県立川越女子高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2021年

県立川越女子

川越市立 大東西中 H.M.さん
●山手学院 川越本部校
●合格校 県立川越女子高校、錦城(特進)、大宮開成(特選-先進)


感謝の気持ちを持って高校へ
 私が川越女子高校に合格することができたのは、たくさんの人の支えがあったからです。学力が伸び悩んだときは、山手の先生方が全力で相談に乗ってくれ、全力で励ましてくださいました。また、わかるまで徹底的に教えてくれたり、大量の課題を用意してくれたりしたおかげで、苦手な部分を克服することもできました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。そして、毎日のように塾まで送迎してくれた両親にも感謝しています。
 受験生として過ごした1年間には、辛くて泣きそうになるときもありました。しかし、何度質問しても、丁寧に対応してくれた先生方や、話を聞いてくれる親、励まし合える友達のおかげで、乗り切ることができました。今の私があるのは、たくさんの人たちのおかげです。これからも、感謝の気持ちを持って高校生活を楽しみたいです。

県立川越女子

川越市立 富士見中 T.K.さん
●山手学院 川越本部校
●合格校 県立川越女子高校、山村学園(特別進学SA)


一人ひとりに合う授業で合格
 私は中学1年生で山手学院に入塾し、2年生までは個別で、3年生からはクラスで授業を受けました。私は、作文や記述問題が苦手でした。しかし、3月からの休校期間中に苦手な部分を重点的に勉強したり、塾の先生方に、作文や記述問題を添削していただいたりしたことで、自分の答案に自信を持つことができ、入試当日の得点源とすることができました。私たち一人ひとりに合う授業を楽しく行ってくれた山手の先生方にとても感謝しています。

県立川越女子

川越市立 城南中 S.W.さん
●山手学院 川越西口
●合格校 県立川越女子高校、西武学園文理(グローバル


先生のおかげで自信を取り戻せた
 私は、小学校4年生の春から山手学院に通っていました。その中でも大変だったのは、中3の正月特訓でした。私は、川女ゼミで正月特訓を受けていて、周りのレベルの高さを改めて感じました。そこで自信をなくしたけれど、周りの先生たちが分からないところを丁寧に教えてくれたり、言葉をかけてくれたりしたおかげで安心して受験勉強をすることができました。
 受験勉強の中で一番大変だったのは理科と社会でした。受験勉強を進めているうちに、1年生と2年生の内容が全然頭に入っていないことに気づきました。入試では、理科と社会の目標点数は90点ぐらいだったので、記述もたくさん問題を解いて練習しなければならなくてとても苦労しました。これから受験する人は、理社に早めに取り組んでおくと良いと思います。頑張ってください!

県立川越女子

川越市立 城南中 H.M.さん
●山手学院 川越西口
●合格校 県立川越女子高校、淑徳与野(選抜C


努力を重ねた受験勉強
 私が山手学院に入塾したのは中学2年生の夏でした。入塾してすぐは授業についていけてもなかなか思うように問題が解けませんでした。しかし、塾のテキストを何回もやり込んで、色々な問題を解けるようになりました。
 中学3年生になってからの受験勉強にも、テキストやプリントを使って取り組みました。夏の集中特訓や大晦日・正月特訓で集中して勉強できたおかげで、問題を解く力がしっかりついたのだと実感しました。
 私は山手学院に入ってからの約1年半、多くの人に支えられて受験勉強を乗り越えることができました。本当にありがとうございました。

県立川越女子

ふじみ野市立 大井中 Y.Y.さん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立川越女子高校、大宮開成(特進選抜先進)、星野(Ⅲ類特別選抜)


今まで支えてくれた家族、友達、先生方に感謝
 私は中3の春期講習から山手学院にお世話になりました。ずっと「塾には行かない!」と決めていましたが、新型コロナウイルスによって状況が変わり始めるなかで不安を感じ、入塾を決めました。入ってみると、同じ中学校の友達だけでなく、他校の子とも仲良くなり、互いに教え合いながら、毎回楽しんで塾に通うことができました。
 また、個性的な先生方の指導も山手学院の良いところだと思います。模試の調子が良くないとき、特に数学においては、先生の一言が私にスイッチを入れてくれました。入試直前、今まで安定していた教科が不安定になって不安が募ったときにも、授業後にアドバイスをもらい、入試当日に向けて気持ちを切り替えることができました。
 第一志望の高校に合格でき、今まで支えてくれた家族、友達、先生方には感謝しかありません。今後世の中がどうなっていくかはわかりませんが、後輩のみなさんも頑張っていってください。

県立川越女子

ふじみ野市立 大井中 M.O.さん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立川越女子高校、星野(Ⅲ類特別選抜


山手学院に感謝
 私は1年生のときから山手学院に通っていました。いつもわかりやすい授業で理解を深めることができました。また、休んでしまった授業の補習でも、ポイントをおさえて教えてくださったので、短期間で学習内容を習得することができました。
 3年生での集中特訓講座や難関公立対策ゼミでは、入試に対応できるように難しい問題や入試問題を予想した問題に取り組みました。わからない問題はわかるようになるまで教えてくださりました。そのおかげで、当日の入試本番では、慌てることなく問題を解くことができました。本当に感謝しています。ありがとうございました。

県立川越女子

川越市立 高階中 Y.N.さん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越女子高校、星野(S類特進選抜)


受験を迎えるあなた、自分を俯瞰的にみてますか?
 私は中学1年生の春に山手学院に入塾しました。今までを振り返ると山手学院に入塾してとても良かったと思います。
入塾したばかりの頃は、同じクラスの子がスラスラ解いている問題がほとんど解けず、とても悔しかったです。しかし、授業で間違えた問題を繰り返し練習することで周りに近づけたと感じました。さらに、定期テストでは、塾の自分より学力の高い人に勝ちたいというやる気が出たことや、対策授業のおかげで、毎回満足する点数をとることができました。
三年生になり受験が近づいてくると、ゼミが始まりました。同じ高校を目指す人と勉強したり、自分の実力や苦手を知ることで、入試までに自分が何をするべきか気づくことができました。
私が第一希望に合格できたのは、山手学院の先生方や同じクラスの友達のおかげです。今までありがとう御座いました。高校生になっても努力を怠らず、頑張ります。

県立川越女子

川越市立 高階中 R.H.さん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越女子高校、星野(文理特進)、山村学園(特進ー文理


勉強量が勝負の決め手!
 私が川女に行きたいと思ったのは小学校のときです。けれど、受験直前期になって、過去問演習ではD判定ばかりで諦めかけていました。
しかし、もし落ちるのであれば全力を尽くしてからの方がいいと思い、自習室の通い詰めてやろうと決めました。
勉強したくない日でも、雨が降ろうと、風が強かろうととにかく自習室に行きました。そのおかげで分からない問題はすぐに先生に聞くことができ、集中力を保ちつつ勉強時間を確保できたのだと思います。
これから高校受験をする方には、是非自習室を活用してほしいです。正直自習室に行くまでが一番面倒ですが、行って後悔はしないと思います。誰からも受からないだろうと思われていた私でも合格することができました。
不安や無力感で苦しい時でも、自分の行きたい高校のために全力を尽くしてください。そして、今まで勉強を教えてくれたり、相談に乗ってくれたりとお世話になった山手学院の先生方に感謝しています。ありがとうございました。

県立川越女子

川越市立 砂中 Y.T.さん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越女子高校、星野(S類特進選抜)、大宮開成(特選ーⅠ類)


受験と私と先生。
 私は中一の春期講習から通い始めましたが、山手学院を選んでよかったと思っています。
ユニークな先生方がわかりやすく教えてくださったおかげで苦手を一つ一つ無くしていくことができました。勉強や受験のノウハウだけでなく、相談に乗ってくださり、いろいろな面でサポートしていただきました。
今年はコロナ禍で、出題範囲が縮小されるなど、先生方も慣れない部分が多く、大変だっただろうなと思います。そんな中でも先生方のおかげで第一志望に合格できてとてもうれしいです。先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。

県立川越女子

川越市立 鯨井中 M.T.さん
●山手学院 霞ヶ関校
●合格校 県立川越女子高校、栄東(東・医)、星野(Ⅲ類特進選抜


私をサポートしてくれた先生たち
 私が山手学院に入塾したのは、中学2年生の時の夏期講習からでした。それまでは、定期テストに向けての勉強しかしておらず、受験についてしっかりと考えたこともありませんでした。しかし、山手学院に入って、学力の高い仲間とともに学び始めたことで、志望校について考えるきっかけになりました。
 毎日コツコツと勉強を進めるタイプではなかったのですが、山手学院の先生方のサポートのおかげで、自分の苦手分野から着実に取り組むことができるようになりました。その結果、早い段階から北辰テストなどの模試で安定した成績が取れるようになり、入試当日も自信をもって迎えることができました。
自分の第一志望校に合格できたのは、いつも質問などに答えてくたり、相談に乗ってくれたりして、私をサポートしてくれた山手学院の先生たちのおかげだと思います。本当にありがとうございました。

県立川越女子

川越市立 鯨井中 K.I.さん
●山手学院 霞ヶ関校
●合格校 県立川越女子高校、星野(Ⅲ類特進選抜


一人一人と真剣に向き合ってくた先生たち
 私は小学生の頃から山手学院に通っていました。この頃から川越女子高校に入りたいとは思っていたものの、私はあまり熱心には勉強をしていませんでした。しかし、山手学院の先生方はこんな私にも丁寧に勉強を教えてくれました。山手学院の良い点は、この先生の私たちが理解するまで懇切丁寧に教えてくれる点だと思います。生徒一人一人と真剣に向き合ってくれるので、自分の苦手を無くすことが出来ました。私が合格することが出来たのは、山手学院のおかげだと思います。本当に今までありがとうございました。

県立川越女子

川越市立 霞ヶ関中 H.O.さん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立川越女子高校、星野(α選抜)


逃げずに、挑み続けた入試
 私は受験する高校を受験直前まで悩んでいました。本当に自分が受かるのか、とても心配でした。北辰テストでは毎回C判定かD判定で周りの友達との差もわかっていたからです。しかし、そんな焦りを感じたことで勉強する時間が増え、毎日夜遅くまでやるようになり、夏の集中特訓で感じた周りとの差を、正月特訓ではあまり感じなくなっていました。また、国立高校を受けた友達が合格したことに刺激され、より一層頑張るようになりました。他の友達や先生方もたくさん応援してくれて、私は合格することができました。勉強しているときは、どうしてこんな簡単な問題が解けなかったんだと泣いたり、こんな難しい問題が解けるわけないと嫌になったりしたこともありましたが、たくさんの支えがあってそれらは次第に減っていきました。受ける高校を変えようかと悩んだことはたくさんありましたが、合格した今この高校を受けて、また全力で勉強してきて本当によかったなと思いました。
私がこうして合格できたのは、友達の温かな励ましや先生方からの手厚いサポート、そして両親がいつも支えてくれたからだと思います。本当に、ありがとうございました。
憧れ続けた学校で、これからも頑張っていきたいと思います。

県立川越女子

川越市立 霞ヶ関中 A.T.さん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立川越女子高校、大宮開成(特進Ⅰ類)・星野(Ⅲ類


努力が切り開いた合格
 私は中学2年生の最初の定期テストの時に、
「これはヤバイぞ。」
と思ったため、山手学院に入塾しました。授業を受けて学校よりもクラスの人数が少なくて、集中できる空間だと感じました。入試に向けて、夏期講習、夏期集中特訓、冬期講習、正月特訓、難関ゼミに参加し、今の自分が分かっていることの確認とともに、新たな知識の吸収を繰り返し行いました。しかし、授業の中だけでは解決できない謎もたくさんありました。そこで、たくさん質問しました。図形が苦手で頭の中で想像できなかった時に、消しゴムを切って図形をつくって説明してくれました。一個一個つぶしていくことで自分の成長を感じることができました。受験生としてこのような生活を夏休みのころから始め2月26日までやりつづけました。そして入試の日。これまでの努力を信じて、戦いました。今もっている全ての力を出し切ることができました。
 合格発表に日に自分の番号を見つけたとき、努力してきて良かったと強く思いました。冷静な気持ちになった今、自分一人だけで戦っていたのではなく、家族をはじめとするたくさんの人々に支えられていたことが分かりました。支えてくれてありがとうございました。

県立川越女子

川越市立 霞ヶ関中 A.K.さん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立川越女子高校、星野(S類


頑張りの末に勝ち取った合格
 志望校の合格者の中に自分の受験番号を見つけた時、私は今まで行ってきたことは全て無駄ではなかったのだと、強く思いました。
 私が山手学院に入ったのは中学2年生から3年生へと移る3月頃で、中学校は臨時休校になっていました。休校の影響で本来習うはずの単元の学習ができない中、山手学院で学校よりも先に習うことで新学期の授業にも余裕をもって取り組むことができました。また、定期テスト前には定期テスト対策として範囲に合わせた問題冊子が配られたため、何をするべきなのかあまり悩まずに勉強することができました。
 受験当日も、前日に先生方から頂いたメッセージに元気づけられ、落ち着いて問題に取り組むことができました。合格発表の時に自分の番号を見つけたときの喜びを、私はずっと忘れません。
 私が最後まで頑張ることができたのは、励まし合い高めあった友人たちやいつも親身になって指導してくれた先生方、何よりもずっと支え続けてくれた両親のおかげです。自分が憧れた場所で、これからも頑張りたいと思います。本当に、ありがとうございました。

県立川越女子

坂戸市立 住吉中 M.T.さん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立川越女子高校


理社の大切さ
 受験直前の二、三ヶ月間は学校が終わったらすぐに塾の自習室で勉強をするようにしていました。とても大変でしたが、自分のクラスや周りの人も同じ川越女子高校を目指す仲間が多かったので、負けないように頑張りました。私が受験生としての自覚をもって学習を始めたのは夏休みでした。まずは、北辰テストで良い判定をもらえるよう勉強しました。ただ、なかなか思うような結果が出ず、不安な気持ちになりました。十二月頃まで結果が良くなかったので焦っていました。そんな中、正月特訓を受けて、苦手な数学や理社を克服することができました。正月特訓を受講して良かったです。正月特訓の大切さを感じました。正月特訓の成果が実り、一月の北辰テストで、数学、社会は偏差値70に達して嬉しかったです。そして勉強方法が身についたように感じました。入試直前の一ヶ月は理社をひたすら学習しました。入試当日は会場の緊張感を感じながらも、自分の力を発揮することができました。理社を受講して頑張って良かったと思います。これからは、周りの人々への感謝を忘れず、高校での勉強も頑張っていきたいです。

県立川越女子

坂戸市立 坂戸中 H.E.さん
●山手学院 坂戸校
●合格校 県立川越女子高校


迷わず受験勉強に取り組めた
 私は中学3年生の9月から山手学院に通い始めました。最初は学校との違いに驚き、少し戸惑いましたが、先生方が優しく教えてくださり、授業の内容を自分のものにすることができました。
 8月まで部活の大会があり、他の人よりも勉強時間が少ないことが不安だったけれど、その不安がなくなるくらい、濃い授業を受けることができたと思います。
 特に私は英語が苦手でしたが、入塾が遅かった私にも、塾に入る前のプリントを下さり、そのおかげで入試当日、今までで一番良い点数を取ることができました。
 山手学院に入り、何を勉強すればよいのかが分かり、迷わずに受験勉強に取り組めたと思います。第一志望校に合格できて、本当に良かったです。

県立川越女子

鳩山町立 鳩山中 A.K.さん
●山手学院 坂戸校
●合格校 県立川越女子高校


大切な友達との出会い
 私が山手に入塾したのは、中学二年生の終わり頃です。頭が良い人たちに囲まれて、最初は授業についていけませんでした。
 志望校を決め、本格的に受験勉強し始めたのは夏休みです。その頃に、ひとりの大切な友だちに出会いました。「一緒に川女に合格しよう」と誓い合いました。
 自分に自信が持てなくても、山手の先生たちや家族がサポートしてくれました。
 北辰の成績がなかなか上がらず、悩むこともありましたが、過去問をいっぱい解いて、高望みだった私立高校の選抜コースに合格して、第一志望の川女に合格できました。大好きな友だちと一緒に合格できたことが何よりも嬉しいです。
 いつでも心の支えになってくれた家族のみんな、優しくしてくれた山手の先生方、本当にありがとうございました。
 山手でよかったと、心の底から思います。
 この感動を一生忘れません。

県立川越女子

鶴ヶ島市立 西中 H.S.さん
●山手学院 坂戸校
●合格校 県立川越女子高校


難問より基礎固め
 私が山手学院に入塾したのは、中学一年生の冬でした。当時私はV1のクラスにいて、英語が苦手でした。
 しかし、分かりやすくゲームに例えてくれたり、一つの単語についていくつかのエピソードを絡めて話すことで単語を印象づけてくれたり、先生の授業はとにかく分かりやすかったため英語が好きになりました。
 そして、三年生になると特進クラスに入ることができました。しかし、今まで得意だった数学に対し徐々に苦手意識が芽生えてきました。自信を持って解くことが大切だと言われた私は、難問より基礎を固めることに専念しました。
 すると、少しずつ自信がつき特進やゼミの授業にもついていけるようになりました。
 ところで、私が志望校を決めたのは三年生の九月ごろでした。それまで私学を受験しようと考えていた私は理社を熱心に勉強していませんでした。
 もとから社会は苦手でしたが、ゼミの五十点満点の試験で十六点をとってしまい、自分はここまで社会ができなかったかと大きな衝撃を受けました。そこで、ゼミや通常授業の復習を毎週欠かさず行いました。
 北辰テストで社会の偏差値が六十五をとれたときは本当に嬉しかったです。社会は地道に復習することが大切だと分かりました。
 私は山手学院で、いくつもの苦手を克服することができました。先生方、熱心に教えていただき本当にありがとうございました。

県立川越女子

坂戸市立 城山中 K.T.さん
●山手学院 東毛呂
●合格校 県立川越女子高校、狭山ヶ丘(Ⅰ類)


高校入試のアドバイス
 高校入試を経験して、まず私が思ったのは勉強を早く始めて損はない、ということです。「受験シーズン」は進学を希望しているならずっとだと思ったほうが良いと思います。
 今年の入試は、理科では昨年と同じ単元がでました。昨年出題された単元は出ないだろうと思っていたので、少し焦りました。入試では山を張りすぎないほうが良いと思います。また、苦手な分野も先生に聞くなどしてつぶしておくと、精神的にも不安が少なくなります。
 私は難関ゼミに行っていましたが、ゼミの解きなおしがすごく大切だと感じました。私は知識を定着させるために、理社は三回解きなおしました。ゼミでは難しい問題をやります。入試でも難問がいくつか出題されます。全く同じ問題が出る可能性は低いですが、何度も解いて慣れておくことで当日見たことない問題でもやってみようという勇気と自信がつきます。そのような問題で得点できれば周りと差がつけられると思います。悔いのないように頑張ってください。

県立川越女子

毛呂山町立 川角中 M.S.さん
●山手学院 東毛呂校
●合格校 県立川越女子高校、淑徳高校(特進選抜)


入試の勉強方法
 今年はなかなか思うようにいかない年でした。しかし、そのような状況の中でも山手学院の先生方の充実したサポート体制や塾の友達との勉強の教えあい、家族の支えにより、第一志望に合格することができました。ですが、合格に至るまでは、とても過酷な道のりでした。ここからは、私なりの受験勉強法を紹介したいと思います。
 「国語」は私が一番苦手としていた教科であり特に説明文が苦手でした。そこで私は全国高校入試問題を買い、色々な県の説明文を解いて力をつけました。「数学」は山手学院で配布されたテキストを使って勉強しました。また、問題を解くときは時間を意識するためにタイマーを使うようにしていました。「英語」は授業でわからなかった単語や熟語を書き出して覚えるようにしました。長文は読むスピードを上げるために様々な問題を解きました。
 「理科」はもったいないミスをしないように基本的な問題を確実に解けるようにしました。「社会」は過去問で間違えたところを解きなおしたり塾から配られた記述問題集を使って記述力を強化しました。
 これが私の主な勉強方法です。少しでも参考にしてもらえたらうれしいです。北信テストでは毎回「もう無理かも。」とくじけそうになることもありました。しかし、夢を追いかけ最後まであきらめずに必死に勉強した積み重ねが自分の自信に繋がりました。これを読んでる受験生の皆さん、夢と希望をもって精一杯頑張ってください!

県立川越女子

所沢市立 東中 K.S.さん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立川越女子高校、星野(α選抜


感謝
 私は、中学校入学当初からずっと山手学院に通っていました。YOTや育伸テスト、特進判定テストは私にとってさほど大きな壁ではありませんでした。二年生までは。
 入試まで残り一年半を切ったあたりから、もともと苦手だった国語や得意だった数学でさえも点数が伸びなくなってしまいました。部活をすることが大好きだった私は、徐々に勉強から遠ざかるようになりました。この悪循環を断ち切ったのは、コロナウイルスでした。学校が休校になり、部活動が停止され、私たち受験生がやることが勉強に絞られたことで、私はスランプから抜け出せました。
 塾の合宿がない。過去問があてにならない。不安要素はたくさんありました。解けない問題を前に何度も泣きそうになりました。それでも、塾の先生方は私に優しく、丁寧に教えてくれました。そんな先生方に私は感謝しかありません。私を志望校合格まで導いてくださり、本当にありがとうございました。

県立川越女子

所沢市立 東中 S.Y.さん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立川越女子高校、錦城(特進)、星野(α選抜)


後輩の皆さんに向けて
 私は、小学六年生の夏にこの山手学院に入塾をしました。私は普段から家庭学習に取り組み、コツコツやるタイプでした。今ではそれを続けることができて良かったと思います。理由は二つあります。
 一つ目は、受験期で学習時間を増やそうとしたときに、慣れがあり楽に増やせたことです。
 二つ目は、普段から学習していたことで身についていることが多く、復習より演習に時間を仕えたことです。
 この二つは普段からコツコツとやる人にしかできないと思います。今からでも始めてみてはどうでしょう。
 最後に、私が合格できたのは、間違いなくこの塾でやってきたからです。校舎の先生方や講習、特訓やゼミなどを利用して、後悔のないようにしてほしいと思います。

県立川越女子

所沢市立 小手指中 H.Y.さん
●山手学院 所沢西口校
●合格校 県立川越女子高校、錦城(特進)、星野(α選抜


最後まで走りぬけよう!
 最初、私は別の高校への進学を考えていました。しかし通学距離のことや部活も頑張れる学校に行きたいと考えていく中で、自分のやりたいことができる学校が他にもきっとある、と感じるようになりました。そして、以前から「行けたらいいな」と思っていた川越女子高校を目指すことに決めました。
 私は、中三の九月後半くらいに志望校を決めました。決めるのは遅かったと思います。決まるまでは目標がなく、ただただ勉強していました。受験生の自覚を持てるようにするためにも、目標をつくるためにも、志望校を決めるのは早いほうがいいと思います。入試が近づくと、もっと早く志望校を決めて、もっと勉強するべきだったという後悔と焦りが生まれました。早く志望校を決めておくことは、私にとって大切だったと思いました。
 そして受験を通して、あきらめないことの重要さを学びました。私は、後悔や焦りを「ここであきらめないで、これまで以上に頑張ろう」という思いに変えることができました。受験後、後悔の思いはありません。自分の中で、「もうだめだ」と決めつけず、「自分ができるかぎりやろう、最後まで走りぬけよう」と前向きに考えました。あきらめなければ、後悔しないと思います。
 これから受験を迎える皆さん、自分の好きなことをしてリラックスしながら、最後まで頑張ってください。

県立川越女子

所沢市立 所沢中 A.I.さん
●山手学院 所沢西口校
●合格校 県立川越女子高校、星野(文理特進


受験を通して実感したこと。
 私は一年間の努力が合格につながったことを本当に嬉しく思います。
 私は受験生になると共に山手学院に入塾しました。それまでは、定期テスト前の二週間程度しか勉強していませんでした。入塾したことで、受験生という自覚を少しずつ実感し、毎日、机に向かうようになりました。そして勉強習慣が少しずつ定着し始めました。また、新型コロナウイルスによる休校期間を逆手に取り、家での長時間学習も身につけました。この二つが転機となり、一年間コツコツ勉強を続けられるようになりました。しかし、成績が伸びる気配は一向になく、北辰テスト、育伸テストの結果を見る度に、気を落としていました。それでも、気持ちを切り替え、志望校合格への強い気持ちを持ち続けました。そして北辰テストでは伸び悩んだ成績も、日曜ゼミの後半では徐々に良くなり、自信へと変化しました。
 本番では、今までの自分を信じ、落ち着いて解答することができ、ミスも最小限に抑えることができました。今までの学習の成果を十分に発揮できたことで、後悔がなく入試を終えることができました。最後まで諦めず努力してきて本当に良かったです。
 受験を通し、改めて努力の大変さと大切さを実感しました。努力したことは必ず自分に返ってきます。結果となって表れるのはいつなのかは分かりません。しかし、努力がなければ、結果も自分が成長することもないと思います。受験生のみなさん。最後まで諦めず頑張ってください。そして、受験生としての一年間を後悔のないように過ごしてください。

県立川越女子

所沢市立 南陵中 Y.M.さん
●山手学院 所沢西口校
●合格校 県立川越女子高校、星野(文理特進


高校入試。私の場合。
 桜も満開に咲き、入学・進学の季節を無事迎えることができました。
 私は、小学校六年生の頃から山手学院に入塾させていただきました。入塾したばかりの頃は、やる気に満ち溢れ、塾の授業の予習をしっかりしていました。しかし、中学校に入学するとともに部活との両立が難しく、いつしか復習さえもしなくなってしまいました。受験が近づくにつれて、自分が目指す高校のライバルを知る機会が増えました。簡単に受かることができないことを認識し、気持ちだけが不安になったことを今でも覚えています。コロナウイルスの影響で受験の範囲は縮小されて、深く勉強しなくても合否に響かない分野ができたことが、逆に私を安心させてくれました。私の場合、本当に驚くほどに勉強を怠ってきましたので、北辰テストではもちろん、自分の第一志望校でA判定を取ったことがありません。しかし受検を終えた今だからこそ、やはり最後の追い込みが大切だと思います。自分の苦手分野の範囲さえ分かっていれば、あとはそこを時間をかけて集中して勉強することができます。そして過去問の分析をしておくと、本番で出題形式や試験環境が変化してもきちんと備えることができます。そして自分への自信にもつながります。また山手学院は、他の校舎の生徒と勉強する機会を与えてくれました。勉強へのモチベーションが下がったときには、周囲を見てモチベーションを上げていました。受検をしている当日は、「合格できる」という自信につながるまで勉強したおかげで、周囲のシャープペンの書く速度よりも自分のほうがスムーズだったので、優越感に浸りながら受けることができました(笑)。どんなに勉強から逃げたくなる状況になっても、勉強に向き合わせてくれる環境が山手学院にはあります。それが勉強しない私にとっては最終的によい結果へとつながりました。
 約四年間、たくさんの迷惑をかけましたが、最後まで熱心にご指導していただき感謝しかありません。本当にありがとうございました。

県立川越女子

所沢市立 上山口中 A.M.さん
●山手学院 小手指校
●合格校 県立川越女子高校、星野(S類


山手学院に感謝
 私は中学二年生の冬から山手に通いだしました。それまでは塾に行ったことがなかったため、山手の授業を受けて学校とのスピード感の違いや問題の難易度の違いに驚きました。最初はついていくのが大変でしたが、新しい知識がついて解ける問題が多くなることは嬉しかったです。
 また山手学院では勉強のことを気軽に話せる友達や質問に丁寧に答えてくれたり記述の添削を細かく見てくれたりする先生方が居ます。入試直前はたくさん過去問を見ていただきアドバイスをもらったおかげで入試本番に落ちついて記述にも取り組むことができたと思います。本当に先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。山手に入塾して先生方に出会えて良かったです。

県立川越女子

入間市立上 藤沢中 N.K.さん
●山手学院 藤沢校
●合格校 県立川越女子高校、錦城(特進)、星野(a選抜)


感謝の気持ちを忘れずに
 私は中3の12月まで、第一志望を決められずにいました。周りの友達はとっくに志望校を決め勉強を進めていて、毎日不安と焦りが募る一方でした。
 そんな中、「三者面談をしよう」と声をかけてくれた山手の先生がいました。先生は私の話を真剣に聞き、さまざまなアドバイスをしてくださいました。長い時間をかけ、進路の悩みについて親身に向き合ってくださった先生には、感謝してもしきれません。  悩みに悩んだ末、私は自ら第一志望を決めました。そこから、やっと勉強にも本当の意味で身が入ったと思います。「他のライバルよりスタートが遅いんだ」という危機感と常に過ごす、勉強漬けの日々でした。今思えば、あの時自分の気持ちに寄り添い続け、最後の最後まで第一志望校を悩んだことは決して間違いではなかったと感じます。
 たくさんの方々に支えられここまで来られたことを忘れず、高校生活を頑張りたいです。

県立川越女子

●山手学院 入間校
●合格校 県立川越女子高校、狭山ヶ丘高校(Ⅰ類)

 


塾での刺激
 私は、中学入学と同時に山手学院に入塾しました。勉強はあまり好きではなかったですが、山手学院の授業はわかりやすく、素敵な先生ばかりで3年間通い続けることができました。
 勉強に対する意識が変わったのは、中二で行った夏期勉強合宿の時でした。知り合いがひとりもいない上に、長時間の勉強に耐えられるのか心配でしたが、自分よりもできる人たちと一緒に勉強することで、とても刺激を受けました。そして、私はもっと頑張らねばと思い、それまで以上に勉強するようになったのを覚えています。
 入試直前になって不安と焦りが大きくなり、塾の先生に相談したときは、私に自信を持たせる言葉をかけてくださいました。入試当日もとても緊張していましたが、先生の言葉や自分を応援してくれている人たちのことを考えると不思議と心が落ち着き、全力を尽くすことができました。山手学院なしでは高校入試を乗り越えることはできなかったと思います。今まで本当にありがとうございました。

県立川越女子

N.Mさん
●山手学院 入間校
●合格校 県立川越女子高校、星野高校(Ⅲ類)


受験は1教科50分
 私が志望校を川越女子とはっきりと決めたのは、中3の秋くらいでした。それまでは、都内の大学附属高校に行きたいと思っていました。しかし、周りの人の話を聞いたり、自分で見に行ったりして、川越女子に行こうと決めました。
 日曜ゼミ、夏の集中特訓、正月特訓。これらの特別講座は楽しいときよりも苦しいときの方が断然多かったです。そういう日には、自分にご褒美をあげながら頑張りました。今思えば、そのように頑張ったことで今があるのだと心底思います。高校受験において、そのような頑張りをすることが後悔につながることなんて絶対にないと思います。コツコツ頑張ったおかげで、本番もこれは北辰テストだ!って思って解けるぐらい落ち着いていました。
 受験は1教科50分のテストで全てが決まってしまいます。そのわずか50分のための受験勉強は本当に大変です。でも、仲間や応援してくれる人はたくさんいます。頑張ってください。

県立川越女子

川越市立 砂中 M.M.さん
●山手学院 南古谷校
●合格校 県立川越女子高校、大宮開成(特別選抜Ⅰ類


未来を目指して
 私は中学二年生の七月から山手学院に通いはじめました。入塾後、それまでなんとなくやってきた勉強に対する意識も変わり、本気で勉強に取り組めるようになりました。通常の授業では、レベルの高い仲間とともに勉強することによって、私も頑張らなくてはいけないと思うようになりました。
 また、私は「合格必勝ゼミ」の川越女子クラスに参加していました。同じ高校を志望する人と週に一回、一緒に勉強できたことは、受験をする上で本当に貴重な体験になりました。夏期集中特訓や正月特訓は苦しいときもあったけど、今では参加できて良かったと思っています。
 私が合格できたのは、いつも熱心に教えてくださった山手学院の先生方やともに勉強をしてきた仲間のおかげです。本当にありがとうございました。受験生になる皆さん、山手学院の先生方を信じて、最後まで諦めずに頑張ってください。

県立川越女子

朝霞市立 朝霞第四中 Y.G.さん
●山手学院 個別スクール朝霞校
●合格校 県立川越女子高校、星野(S類特進選抜)


勉強の仕方
 私は中二の夏に山手に入塾しました。はじめは部活に一生懸命で勉強が疎かでしたが、志望校が決まってからは勉強が楽しいと思えるようになりました。私は得意な教科も苦手な教科もなかったため、とにかく5教科をまんべんなく勉強することを心がけました。特に理科社会はちょっとした時間にこまめに勉強するようにしていました。
 ここまで合格するために頑張ってこれたのは、家族や友達、塾の先生方のおかげだと思います。模試の結果が悪かった時、思うように成績が伸びなかった時は、いつも山手の先生方が親身になって助言をくれました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

2020年

県立川越女子

●川越市立 霞ヶ関東 S.U.さん
●山手学院 霞ヶ関校
●合格校 県立川越女子高校、星野高校(女子部・Ⅲ類特進選抜コース)


ライバルの存在
 振り返ると、自分でも驚くほどに三年生の一月ごろからの勉強が楽しかった。それほどに私を勉強に向き合わせてくれたのは、他でもなく塾の先生方と塾の友人、ライバルの存在だった。塾の先生方の偉大さは他の体験談できっと示されているので割愛させていただくとして、ライバルの存在は私にとって欠かせなかった。勉強のやる気が出ないときは、ライバルを見て気持ちを奮い立たせ、育伸テストや北辰テストの結果の勝敗にも一喜一憂していた。県立模試で負け、あまりに悔しくて泣いたのも今となっては良い思い出だ。その友人とは志望校は異なっていたが、刺激を受け切磋することでここに辿り着くことができた。
 このようにお互いを高め合えたのも、やはり山手学院という素晴らしい環境があったからだろう。山手学院に入ったから、今の私があるのだと思う。私を合格に導いてくださったすべての方々に感謝したい。

県立川越女子

●川越市立 鯨井 Y.H.さん
●山手学院 霞ヶ関校
●合格校 県立川越女子高校、淑徳与野高校(選抜B)


部活による遅れを取り戻せた
 私は山手学院に入塾する前までは、毎日コツコツ勉強する習慣がありませんでした。しかし、入塾することでその日に何を勉強すべきかというはっきりとした目標が見え、だんだんと勉強していく習慣が身についていきました。
 私は、部活が忙しく夏期講習の前半に参加できませんでした。しかし、部活が終わったあと、夏期講習テキストを解いたり、個別の授業で丁寧に解説をしてもらえたおかげで大幅な遅れを埋めることができ、夏休み後のテストでも満足のいく結果を出すことが出来ました。また、過去問を解いたあと、英作文や記述問題についての質問にも先生方が丁寧に対応してくださり、当日は不安なところがない状態で受験できました。
 私が志望校合格の目標を果たせたのは山手学院のおかげです。本当にありがとうございました。

県立川越女子

●鶴ヶ島市立 藤中 S.H.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立川越女子高校、星野高校(女子部・Ⅲ類特進選抜コース・特待)


勉強の習慣
 私は小学生のときから、川越女子高校に入りたいと思っていました。しかし、そのときから熱心に勉強をしていたわけではなく、学校の定期テスト前に勉強するくらいでした。二年生の冬頃から、みんなが受検というものを意識するようになりました。私も不安に感じていましたが、心の底ではきっと大丈夫だろうと思っていました。そして三年生へ進級しました。夏になると、多くの人が部活を引退し、本気で勉強するようおになりました。その様子を見て、私は「このままではだめだ」と思い、本気で勉強に取り組みはじめました。私は、早寝早起きを心がけ、朝に塾の宿題や自分が苦手なところの復習をするようにしました。毎日続けていくとそれが習慣になり、自分の力をどんどん伸ばすことができました。入試本番の日が近づいてくると、だんだん不安の気持ちが大きくなっていきました。しかし、友だちや学校の先生、塾の先生に支えられながら、なんとか乗りこえることができました。入試本番では自分の力を全て出せたわけではなかったけれど、やりきったという達成感がありました。そして合格することができました。
 ここで燃え尽きることなく、これから先もこの勉強の習慣を続けていき、次の目標に向かってがんばっていきたいです。

県立川越女子

●川越市立 名細中 N.S.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立川越女子高校、星野高校(女子部・文理特進コース)


本当にありがとうございました
 私は、中三の夏期講習から山手学院に入塾しました。夏休みまで部活動があり、中学校の定期テスト期間でしかまとまった勉強時間が取れていなかった私にとって、塾での授業について行くことは大変でした。しかし、先生方のご指導や、授業のない日にも塾に来て、毎日勉強したことや、一緒に勉強しをした仲間のおかげで、志望校に合格することができました。
 模試の結果でも合格ラインに達しないことも多かったけれど、最後まで諦めずに勉強をして本当に良かったです。ご指導いただいた先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
 これからは、この嬉しい気持ちを大切に、今まで以上に熱心に勉強にはげみたいです。夏からの七ヶ月間、塾で勉強した時間は私にとって大切な思い出です。ご指導していただいた先生、お父さん、お母さん、本当にありがとうございました。

県立川越女子

●鶴ヶ島市立 南中 N.S.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立川越女子高校、星野高校(女子部・文理特進コース)、西武学園文理高校(普通科)


私の努力
 私が受験勉強において頑張ったことは二つあります。
 一つ目は、毎日計画を立てながら勉強することです。自分で計画を立てることで、一日にすべきことが明確になり、効率よく勉強することができました。
 二つ目は、自分の苦手を克服することです。私は、数学が苦手だったのですが、山手学院の教材をうまく使うことで、応用問題も解けるようになりました。また、テストの解き直しをしっかりとして、一度間違えた問題は必ず解けるようにしました。
 山手学院ではテスト対策授業や北辰の解説授業をやってくれるので、それを活用することも合格につながったと思います。私は熱心な山手学院の先生がいたから合格することができました。本当にありがとうございました。高校生活は、様々なことに挑戦していきたいです。

県立川越女子

●川越市立 霞ヶ関西中 K.M.さん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立川越女子高校、淑徳与野高校(選抜C)、星野高校(共学部・S類特進選抜コース)


支えてくれた人たちへ
 今日、川越女子高校に合格することができ、こうして合格作文が書けていることを本当にうれしく思います。
 私が本格的に勉強をし始めたのは、夏期講習からです。それまでは全然勉強に身が入りませんでしたが、長い時間、同じ目標の仲間と勉強することで「負けない」という気持ちになりました。正月・大晦日特訓でもがんばれたことで、自分自身も成長することができたと実感できました。合格を手にすることができたのも、たくさんの方の支えがあったからです。
両親へ…私の1番近くで応援してくれてありがとうございました。
塾の先生方へ…親身になって質問に答えていただき、いろいろとお世話になりました。本当にありがとうございました、
そして、友人たちへ…よきライバルでいてくれてありがとう。
 たくさんの支えがあり、最後まであきらめなかったことで合格を勝ち取ることができたと思います。今まで本当にありがとうございました。

県立川越女子

●鶴ヶ島市立 鶴ヶ島中 S.A.さん
●山手学院 坂戸校
●合格校 県立川越女子高校、淑徳与野高校(選抜C)、星野高校(女子部・文理特進コース)


夏期合宿で変わった
 私は、山手学院に小学3年生から通い始めました。小学生の間は、楽しく学び、定期的にあるテストで実力の確認をしました。中学に入ってからもテストがあり、自分がどれだけ学力が身についたかや苦手分野がどこなのかを知ることができました。
 中学3年生になると、受験勉強が本格的に始まり、勉強に忙しい日々となりました。でも、私が特に勉強したのは夏だと思います。学校がなく、長時間勉強ができる良い機会でした。
 私は苦手だった英語を中心に勉強しました。そして、4泊5日の夏期合宿で長時間勉強することに慣れ、最後にあるファイナルテストで夏休みの成果を知ることができました。私立受験で入試の緊張に慣れ、公立入試でしっかり解くことができました。
 過去問を多く大変だったので早めに始めるとよいと思います。塾の先生に相談するれば色々なことをサポートしてくれたので、とても助かりました。ありがとうございました。

県立川越女子

●坂戸市立 住吉中 M.S.さん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立川越女子高校、大宮開成高校(特進選抜Ⅱ類コース)


辛さを乗り越えて
 私は中学一年生のときに山手学院に入塾しました。そして私は今、山手学院に入塾して本当に良かったと思っています。
 私は苦手教科が多く、最初はあまりやる気が出ませんでした。しかし、塾のテキストを繰り返し解くことで、だんだんと成績が上がり、やる気も出るようになりました。これにより、苦手教科であった理科・社会は克服することができましたが、数学はなかなか克服することができませんでした。
 しかし、なかなか成績の上がらない私を先生方はとても親身にサポートしてくださいました。
 そして迎えた入試当日、私は緊張しながら駅へ向かっていました。駅では先生方が見送りに来てくださいました。先生方に強く温かい励ましを頂き、それを思い出しながら試験に臨みました。そのおかげで、私は試験本番を緊張せずに迎えることができ、数学も目標点数以上の点数をとることができました。こうして私は無事、合格することが出来たのです。
 私は受験勉強を辛く感じていましたが、その辛さを乗り越え、合格証を手にしたときの喜びはとても大きなものでした。このような大きな喜びを感じることができたのは山手学院の先生方のおかげです。本当にありがとうございました。最後に、受験生の皆さんが希望する進路を実現できることを心から願っています。

県立川越女子

●川越市立 東中 A.K.さん
●山手学院 川越本部校
●合格校 県立川越女子高校、淑徳与野高校(選抜B)、星野高校(女子部・Ⅲ類特進選抜コース)


一生懸命勉強して良かった
 私は、中学2年生の冬期講習から山手学院に通い始めました。勉強をすることが嫌いだったため、宿題が終わったら予習や復習をせずに遊んでいました。中学3年生になり、テストを行う回数が多くなって、自分の実力を知る機会が増えました。私は同じ志望校を目指していた友達よりも偏差値が低かったため、段々と焦りを感じ始めました。このことがきっかけで自習室に多く通ったり、先生に質問をしたりして、勉強漬けの日々を送っていました。
 志望校に合格できて、1年間、一生懸命勉強してきて良かったと思っています。初めての経験で、心配や不安になることも多くありましたが、山手学院の先生方が励ましてくれたり、わからないところを教えてくださったりしたため、自信を持って受験に挑むことができました。1年間支えてくださった先生や家族に感謝しています。ありがとうございました。

県立川越女子

●川越市立 初雁中 A.M.さん
●山手学院 川越本部校
●合格校 県立川越女子高校、淑徳与野高校(S類文理)、星野高校(共学部・S類特進選抜コース)


あきらめずに苦手を克服
 私は理科・社会がとても苦手でした。そのため、最後の北辰でも、合格にはほど遠い判定が下されました。しかし、自分で決めた志望校は変えたくないと思い、北辰後は理科・社会を中心に、苦手な単元は三回以上、問題を繰り返し解くようにしました。
 国語・数学・英語は山手学院の通常授業の復習のみを行いました。塾のテキストを反復して解いているうちに解ける問題が増えていき、理科・社会で自分自身の成長を感じることで、やる気やモチベーションを上げることができました。夕飯前の少し空いた時間、入浴中、寝る直前などのすきま時間に単語帳を見直すことも効果的だったと思っています。
 私は、模試の結果がどんなにひどかったとしても、あきらめず、苦手な単元を復習し、自分を信じきることが大切だと思いました。この経験を大学受験にも活かしたいです。

県立川越女子

●川越市立 富士見中 R.Y.さん
●山手学院 川越本部校
●合格校 県立川越女子高校、星野高校(女子部・Ⅲ類特進選抜コース)


自習室を有効活用
 私は、山手学院に入塾してから勉強に対する意識が変わりました。
 山手学院の先生方は、熱心でわかりやすい授業をしてくださいました。授業で教わったことを自分で理解できると自信がもて、成績がどんどん上がって嬉しかったです。家で勉強しようとすると、いろいろな誘惑に負けてしまい、集中して取り組めませんでしたが、山手学院の自習室は静かで集中できたので、効率よく勉強することができました。
 なかなか成績が伸びずに悩んだこともありましたが、家族や山手学院の先生方に支えていただいたおかげで川越女子高校に合格することができました。本当にありがとうございました。

県立川越女子

●川越市立 初雁中 R.I.さん
●山手学院 川越本部校
●合格校 県立川越女子高校、星野高校(女子部・Ⅲ類特進選抜コース)


高校生活も頑張る
 私は中学3年生の4月から山手学院に通い始めました。始めは個別指導で受講していましたが、夏期講習からクラス授業に変更しました。北辰テストの結果が志望校に届かず、もう少し前から通っていればよかったのではないかと思うこともありましたが、先生方のご指導のおかげで段々と実力がついていき、北辰テストの結果も良くなっていきました。県立模試で志望校の合格圏に届かず、焦りや不安が大きくなってしまいましたが、それを乗り越えて入試に臨めたのは、親や先生など、周りの人たちの支えがあったからです。
 高校入試は終わりましたが、これから高校生活が始まるので、しっかり準備をして、充実した高校生活が送れるようにしたいです。

県立川越女子

●川越市立 城南中 S.S.さん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立川越女子高校、淑徳与野高校(選抜A)


努力すれば夢はかなう
 私は、小学五年生のときから山手学院に通っていました。山手学院の先生方は、成績が伸び悩んでいたり、なかなか志望校が決まらなかったりしたときも優しくサポートし、常に私を導いてくれました。また、どんなときでも質問をすれば答えてくださり、励まし続けてくれました。そんな先生方の温かさがあったことで合格の道へと歩むことができました。
 私は正直、自分が受かる見込みはないと思っていました。しかし、先生方の指導の下、最後まで諦めずに粘った結果、合格することができました。私はこのことから、どんなに駄目だと思っても、最後まで努力を続ければ夢はかなうということを学びました。最後まで励まし続けてくださった山手学院の先生方、本当にありがとうございました。そして、これから受験を迎える皆さんも、粘り続けて自分の夢をつかんでください。

県立川越女子

●川越市立 高階中 N.Y.さん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立川越女子高校、大宮開成高校(特進選抜先進コース)


受験を通して学んだこと
 私は、小学六年生の終わりに山手学院に入塾しました。中学二年生からは特進クラスに入りましたが、まわりの人たちに全然ついていけず勉強が少し嫌になってしまいました。しかし、先生方の授業のおかげで少しずつ理解できるようになり、成績も上がりました。特に数学や英語が分かるようになりうれしかったです。それから勉強することが嫌ではなくなり、前より勉強を積極的にするようになりました。
 受験では合格できましたが、正直、自分では悔しい気持ちもありました。もっと一、二年生のときに勉強しておけばよかった、もっと苦手なところの復習をしておけばよかった等、入試を受けた後にとても後悔しました。自分の力を出し切った、だからもう後悔はない、と思えなかったことが本当に悔しかったです。また、私は入試後、受験した高校に不合格になったとずっと思っていました。しかし、合格することができました。
 私は受験の経験から最後まであきらめないことや、自分の弱い部分を知りました。これからは一つ一つのことに全力で取り組んでいこうと思います。あきらめないことや弱い部分を知れたこと、そして合格できたことは山手学院のおかげだと思います。本当にありがとうございました!

県立川越女子

●ふじみ野市立 福岡中 A.Y.さん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立川越女子高校、大宮開成高校(特進選抜Ⅱ類コース)


志望校合格は先生方の指導のおかげ
 私が山手学院に入塾したのは、中学3年の秋頃でした。受験勉強を始めるのが周りより遅かったため、とても苦労しました。山手学院の先生方は、常に私のモチベーションを高めてくださいました。私は特に、数学が苦手だったので、夜遅くまで補習をしてくださった先生にとても感謝しています。また、他の科目でも先生方が熱心に指導をしてくださったので、北辰テストや入試での点数を伸ばすことができました。
 はじめは合格するのが難しいと思っていた川越女子高校に合格でき、山手学院に入塾して良かったと思います。

県立川越女子

●志木市立 志木中 K.T.さん
●山手学院 志木校
●合格校 県立川越女子高校、星野高校(女子部・Ⅲ類特進選抜コース)


心の支えだった山手学院
 私は小学校六年生で山手学院に入塾しました。
 その頃、既に川越女子高校に行きたいと思っていたので、川越女子高校へ進学する人が特に多い山手学院ならきっと大丈夫と信じていました。
 中学校に入ってからは部活が忙しくなり、授業についていくのがつらい時期もありました。上手くいかないことが多く、悩むことも多かったです。そんなとき、先生方は私の頑張りを認め、励ましてくれました。本当に心の支えでした。分からないところをいつも教えてくれ、何度もプリントの丸付けをしてくれ、添削を快く引き受けてくれ、入試前日まで記述対策をしてくれた先生方たちにとても感謝しています。もちろん不安はあったけど、先生が「いつも通りやれば大丈夫」と言ってくれたので、さっぱりした気持ちで受験できました。最高の自分で臨めたことをうれしく思う一方で、そこに至るまでに多くの人に迷惑をかけたことを申し訳なく思っています。ごめんなさい。そして、家族と山手学院にありがとう。

県立川越女子

●川越市立 高階中 I.N.さん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越女子高校、狭山ヶ丘高校(Ⅰ類)


競い合える仲間がいた
 春から山手学院に通い始め、授業の質の良さに驚きました。また、同じクラスに学力の高い友人が何人もいて、その人たちと切磋琢磨することで自分のやる気を引き出すことができました。家庭学習では、授業の復習や宿題を丁寧にやり、山手学院の教材を何回も解き直しました。おかげで学習内容をしっかり理解することができました。
 9月から始まったゼミでは本番の試験のようで、基礎から応用まで含めて色々な問題を解くことで力をつけることができました。私が高校に合格できたのは、夏期合宿やゼミ、正月特訓などで身につけた応用力があったからだと思います。
 勉強が嫌になりそうなときも、塾の仲間や先生方が応援してくださり、最後まで続けることができました。本当にありがとうございました。

県立川越女子

●所沢市立 中央中 K.A.さん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立川越女子高校、淑徳与野高校(選抜B)、狭山ヶ丘高校(Ⅰ類)


万全の入試対策
 私は、中学一年生の冬期講習で山手学院に入塾しました。最初は、授業のペースが速く、内容も難しかったのでなかなか授業についていくことができませんでした。そこで、家で復習を重ねるようになり、二年生になる頃には授業にもついていけるようになりました。学校の授業もすぐに理解できるようになり、成績も大きく向上しました。
 受験生になって最初の北辰テストでは、一年生・二年生で身につけたはずの内容を忘れてしまっていて、驚くような低い点数を取ってしまいました。しかし、夏休みの合宿や、秋からの日曜ゼミ、正月特訓や直前理社勉強会で勉強を重ねた結果、受験に向けて万全の状態で立ち向かうことができました。川越女子に合格できたのも、これらの充実した講座のおかげです。山手学院に入塾して本当に良かったです。

県立川越女子

●所沢市立 東中 H.R.さん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立川越女子高校、錦城高校(特進コース)、星野高校(女子部・Ⅲ類特進選抜コース)


ライバルの存在が大きかった
 私は中学二年の冬期講習から山手学院に入塾しました。最初はペースの速い授業と大量の宿題に苦戦していましたが、それにも段々慣れ、勉強する習慣が自然と身についてたのでよかったと思っています。
 私が受験勉強に本気で取り組むきっかけになったのは夏期合宿です。学力が同じくらいのライバルに差をつけられたのが悔しく、合宿後は以前よりも勉強量が増えました。また、合宿は勉強漬けで大変でしたが、勉強が辛いときには合宿のことを思い出し、自分を奮い立たせて頑張ることができました。
 私が第一志望校に無事合格できたのは山手の先生方と同じクラスのライバル、家族のおかげです。ありがとうございました。高校でも山手での勉強を思い出して頑張ります。

県立川越女子

●所沢市立 北野中 H.O.さん
●山手学院 小手指校
●合格校 県立川越女子高校、狭山ヶ丘高校(Ⅱ類)、錦城高校(特進コース)


本気になれば勉強は楽しい
 私は、三年生になっても自分が受験生であるという意識がなかなか芽生えなかった。どの高等学校を目指すかも曖昧なままであった。
 そんな私に明確な目標を与えてくださったのは、山手学院の先生方だった。熱意のこもった授業や、丁寧な解説を受けているうちに私は勉強の楽しさを感じるようになった。新たな知識を得る度に楽しくなっていく。そうしているうちに、私は川越女子高等学校という大きな目標を見出した。
 その目標へと着実に近づいていく中で、特に自分自身が成長したのは、正月特訓だったと思う。年が明け、受験へのラストスパートをかけるにあたって、とても良いスタートダッシュが切れた。また、各教科ごとに自分が苦手としている部分を細かく見つけるきっかけにもなった。
 私は、山手学院に入塾して本当に良かったと思う。これからも努力を怠らずに良い成績を残し、お世話になった先生方に恩返しをしたい。

県立川越女子

●所沢市立 小手指中 N.M.さん
●山手学院 小手指校
●合格校 県立川越女子高校、錦城高校(特進コース・特待生)、星野高校(女子部・Ⅲ類特進選抜コース)


私が大きく変われたきっかけ
 私が山手学院に通い始めたのは、中学三年生の春でした。この時私は、川越女子高校を受験することは全く考えておらず、それ相応の学力もありませんでした。
 夏休みが終わるまで、志望校や入試を特に意識することなく、勉強を積み重ねる日々を過ごしていた私でしたが、二学期から始まった日曜ゼミをきっかけに私の勉強は大きく変わりました。川越や浦和高校を目指す生徒が多く参加する難関公立ゼミに参加し、私はその難易度や進行の速さ、同じレベルの人と共に学ぶ環境に刺激され、高みを目指すようになりました。基礎を怠らず、ゼミの授業や問題演習を通して応用力をつける学習を意識することで、北辰や模擬試験で点がとれるようになり、川越女子を目指すことができました。
 私を川越女子高校に導き、合格させてくれた山手学院の先生方には感謝しかないです。山手学院で学んだことをこれからの高校生活に活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

県立川越女子

●朝霞市立 朝霞第四中 W.H.さん
●山手学院 個別スクール朝霞校
●合格校 県立川越女子高校、星野高校(女子部・Ⅲ類特進選抜コース)


真剣な人を全力で応援してくれる塾
 私は小学五年生から山手学院に在籍していましたが、高校受験のことを真剣に考えたのは中学二年生の後半になってからでした。三年生になって北辰テストを受けてみると、それまで苦手意識があった英語だけでなく、理科の成績もよくありませんでした。慌てて泣きながら山手学院の先生に相談すると、すぐにどこがどのように苦手なのか分析してくださり、ありったけの問題プリントを用意してくれました。
 私は一・二年生のときの内申点も高くなかったので、志望校合格には不利でしたが、先生に「本番で他の人より十点多くとればいいだけ」と励まされ、最後まで諦めずに勉強することができました。
 山手学院は真剣な人を全力で応援してくれる塾なので、どうにかしたいけどどうしていいか分からない、という人にはぴったりです。私がこうしていられるのも山手学院の先生方のおかげです。本当にありがとうございました。

県立川越女子

●和光市立 大和中 S.S.さん
●山手学院 個別スクール和光校
●合格校 県立川越女子高校、大宮開成高校(特進選抜Ⅰ類コース)


全力で頑張れた受験
 私は中学1年生の時に山手学院に入塾しました。初めは数学から始めました。個別指導なので、私が苦手な部分を重点的に復習ができました。質問があればその場で、わかるまで教えてくださいました。そのおかげで数学は安定した得点をとることができました。
 3年生になり受験生としての自覚を持ち始めました。山手学院には、夏期合宿、正月特訓などの様々な学習イベントがあります。普段は個別の授業ですが、そこではグループ授業なので、同じクラスの人からよい刺激をもらうことができました。受験が近づくにつれて不安が大きくなっていきましたが、そんなときは塾の先生が励ましてくれました。受験当日は自分の力を十分に出し切ることができました。目標にしていた学校に合格することができたのも一緒に勉強してきた仲間や、全力で支えてくれた山手学院の先生方のおかげだと思います。本当に感謝しています。