小4 進学コース

■学習の土台作り
 小学4年生になると学習内容が複雑化するため、低学年の間は学校の授業だけで理解できていても、これからは家庭でもしっかり復習することが必要になります。
 「授業の受け方」「家庭学習への取り組み方」など、今後もずっと役に立つ「自分で勉強できる力」を身につけられるよう指導します。

進学コース

 進学コースでは、国語と算数を1日ずつ学習します。各単元の基礎から応用まで、小学校の学習内容を完全に身につけ、公立中学校進学に向けての準備を進めていくコースです。また、習熟度に合わせて発展レベルの内容にも取り組んでいきます。中学校で上位の成績を目指すための基礎学力を身につけていきます。

各教科の取り組み

国語

●漢字の学習
 漢字学習の習慣をつけるため、毎回の授業で5分程度の漢字確認テストを行います。確認テストは、山手学院が配付する教科書ワークをもとに作成した漢字範囲表より出題しています。この範囲表に掲載している例文は、年間を通して学習する漢字を教科書掲載順に並べ、10個をひとまとまりとしたものです。漢字の音読み・訓読みだけでなく、筆順や部首を意識して学習できるように、筆順練習プリントも用いて指導を行っています。年間を通じて復習をしながら漢字の学習を進めていくことで、5年生に進級するまでに必要な漢字をしっかりと身につけられるようにします。

●読解分野の学習
 文章読解の基礎力を養うため、比較的短い文章を用いて、読解練習を行っていきます。授業の中では、意味のまとまりを意識した音読のやり方も指導し、国語力向上を目指します。文章読解の際は、用意された設問を解くだけでなく、ことばの意味や表現等にも注意しながら読み取りを行うことで、文章読解に必要な力の総合的な強化を目指します。

算数

●山手学院の算数
 小学4年生の算数では、小数、分数を学習することになり、計算能力をこの時期に伸ばすことが大切になります。また、色々な単位や基本的な図形を学習し、算数・数学の基本となる単元を学習します。この時期の定着度が今後に学習する内容の理解に大きく影響してきます。山手学院では、毎回行う確認テストや家庭学習教材での反復学習を徹底し、基本事項の定着を図ります。

●数量関係の学習
 小学4年生の算数では、グラフや資料の整理、数量関係など、覚えるだけではなくそこから読み取る力も必要になっていくので、算数が苦手になるのがこの時期です。山手学院では、要点をおさえた授業を通じて、重要事項をしっかりと理解させ、基礎的な内容から標準・発展的な内容までチャレンジしていきます。

●図形分野の学習

 角度や面積などの平面図形から、立方体や直方体などの立体図形の位置関係など、基本的な図形の性質を学習するのがこの時期です。山手学院では、的確な指導のもとできちんと理解させ、問題演習を通じて図形の特徴をつかむ力を培っていきます。発展的な図形問題にも積極的に取り組み、理解を深めることで算数の面白さを実感できます。