一人ひとりの目標にあわせて指導します

山手学院個別スクールの中学受験指導

 目標校へのピンポイント指導
 受験校過去問の徹底指導
 弱点教科の補強
 クラス指導との併用

■指導システム

  1. 中学受験コースの個別指導授業時間は、1コマにつき80分となります。
  2. 受講する教科数やコマ数を選択できます。(月単位での変更が可能です)
  3. ご希望にあわせて、受講する曜日・時間帯を選択できます。

教師:生徒=1:2

 生徒2名に、教師が1名つきます(各生徒はそれぞれの目的にあわせて学習するため、学習内容が異なります)。演習、解説を交互に行い、わかるまでしっかり学べます。

個別指導報告書

 授業の内容と次回の授業までの学習課題をまとめた「指導レポート」を毎回の授業後にお渡しします。授業での指導に加え、日々の家庭学習を充実させることで着実に力をつけていきます。

中学受験コース 個別スクール活用法

4年生~6年生[1学期]

① 未習部分の学習内容を学ぶ

 算数を中心に、未習部分の学習に取り組んでいきます。計算方法や数量に関する単元から学習を開始し、中学受験特有の応用問題に取り組むための基礎学力を身につけていきます。基本作業ができるようになってきたら、特殊算や図形・グラフに関する問題の解法を順次学んでいき、計画的に無理なく中学受験の学習を進めていきます。
 各週ごとの家庭学習課題も明示し、中学受験生としての学習習慣を確立しながら、どんどん新しい知識を身につけていきます。一人ひとりの学習計画を立て、いつまでにどこまで学ぶかを明確にして日々の学習に取り組んでいきます。
◎国語・理科・社会についても必要に応じて未習部分の学習のための個別指導が受講いただけます。

② 苦手教科の克服

 志望校合格のためには、苦手な教科をつくらないことが大切です。中学受験の学習は小学校では学習しない応用問題も数多く学習するため、小学校の日々の学習では全く苦手としていなかった教科でも、中学受験の学習になるとなかなかうまく進まないというケースがでてきます。中学受験の学習では1週間で学ぶ内容もかなり多くなりますので、苦手な部分がたまってくるとスムーズに学習を進めることが困難になり、負担がどんどん大きくなってきてしまいます。
 個別スクールを併用することで、自分の苦手な部分をピンポイントで補強し、理解を積み重ね、自信をもって答えられる知識を増やしていくことができます。一人ひとりの学習の進捗状況にあわせて、じっくり、しっかり弱点克服のための指導を行っていきます。

6年生[2学期] ~

① 一人ひとりの目標にピッタリあわせた志望校対策

 一人ひとりの志望校の入試問題の傾向にあわせて指導します。スタートラインを確認した上で、苦手としている分野を克服するための集中特訓や受験する中学ごとの頻出問題演習を行っていきます。問題を解きながら、修正すべき部分を具体的に指摘し、改善するための解説を加えていきます。その上で、再度問題に挑戦していただき、自分で問題を解く力をつけていきます。
 個別指導だからできる一人ひとりにピッタリあわせた志望校対策です。家庭学習課題も十分に用意し志望校合格のための特訓を続けていきます。

② 多様化する入試にも対応

 近年、「適性検査型入試」や「英語入試」、「得意科目選択型入試」など、入試の形態が多様化しています。個別指導では、志望する中学校の試験内容に合わせた学習で、多様化する入試にも対応します。
 志望校の最新の入試状況から学習ポイントを明確にして、それぞれの問題に対する対策を具体的に示し、練習を積み重ねていきます。志望校の特殊な入試に対応した学習計画と指導を行い、家庭学習課題も十分に用意してライバルに差をつけ、合格を勝ち取ります。

個別指導 × クラス指導

クラス指導と個別指導の併用で目標達成をより確かなものにします。

 山手学院では、多くの校舎で「クラス指導」と「個別指導」を併設しており、両方を併用しての受講が可能です。たとえば「クラス指導」で仲間と切磋琢磨しながら「個別指導」で苦手教科を自分のペースで学習するなど、それぞれの長所を生かすことでより高い学習効果が期待できます。