家に帰ってからも親に謝りました。やってしまったかもしれないと思いました。しかし合格発表が届くとスライド合格ができていました。このことがさらに私を調子づかせました。ここから勉強をサボった日もありました。それがまた県立入試当日の後悔を生むことになりました。あと少しでできそうなのにできない、そんな問題がたくさんありました。自分の中では不完全燃焼です。山手でやっていたところが出たから助かりました。合格できたからよかったものの悔しさは残ります。もし今、私立高校入試直後にタイムスリップできるのなら、調子に乗っている自分を殴ってカツを入れてやりたいと思います。合格発表までの間、できなかった不安におびえ続け、後悔する恐ろしい1週間が待っているぞ。だからサボるな!

  • 川越市立 霞ヶ関中 Y.R.さん
  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立坂戸(普通科)、山村学園(総合進学GLコース)

無理だと思ってたけど無理じゃなかった

 私は中2の冬期講習で山手学院に入りました。そのときの私はまともに自分から勉強をせず、定期テスト前日でもSNSばかり見ていました。でも、山手に入ってからは少しずつ自分から勉強する時間が増えていきました。
 私は3年生になっても志望校がなかなか決めきれず悩んでいた時期がありました。先生が坂戸高校を勧めてくれたのはそんな時期でした。最初は行く気がなかったけれど高校見学に行って坂戸高校に行きたいと思いました。しかし、会場テストでの判定でも通知表でも私には難しいと思いました。12月の会場テストでも努力圏で、1月の最後のテストで合格圏に入れなかったら違う高校に行くと親と決めて勉強を続けました。何度も無理だと思って坂戸高校をあきらめようとしました。でも先生が何回も面談をしてして勇気づけてくれました。1月のテストではなんとか合格圏に入ることができ、自分でも何かが吹っ切れて覚悟が決まりました。坂戸高校に行くために勉強をつづけるしかないと。入試当日、難しい問題があまりできなくても先生からのアドバイス通り気持ちを切り替えて次の教科に集中することができました。合格発表の日はとても緊張して、自分の番号を見つけたときは思わず叫んでしまいました。とてもうれしかったです。これから受験生になる皆さんに言いたいことはとにかくあきらめるなということです。あきらめなければできることを教えてくれた先生方、本当にありがとうございました。

  • 山手学院 伊勢原校
  •  合格校  県立坂戸(普通科)、山村学園(総合進学GLコース)

山手学院「最高!」

 僕は中学1年生の頃に入塾しました。その時は、知らない先生や同級生にドキドキしたり、入試についても勉強についても知らないことだらけで不安でいっぱいでした。しかし、先生たちも仲間もとても優しく、すぐにクラスになじむことができました。
 先生はいつでも勉強や進路についてはいつでも丁寧にわかりやすく教えてくれました。時には悪ふざけがすぎて注意されることもありましたが、最後まで僕を見放すことなく、真剣に向き合ってくれました。定期テスト対策や北辰テストの解きなおし勉強会など、僕たちのことを最優先に考えて、忙しいと思いますが開催してくれました。そうしたサポートがあったので、僕も安心して受検にむかって勉強し、無事に合格をすることができました。僕はときどきできたうれしさで答えを聞かれていないのに答えてしまったりして注意されることもあったけれど、授業はメリハリがあり、自分でもできるという実感をしっかりと持つことができた楽しさがあって山手学院が大好きです。3年間、山手学院で僕たちを支えてくれた先生方、スタッフの方、本当にありがとうございました。山手学院「最高!」

山手学院伊勢原校 | 埼玉県川越市伊勢原町の塾

住 所 埼玉県 川越市 伊勢原町2-4-8
電話番号 049-233-0008
場所 霞ヶ関北小学校前

伊勢原校の塾生が在籍する小学校

【公立】霞ヶ関北小・霞ヶ関小・川越西小・霞ヶ関東小・霞ヶ関南小・名細小・藤小・南小
【私立】星野学園小
(これらの小学校の生徒が伊勢原校に通塾し、元気に授業に参加しています)

伊勢原校の塾生が在籍する中学校

【公立】川越西中・霞ヶ関中・霞ヶ関東中・霞ヶ関西中・鯨井中・名細中
【私立】西武学園文理中・城西川越中
(これらの中学校の生徒が伊勢原校に通塾し、仲間と切磋琢磨しています)

伊勢原校の塾生が在籍する高校

【私立】慶應義塾女子高・川越高・西武学園文理高・坂戸高・武蔵越生高・西武台高・浦和ルーテル学院高
(これらの高校の生徒が伊勢原校の個別スクールに通塾しています)