県立川越南高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2023年

県立川越南高校●山手学院 志木校
●合格校 県立川越南、大宮開成(特進選抜Ⅱ類コース)、星野(S類特進選抜コース)


部活と勉強の両立
 私の受験は、部活と勉強の両立との戦いでした。周りの人たちが7月までには引退してくなか、私の部活は夏休み後までも活動を続けていました。そのため、夏期講習は申し込んだものの授業は受けることができませんでした。しかし、山手の先生方は、部活が終わった後、受験対策をしてくださいました。怒涛の夏休みでしたが、乗り越えることができたのは先生方がいて下さったからだと思います。また、受験日が近づくにつれ、不安大きくなり、心が折れそうになった時も、先生方が相談に乗ってくださり、最後まであきらめずに、受験に挑むことができました。そして中学2年生の時から思い続けてきた志望校に合格することができました。これからもたくさん悩むことはあると思うけれど、最後まであきらめずに努力し続けようと思います。

県立川越南高校●ふじみ野市立 大井中 T.Y.さん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立川越南、山村学園(特別進学ELコース)、星野(文理特進コース)


目を背けず、目標を見つめる
 受験生という自覚を持ち始めた去年の春から一年が経ち、私は志望校への合格を果たすことができました。その過程の中で、辛さ、悔しさ、嬉しさなどたくさんの思いを経験しました。
 本格的に勉強に取り組んだ去年の夏、普段から自主的に勉強する習慣が身に付いていなかった私にとって、夏期講習に集中特訓は地獄で、初めて「夏休みが早く終われ!」と願うほど苦痛でした。安定しない偏差値にも苦しみましたが、その反面、努力が報われたと感じたときに嬉しさが「次も頑張ろう!」と思えるきっかけとなりました。入試二週間前あたりでは、私立志望の人たちが正直すごく羨ましかったです。しかし、最後まで気をゆるめることなく入試を迎え、全力を出しきれました。
 この一年間いろいろな壁を乗り越え、心が強くなりました。見守ってくれた家族、助け合った友達、最後まで信じ続けてくれた先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

県立川越南高校●川越市立 高階中 O.N.さん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越南、山村学園(特別進学ELコース)


諦めない先に見えるもの
 私は中学二年の春期講習から山手学院に通い始めました。川越南高校に合格するためには「偏差値を10あげよう」と言われていました。
 そこで、毎週数学の補習を受け、定期テスト勉強会に参加することで北辰テストでは目標偏差値に到達し、定期テストでは学年順位を維持することが出来ました。
 山手学院の先生方の具体的なアドバイスを実行することにより無事に合格しました。
 受験勉強の中で私が「やってよかった」と思うのは絶対にあきらめないことでした。三年の冬に急激に北辰点数が下がり、いくら勉強しても手ごたえがありませんでした。
 「なぜ、勉強するのか」という問いかけが頭の中で何度もよぎりましたが、「夢をかなえるため」という答えがあったので諦めずに勉強し続けました。その後、受験直前に点数が伸び始めました。
 最後まで諦めずに続けたことが今は大きな自信となっています。支え続けてくださった山手学院の先生方」、本当にありがとうございました。

県立川越南高校●川越市立 霞ヶ関東中 M.Y.さん
●山手学院 霞ヶ関校
●合格校 県立川越南


自分を信じて
 私は、中二の時から行きたいと思っていた高校があった。行事がとてもおもしろそうで、制服もかわいくて、とても楽しそうな高校だった。
 中三になって塾に通う時間も増え、正直勉強はあまり好きではない私は、塾の夏期講習に通っていた時間以外、友達と遊びまくっていたら、夏休み明けの北辰テストの結果があまり良いものではなかった。だから私は、このままではまずいと思い、行きたい高校に受かるために家でも塾でもたくさん勉強を頑張った。しかし、公立入試前の北辰では少し下がってしまった。悔しかったが、それでも自分を信じて、ラストスパートを頑張った。
 そして入試当日、不安でとても緊張していたが自分なりにできた。そして、発表日。ドキドキしながら見ると、番号が載っていた。本当に嬉しかった。
 自分を信じて最後までやり抜けば良い結果が出るはずだから、これからも頑張りたい。

県立川越南高校●S.R.くん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立川越南、山村学園(特別進学ELコース)


印象に残ったゼミの授業
 僕は山手学院に、5年生の冬期講習から入塾しました。6年生では、英語と数学の授業を取りました。中学校1年生の時は、コロナウイルスがはやり始め、オンラインの形になりました。MEETを使った授業や、先生たちが録画してくださった動画を見て、コロナ禍でも塾で学ぶことができました。中学3年生になったら、通常授業の5教科の他に、国語、数学、英語のゼミも取りました。ゼミでは先生方が、私立高校受験の対策をしてくださり、個人的にはゼミが一番印象に残っています。受験が近づいてくると、テスト形式の授業になり、5教科の入試問題に似たものを解きました。それぞれの教科の解く順番や、時間配分など県立入試に向けて対策することができました。過去問を解くと、自分の内申点と点数を照らし合わせてくれて、A、B、C、D、Eなどの判定をしてくれました。過去問でA判定などを取ると、合格できるかもとモチベーションが上がるきっかけとなりました。先生方、今までありがとうございました。

県立川越南高校●坂戸市立 千代田中 S.K.さん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立川越南、東京農業大学第三(Ⅰコース)


勉強が楽しくなった
 私は中学三年生の春から山手学院に通い始めました。初めは勉強法もわからず、志望校の定まっていなかったため一学期の成績は伸び悩んでいました。しかし、山手学院の夏期講習や夏の集中特訓に参加して様々な問題を解いたり先生方の指導を受けたりして、受験生としての意識を高めることができました。夏休みが終わったあとはすぐに北辰テストや定期テスト、英検などがあり、一学期の内申点が低かった私にとっては気の抜けない学期でした。そのような中で、先生方は面白くてわかりやすくて印象に残る授業をしてくれたので、自分の課題と向き合いながらでも楽しく勉強することができました。
 冬になると入試の本番が近づき不安や焦りを感じることもたくさんありましたが、過去問演習をたくさん行うことで自信につながり、緊張せずに入試に挑むことができました。
 山手学院の先生方のおかげで勉強の面白さを知り、好きになることができました。先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

県立川越南高校●毛呂山町立 毛呂山中 O.A.さん
●山手学院 東毛呂校
●合格校 県立川越南、星野(文理特進コース)


私にとっての山手学院
 私は小学五年生の夏期講習から山手学院に入塾しました。当時は、あまり勉強に意欲的ではなかったので山手学院に入塾したことは勉強するきっかけになりました。私は普段から勉強する習慣がなく人一倍受験に対する意識が低かったです。そんな私でしたが、志望校である川越南高校に合格することができました。高校受験をする上で、私は理社の学習を集中して行いました。中学校の定期テストを解き直したり教科書を見直したりするなど短い日数の中で自分の力になることを徹底して行いました。
 ただ、普段からの学習習慣がなかったので継続的な学習が難しいと感じたことが多々ありました。また、私自身サボろうとする傾向にあったので受験勉強に対して消極的にもなりました。しかし、塾で勉強を頑張る同級生たちの姿を見て自分も頑張ろうと思うことができました。
 私にとって山手学院は良い学び舎であり学習意欲を向上させてくれる場所でした。

県立川越南高校●川越市立 芳野中 Y.S.さん
●山手学院 南古谷校
●合格校 県立川越南、星野(文理特進コース)


やりきって志望校へ
 私が山手学院に入ったのは、中学二年生の夏でした。当時、私は理科がとても苦手で、北辰テストや学校のテストで思うような結果が出せませんでした。しかし、入塾して理科の授業を受けるようになってからだんだんと苦手意識がなくなり、テストで高得点を取れるようになりました。その後も長期休みの間の講習や集中特訓、過去問演習を通して少しでも正解できる問題を増やすことに努めました。
 その結果、入試本番では自己ベストの点数を出すことができ、無事に第一志望校に合格することができました。入試に向けて様々なアドバイスをしてくださったり、苦手教科のサポートをしてくださった先生方には感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。
 最後に、受験生のみなさんへ。今は結果が出なくても、努力をしていればいつか実る日が来ます。志望校目指して頑張って下さい!

県立川越南高校●狭山市立 狭山台中 K.Y.さん
●山手学院 狭山校
●合格校 県立川越南、星野(文理選抜コース)


諦めなかった夢
 「川南は難しいなぁ。」これは私が学校の先生に言われた言葉です。私はその言葉が許せませんでした。しかし、私は部活を十一月まで続けており、北辰の偏差値は平均五十五程度でした。本気で志望校を変えようか考えました。
 でも私は川南を受験しなかったことを後悔したくなかったので川南を受験することにしました。一月の北辰前に必死に勉強しましたが、結果は三百八十八位でした。もう絶対に合格できないと思っていた時、山手の友達が「絶対合格するよ」と言ってくれたり、「大丈夫」と言ってくれたりしました。私はその言葉で絶対に不合格になるわけじゃないと思うことが出来ました。
 その後、私は休み時間も勉強するようになりました。しかし、理数系は思うように点数を上げることが出来ず、特に英語は四十点すらとることが出来ませんでした。受験日が近づくにつれて私は不安と焦りばかり感じていました。そんな時、受験日の前日に山手の先生が「気持ちで最初から負けるな」と後押ししてくれました。最初から無理と思うのではなく、諦めずに問題を解くことが大切だと思いました。
 合否を知った今、私が感じたことは二つあります。一つ目は公立受験に絶対はないということです。絶対に受かるというのも絶対に受からないというのも当日にテストを解いてからでないとわからないということです。二つ目は自分が行きたい高校を受験した方がいいということです。当たり前ですが、受験しないことには合格はありません。だから、自分が行きたいと思ったところを受験してほしいです。受験は一人のようで一人じゃない。山手の先生方が信じてくれたから受験することが出来ました。私は山手の友達がずっとそばで支えてくれたから合格することができました。
 この合格は私一人では絶対になかったと思います。この受験が私にとってそばで応援してくれる人がどれだけ心強いかを感じる受験だったと思います。受験生の皆さん、自分自身の夢をかなえられるように最後まで自分を信じて頑張ってください。

県立川越南高校●入間市立 上藤沢中 S.K.くん
●山手学院 藤沢校
●合格校 県立川越南、拓殖大学第一(進学コース)


自分を信じてがんばれ!
 私は、中学二年生の冬から山手学院に入塾しました。中学三年生になるまでは定期テスト約一ケ月前から勉強していて、それ以外は全く勉強していませんでした。そのときの定期テストでは百五十人中六十位くらいでした。三年生になって、一学期は、テスト勉強をして同時に少しずつ社会の復習を始めました。夏休み中は、午前中に三時間、昼に五時間、夜に二時間の十時間を毎日続けました。二学期は私立高校の受験のためにも定期テストに勉強時間をかけました。
 私は、もし勉強がつらくなっても休まず、とりあえず机に向かうっていうことをしていました。でも、体調が悪くなったり、限界をむかえたときに休むのはすごく大切だと思います。周りの人がどんどん追いあげてくると本当に不安になります。そういうときでも結局、最後まで自分を信じることが一番です。がんばってください!

県立川越南高校●入間市立 上藤沢中 I.M.さん
●山手学院 藤沢校
●合格校 県立川越南、狭山ヶ丘(Ⅱ類)


あきらめないことの大切さ
 私は中学三年生の春期講習から山手学院に通い始めました。私は春期講習や夏期講習などで、自分の苦手なところを見つけ、苦手分野を重点的に勉強していきました。そのおかげもあり、苦手な教科の点数が上がり北辰テストでは自分の第一志望でA判定を取り続けられるようになりました。私はそのときこのままだったら大丈夫だろうと少し油断していました。しかし、十二月の北辰テストで初めて学校選択問題を受けたとき、思っていたよりも難しく、C判定を取ってしまいました。少し不安になったけど、それでもあきらめずに合格できるように勉強をがんばりました。そして無事に合格することができました。
 私はこの一年間を通して、あきらめないことの大切さを学びました。どんなことが起きてもあきらめずに努力すれば必ず結果が出ると思います。高校でもこの経験を生かして、がんばりたいです。

2022年

県立川越南高校●川越市立 川越第一中 K.K.くん
●山手学院 川越本部校
●合格校 県立川越南、埼玉栄(普通科Sコース)


私を支えてくれたもの
 私は小学4年生の頃、山手学院に入塾しました。当時の私は、勉強の大切さなど知ることもなく、自分のやりたいことに没頭する毎日でした。小学校での勉強を終え、中学校に上がった私は、1学期の中間テストで、自分の実力のなさを知りました。周りはみんなできている問題すら解けず、悔しい思いでいっぱいでした。勉強の大切さを知った私は、受験生になるまでの2年間、自分の勉強スタイルを身につけ努力してきました。
 3年生になってからは志望校も意識するようになりました。しかし、北辰テストや塾内テストでは思うように点が取れず、モチベーションも下がりがちでした。そんなとき、私を支えてくれたのが、今、合格の喜びを共有できている仲間でした。一緒に合格という同じゴールを目指すことで私は、勉強に勢いをつけることができました。この合格を糧に、新たな一歩を踏み出し、悔いの無い高校生活を送りたいです。

県立川越南高校●志木市立 志木第二中 H.S.さん
●山手学院 志木校
●合格校 県立川越南、大妻嵐山(スーパーアドバンスコース)


気持ちが一番大切
 私は、中1の夏から山手学院に通い始めました。中3の最初まで全く勉強意欲がなかった私が、意識改革をして川越南に合格できたのは、まさに大逆転合格でした。
 私は、中3で部活を引退してからは毎日必ず夜10時まで自習室で勉強することを意識しました。また、数学の個別を取って苦手教科克服に努めました。それに加え、分からない所は質問をし、解決するよう心掛けました。先生方の手厚いサポートのおかげで勉強に対しての不安は少なかったと感じます。先生方、本当にありがとうございました。
 受験を通して私は気持ちが一番大切であると感じました。私が川越南を第一志望にしてから北辰ではC判定が続いていましたが一度も諦めることなく、絶対受かってやるという気持ちでひたすらに頑張り続けました。今思うと諦めなくて本当に良かったと思います。自分の気持ち次第で学力は伸びます。自分を信じて頑張ってください!!

県立川越南高校●川越市立 高階西中 U.H.さん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越南、山村学園(特別進学ELコース)


受験に大切なこと
 私が高校入試をするにあたって、大切だと思うことが3つあります。
 1つ目は1、2年の時から通知表でいい評価を取ることです。私は3年間のすべての学年評定が志望校の平均を上回っていたため過去問で合格に必要な点数より約15点低く、少し安心することができました。
 2つ目は3年生の夏休みに苦手な単元の克服や理科・社会の復習をしっかり行うことです。これらを後回しにすると、冬に過去問演習に集中することができなかったり、復習が間に合わなかったりしてしまいます。自分の勉強時間をしっかり確保できる夏休みを有意義に過ごしてください。
 3つ目は最後まで諦めずに努力することです。私はずっと数学が苦手でしたが、頑張り続けた結果、最後の北辰テストでとても高い偏差値を取ることができました。
 先生方と後悔のない入試にして下さい。

県立川越南高校●所沢市立 東中 S.K.くん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立川越南、西武台(選抜Ⅰコース)


快適に勉強できた自習室
 私は冬休みから山手学院に行き始めました。それまではあまり力を入れて勉強していませんでしたが冬休み直前となってやっと焦りがでてきました。
 山手学院に入ってから今までと違う勉強の環境でとても大変でした。冬期講習やお正月の集中特訓など一日中勉強する日もありました。他にも自習室の利用などの自主学習ができる場所もありととても便利でした。全く勉強していなかった私が1月になると勉強する時間を確保し、集中して勉強するようになりました。そして入試が目前となった2月にはそれぞれの志望校に受かるためにどのくらいの点数が必要なのかの目安を教えてもらいました。それを基準に過去問を解きました。
 迎えた入試当日ではしっかり自分の力を出しきることで、無事に志望校に合格しました。

県立川越南高校●所沢市立 北野中 Y.I.さん
●山手学院 小手指校
●合格校 県立川越南、聖望学園(特進コース)


周囲に支えられた受験
 私が山手学院に入ったのは中学2年生の冬からでした。それまでは、自分で勉強しているつもりでも、定期テストではなかなか点がとれず成績もよいとは言えないものでした。入塾してしばらくは成績も変わらなかったのですが、夏期講習や集中特訓を受けた後から急に成績が上がり、それまでは無理だと思っていた自分の志望する高校に向けて頑張ろうと思うようになりました。それからは、できる限り自習室に行って勉強するようにしました。休日や学校が早く終わる日などは、塾の仲間と「自習室に行こう」と約束し、みんなで頑張ることができたのも良かったと思います。塾では勉強のわからないところはもちろん、志望校の具体的な目標点や受験のアドバイスをたくさん教えてもらい、多くのサポートをしてもらいました。結果、入塾した時には無理だと思っていた高校に合格することができ感謝の気持ちでいっぱいです。先生方、ほんとうにありがとうございました。