小3ジュニアコース・小4進学コース

■学力向上の土台作り
 小学3・4年生は、学習習慣をしっかり身につける学年です。
 『話の聞き方』『ノートのまとめ方』『家庭学習への取り組み方』など、これからに役立つ習慣を身につけられるよう指導します。

シリウスコース

 シリウスコースでは、国語と算数を1日ずつ学習します。各単元 の基礎から応用まで、小学校の学習内容を完全に身につけ、公立中学校進学に向けての準備を進めていくコースです。また、習熟度に合わせて、発展レベルの内容にも取り組んでいきます。中学 校で上位の成績を目指すための基礎学力を身につけていきます。

小3ジュニアコース

 山手学院のクラス授業は、小学3年生から始まります。小3ジュニ アコースでは、1日で国語・算数を学習します。「正確に解く力」と「考 える力」の両方を養いながら、毎日の学習習慣づくりもサポートしま す。また、小学4年生から始まるシリウスコースはもちろん、中学受 験コースへの移行にも対応したカリキュラムで授業を行っています。

各教科の取り組み

国語

●漢字・知識の学習
 小学校低学年の間から漢字学習の習慣をつけるため、毎回の授業で5分程度の漢字確認テストを行います。確認テストの漢字は、塾で使用する教科書準拠ワークから作成した漢字範囲表より出題していますので、ワークと併せて学習することで筆順や読み方などを正しく勉強できます。この範囲表の中から毎回10問を出題しますが、あらかじめ設定した合格点をこえることができなかった場合は、解き直しをして定着を図ります。また、各学期に実施する漢字コンクールやYOT(到達度チェックテスト)においても、テストまでに学習した漢字や知識を出題することで、定着度の確認を行います。

●読解分野の学習
 母国語である日本語で書かれた文章を読むことは、日常生活の中で毎日のようにおこなっていることですので、普段から日本語のルールを意識した読み方をすることはあまりないかもしれません。しかし、国語の読解問題を解くには、文章内容を理解する力と問題を解く力の二つが必要となり、これらを身につけるためには日本語のルールや法則を正しく学習することが重要となります。小学校低学年の間に日本語のルールを学び、文章内容を理解する力をしっかりと伸ばしていくために、山手学院ではテキストの音読に力を入れていきます。また、指示語や接続語、文の構成などの学習も併せて行い、文章を論理的に読み解く力を養っていきます。

●オリジナル教材「ことばのトレーニング」(小4)
 国語力を高めていくには、日本語の表現に関する感覚を鍛えていく必要があります。山手学院では、独自に開発した言語分野学習教材「ことばのトレーニング」を用いて、普段何気なく使っている日本語の表現を正確に扱う力を身につけます。小学4年生では初級の教材を使用し、日本語に対する感性(センサー)を敏感にすることを目指します。難しい説明が苦手な人でも、知らず知らずのうちに言語トレーニングを行うことができます。

算数

●山手学院の算数
 小学3・4年生の算数では、大きな数や小数、分数を本格的に学習することになり、計算能力もこの時期に伸ばすことが大切になります。また、色々な単位や基本的な平面図形や立体図形を学習することになるので、算数・数学の基となる単元がたくさん出てきます。この時期の算数の定着度が今後に出てくる発展的な内容の理解力に大きく影響してきます。山手学院の算数は、毎回の授業に行う確認テストや、家庭学習教材のワーク学習の反復を徹底し、基本事項の定着を図ります。また、対話形式の授業を通じて、「なぜそうなるのか」「それをどのように利用するのか」をしっかりと理解させて問題に取り組み、考える力・判断する力を着実に育てていきます。山手学院だから可能な特別プログラムです。

●数量関係の学習
 小学3・4年生の算数は乗法や除法などを学習し、今後の計算の基礎を固める時期になります。また、棒グラフや折れ線グラフなど資料の分類整理など、覚えるだけではなくそこから読み取る力も必要になっていくので、算数が苦手になる子が出てくるのがこの時期です。山手学院では、要点をおさえた授業を通じて、重要事項をしっかりと理解した上で、段階的に構成された問題に取り組み、基礎的な内容から標準・発展的な内容までチャレンジしていきます。

●図形分野の学習

 特別な三角形や四角形、円などの基本的な平面図形から、立方体や直方体などの立体図形の位置関係などの表し方を学習するのはこの時期です。それらの図形の性質を理解し、定規やコンパスを使って作図したり、展開図や見取り図など立体を色々な角度からとらえられるようになる必要があります。 これらを的確な指導のもとできちんと理解させ、問題演習を通じて図形の特徴をつかむ力を培っていきます。山手学院では、基本的な図形問題だけではなく、発展的な図形問題にも積極的に取り組み、理解を深めることで算数の面白さを実感できます。

英語 Junior English

●英語を聞き取る耳と 正確な発音を養成
 2020 年から始まる新学習指導要領では、「外国語活動」が小学3年生から始まります。この「外国語活動」は、「聞くこと」「話すこと」を中心に楽しく英語にふれることが目標となります。
 山手学院では、正しい発音の英語を聞き、それを真似て発音することで、自然にListening とSpeaking の力が身につくように指導をおこないます。
 また、3・4年生のうちから、「聞くこと」「話すこと」だけでなく、「書くこと」「読むこと」にも取り組んでいます。
 高学年への準備段階として、英単語の学習を通して、フォニックスのルールを身につけ、初めての単語でも読めるようになること。英文の学習を通して、頻出構文を数多く覚え、いろいろな場面で英語がすぐに思い浮かぶようになることが目標です。
 教材には、家庭用CDも付属していますので、授業内だけでなく、ご家庭でも英語に触れる機会が多くなるよう指導していきます。