県立川越高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2021年

県立川越高校 合格体験談

川越市立 川越第一中 R.S.くん
●山手学院 川越本部校
●合格校  県立川越高校、川越東(理数)


先生たちの教えを忘れずに
 私は中学1年生の春から山手学院に通い始めました。最初はVクラスで宿題を毎週しっかりこなし、中1夏の特進判定に合格することができました。しかし、特進では勉強についていけず、最初のテストではクラス最下位でした。そのときから、勉強に対する意識が変わり、授業の復習を行い、わからないところは先生に聞くようにしました。そのおかげで授業についていけるようになり、塾でのテストの順位も上がりました。
 3年生になってからは、苦手教科の克服に努めました。逃げ出したくなるときもあったけれど、諦めずに勉強を続けることで、川越高校に合格することができました。
 私が今のようになれたのは、塾の先生方のおかげです。塾の先生方がいなければ、私の人生はこんなに豊かではなかったでしょう。これからも恩師の教えを忘れずに、様々なことに挑戦していきたいと思います。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 川越第一中 Y.T.くん
●山手学院 川越本部校
●合格校  県立川越高校、栄東(東・医)


逆境に負けない力
 山手学院には、先生の教え方やテキストなど、より良い学習をするための要素が完璧に備わっていたので、気持ちよく勉強に励むことができました。また、同じ塾に通う同級生と切磋琢磨することで、勉強に対するやる気を保ち続けることができました。勉強するには、山手学院ほど秀でた塾はないと実感しました。
 私自身、塾に入る前は勉強が苦手でしたが、山手に通い始めてからはどんどん学力がつき、苦痛でしかなかった勉強を好んでやるようになりました。もちろん、勉強がつらくて逃げ出したくなるときもありましたが、めげずに勉強と向き合い続けたおかげで、合格という結果が出たのだと思います。受験を控えている中学生のみなさんに伝えたいことが1つあります。入試までの期間には、勉強から目を背けたくなることがあります。しかし、そのようなときに踏ん張れる人こそ合格を勝ち取ることができるので、逆境に負けない力を身につけられるように頑張ってください。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 富士見中 K.S.くん
●山手学院 川越本部校
●合格校  県立川越高校、川越東(理数)、大宮開成(特選-先進)


先生方・両親に感謝
 私は、入塾する以前の中2の冬の模試でC判定を取り、川越高校を諦めるべきか迷いました。しかし、山手学院に入塾したことで、その迷いがなくなりました。
 私が入塾した1か月後に、コロナで休塾になったときは、動画やズームで授業をして下さったり、授業でたくさんのテキストやプリントをいただいたりしたことで、私の学力は非常に上がり、志望校選びや学力試験に自信を持って臨むことができました。
 1年間、勉強だけでなく、志望校選びの相談に乗っていただいた塾の先生方、15年間支えてきてくれた両親に感謝を伝えたいです。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 城南中 O.K.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立川越高校(普通)、大宮開成(特進選抜先進)、川越東(理数)


山手学院は大事な場所
 私は、小学校4年生のときから山手学院に通っていました。そのときはクラスに4人しか生徒がいなくて、塾に行くよりも友達と遊びたいと思っていました。しかし、志望校を県立川越高校に決めたときから、私にとって山手学院は本当に大事な場所になりました。仲の良い友達と、他の塾よりも優れた環境で、楽しく勉強できるだけでなく、クラスレッスンであるにもかかわらず、先生方が、生徒1人ひとりを細かく見てくれる、こんな塾は他にはないと思っています。
 特に私を合格に近づけてくれたのは、夏休みに行われた集中特訓だと思います。夏休みにあのような貴重な体験をしたことで、「集中特訓を乗り越えられたのだから大丈夫。」とその後の勉強の励みにもなりました。先生方への感謝を忘れることはありません。
 これから受験に向かっていく皆さんは、自分を信じ、最後まで努力を続けてください。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 富士見中 O.R.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立川越高校(普通)、川越東(理数)、大宮開成(特進Ⅰ類)


先生のサポートのおかげで
 県立川越高校の合格発表で自分の受験番号を見つけたときには、とても喜びました。
 僕は、3年生になってから県立川越高校を意識し始めました。自分なんて合格できないのではないかと思っていたけれど、無事合格できました。秋頃から周りの友人が成績を伸ばしていて、焦りがありました。でも、先生方のサポートのおかげでくじけずに勉強することができました。
 これから受験に臨む人たちには、何より自分を信じて最後まで全力でやるべきことに取り組んでほしいと思います。僕は山手学院で自分を成長させることができました。先生方には本当に感謝しています。これから先も全力で進んでいきたいと思います。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 大東西中 Y.Y.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立川越高校(普通)、川越東(理数)、大宮開成(特進選抜Ⅰ類)


山手学院は大きな存在
 僕は山手学院に感謝しています。特に中1のときから理社の授業を受けていたことが合格に大きく影響したと思います。最初の頃は塾に行くのが面倒でしたが、塾で頑張った分だけ成績につながったので、進んで勉強する気になれました。また、山手学院は勉強を教えてくれるだけでなく、日々の生活のアドバイスや勉強のコツなど、高校に行っても活かせる術を教えてくれました。
 僕は中2のときには志望校を決めていたので、それに向かって日々努力を続けてきました。そして合格することができ安心しています。山手学院の優秀な先生方がいなければ、合格は難しかったかもしれません。それほど、山手学院の存在は大きかったと思います。
 合格した喜びを胸に高校でも楽しく学校生活を送り、大学受験へ向けて全力で頑張りたいです。
 本当にありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 野田中 A.S.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立川越高校(普通)、川越東(普通)、埼玉栄(α)


勉強することの楽しさを学んだ
 僕は、中学2年生の夏に山手学院に入塾しました。初めの頃は、なかなか授業についていくことができず、周りの人たちとの差を感じていました。しかし、自主的に学習をしていくことで、少しずつ授業についていけるようになりました。
 3年生になると、新型コロナウイルスの影響で塾に行けない時期ができてしまいました。しかし、動画での授業のおかげで学習を進めることができました。また、休日や空いた時間に勉強会などを実施してくれたおかげで、学力が上がっていくのを実感しました。こうした山手学院のサポートによって、受験に対する不安を自信に変えることができました。そして、その自信を持って試験に臨んだことで、無事合格することができました。
 山手学院で、勉強することの楽しさと積み重ねていくことの大切さを学んだので、高校でも、山手学院で学んだことを生かして日々勉強に努めていきたいです。

県立川越高校 合格体験談

志木市立 宗岡第二中 R.K.くん
●山手学院 朝霞台校
●合格校 県立川越高校(普通)、大宮開成(特進選抜先進)


準備の大切さ
 僕は、姉も通っていたので、山手学院に入塾しました。山手は学校よりも進度が速く、予習になり、助かりました。僕は三年生になったものの、受験生としての実感は低かったです。しかし、北辰テストや校長会テストが始まることでだんだんと実感が湧きました。学校でも、一学期の評定が出され、維持しなくてはならない、という意識が強まりました。
 北辰テストが会場受験になり、私立相談に持っていける回になりました。そおの北辰で、一つ後悔があります。時間配分の未設定です。受験が近くなってから時間設定をしました。そのせいで、作文未完成や焦りによるケアレスミスをし、一番とりたかった併願校の相談を逃しました。
 失敗もありましたが、山手でしっかり準備を整え、第一志望に晴れて合格できました。高校でも山手に通いますが、しっかりと予習復習をして遅れをとらず、大学受験に向けて用意をしていきたいです。

県立川越高校 合格体験談

富士見市立 勝瀬中 K.H.くん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立川越高校(普通)、川越東(理数)


努力は報われる
 私は無事に第一志望校である県立川越高校に合格しました。
 しかし、1年生のときは、成績があまり良くなく、内申点が低く、このままでは合格できないと思っていました。そんな私にも、突然成績が上がったことが2回ありました。
 1回目は、クラス指導から個別指導に切り替えて3か月後に来ました。そのときは個別指導を上手に活用して、内申点を大きく上げることができました。そのため、希望がわき、やる気が上がり、定期テストの学年順位が上がるという好循環が起こりました。これは、新型コロナウイルス感染拡大による休校期間の学習に良い影響をもたらしました。
 2回目は、3年生の9月に来ました。それは、休校期間の学習によって、苦手分野をなくしたことが要因だと思います。
 これら2つのことから私が伝えたいことは、努力は報われるがそれを実感できるまでには時間がかかるので、あきらめずに努力を続けてほしいということです。実際に、私は努力を続けたことにより、志望校に合格することができました。
 山手学院には、志望校に合格するための羅針盤の中でも最も頼れるものがある、良い塾だと思います。それを活用して、志望校合格に向けて頑張ってください。

県立川越高校 合格体験談

富士見市立 勝瀬中 H.N.くん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立川越高校(普通)、川越東(普通)、大宮開成(特進選抜Ⅰ類)


山手学院に通っていて本当によかった
 僕が山手学院に通っていて一番良かったと思うことは、先生方が楽しく授業を行ってくれることです。以前は勉強がさほど好きではなかったのですが、山手学院に通い始めてから、しだいに勉強が楽しくなってきました。ただ勉強を教えるのではなく、生徒自身が楽しみながら自然と学習内容を身につけることができる――これは山手学院にしかない良さだと思います。
 次に良かったと思うことは、授業外での指導も行ってくれることです。わからない問題があったとき、山手学院の先生方は丁寧に教えてくれます。授業外でも指導を受けることで、学習内容の理解がいっそう深まります。おかげで僕は第一志望の高校に合格することができました。山手学院に通っていて本当によかったです。

県立川越高校 合格体験談

富士見市立 勝瀬中 K.A.くん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立川越高校、川越東(普通)、西武学園文理(先端サイエンス)


山手学院の先生方のおかげ
 僕は中2の冬期講習のときに入塾しました。僕は最初、所沢北高校を目指していました。しかし、いろいろとゆかりのある川越高校へ行きたいという思いが強く、学力が全然足りないにもかかわらず、志望校を川越高校に変更しました。
 勉強に励むようになったのは、山手学院の先生のおかげです。三者面談のとき、先生に「死ぬ気で勉強しないと合格しないよ」と言われ、そのとき、絶対合格してみせると決心しました。その日から自習室を積極的に利用し、わからないことをすべて先生に質問するようにしました。難関公立ゼミや集中特訓など、いろいろな講座に参加したことも、自分の実力アップにつながったと思います。
 私立高校も含めたすべての志望校に合格できたのは、質の高い授業をしてくださった山手学院の先生方のおかげです。また、親にも本当に感謝しています。

県立川越高校 合格体験談

ふじみ野市立 大井中 H.K.くん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立川越高校、川越東(普通)、西武学園文理(グローバル)


合格できたのは山手学院のおかげ
 僕が山手学院に入塾したのは、中学3年生の春期講習のときでした。授業のレベルが高く、入塾当初は授業についていくことさえ大変で、模試などでの志望校判定は努力圏の状態が続いていました。しかし、家庭学習で予習、復習をしっかり行い、夏期講習や夏期集中特訓講座を受講したことで、夏休み明けには、塾の授業についていけるようになりました。また。2学期から始まった、難関公立対策ゼミで、入試の出題形式に合わせた問題を多く解いたことで、11月の模試では、初めて志望校判定で合格圏に達することができました。
 私立高校の受験が終わったころ、過去問で十分な点数をとることができず、志望校を変更しようかどうか悩んでいました。しかし、友達などからの励ましがあり、川越高校を受けることにしました。入試で自分の全力を出し切った結果、合格することができました。山手学院に通っていたことで、最高の結果を手に入れることができました。

県立川越高校 合格体験談

ふじみ野市立 大井中 K.M.くん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立川越高校、川越東(普通)


努力は必ず結果に結びつく
 自分は、中学3年のとき、山手学院のクラスはV1クラスでした。中学2年開始時はV2クラスでした。中2、中3の最初の方は、自分が川越高校を受けるとは思っていませんでしたし、合格できるレベルに全然達していませんでした。それでも、中3の11月北辰テストの結果が良かったことで、川越高校に行きたいと思い始めました。そこから、自分で納得がいくぐらいまで自分を追い込み、頑張って努力をしました。その結果が合格へとつながったのだと思います。
 受験生のみなさんに伝えたいことがあります。学力は12か月で信じられないほど伸びます。最後の最後まで続けた努力は、必ず結果に結びつきます。自分の力を信じて頑張ってください。そして、山手学院の先生たちの話をしっかり聞きましょう。

県立川越高校 合格体験談

三芳町立 藤久保中 R.S.くん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立川越高校、川越東(普通)


支えてくれた山手の先生方に感謝
 僕は山手の先生、また、家族などの支えてくれた人たちがいたから、川越高校に合格することができたのだと強く感じています。僕は中2の夏に山手学院に通い始めました。塾に入る前は定期テスト対策以外の勉強などしたことがなかった僕でしたが、山手の先生たちの良質で丁寧な指導のおかげで成績は大きく伸び、中3からは特進クラスに進むこともできました。
 僕が志望校を決定したのは中3の夏ごろのことです。山手の先生との面談で、このまま頑張れば川越高校に受かると言われ、川越高校に行きたいという思いが強まり、これまで以上に必死になって勉強しました。特に、苦手教科である数学には力を入れました。模試での志望校判定では合格圏と努力圏を行ったり来たりしていて不安になったときもありましたが、山手の授業とその復習を重ねていくことで、だんだんと自信をつけていくことができました。
 そして迎えた入試1週間前。あのときの緊張感は今でも忘れられません。でも、それを吹き飛ばしたのは、今までの自分の努力でした。これまで努力してきたことは必ず報われるのだなと実感しました。受験生のみなさん、第一志望校合格へ自分を信じて頑張ってください。
 最後に、これまで支えてくれた山手の先生方、僕を合格へと導いてくださり、本当にありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

R.A.くん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越高校、城北埼玉(本科)、川越東(普通)


受験期の後悔。
 僕は、二年生の冬から山手学院に入塾しました。成績はのび、最終的には第一志望である川越高校に合格することができました。しかし、無事に高校合格することはできたが二つ後悔していることがあります。
一つ目はコロナウイルスによる長期休暇の過ごし方です。なぜならほとんど勉強をしなかったからです。それが原因で中学校二年間、勉強した内容をかなり忘れてしまっていました。
二つ目は、中学校二年間の成績です。僕はその二年間あまり受験に関して考えていなかったために成績不振でした。もし、長期休暇の時に勉強して、最初から成績に意識を持っていれば、もう少し余裕を持って受験期を乗り越えられたと思います。
この後悔は高校生活に生かしていきたいと思います。そしてこれから高校受験を迎えるみんなには後悔の無いように精一杯勉強を頑張ってほしいです。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 高階中 R.S.くん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越高校、川越東(普通)


大切なのは「受かりたいという気持ち。」
 僕は小学校6年生の時に山手学院に入塾し、中学3年生からは毎日自習室を利用していました。僕は兄が県立川越高校の卒業生であり、学校の魅力をたくさん知っていたので絶対に自分も入学したいと思っていました。
しかし、それに伴い成績が振るっていたわけではなかったため、不安になることも多々ありました。それでも僕は第一希望を変えることなく自分を客観的に見つめ直すようにしました。自分には今何が足りないのか、そしてそれをどうやって克服していくべきなのかを考え、先生方には丁寧に相談に乗っていただきました。
そしてその後は受験まで全力で取り組みました。最終的には見事県立川越高校に合格することができました。この合格山手学院の先生方のおかげだと思っています。本当にありがとう御座いました。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 高階西中 K.I.くん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越高校、川越東(理数)


これから受験をするあなたへ。
 僕が山手学院に通い始めたのは、中一の冬でした。入塾したての頃はその日その日の授業内容を理解することで精一杯だったのを覚えています。
 僕が県立川越高校を志望した理由は二つあります。一つめは、入学してからの選択肢が多いと思うからです。二つ目は、科学に関する活動が盛んだと聞いたからです。
 川越高校を志願するにあたって、僕には大きな問題がありました。それは学力です。先生のサポートがあり、順調に学力を伸ばせたと思います。
 英語・国語では、作文を丁寧に添削していただき精度を上げることができました。数学では、単元毎のつながりを見つけられ、応用ができるようになりました。理社では基本的な知識から応用的なところまで幅広く学習することができました。
 山手学院では様々な生徒に対応できる素晴らしい塾です。入塾を検討してみてください。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 高階中 S.S.くん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越高校、川越東(理数)


勉強は【苦】or【楽】?
 僕が山手学院に通い始めたのは中学一年の春でした。通い始めた頃は大量の宿題について行けず泣いたことを覚えています。
 なぜ僕が高校合格をできたのか。理由は二つあります。1つ目は理社対策です。川越高校で点数をとるにあたって土台となるのが理社だと思います。山手学院では中一から定期テストの理社対策があります。中一中二で基礎を固めるため、そこまでに自分の苦手教科を克服するべきだと思います。
 2つ目は先生方です。僕が入塾してからすごいと思ったことが先生方は質問に対してすぐにわかりやすく教えてくれます。国語や英語の作文では丁寧に一言一句添削してくれます。また点数が伸び悩んでいるときには優しくアドバイスしていただくこともありました。
 他にも理由はたくさんありますが、合格への決め手となったのはこの二つが大きかったと思います。「塾」というと、「苦」と捉える人が多いと思いますが、僕にとって「山手学院」は「楽」でした。授業はとても楽しかったです。
 これから高校受験をされる皆さん、第一志望に合格できるように勉強頑張ってください。「継続は力なり」

県立川越高校 合格体験談

川越市立 高階西中 H.A.くん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越高校、川越東(普通)、大宮開成(特選ー先進)


努力の上に花が咲く。
 僕が山手学院に通い始めたのは中学三年の春でした。コロナの影響で塾に通えなくなり、当時は不安でいっぱいだったのを覚えています。
 それでも先生方のサポートもあり、受験合格というゴールを見据えて勉強に取り組み少しずつ自信がついてきました。
 北辰テストでは、はじめはC判定だった川越高校も最後はA判定にすることができました。僕は理社が苦手でしたが、基本から応用まで万遍なく指導していただいたおかげで、理社でも高得点を目指せるようになりました。
 苦手を克服し、さらに実力を伸ばせる山手学院に入って良かったと心から思います。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 砂中 S.T.くん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越高校、川越東(理数)、栄東(アルファ)


先手必勝。
 中一の夏から山手学院に通い始めて、中学校最初の二年間は定期テストに向けて、中三では受験に向けて勉強を進めていきました。
 先生方の手厚く熱心なご指導によって無事に志望校合格を勝ち取ることができました。塾の授業では学校以上にわかりやすく、より深い知識を身につけることができたと思います。特に中学三年の二学期から始まった難関公立ゼミでは、演習形式の模擬試験を通して、自分の苦手分野の発見やその克服に力を入れることができました。
 受験が近づいてくると、過去問演習に入りました。全ての問題を計二回解き、できなかった問題は解説を読んで再度解くようにしました。過去問の進め方まで教えてくださり、とても心強かったです。
 「先手必勝」という先生のアドバイスもあり、受験に向けての対策を早めにできたことも、合格に繋がったと思います。山手学院に通って本当に良かったです。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 高階中 M.I.くん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立川越高校、川越東(普通)


山手学院ありがとう
 僕が山手学院に入塾したのは小学校6年生の終わりの頃でした。
 クラスにはいろんな学校の生徒がいて、みんな勉強が得意で、僕も頑張ろうと思い、勉強に対する意識が変わりました。
 中学生になると人数が増え、ライバルが増えました。またYOTテストをやるようになり、勉強する習慣がつきました。
 中二になると特進コースに入り、入試が近づいてくるとみんなが焦る一方で、僕は少し勉強をサボってしまい、成績を上げるどころか下がってしまいました。そこで僕は先生に間違えた問題を何度も解き直しなさい。といわれ、実践すると徐々に成績が上がりました。
 三年生の時も先生に何度も勉強法について教えてもらい、成績を上げることができました。
 振り返ってみると、先生方には本当にお世話になったと思います。高校でも山手学院で学んだことを生かして頑張りたいです。

県立川越高校 合格体験談

鶴ヶ島市立 南中 S.Tくん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立川越高校、星野高校(S類特進選抜(特待1種)コース)


ブレずに努力
 地元の伝統校への進学が合理的と考え、中学入学時には川越高校を目標としていた。
 塾に関しても地元で昔から定評があり、川越高校の合格実績が高い山手学院を選定した。
 北辰、実力テスト、本番としっかり結果を出せたのは山手学院のカリキュラムのおかげだと思う。
 もちろん先生の教え方のおかげも(笑)。あれこれ手を出さず塾のテキストをしっかりやり込んだこと、目標を定めブレずに努力したことが良かったのだと思う。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 霞ヶ関中 T.K.くん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立川越高校、川越東(理数)


「受験生」として成長した日々
 私が山手学院に入塾したのは、中学二年の冬期講習のときでした。それまでの自分は、高校受験に危機感を感じていませんでした。しかし、山手学院の受験を意識した授業を受け、今までの定期テストに向けた勉強との違いを知り衝撃を受けたとともに、今からで大丈夫なのかという不安を抱きました。
 それから、「受験生」として自覚を持ち、勉強をしました。自分一人であったなら挫折したかもしれません。しかし山手学院に行けば、いつでも自分より努力している仲間と親身になってくださる先生方がいました。受験直前は、人生で一番勉強したと思います。そして志望校に合格することができました。発表の日のことは今でも忘れることができません。
 私は、山手学院に通わなかったらここまで努力できなかったかもしれません。確かに高校で人生は決まりませんが、この経験は私自身を大きく変えました。そんな経験をさせてくれた山手学院に心から感謝したいです。「受験生」して過ごした日々を忘れず、これからも頑張ります。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 霞ヶ関中 K.S.くん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立川越高校、川越東(普通)


自分を信じて挑んだ入試
 僕は2年生の夏期講習から入塾しました。入塾前は勉強量が少なく、遊んでばかりいました。入塾後はみんなの勉強量に圧倒され、刺激を受けて勉強しはじめました。
 3年生になると受験生としての自覚を持ち、塾の自習室を利用して、勉強量が増えました。当初は数学に苦手意識を持っていましたが、難関公立対策ゼミで苦手意識が無くなりました。ゼミで学んだテクニックは受験で大いに役立ちました。模試では結果が出ませんでした。入試直前の模試は過去最低の結果となり、受験校を変更すべきか悩みましたが、今までの自分の努力と山手学院の先生方の指導力を信じて、第一志望を変えずに受験しました。合格した時は、達成感で満たされ、本当に嬉しかったです。
 こんな僕でも合格できたのは、最後まで僕を信じて指導してくれた先生方のおかげです。そして、僕の選択を尊重し背中を押してくれた両親のおかげです。言葉では言い尽くせないくらいに感謝しています。
 高校に入ってからも、自分の夢を実現させるために頑張ります。
 本当に、ありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 霞ヶ関中 A.T.くん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立川越高校、川越東(理数)、星野(S類)


山手に入って世界が変わった
 友達に誘われ、この塾に入らせていただきました。当初は進路について何も考えておらず、ただ漠然と、先生方に言われるがまま勉強していました。しかし、この山手学院という環境の中で、何度も何度も高校受験について、それだけでなく自分の将来についても考えさせられました。そんな自分と向き合える環境の中で、同じような志を持つ仲間たちと過ごし、自分の学力だけではなく、精神力、体力、集中力を高めていくことができて、最後には第一志望校に合格できました。
 この山手学院から様々なきっかけを頂き、高校受験についてまっすぐに向き合うことができました。入塾する前と後では見ている世界が変わったくらいです。本当にここで学ぶことができてよかったと思っています。ここで学んだことを柱とし、これからの高校生活も頑張っていきたいです。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 霞ヶ関中 K.F.くん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立川越高校、川越東(普通)


山手と共に学んだ日々
 私は小学6年生から入塾しました。最初は、あまり雰囲気に慣れませんでしたが先生方が親身になってくれたお陰で徐々に慣れていきました。私は幸運なことに勉強が嫌いではなかったので、中学生の最初のうちはあまり勉強しなくても良い点数がとれていました。しかし学年が上がるにつれて学習内容も難化し、学ぶ範囲も広がり、どんどんついていけなくなりました。ですが山手の先生方が苦手なところをわかりやすく教えてくださったので苦手もなくなり得意の社会はもちろん苦手な英語もどんどん点数が上がりました。過去問指導でも記述などの添削や解説を積極的にしてくれ自信につながりました。
2月には不安になることもありましたが、毎日山手学院の自習室へ通い、不安な気持ちを拭えるように必死に勉強を重ねました。その努力が第一志望である県立川越高校の合格に結びついたとき、言葉できないほどの喜びを感じました。今まで支えてくれた山手の先生方、両親に感謝します。新たな環境でも、自分ができることをどんどん増やし、チャレンジしていきたいと思います。

県立川越高校 合格体験談

坂戸市立 千代田中 R.K.くん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立川越高校


努力は報われる
 僕は川越高校を受験し、無事に合格することができました。一年生の頃は、勉強をほとんどせず毎日のように遊んでおり、テストの成績が良くなかったです。学年評定も31しかとれませんでした。二年生になり山手学院に入塾してから勉強に対する姿勢が変わりました。二年生の学年評定は38、三年生の学年評定は39になりました。三年生で入りたい部活があるので川越高校に行きたいと思うようになりました。学年評定が合格者の平均に届いていなかったので不安な気持ちでした。ただ諦めずに努力をした結果川越高校に合格できました。この体験から、諦めずに努力すれば報われると考えるようになりました。高校に入ってからも頑張りたいと思います。これから、受験生になる人は通知表が悪くても諦めずに頑張ってください。

県立川越高校 合格体験談

鶴ヶ島市立 富士見中 F.S.くん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立川越高校


学習環境の大切さ
 二年間お世話になりました。初めて塾の授業を受けたときは授業についていくのがやっとでした。レベルの違いに驚きました。一年生の頃は塾に通わず、自分で勉強していましたが、二年生から塾に通い、一生懸命勉強している先輩や友達をみて、勉強量が足りていないことに気づきました。三年生からは難関ゼミが始まり、受験ムードが高まっていました。難関公立ゼミでは他校舎の生徒がいたので良い刺激になりました。北辰テストの結果も少しずつ良くなり、モチベーションが上がりました。最後に、良い先生方と出会えて本当に良かったです。本当にお世話になりました。山手学院を離れるのは寂しいですが、自分の次の進路に向かって頑張りたいと思います。山手学院で学んだことを活かして大学受験も頑張りたいと思います。毎日、努力を積み重ね、中学生活よりも充実した高校生活にしたいと思います。

県立川越高校 合格体験談

坂戸市立 浅羽野中 A.N.くん
●山手学院 坂戸校
●合格校 県立川越高校


正月特訓を乗り越えて
 僕は中学三年の秋から山手学院に通い始めました。周りの人は早い時期から始めていたので、とても不安でした。同じクラスの人との差を少しでも小さくしようと思い、週四日か五日は自習をしに行き、授業は毎回集中して受けました。
 同じ学校で同じ高校を目指している人がいたので、その人を目標にして日々頑張りました。塾の先生たちは、問題の分からない所を質問すると分かりやすく教えてくださり、アドバイスをたくさんしてくださったのでとてもありがたかったです。
 通っていた中での一番の思い出は、正月特訓です。自分は今までそんなに長時間勉強したことが無かったので地獄のようでした。ですが、それを乗り越えて自信がついたのでよかったです。
 塾に通ってから、どんどん実力がついていったと自分でも実感できていて、本当に入ってよかったです。たった半年でしたが、とてもよかったです。

県立川越高校 合格体験談

坂戸市立 桜中 H.F.くん
●山手学院 坂戸校
●合格校 県立川越高校


仲間と刺激し合った
 私は小学5年生の冬期講習で入塾して以来たくさんの先生にたくさんのことを教わりました。特に、中学生になってからは基礎から発展的な内容まで分かりやすく教えてくれました。授業外で質問をしても丁寧に教えてくれるので、苦手を克服しやすかったです。
 また、通常授業以外の特別講座や難関ゼミ、夏期講習、正月特訓では普段教わっていない先生に教わることで、新しい知識、解法、視点を身につけることができました。自習室を利用したのも集中力を上げることができ、すぐに採点をしてもらえるので、質問もできて良かったです。
 ともに学習している仲間と刺激し合い、協力したのが勉強への意識を高めることにつながりました。山手学院に通ったことで志望校に合格することができました。たくさんのことを教えてくださった先生方に感謝したいです。ありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

鶴ヶ島市立 藤中 K.K.くん
●山手学院 坂戸校
●合格校 県立川越高校


力不足を実感
 僕は中学2年生の冬期講習で入塾しました。
 入塾するまでは定期テストのためだけに勉強をしていたため、応用問題や教科書の本文以外の読解問題にはほとんど触れていませんでした。そのため入塾したての頃は初めて見る難しい問題や国語の読解問題を全く解くことができず、力不足を実感しました。
 しかし、先生方の分かりやすい解説やアドバイスによって段々と応用問題を解く力が身に付きました。難関公立対策ゼミや夏期集中特訓、正月特訓では多くの問題に触れ、経験を積むことができました。
 これら全てのことが、第一志望校に合格することに繋がりました。コロナによる休校や入試試験範囲縮小によって例年通りにはならなかった今年、山手学院の先生方のフォローがなかったら、この結果は残せていなかったと思います。
 本当にありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

鶴ヶ島市立 西中 K.F.くん
●山手学院 坂戸校
●合格校 県立川越高校


手厚い手助けに感謝
 私は中学2年生の冬期講習から山手学院に入塾しました。塾の雰囲気に慣れるまで戸惑いましたが、慣れてしまえばとても勉強しやすくなりました。先生方は丁寧に教えてくれますし、受験生を対象に色々な講習を開いてくれました。
 私は難関公立ゼミにも参加しました。このゼミで解いていた問題は入試よりも難しいと感じました。塾で使われる教材を抜かりなくやれば、もっと得点が上がったかもしれません。僕が第一志望の高校に合格できたのは塾の手厚い手助けのおかげだと思います。
 これからもこつこつ頑張ろうと思います。

県立川越高校 合格体験談

狭山市立 入間野中 H.T.くん
●山手学院 狭山
●合格校 県立川越高校、川越東(普通)・狭山ヶ丘(Ⅰ類)


レベルの高い仲間と切磋琢磨
 僕が山手学院に入塾したのは、公立受験の二ヶ月前でした。入ってすぐのときは周りのレベルの高さを感じ、追いつくことができるか不安でしたが、山手学院の授業では、先生方が、わからない問題は深く解説して下さり、二ヶ月という短い期間でも、学力の向上を実感することができ、周りのレベルにも近づくことができたと感じ、試験にもリラックスして取り組むことができました。
 高校に合格することができたのは、山手学院で受けた、自分のレベルに合った、密度のある授業のおかげであると感じています。山手学院で学んだことを、これからの生活に生かしていきたいです。担当してくださった先生方、短い間でしたが、ありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

所沢市立 南陵中 R.M.くん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立川越高校、中央大学附属(普通)、拓殖大学第一(特進)


明確な目標に向かい努力することが大切
 僕は、中学三年の始めに山手学院に入塾しました。入塾した当初は、周りの生徒達のレベルが高く、一時は自分に自信を失くし、志望校を下げようか迷った時期もありました。ですが、日々の授業で先生方の丁寧な指導により、二学期に入るころにはそのような不安もなくなり、全力で第一志望への受験に臨むことができました。そして、結果として、川越高校に合格することができました。
 今回の受験で僕が学んだことは、早めに志望校や当日の目標点を決め、それに向かって勉強することが大切だということです。ただ漠然と勉強していても結果は出ません。明確な目標を決め、それに向かって努力することが大切だと思います。
 最後に、一年間僕の受験勉強をサポートして下さった先生方には、とても感謝しています。ありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

所沢市立 中央中 D.N.くん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立川越高校、中央大学附属(普通)、拓殖大学第一(特進)


先生方のレベルの高さ
 僕はもともと塾に入るつもりはなく、親に言われて仕方なく入りました。初めはあまり塾に入ったことで何か特別に良くなったという実感はありませんでしたが、北辰テストの結果が実感させてくれました。僕は塾に入る前はほとんど家庭学習をしていませんでしたが、塾に入ったことによって確実に勉強時間が増えました。僕が一番驚いたのは先生方のレベルの高さです。私立の過去問を解いた際に分からなかった問題を何問も同時に質問に行ったことがありました。先生が解答も見ずににどの問題も分かりやすく解説してくれたことに非常に驚きました。数学以外の教科の先生も同様に答えてくれました。また、山手の先生は僕が不安なときいつも優しくより添ってくれました。
 一年にも満たない短い入塾期間ではありましたが、高校でもし塾に入るならば絶対に山手学院にします。

県立川越高校 合格体験談

所沢市立 向陽中 S.M.くん
●山手学院 所沢西口校
●合格校 県立川越高校、川越東(理数)


山手学院の後輩のみなさんへ。
 僕は、山手学院生として無事第一志望校に合格できました。指導してくださった先生方、本当にありがとうございました。  さて、これから高校受験を受けるみなさんに、僕からのアドバイスです。参考程度に見てください。まず、受験生ではない中学一年生や二年生のみなさんへ。まだ受験と言われても、自分には関係ないと思っている人も多いのではないでしょうか。実際には受験はそう遠くありません。のんびりしていると、あっという間に受験はやってきます。だから、今からでも受験勉強を進めるべきだと思います。部活などで忙しい人は、毎日の授業の復習や予習を少しずつやるだけでもいいです。それだけでも、学力は伸びていくと思います。
 次は、中学三年生のみなさんです。いよいよ受験ですね。何をすればいいのかと戸惑っている人がいるのではないでしょうか。受験期だからといって、特別何かをしなければならないという訳ではありません(過去問演習は別ですが)。ただ、今からいう二つのことには注意してください。それは、勉強の「質」と「量」です。僕も部活動を引退した後は、休日には十時間以上、平日でも三時間から四時間は勉強していました。たくさん問題を解けば、それに見合った知識はついてくるはずです。ただ、ここで忘れてはいけないのが、勉強の「質」です。いくら長時間勉強しても、目的を持たずだらだらとしたり、睡眠時間を削って徹夜勉強をしたりするのはよくありません。休憩と勉強のメリハリをつけて、また、その日に自分から何をするのか「目的」をしっかりと定めて勉強するのが効果的だと思います。
 ここまで話してきたことは、一つの例にすぎません。ですから、もし自分に合う勉強法があるのなら、それを続けることをお勧めします。自分の明るい未来に向けて、精いっぱい頑張ってください。応援しています。

県立川越高校 合格体験談

所沢市立 柳瀬中 Y.O.くん
●山手学院 東所沢
●合格校 県立川越高校、狭山ヶ丘(Ⅰ類)、錦城(進学)、拓殖第一(普通)


 私は県立川越高校に合格しました。しかし、ここに至るまでの道のりは険しいものでした。中三にの初め、私は都内の大学付属高校を目指していましたが、北辰テストでも結果は伸びずに苦しんでいました。日に日に自信を失っていくなか、山手の先生方が親身になって相談に乗ってくださり、なんとか気持ちを持ち直す事ができました。
 そして挑んだ受検でしたが、結果は不合格。自分に不甲斐なさに落ち込みましたが、そんな時も先生方は私に寄り添い励ましてくれました。そのとき、決心したたのが二週間後に迫った県立高校受検に挑戦することでした。私は大学付属高校不合格の悔しさをバネに、無理かもしれないが、前から気になっていた県立川越高校にチャレンジ受検すること決めました。
 これまで私立高校の勉強に専念してきたので、残り二週間で理科社会を仕上げるなんて無理だと思いましたが、先生方の助言や指導、高め合える仲間の存在などがあり、県立川越高校に合格することができました。
 日々、私を支えてくれた先生方には感謝しかないです。最後まで諦めずに挑戦することの大切さを学ぶことができました。

県立川越高校 合格体験談

所沢市立 柳瀬中 S.N.くん
●山手学院 東所沢
●合格校 県立川越高校、狭山ヶ丘(Ⅰ類)、大宮開成(Ⅱ類)


 私は夏休みの学校説明会に行ってから志望校を決定しました。
 私は当時、勉強時間が少なく、偏差値や内申が足りていない状態でした。そのような状態で臨んだ夏期集中特訓では、同じ志望校を目指している人たちとの差を実感しました。また、北辰テストでも良い結果は出ませんでした。
 そこで私は苦手科目である国語と理科を中心に勉強するようにしました。国語では毎日、解くスピードと正確さを意識しながら問題を解きました。理科では、用語や基礎を確認しながら問題集を解きました。また、塾の先生が補習をしてくださったり、私の質問に丁寧に答えてくださったりしました。そして、学力が伸び、志望校に合格することができました。
 私は勉強を継続することが苦手でしたが、多くの人が支えてくれたおかげで合格できたと思います。高校でも勉強を頑張りたいです。

県立川越高校 合格体験談

所沢市立 柳瀬中 S.H.くん
●山手学院 東所沢
●合格校 県立川越高校、川越東(理数)


 僕は中学校一・二年生のとき、受験はまだまだ先のことだと思っていました。それは中学三年生になっても同じで、二学期になっても特に危機感もなく過ごしていました。しかし、受験が近づき、「受験」というものが現実味を帯びてきたので、焦るように本格的に勉強を始めました。結果としては志望校に合格することができましたが、合格発表を見るまではとても不安な気持ちでした。
 受験を振り返ってみて、僕はもう少し勉強ができたと思います。受験後に解き直しをしてみても、勉強が不十分だったことがよくわかりました。これから受験をするみなさんも、僕のように受験はまだ先のことだと思っていると思います。しかし受験は必ずやってきます。今から少しずつ受験に向けて勉強をすることが大切です。勉強した量は結果だけでなく自信にもつながります。安心し自信を持って受験に臨めるように頑張ってください。

県立川越高校 合格体験談

所沢市立 柳瀬中 R.K.くん
●山手学院 東所沢
●合格校 県立川越高校、川越東(普通)


レベルの高い仲間と切磋琢磨
 僕は、中学二年生の冬期講習から山手学院に入塾しました。進路選択を始める時期だったので、この時期に山手学院に入れたことはとても良かったと思っています。
 入塾したばかりのころは、英語が苦手でした。しかし、山手学院の通常授業、講習、集中特訓、日曜ゼミでの指導のおかげで、難しい問題も解けるようになりました。
 入試当日では、得意教科でどれだけ貯金を作れるかが鍵になってきます。僕の場合は数学でしたが、数学も入塾する前は周りと同じくらいの出来でした。しかし、山手学院の授業を受けてからは、数学が楽しくなり、点数と偏差値がぐんぐん伸びました。
 国語は以前から得意だったのですが、山手学院のおかげで記述問題にも対応できるようになり、当日も落ち着いて解くことができました。
 応援してくれた家族、先生方、共に頑張ってきた友達のおかげで最後まで頑張ることができました。本当にありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

所沢市立 小手指中 J.K.くん
●山手学院 小手指校
●合格校 県立川越高校、拓殖大学第一(普通)、川越東(普通)


気持ちを切り替え、掴み取った合格
 私は川越高校に合格しました。私が山手学院に入塾したのは中三の春でした。それまでの私の偏差値は50ちょっとであったため、V1のクラスになりました。まず最初に、春期講習で、一・二年生の復習を頑張りました。山手学院の先生たちは丁寧にわかりやすく指導してくれました。また、夏期講習では、応用問題を多く解き、夏期集中特訓で偏差値が上がりました。そのあとの特進判定テストで特進クラスに合格することができました。この頃から、本格的に川越高校を目指すようになりました。九月から始めた難関公立ゼミでは難しい問題を多く解き、自分のレベルアップにつながりました。冬期講習では、難しい入試問題を多く解き、正月特訓では、同じレベルの人と競い合って、互いにレベルアップしました。ですが、一月の私立の入試で落ちてしまいました。私はとても落ち込みましたが、周りの人たちに励ましてもらい、公立入試に向けて切り換えることができました。私はそこから一か月間、理社を中心に勉強しました。社会の記述問題集や理科の問題集を活用しました。入試当日はとても緊張しましたが、気持ちでは負けないようにしました。
 私は山手学院に入塾して本当に良かったと思います。ぜひみなさんも入塾してください。

県立川越高校 合格体験談

所沢市立 狭山ヶ丘中 K.O.くん
●山手学院 藤沢校
●合格校 県立川越高校、川越東高校(普通)、城北埼玉高校(本科)


周りのサポートのおかげで
 私は小学6年生の冬期講習に山手学院に入塾しました。当時は、自分に川越高校なんてレベルが高すぎると思っていました。ただ、基礎から応用まで毎回密度の濃い授業を受け、次第に学力も上がっていき、中3の春に特進クラスに入りました。新型コロナウイルス流行の影響により、このままで大丈夫なのか不安に感じる時もありましたが、先生方の熱心な指導で、着実に学力が上がっていったと思います。
 特進クラスでは、周りに学力の高い友人が多くいました。彼らに負けないように切磋琢磨することで、自分の実力もついていきました。また、通常の授業以外にも日曜ゼミや各講習に参加し、多くの演習量を積むことができました。
 中学3年間、とても充実した生活を送ることができ、山手学院を選んでよかったと感じています。高校でも、山手で学んだことを生かし、精進していきます。そして、自分のことをサポートしてくれた先生と、私の両親に感謝しています。ありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

R.T.くん
●山手学院 藤沢校
●合格校 県立川越高校、川越東(理数科)、星野(S類特選)


人生で一番勉強した期間
 私は中学3年生の2学期の半ばに山手学院に入塾しました。その時期、私の偏差値は伸び悩んでおり、このままでは私の志望校には届かないと焦っていました。初めての塾の授業は、想像していたより何倍も難しく、特に英語の授業では単語や熟語の意味が分からず、とても苦労しました。それと同時に、今までやってきた勉強量では、他の受験生に太刀打ちできないと思い、今まで以上の勉強時間を確保するようになりました。
 その甲斐もあって、入塾して1か月後の北辰テストでは、偏差値が大幅に上がりました。しかし、これで満足してはいけないと自分を鼓舞し、日曜ゼミや冬期講習、正月特訓でも頑張りました。その結果、無事に第一志望の高校に合格することができました。
 山手学院に通った期間が、今までの人生の中で一番勉強した期間です。このような環境を作ってくださり、ありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

R.I.くん
●山手学院 藤沢校
●合格校 県立川越高校、川越東(理数科)、西武学園文理(グローバル選抜)


目標の重要性
 私は、入塾した時のクラスはV2でした。まずそこで自分の実力を知り、またこのままではダメだと感じました。
 中3で初めて北辰テストを受けた時、第一志望の川越高校の合格率は「10%」でした。ここから、勉強を生活の中心に据えることにしました。目標は変えず、自分の行動を一から見直し、多くの時間を机に向かうようにしました。すると次第と成績が上がっていき、自分のやっていることが間違っていない、という実感を持てるようにもなりました。入試当日は不安でしたが、しっかりとそれまでの成果を出すことができ、合格できました。
 私は、勉強をするときには、明確な目標や動機があると良いと思います。大きな目標を設定し、そこから逆算して小さな目標をクリアしていくと、自分が今何をすべきなのか、迷うことがありません。
 もちろん、受験勉強は1人ではできませんでした。塾の先生や友達、親からのサポートの上に、私の合格はあります。本当にありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

入間市立 藤沢中 N.Y.くん
●山手学院 藤沢校
●合格校 県立川越、川越東(理数)、聖望学園(S特進)


油断せず、やるべきことを継続しよう
 私は、中学校に入学する前の3月に山手学院に入塾し、約3年間お世話になりました。入塾したころから、川越高校に行けたらいいな、と漠然と考えていましたが、初めのうちは思うような偏差値が取れず、諦めようと思ったこともありました。しかし、どんな時でも山手学院の先生方に励ましていただき、勉強を重ねてきたおかげで合格することができたと思います。
 高校受検を通して私が学んだのは、「油断してはいけない」ということです。10月の北辰テストで良い偏差値をとり、正直少し心に余裕ができてしまい、少し気を抜いてしまったかもしれません。その影響からか、11月・12月は大きく偏差値を落としてしまいました。その後、自分を戒め、もう一度気合いを入れなおし勉強に励みました。
 受験に向かうときは、偏差値の上下に一喜一憂することなく、淡々とやるべきことを続けるべきだと感じています。
 最後に、今までどんな時でも支えてくれた家族、そして山手学院の先生方、本当にありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

H.Jくん
●山手学院 入間校
●合格校 県立川越高校、川越東高校(理数)


県立川越に行くために山手学院へ
 僕は中学3年生から山手学院に入塾しました。それまでは地元の個人塾に通っていましたが、川越高校に合格するために山手学院に行こうと決めました。
 クラスの中にはずっと前から通塾している人も多くいて、周りのレベルに追いつかなくてはという焦りを感じました。思っていたとおり、授業が始まってみると、特進クラスの周りの生徒はレベルがとても高く、自分はここでやっていけるのかと、最初はすごく不安でした。しかし、先生方が生徒一人ひとりに真摯に対応してくださり、自分に合った勉強法などを見つけることができました。
 授業外でも質問に行けばいつでも教えてくれるので、分からないまま終わるということがありませんでした。通常授業の他にも特別講座や日曜ゼミなどもあり、自信がつくまで充分に学習する環境がありました。自分を指導してくれた先生方には本当に感謝しています。山手学院に入って本当に良かったです。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 東中 K.K.くん
●山手学院 南古谷
●合格校 県立川越高校、細田学園(特進)


輝く軌跡
 私は中学校に入学すると同時に、山手学院に入塾しました。しかし、一・二年生の頃は副教科が足を引っ張り、成績はあまり良くありませんでした。だから、三年生になり川越高校を受験することに決めてからも、本当に合格できるのか少し不安でした。それでも入試当日に安心して受験できるようにするため、本格的に勉強に取り組みはじめました。
 特に五教科の中で最も苦手だった国語は、自分でも教材を購入し、読解問題を少しでも多く解くように心がけました。数学と英語も入試では学校選択問題を受験するため、苦手なところを意識して集中的に問題をこなしました。理科と社会は先生方が「理社で勝敗が決まる」とおっしゃっていたこともあり、特に力をいれて勉強しました。一・二年生の内容を、塾の教材を中心に徹底的に復習しました。
 このような準備が功を奏し、入試本番では冷静に問題に挑むことができました。これまで支えてくださった周りの方への感謝の気持ちを忘れずに、高校生活も頑張りたいと思います。ありがとうございました。

県立川越高校 合格体験談

川越市立 東中 Y.N.くん
●山手学院 南古谷校
●合格校 県立川越高校、西武学園文理(グローバル選抜)


仲間から勇気を
 私は中学三年生になったとき、受験生になったという自覚はありましたが、実際にどの高校を受験するかなど、不安がたくさんありました。また、受験する高校が決まっても、目標を高く設定したため、どのような勉強を進めたらよいかも分からずに悩んでいました。
 そんなとき、山手学院の先生方に相談にのっていただきました。先生と話すことで、自分が志望校に合格するためには、今どうすればよいかがわかり、受験勉強により集中して取り組むことができました。
 だから、困ったときは身近な先生に相談するのがよいと思います。一人で悩んでいてばかりでは、受験勉強に集中できません。多くの人が初めての受験を迎えると思います。でも、周りのみんなも不安やつらい気持ちを抱えているでしょう。周りの受験生はライバルでもあり仲間でもあります。
 その仲間と話すことで落ち着くこともあります。後輩のみなさんも、仲間とともにお互いを高めあい、受験へ向けて頑張ってください。

県立川越高校 合格体験談

さいたま市立 日進中 S.Y.くん
●山手学院 日進
●合格校 県立川越高校、川越東(普通)、城北埼玉(本科)


辛いときには
 私は、中学一年生の中学準備講座から山手学院に入塾しました。そのころは、目標もなく、あまり真剣に勉強をしていませんでした。二年生のときに高校の文化祭を見に行ったことがきっかけで、私は川越高校を目指すようになりました。それからは真剣に勉強に取り組みました。勉強していて大変だったのは、苦手教科の克服でした。私は国語が苦手だったのですが、山手学院の先生方のおかげで、苦手な国語の成績を上げることができました。苦手な国語だけでなく、他の教科の成績もあげることができました。
 受験勉強は、不安に押しつぶされそうになってつらいときもありましたが、山手学院の先生方や学校の先生、そして家族の支えや励ましもあって、無事に乗り越えることができました。辛いときには、川越高校の入学案内を見て、そこに通う自分を想像しながら勉強しました。山手学院の先生方や自分を信じて、最後まで諦めずに頑張って良かったです。

県立川越高校 合格体験談

朝霞市立 朝霞第四中 T.K.くん
●山手学院 個別スクール朝霞
●合格校 県立川越高校、川越東(理数)、星野(S類特進選抜)


メリハリと自信
 僕は中三の夏期講習から山手に通い始めました。塾で予習をすることで学校では落ち着いて学ぶことができました。また、先生方から答えではなく解き方を中心に教えてもらったので、いろいろな問題に応用することができました。そこからは、自習をするときも解き方を理解することを意識できるようになりました。
 僕が受験生活で心がけていたことは、メリハリと自信です。集中できないときは早く寝るなど、自分の中でルールを決めておくとこで、切り替えが早くなり、集中する時間が増えたと思います。また、自分はできると思うことが大切だと思います。不安になりながら勉強しても意味がないと気づいたからです。
 塾で学んだことをこれからも生かしていこうと思います。ありがとうございました。

2020年