夏期講習 日程表

夏期講習キャンペーン受付中!! 詳しくはコチラ

山手学院川越本部校のご紹介

生徒たちの可能性を広げるために、切磋琢磨できる学習環境をつくります。

 山手学院川越本部校では、下記のような取り組みにより、お子さまの可能性を最大限に伸ばします。

山手学院川越本部校 校舎の取り組み

徹底した成績向上プログラム
 川越本部校では、塾内テスト・北辰テスト・駿台テスト・首都圏模試・合不合判定テスト・定期テストの結果が出るたびに保護者面談・三者面談を実施し、それまでの取り組み方と結果の検証を行うとともに、次のテストの目標設定および目標達成へ向けての改善課題を一人ひとりに提示しています。面談をくり返すことで、自分の立ち位置と課題を認識するとともに、目標達成への意欲を高め、自発的かつ積極的に学習に取り組めるようにしていきます。
得点力を高める定期テスト対策授業
 川越本部校では、全ての中学校の試験範囲に合わせて、理科・社会を中心とした単元別の定期テスト対策授業を実施しています。単元を細かく分け、1コマ30分の解説・演習授業を行うことで得点力を高めていきます。
 国語・数学・英語に関しては、通常授業内でのサポートだけでなく、自習室等で学校ワーク・塾ワークの演習を続けてもらいながら、個別サポートを徹底します。
 また、各単元の学習のポイントや通知表評定を高めるための注意点などに関しても、生徒一人ひとりに合わせてアドバイスをいたします。

小学生『山手そろばん教室』のご案内

山手学院川越本部校では、「山手そろばん教室」を開講しております。
 計算が速くなる、暗算できるようになるなどの直接的な利点だけでなく、そろばんは「学習力」「イメージ力」「集中力」「目標達成力」など数多くのスキルが身につく能力開発ツールです。
 ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、お時間をいただけるようでしたら、ぜひとも校舎までお越しください。

小学生 山手そろばん教室
日 程 毎週火・水・木・金曜日
時 間 16001650
17001750
18001850
※曜日と時間を選ぶことができます。
対 象 小学生(小学6年生は応相談)
費 用 週1コース:5,500円(税込)+教材費
週2コース:7,700円(税込)+教材費
週4コース:11,000円(税込)+教材費
持ち物 筆記用具(体験授業時はそろばんをお貸しいたします。)

山手学院川越本部校 校舎予定

※予定は変更になる場合があります。

山手学院川越本部校 時間割(2024年度)

小学生 進学コースの時間割

公立中学進学を予定している小学生のための基礎学力・応用力 育成コースです。

学年 コース 教科 曜日 授業時間帯 1日の授業時間
小4 進学 国語 17:00~17:45 45分(45分×1)
算数 17:50~18:50 60分(60分×1)
英語 17:00~17:45 45分
小5 進学 国語 17:00~18:35 90分(45分×2)
算数 17:00~18:35 90分(45分×2)
英語 17:00~18:00 60分
小6 進学 国語 17:00~18:35 90分(45分×2)
算数 17:00~18:35 90分(45分×2)
英語 18:10~19:10 60分
小学生 山手ジュニアの時間割
学年 コース プラスワンレッスン 曜日
小1~小5 学童クラブ プログラミング
小1~小4 暗算・そろばん
小1~小3 英会話
小1~小3 書写
小1~小5 理科実験
学年 コース 教科 曜日 授業時間帯 1日の授業時間
小2~小6 山手プログラミング教室 プログラミング 17:00~18:00 60分
18:10~19:10
16:45~17:45
18:00~19:00
15:30~16:30
16:40~17:40
小1~小6 山手そろばん教室 算数 火・水・木・金 16:00~16:50 50分
17:00~17:50
18:00~18:50
小学生 中学受験コースの時間割

一人ひとりに最善の指導を実践する山手学院の中学受験コースです。

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
小4 中学受験 国語 17:00~18:35 90分(45分×2)
算数 17:00~18:35 90分(45分×2)
理・社 14:45~16:20 90分(各45分)
小5 中学受験 国語 17:00~19:05 120分(60分×2)
算数 17:00~19:05 120分(60分×2)
理・社 16:25~19:00 150分(各75分)
小6 中学受験 国語 17:00~19:05 120分(60分×2)
算数 月・火 17:00~19:05 120分(60分×2)
理・社 16:10~19:15 180分(各90分)
中学生 進学・特進コースの時間割

進学サポート県内NO.1! 高校入試は山手学院にお任せください。

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
中1 進学 国・数・英 月・水・金 19:20~20:55 90分(45分×2)
中2 進学 国・数・英 月・水・金 19:20~20:55 90分(45分×2)
理科 21:05~21:50 45分
社会 21:05~21:50 45分
中3 進学 国・数・英 火・木・土 19:30~21:35 120分(60分×2)
理・社 19:20~21:55 150分(各75分)
特進 国・数・英 火・木・土 19:30~21:35 120分(60分×2)
理・社 19:20~21:55 150分(各75分)
個別スクールの時間割
学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
中学受験以外の小学生 個別指導 4教科 月~土 下記からお選び下さい
  1. 13:00~14:20
  2. 14:30~15:50
  3. 16:00~17:20
  4. 17:30~18:50
  5. 19:00~20:20
  6. 20:30~21:50
※60分
中学受験小学生~高校生 個別指導 国数英理社 月~土 80分

※中学受験以外の小学生は1コマ60分授業です。

 お子様の状況・都合に合わせて受講できるのが個別スクールです。川越本部校には、小学生から高校生まで多くの生徒が通塾してくれています。「丁寧に学習を進めたい」「苦手を克服したい」というお子様はもちろん、「志望校対策をもっと細かく行いたい」「大学の指定校推薦を取るための学習を進めたい」といった進学フォローとしてもご活用ください。

2024入試 合格体験談 高校受験

  • 川越市立 川越第一中 M.Y.くん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  慶應義塾志木、栄東(東医クラス)

やりきれる環境

 私は水泳に励んでいたので、塾に通い始めたのは中3の春でした。山手の先生方は高い目標でもやりきれば必ず達成できるということを伝え続けてくださいました。そのため、模試の結果が思うようにいかなくても、テキストを開き、鉛筆を走らせ続けることができました。私は「人生で一番勉強する1年にする」という目標を立てて、志望校合格を目指していました。つらいであろう受験生の1年間をいかに楽しめるか。それを意識して勉強に取り組みました。もちろん、勉強し続けるのは大変です。しかし、私の周囲には、私を支えてくれる家族・仲間・先生がいました。一人ではなかったため、粘り強く、最後まで取り組めたと思います。
 みなさんも、当たり前に整っている環境に感謝の気持ちを忘れず、目標を達成できるよう、頑張ってください。

  • 川越市立 城南中 W.Y.くん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  慶應義塾志木、川越東(理数コース)

受験勉強との両立

 私の高校受験においての一番の課題は、バスケットボールと受験勉強を両立させることでした。小学3年生から山手学院に通っていましたが、小学校ではミニバスの練習、中学校からは部活動と2つのクラブチームの練習があり、時間が足りない状況で大変なときもありました。しかし、山手学院の先生方のサポートのおかげで、ここまでくることができました。定期試験の前の講座や弱点克服講座で復習を行い、集中して勉強できる自習室の環境を整えてくださいました。先生方には感謝してもしきれません。
 私は、高校でもバスケに打ち込み、文武両道を実現できる学校として、私立は慶應志木、県立は県立浦和を受験しようと思っていました。そのために5教科の勉強をしながら、慶應志木への準備も進めていました。先生方は私が第一志望に合格するために、願書の添削や面接の練習を何度もしてくれました。そのおかげで自己推薦入試の本番では、自信を持って自分をアピールすることができ、無事に第一志望の慶應志木に合格することができました。
 自分の好きなことを続けるためには、どこまで勉強を効率的に行うかが鍵になると思います。これから受験生になる皆様も、ぜひ、自分の好きなことを諦めず、勉強と両立させて頑張ってください。

  • ふじみ野市立 福岡中 T.S.くん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  慶應義塾志木、大宮開成(特進選抜Ⅱ類コース)

私を支えた言葉

 私は山手学院に通塾し、学習面だけでなく「人間性」という面でも成長できました。一時期、モチベーションにアップダウンがあり、スランプに陥った時期もありました。しかし、そのときに先生方がかけてくださった言葉一つひとつが今の私を作っています。そして、それらの言葉が私の心に深く刻まれたのは、先生方の情熱的な姿勢があったからです。わからない問題を理解できるまで丁寧に教えてくださったり、弱点克服講座や面談を多く開いてくださったり、一人ひとりに寄り添う熱心な姿は私の憧れであり、「先生方が頑張っているのだから、自分ももっと頑張らないと」と自分を奮い立たせ、毎日自習室に通うきっかけにもなりました。
 自身の人生の大切な一部分となった山手学院川越本部校には、本当に感謝しています。努力を全力でサポートしてくれる先生、目標に向かって切磋琢磨する仲間、大きく成長できる環境がここに全て揃っています。

  • 川越市立 富士見中 Y.K.さん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  国際基督教大学、淑徳与野(SA類)

自信を持って挑んだ受験

 私は中3の4月に、山手学院に入塾しました。中2までは他の2か所の塾に通っていたのですが、引っ越してきたため、山手に体験入塾しました。授業のおもしろさやわかりやすさ、自習室の居心地の良さから山手が一番自分に合う塾だと思い、入塾を決めました。
 中3の1学期にはICU高校を第一志望にしていたのですが、北辰テストの合格判定ではいつも低く、高望みなのではないかと何度も悩む時期がありましたが、先生方のアドバイスや励ましの言葉で立ち直り、走り続けることができました。
 メンタルが弱い私でも合格できた理由は、第二志望の淑徳与野高校の合格が大きな自信につながったからです。目標を持ち、勉強するのもとても大切ですが、その前に、自分に自信を持てたことが心の支えとなり、合格の決め手となったのではないかと思います。どんなときでも応援し、支えてくださった先生方、本当にありがとうございました。

  • 川越市立 川越第一中 O.K.くん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  県立大宮(普通科)、栄東(αクラス)、大宮開成(特進選抜Ⅰ類コース)

秘訣

 僕は小学生のときから山手学院に通っていました。そこで、合格するうえで山手学院に通っていて良かったと思う点を紹介します。
 一つ目は、進路決定です。僕はもともと、川越高校に合格できるかどうかも曖昧でした。しかし、山手の先生方が膨大な合格者のデータから僕に足りないところを提示し、長期的な計画を立ててくださったおかげで、中2の始めの段階では明確な進路を決めて勉強することができました。
 二つ目は、勉強しやすい環境作りです。みなさんは自分の計画通りに勉強ができていますか?山手学院では、弱点克服講座といった授業外に無料で、授業よりも細かい内容を勉強することができます。また、僕が合格できた理由として、夏休みにサボらず、1日で14時間ぐらい勉強した点が挙げられます。それは、自習室が朝8時から夜22時まで開放されていて、家だとついスマホやゲームをしてしまう僕でも勉強を続けることができたからです。
 このように、山手学院には様々なメリットがありますが、他にも面談で心配な点を相談して生徒に寄り添ってくれるので、ぜひ進路をどうすればよいか迷っている人や、どうやって勉強すれば良いかわからない人は相談をしてみてください。

  • 川越市立 川越第一中 S.H.くん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  県立川越、川越東(普通コース)

やり続けることの価値

 私は中学2年生の冬期講習から山手学院に入塾しました。塾に行くのがはじめてだったので、塾に行くことに不安を感じていましたが、山手の先生方はとても優しく接してくれて、すぐに通うことが楽しくなるまでになりました。しかし、周囲には自分よりも優秀な人が多く、たくさん勉強していると感じていましたので、山手の先生方に多くの課題を出してもらったり、講座を開いてもらったりしながら、その人達に負けないように、継続的に努力を重ねました。その結果、はじめは結果が振るわなかった北辰テストの偏差値がみるみるうちに上がっていき、同時に、勉強の楽しさを覚えるようになりました。そして、第一志望の高校に合格することができました。
 私は、何事も継続すること、自分を信じることの大切さを山手学院で学ぶことができたと思っています。私を支えてくれた先生方や家族、友達に感謝しています。これから受験を控えているみなさんは、今までの努力を信じて頑張ってください。

  • 川越市立 川越第一中 S.S.くん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  県立川越、大宮開成(特進選抜先進コース)、城西大学付属川越(特別選抜コース)

復習と自信

 僕は小学6年生の3学期に、山手学院に入塾しました。最初は学習内容や勉強の仕方など、多くのことを不安に思っていました。さらに、学年が上がるにつれ、学習内容が難しくなっていき、実力テストで思うような点数を取れないことが多くありました。しかし、そんなとき、先生がおっしゃった言葉の中で、「復習をすること」と、「自信を持つこと」という2つの言葉が僕を変えたと思います。
 「復習」は授業が終わった後、ノートを見返したり、atama+を活用したりしました。
 「自信」を持つためにには、まず努力を積み重ね、心の中で「自分はすごい」と念じ続けました。
 他にも多くの手段があると思いますが、僕にとってはこの2つの手段が学力を向上させる近道でした。だから、ぜひ、みなさんもくり返し復習をし、自信を持って取り組んでほしいです。みなさんを応援しています。頑張ってください。

  • 川越市立 川越第一中 Y.G.くん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  県立川越、川越東(普通コース)、城西大学付属川越(特別選抜コース)

諦めずに頑張った結果

 私は中学3年生の授業が開始されるときに、個別指導からクラス指導に変更しました。最初は周りの人が解ける問題を間違えてしまい、もっと早くからクラス指導に変更していればよかったと少し後悔もありました。部活を引退して、夏休み頃から自習室を利用して勉強時間が大きく増えました。自習では、その日に達成したい目標を頭の中でイメージしながら勉強をしました。それに加えて、自分が第一志望に合格した姿を想像しながら取り組みました。夏以降は、平日は放課後すぐに自習室に行き、土日は朝10時から夜22時まで塾にいました。
 受験1か月前からは過去問に取り組み、苦手な分野はatama+でフォローしていきました。志望校判定でDも数回ありましたが、最後まで諦めずに取り組んだことで合格することができました。ここまで努力を続けられたのは、家族・先生・友人のおかげだと思っています。みなさんに感謝を伝えたいです。

  • 坂戸市立 若宮中学校 N.Y.くん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  県立川越、川越東(理数コース)、開智(S1コース)

努力を続ける価値

 私は中学2年生の冬頃に山手学院に入塾しました。通い始める前は、勉強面について特に心配がありませんでしたが、いざ通い始めると、わからない問題や見たことのない問題が多く、勉強に対しての自信が一気になくなってしまった経験があります。その経験を経て、努力を続けた結果、県立川越高校に合格することができました。
 合格した今、これから入試に臨む中学生にアドバイスがあります。模試などの結果が悪くても落ち込まずに、自己分析をし、次に活かすということです。今の成績が悪くても、まだ努力する時間はあります。そこで、本気で改善しようとするときに、勉強の楽しさを実感できると思います。山手学院には本気で取り組み合う仲間・先生がいます。仲間と切磋琢磨し合い、わからないことを先生に聞き、学力を上げることで、合格への道が開けると思います。受験勉強は大変ですが、頑張ってください。

  • 川越市立 川越第一中 I.R.さん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  県立川越女子、大宮開成(特進選抜Ⅰ類コース)

頑張れる環境

 私にとって、山手はとても居心地のよい場所でした。私の知りたいという思いや山手の友達に勝ちたいという欲求を満たしてくれたからです。川越本部校の先生方は愉快で親切で、その声は、先生方の現役時代の努力がにじんで見えるような自信と長年の経験による説得力がありました。おかげで、私は落ち着いて合格を確信しながら勉強することができました。また、山手に通っていたおかげで、良き友・ライバルができ、競争心が高まるのに合わせてテストの点数も上がっていきました。しかし、私は余裕ぶっていたため、徐々に成績が悪化し、不安を感じるようになりました。それでも、私の家族や山手の先生方、学校や山手の友達は、「絶対に合格する。だから、頑張ろう。」という温かい言葉をかけ、最後までサポートしてくれ、そして、ついに合格することができました。全ては周りの人々のおかげです。本当に感謝しています。競争心とハングリー精神が大切です。決して満足せず、常にさらなる高みを目指して、貪欲に前進し続けましょう。

  • 川越市立 川越第一中
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  県立川越女子、淑徳与野(R類)、星野【女子部】(Ⅲ類特進選抜コース)

受験の1年間

 私は中1の始めから山手学院に通っていました。中1から中3の秋まで、定期テスト勉強は計画を立ててしていましたが、その他は塾に通う以外、毎日の勉強はしていませんでした。そのため、中3の北辰テストでは、徐々に偏差値が下がってしまいました。
 私は最初、別の高校を志望していました。その高校を目指し、山手学院の先生のアドバイスをもとに、中3の秋からは苦手な数学を重点的に勉強し、回復してきました。しかし、勉強量が十分ではなく、その高校を受けることに迷いが出てきました。そんなとき、面談で先生が客観的なデータを見せてくださったりしたおかげで、自分の状況を見つめ直すことができ、納得して志望校を決められました。それから受験までの1ヶ月は、理社を中心に1番集中して勉強することができました。そして、過去問の点数も上がっていきました。先生にはとても感謝しています。
 また、私は山手学院で大切な友達ができました。自習室で友達の勉強する姿を見ることで「大変なのは自分だけじゃない。最後まで頑張ろう。」と思うことができました。
 もっと早い時期から努力できなかったことに後悔はありますが、頑張りきることができたのでよかったです。春からの高校生活がとても楽しみです。

  • 川越市立 川越第一中
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  県立川越女子、大宮開成(特進選抜Ⅰ類コース)

私を変えた面談

 私は中1の始めから山手学院に通っていました。中1から中3の秋まで、定期テスト勉強は計画を立ててしていましたが、その他は塾に通う以外、毎日の勉強はしていませんでした。そのため、中3の北辰テストでは、徐々に偏差値が下がってしまいました。
 私は最初、別の高校を志望していました。その高校を目指し、山手学院の先生のアドバイスをもとに、中3の秋からは苦手な数学を重点的に勉強し、回復してきました。しかし、勉強量が十分ではなく、その高校を受けることに迷いが出てきました。そんなとき、面談で先生が客観的なデータを見せてくださったりしたおかげで、自分の状況を見つめ直すことができ、納得して志望校を決められました。それから受験までの1ヶ月は、理社を中心に一番集中して勉強することができました。そして、過去問の点数も上がっていきました。先生にはとても感謝しています。
 また、私は山手学院で大切な友達ができました。自習室で友達の勉強する姿を見ることで「大変なのは自分だけじゃない。最後まで頑張ろう。」と思うことができました。
 もっと早い時期から努力できなかったことに後悔はありますが、頑張りきることができたのでよかったです。春からの高校生活がとても楽しみです。

  • 川越市立 富士見中 N.H.くん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  県立所沢北(理数科)、星野【共学部】(α選抜コース)

頑張った結果

 私は中学1年生の頃から山手学院に通い始めたことで、勉強をする習慣を得ることができました。
 私は受験に向けての勉強を中学2年生の3月から始めました。3月から7月の1学期の間は、数学の計算間違いを減らしたり、英語や国語の文章を読む速さを上げたり、英語の聞き取り力をつけたりという、少し時間のかかることを練習しました。次に、夏休みから冬休みの間は、テストの結果を元に、自分の苦手な分野を中心として勉強しました。そして、受験直前には、理科や社会、漢字や英単語などの即効性のある知識を勉強しました。こうして私は、無事に第一志望に合格することができました。私は、この受験を通じて、自分の実力に合わせて志望校を変えるにしても、少し高い高校を目指すにしても、自分の目標に向けて一生懸命に努力することが大切だと思いました。

  • 川越市立 大東中学校 M.Y.さん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  県立所沢北(普通科)、錦城(進学コース)

仲間と切磋琢磨すること

 私は、中学3年生の春期講習から山手学院に通い始めました。入塾した当初は、授業の進む速さなどについていけず、特に苦手な教科ではわからないことが多くありました。そんな私が志望校に合格できたのは、塾の先生方のおかげだと思っています。苦手な教科を克服するための弱点克服講座や、北辰テスト前に対策授業を行ってくれたことで、偏差値を伸ばすことができました。
 受験に合格するために大切なことは勉強ですが、私は勉強する環境も同じくらい大切だと思います。実際に私は、互いに切磋琢磨し合える友人と出会い、よきライバルとして努力することができました。山手学院には、サポートしてくれる仲間や先生がいます。これから受験するみなさんも、自分と周りの支えてくれる人を信じて頑張ってください。

  • 川越市立 川越第一中 O.R.くん
  • 山手学院 川越本部校
  •  合格校  県立所沢北(普通科)、錦城(進学コース)、星野【共学部】(α選抜コース)

復習をすること

 僕は小学4年生の冬期講習から山手学院に通い始めました。そのときに、勉強の習慣がつく上、先生にサポートしてもらえる点がよいと思いました。
 振り返ってみると、先生の言葉に耳を傾けることは本当に大事なことでした。おかげで、学校での過ごし方や塾での学ぶ姿勢が身について、学校の成績を伸ばしていくこともできました。
 また、弱点克服講座は行ける限り行くべきです。くれぐれも僕のように「弱点なんてないから行かなくても良い」などと思わないでください。
 また、勉強は復習が一番大切です。テストやワークの解き直しは面倒です。自分のできないところをできるようにするのは辛いです。でも、それができれば力はつきます。これから受験をする人は頑張ってください。応援しています。

山手学院川越本部校 | 埼玉県川越市の塾

川越本部校_外観

住 所 埼玉県 川越市 脇田町17-7
電話番号 049-227-5011
最寄り駅 東武東上線/JR線 川越駅 (東口徒歩3分)

川越本部校の塾生が在籍する小学校

【公立】中央小・仙波小・川越第一小・川越小・新宿小・大塚小・月越小・今成小・高階小・南古谷小・山田小・霞ヶ関西小・高階北小・福原小・古谷小・名細小・川島町立伊草小・さいたま市立大成小・坂戸市立南小
【私立】星野学園小・開智所沢小・開智小・西武学園文理小
(これらの小学校の生徒が川越本部校に通塾し、元気に授業に参加しています)

川越本部校の塾生が在籍する中学校

【公立】川越第一中・富士見中・初雁中・城南中・川越東中・砂中・山田中・芳野中・南古谷中・野田中・霞ヶ関西中・霞ヶ関東中・鯨井中・高階西中・寺尾中・福原中・川島町立川島中・川島町立川島西中・狭山市立堀兼中・日高市立高麗中
【私立】星野学園中・城西川越中・栄東中・青山学院大学系属浦和ルーテル学院中・海城中・浦和明の星女子中・大宮開成中・開智中・学習院中・淑徳与野中・城北埼玉中・白梅学園清修中・富士見中・東洋英和女学院中・日本大学第二中・本郷中・明治大学付属八王子中
(これらの中学校の生徒が川越本部校に通塾し、仲間と切磋琢磨しています)

川越本部校の塾生が在籍する高校

【公立】川越南高
【私立】淑徳高・東京農業大学第三高・星野高・法政大学高
(これらの高校の生徒が川越本部校に通塾し、学力を磨いています)