県立坂戸高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2020年

県立坂戸高校

●毛呂山町立 毛呂山中 H.O.くん
●山手学院 東毛呂校
●合格校 県立坂戸高校(普通科)、東京農業大学第三高校(Ⅰコース)、武蔵越生高校(S特進コース)


勉強するきっかけ
 僕は中学一年の夏に山手学院に入塾しました。夏期講習のときから入塾して、その当時は夏休みにたくさん勉強した経験がなかったのでとても大変でした。でもそのおかげで普段から少しでも勉強する習慣がつき今につながっていると思います。
 中学三年生になり、いよいよきた受験シーズン。そのときは「受験生」と周りから言われてもあまり実感がなく勉強を少し怠っていました。そのせいで最初の方は成績が良かった北辰テストが下がっていってしまいました。自分では悔しかったので勉強をするようになりました。そのときに塾での授業が自分の力となり成績を上げることができました。そのおかげで志望校に余裕を持って合格することができました。本当に塾の先生方に感謝しています。
 高校生になっても勉強も部活も頑張って精進していきたいと思います。

県立坂戸高校

●鶴ヶ島市立 藤中 S.M.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立坂戸高校(外国語科)、細田学園高校(選抜Lコース)


勉強は嫌いで、苦手でした。
 私は、勉強することがとても嫌いでした。しかし、少しずつ目標が決まってくることで苦手意識がなくなり、勉強に対する気持ちが前向きになりました。
 特に、数学や理科の苦手意識は高かったです。応用問題はとても苦手でした。知識を得ることが今まで解けなかった問題が解け、問題を解くことがとても楽しくなりました。また、得意科目では最初よりももっと得意になり、知識をたくさん増やすことができました。
 本当に机に向かって勉強することが苦痛でしかなかったけど、毎日机に向かうと苦にはなりませんでした。初めは辛いけど毎日続けることが重要だと感じました。塾の先生や家族の支えが自分の行く道を正してくれたからこを、合格できたと思います。周りの人達には感謝しかないです。本当にありがとうございました。

県立坂戸高校

●川越市立 名細中 M.Y.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立坂戸高校(普通科)、山村学園高校(総合進学コース進学クラス


いろいろなことを学べました
 私は、中学一年生の冬に山手学院に入塾しました。そこではじめて塾というものを知りすごく驚いたことを覚えています。
 受験勉強を通して学べたことは、効率のよい勉強法、最後まで諦めないことなど、たくさんあります。その中でも夏季合宿はとても印象に残っています。そこで勉強としっかり向き合えたと思います。また正月特訓では理社を徹底的に勉強し、冬季講習は毎日塾に通い朝の自習、夜の自習をすることができました。このようなことができたのは山手学院だからだと改めて思います。
 私が第一志望に合格することができたのは、不安なときにアドバイスをくれた先生、たくさん励ましてくれた親、そして山手学院のおかげであると思います。
 山手学院に入り、中学校入学時に想像もしていなかった進路を実現することができました。本当にありがとうございました。

県立坂戸高校

●川越市立 鯨井 M.C.さん
●山手学院 霞ヶ関校
●合格校 県立坂戸高校(普通科)、山村学園高校(総合進学コース選抜クラス)


苦手教科にもしっかり取り組んだ
 私は中学一年生の冬から山手学院に入りました。勉強はあまり得意ではなかったので、好きではありませんでした。受験期が始まってからは勉強をするようにはなりましたが、本気になり始めたのは九月くらいからでした。そのため、後半の時期はすごく苦労しました。もう少し早めにとりかかていれば良かったとなと思っています。
 どれだけ勉強してもうまくいかず、涙するときもありました。しかし、自習室を積極的に使ったり、目をそらしていた苦手な教科にもしっかり向き合うことで、最後の北辰では偏差値を上げることができました。また先生方の詳しい説明により、入試本番では細かいところを落とさずに、難しい問題までも解くことができました。
 とても長く厳しい受験期間だったけれども、良い結果で終わることができて良かったです。

県立坂戸高校

●ふじみ野市立 大井東中 A.M.さん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立坂戸高校(普通科)、星野高校(女子部・文理コース)、細田学園高校(進学αコース)


支えてくださった方々に感謝
 私は吹奏楽部に所属していました。そのため、本格的に受験勉強を始めるのが、周りの人に比べて遅かったです。北辰テストの偏差値は志望校の合格目安となる数字にぎりぎり達している状態でした。1月の北辰テストでは急激に偏差値が下がってしまい、家族や中学校の先生と話し合いをして、受験校を変更するかどうか迷っていました。しかし、山手学院の先生方が応援をしてくださり、苦手な内容を少しずつ克服し、あきらめずに頑張ることができました。そのおかげで、志望校に合格することができました。
 私が坂戸高校に合格することができたのは、家族や山手学院の先生方、周りの友達に支えがあったからだと思います。これまで私のことを支えてくださった方々にとても感謝しています。本当にありがとうございました。高校に入学してからも、目標に向かって取り組んでいきたいと思います。

県立坂戸高校

●川越市立 南古谷中 I.S.くん
●山手学院 南古谷校
●合格校 県立坂戸高校(普通科)、城西大学付属川越高校(特進コース)、細田学園高校(特進コース)


合格への情熱を
 私はこの1年間を通してたくさんのことを学びました。春は部活動に熱心になりすぎて、勉強がおろそかになってしまいました。しかし、夏から本格的な受験勉強が始まり、一生懸命やったことによって合格することができました。
 大きな差をつけるならば、夏から全力で勉強をし、一歩でも志望校へ近づけるようにすることがよいと思います。合格発表日に笑顔でいられるように頑張ってください。応援しています。