県立坂戸高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2021年

県立坂戸高校

K.T.くん
●山手学院 朝霞台校
●合格校 県立坂戸高校、埼玉栄(特進)


合格に秘訣
 僕は、小学六年生から山手学院に通っています。当時の僕はあまり成績が良い方とはいえませんでした。しかし、山手学院に入塾してからは変化しました。もともと六十点台だった僕が九十点台をとることが多くなってきました。
 また、志望校へいくための内申点が足りなかったときも、受験本番でこれくらいとることができれば合格することができるよ。ととても正確な目標点をだしてくれたり、苦手な教科のフォローなどを行ってくれたりもしました。集中特訓や最後のラストスパートの時期でも僕たちを合格に導くために一生懸命教えてくれました。そこでわからないことがあったら、とてもわかりやすく教えてくれました。だから僕は第一志望の学校に合格できた野だと思います。

ふじみ野市立 大井東中 A.M.さん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立坂戸高校(普通)星野(文理選抜)、山村学園(総合進学選抜)


山手学院のおかげで自分を変えることができた
 私は、山手学院に入塾してから、苦手だった英語が得意になりました。最初のころは、英作文の書き方がわからず悩んでいましたが、先生から書くコツを教えてもらい、何度も練習をすることで英作文を書くことが好きになりました。また、英語の長文読解を読むのも最初のころは面倒くさいと思っていましたが、スラッシュを引いたり、重要なところに印をつけながら読むことで、英語の長文を読むことが楽しくなりました。
 各教科の文章記述問題では、積極的に先生に添削をしてもらうことで、自分の書いた答えのどこが正しくて、どこが違うのかを知ることができたので、とても役に立ちました。そして、最後の追い込みであった冬期講習や集中特訓では、自分の苦手分野を再認識することができ、それらの内容を中心にテキストを何度も解き直すことで、当日に得点をとることができました。山手学院のおかげで自分を変えることができ、入塾して良かったと思っています。

川越市立 霞ヶ関東中 H.K.さん
●山手学院 霞ヶ関校
●合格校 県立坂戸高校、山村学園(総進-選抜)


山手学院の先生たちを信じて
 私は、中学校に入学したのと同時に山手学院に通い始めました。入塾した当初は、なかなか成績が上がらず苦労していました。たくさん勉強したつもりでも、テストで点数が取れず自分に合った勉強方法を見つけられませんでした。そんなとき、山手学院の先生がいっしょに、どうしたら成績が上がるかを考えてくれ、アドバイスもたくさんしてくれました。徐々に点数も上がっていき、苦手教科も克服することができました。
 受験生になり、悩むこともたくさんありましたが、先生たちはいつも声をかけてくれ、相談にものってくれました。そのおかげで、受験勉強も頑張ることができました。これから受験生になる中学生は、成績が上がらない時や志望校が決まらない時など一人で悩まず、誰かに相談することが大切だと思います。山手学院の先生たちを信じでついていけば、きっと頑張れると思います。私も、山手学院の先生たちを信じて、第一志望の高校に合格できたひとりです。

Y.Nさん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立坂戸高校、星野高校(α選抜)、聖望学園(特選コース)


一念発起した中3
 私が志望校を決めたのは中学二年生の秋くらいでした。
 ちょうどこの頃、以前に学校で行った偏差値の出るテストが返却されてきました。
 それで自分の偏差値と色々な高校の偏差値を比べてみて坂戸高校が会っているのかな、と最初はこのような軽い気持ちでいました。
 私は気になる高校が出来ても暫く勉強する気が起きず、気がつけば中学三年生になっていりました。
 そして北辰テストが始まるということで北辰の過去問をやってみました。すると坂戸高校の偏差値よりも十くらい下の偏差値で、とてもショックでした。
 そこから一切テレビを見ず、スマートフォンも触らず、ひたすら机に向かうという私の生活が始まりました。
 受験勉強生活は成績が伸びないとやっぱり辛かったですが、逆に成績が良かったときはとても嬉しかったです。
 また塾の自習室で勉強をすると皆の熱意が伝わってきて自分も負けていられないなと勉強に対する意欲が湧き、より一層勉強に励むことが出来ました。

川越市立 川越西中 M.Yさん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立坂戸高校、山村学園(総合進学・選抜)


多くの人の支え
 第一希望の学校に合格することができて、とても嬉しいです。受験生と言われる中学三年生のスタートは休校期間となってしまい、なかなか自覚をもつことが難しかったことを覚えています。
 その中でも、夏期講習や冬期講習を通して勉強することの楽しさを学びました。
 先生方には、数学の証明問題の添削をしていただいたり、社会の記述の問題や英語の和訳などのたくさんの質問をいつも優しく教えていただいたりしました。本当に感謝しています。
 ここまでずっと支えてきてくださった塾の先生や家族、そして一緒に頑張ってきた仲間に今までにない最大級の「ありがとう」を伝えたいです。
 たくさんの人が支えてくれたおかげでつかみとった合格を誇りに思って、高校生になってからも楽しみながら勉強していこうと思います。

川越市立 川越西中 N.Sさん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立坂戸高校、山村学園(総進―進学)、山村国際(特別選抜B)


努力と自信
 入試が近づくにつれて不安になったり、自分に自信が持てなくなったりしました。だけど、先生たちが自分にとって前向きな言葉をかけてくださって少し自信が持てるようになりました。
 そのおかげで入試当日も緊張しましたが自信をもって臨むことができました。
 勉強が嫌になったり、やる気を無くしたりすることがあっても、努力をすることと自信をもって臨むことを忘れないことが大切だということを今回の高校受験で学びました。
 三年後にすぐ大学受験になると思うので高校受験で学んだことを生かしていけたらいいなと思います。

県立坂戸高校

坂戸市立 浅羽野中 K.W.くん
●山手学院 坂戸校
●合格校 県立坂戸高校


感謝の気持ちでいっぱい
 山手学院に入塾する前は、テストの点数も学年順位もあまり良いものではありませんでした。しかし、山手学院で勉強を重ねるうちに、テストで取れる点数が高くなっていき、学年順位も上がっていきました。
 それも、山手学院の先生方の分かりやすく丁寧な教え方と、授業の中で行ってきた予習・復習のおかげです。
 山手学院に入る前の学力では志望校に合格するのは少し難しかったかもしれませんが、本番はある程度余裕をもって取り組むことができました。
 山手学院の先生方はいろいろなプリントを用意したり、通常の講習以外の授業を行ったりと、生徒を常に全力でサポートしていました。先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。

鶴ヶ島市立 西中 Y.S.さん
●山手学院 坂戸校
●合格校 県立坂戸高校(外国語)


勉強の楽しさを知ることができた
 私は中学校二年生の三月から山手学院に通い始めました。私は数学が昔からまるで駄目で、今さらどうにかなるのだろうかという不安もありました。
 しかしそれは全くの杞憂で、優しく丁寧な授業によって苦手を徐々に改善することができ、また、勉強の楽しさを知ることができました。
 勉強というとつらく大変なイメージがつきまといがちですが、実際は今まで自分が知らなかった新しい世界を知ることによりこれからの将来を広げることができるようになるとても面白いものだということを山手学院の授業を通して学ぶことができました。
 これは受験勉強へのモチベーションアップにも繋がりました。
 山手学院での学びを大切にし、これからの高校生活を全力で頑張っていきたいです。

2020年

県立坂戸高校

●毛呂山町立 毛呂山中 H.O.くん
●山手学院 東毛呂校
●合格校 県立坂戸高校(普通科)、東京農業大学第三高校(Ⅰコース)、武蔵越生高校(S特進コース)


勉強するきっかけ
 僕は中学一年の夏に山手学院に入塾しました。夏期講習のときから入塾して、その当時は夏休みにたくさん勉強した経験がなかったのでとても大変でした。でもそのおかげで普段から少しでも勉強する習慣がつき今につながっていると思います。
 中学三年生になり、いよいよきた受験シーズン。そのときは「受験生」と周りから言われてもあまり実感がなく勉強を少し怠っていました。そのせいで最初の方は成績が良かった北辰テストが下がっていってしまいました。自分では悔しかったので勉強をするようになりました。そのときに塾での授業が自分の力となり成績を上げることができました。そのおかげで志望校に余裕を持って合格することができました。本当に塾の先生方に感謝しています。
 高校生になっても勉強も部活も頑張って精進していきたいと思います。

県立坂戸高校

●鶴ヶ島市立 藤中 S.M.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立坂戸高校(外国語科)、細田学園高校(選抜Lコース)


勉強は嫌いで、苦手でした。
 私は、勉強することがとても嫌いでした。しかし、少しずつ目標が決まってくることで苦手意識がなくなり、勉強に対する気持ちが前向きになりました。
 特に、数学や理科の苦手意識は高かったです。応用問題はとても苦手でした。知識を得ることが今まで解けなかった問題が解け、問題を解くことがとても楽しくなりました。また、得意科目では最初よりももっと得意になり、知識をたくさん増やすことができました。
 本当に机に向かって勉強することが苦痛でしかなかったけど、毎日机に向かうと苦にはなりませんでした。初めは辛いけど毎日続けることが重要だと感じました。塾の先生や家族の支えが自分の行く道を正してくれたからこを、合格できたと思います。周りの人達には感謝しかないです。本当にありがとうございました。

県立坂戸高校

●川越市立 名細中 M.Y.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立坂戸高校(普通科)、山村学園高校(総合進学コース進学クラス


いろいろなことを学べました
 私は、中学一年生の冬に山手学院に入塾しました。そこではじめて塾というものを知りすごく驚いたことを覚えています。
 受験勉強を通して学べたことは、効率のよい勉強法、最後まで諦めないことなど、たくさんあります。その中でも夏季合宿はとても印象に残っています。そこで勉強としっかり向き合えたと思います。また正月特訓では理社を徹底的に勉強し、冬季講習は毎日塾に通い朝の自習、夜の自習をすることができました。このようなことができたのは山手学院だからだと改めて思います。
 私が第一志望に合格することができたのは、不安なときにアドバイスをくれた先生、たくさん励ましてくれた親、そして山手学院のおかげであると思います。
 山手学院に入り、中学校入学時に想像もしていなかった進路を実現することができました。本当にありがとうございました。

県立坂戸高校

●川越市立 鯨井 M.C.さん
●山手学院 霞ヶ関校
●合格校 県立坂戸高校(普通科)、山村学園高校(総合進学コース選抜クラス)


苦手教科にもしっかり取り組んだ
 私は中学一年生の冬から山手学院に入りました。勉強はあまり得意ではなかったので、好きではありませんでした。受験期が始まってからは勉強をするようにはなりましたが、本気になり始めたのは九月くらいからでした。そのため、後半の時期はすごく苦労しました。もう少し早めにとりかかていれば良かったとなと思っています。
 どれだけ勉強してもうまくいかず、涙するときもありました。しかし、自習室を積極的に使ったり、目をそらしていた苦手な教科にもしっかり向き合うことで、最後の北辰では偏差値を上げることができました。また先生方の詳しい説明により、入試本番では細かいところを落とさずに、難しい問題までも解くことができました。
 とても長く厳しい受験期間だったけれども、良い結果で終わることができて良かったです。

県立坂戸高校

●ふじみ野市立 大井東中 A.M.さん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立坂戸高校(普通科)、星野高校(女子部・文理コース)、細田学園高校(進学αコース)


支えてくださった方々に感謝
 私は吹奏楽部に所属していました。そのため、本格的に受験勉強を始めるのが、周りの人に比べて遅かったです。北辰テストの偏差値は志望校の合格目安となる数字にぎりぎり達している状態でした。1月の北辰テストでは急激に偏差値が下がってしまい、家族や中学校の先生と話し合いをして、受験校を変更するかどうか迷っていました。しかし、山手学院の先生方が応援をしてくださり、苦手な内容を少しずつ克服し、あきらめずに頑張ることができました。そのおかげで、志望校に合格することができました。
 私が坂戸高校に合格することができたのは、家族や山手学院の先生方、周りの友達に支えがあったからだと思います。これまで私のことを支えてくださった方々にとても感謝しています。本当にありがとうございました。高校に入学してからも、目標に向かって取り組んでいきたいと思います。

県立坂戸高校

●川越市立 南古谷中 I.S.くん
●山手学院 南古谷校
●合格校 県立坂戸高校(普通科)、城西大学付属川越高校(特進コース)、細田学園高校(特進コース)


合格への情熱を
 私はこの1年間を通してたくさんのことを学びました。春は部活動に熱心になりすぎて、勉強がおろそかになってしまいました。しかし、夏から本格的な受験勉強が始まり、一生懸命やったことによって合格することができました。
 大きな差をつけるならば、夏から全力で勉強をし、一歩でも志望校へ近づけるようにすることがよいと思います。合格発表日に笑顔でいられるように頑張ってください。応援しています。