県立所沢北高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2022年

●川越市立 富士見中 O.S.さん
●山手学院 川越本部校
●合格校 県立所沢北(普通科)、星野(共学部)(α選抜コース)


心の支え
 山手学院川越本部校に私は中学2年生のときに入りました。最初の頃は成績が伸び悩んでいましたが、先生方の手厚いサポートのおかげで少しずつ伸びていきました。私は理数系が苦手だったのでわからない問題がたくさんありました。だから日曜日の勉強会などでその都度質問をさせていただき、少しずつ理数系がわかるようになっていきました。どんなに忙しくても、先生方は質問を聞いてくださったり、質問できる時間をとってくださりました。そして、一緒に勉強した仲間が本当に心の支えになり、塾の日々も楽しい思い出となりました。
 受験本番の日も心と体を大事にすることが大切になると思います。先生方、これから受験する方たち、ぜひお体を大事になさってください。ありがとうございました。

●川越市立 川越第一中 K.Mさん
●山手学院 川越本部校
●合格校 県立所沢北(普通科)、狭山ヶ丘(Ⅰ類)


自習の大切さ
 私は、中学2年生の夏に入塾しました。入塾した当初は、自習室をあまり利用しておらず、あまり成績が伸びませんでした。しかし、3年生になってから、自習室を多く利用するようになり、成績が伸びました。自習をすることで、自分の苦手なところが分かり、苦手な教科を減らすことができました。
 先生方が分かりやすく勉強を教えれくれたおかげで、第一志望校に合格することができました。多くの講習や質問対応などの手厚いサポートをしていただいたことで、学力を向上させることたできました。山手学院に入塾して本当に良かったと思います。

●川越市立 野田中 O.K.さん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立所沢北(普通科)、大宮開成(特進選抜Ⅰ類コース)


諦めずに勉強できた
 私は、中学2年生の冬に入塾しました。それまでは習い事に時間を費やしていましたが、受験を意識し始める時期になったので、大好きな習い事を辞めて入塾することを決めました。
 私は山手学院で、諦めずに勉強することの大切さを学びました。受験の3か月前くらいになると自習室を活用してたくさん勉強するようになりました。分からないところは何でも先生に質問し、復習を徹底的に行いました。自習室はとても静かで集中できる環境であり、先生方も私が理解するまで分かりやすく教えてくださいました。直前の北辰の結果が良くなくて落ち込んでいるときも、「諦めずに頑張れば大丈夫。」と励ましてくださったので、最後まで頑張ることができました。第1志望校に合格するために一生懸命勉強したので、達成感がありました。一緒に勉強してくれた仲間や支えてくれた家族、たくさんのことを教えてくださった先生方に感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

●朝霞市立 朝霞第二中 N.M.さん
●山手学院 朝霞台校
●合格校 県立所沢北(普通科)、細田学園(特進コース)


やりきることで合格に近づく
 私は志望校に合格することができました。合格発表で自分の番号を見つけたときの喜びはとても大きかったです。今までの「受験生」としての生活を振り返ると大変だったなと思いました。また、いつもよりも時間が過ぎるのがあっという間で、早かったなと思いました。私は部活動を見て、高校を選びました。1月の終わりごろ、このままだと厳しい戦いになると先生に言われましたが、私は志望校を変えずに必死に勉強しました。塾の先生も私の質問したところや苦手なところをすべて教えてくれたので、分からないところは1つもなく入試会場へ行くことができました。自分の力をすべて出し切ってテストを終えることができました。合格という結果を得られたのも、たくさんの人のサポートがあったからだと思います。感謝の気持ちを忘れずに高校生活を送ります。

県立所沢北高校●新座市立 第二中 U.H.くん
●山手学院 志木校
●合格校 県立所沢北(普通科)、大宮開成(特進選抜Ⅰ類コース)


自信を持って臨めた受験
 僕は、中学2年生のときの夏期講習から山手学院に通い始めました。当時の学力はあまり高くなく、部活に専念していたこともあって、勉強に身が入りませんでした。しかし中学三年生になって、夏期講習や集中特訓などの様々な講習を受けにいくにつれ、自分の学力に自信を持つことができ、受験生としての自覚をだんだん持つようになっていきました。また、その講習などの際には、分かりやすくて面白い説明をしてくれたり、裏技的なものを教えてくれたりと、楽しく、そして効率が良い勉強をすることができました。
 今の自分があるのは、このような山手学院の先生が行ってくれた手厚いご指導のおかげです。本当にありがとうございました。

県立所沢北高校●新座市立 第二中 S.H.くん
●山手学院 志木校
●合格校 県立所沢北(理数科)、川越東(普通コース)


山手での成長
 僕は今、山手学院に感謝しかないです。
 僕が山手学院に入塾したのは中2の冬ごろでした。最初は偏差値が60しかなく、志望校もC判定ばかりでした。しかし、山手学院の先生たちの分かりやすく、取り組みやすい授業のおかげでメキメキ実力がついていき、受験前最後の1月の北辰では偏差値68と、自分の中で最高の結果をだすことができました。山手学院のおかげでたった1年で成績を大幅に上げられました。受験本番のときも今まで山手学院で培ってきたことを生かし、落ち着いて受験し、無事第一志望校に合格することができました。
 僕がここまで成長することができたのは、山手学院のおかげです。僕は今、本当に山手学院に入塾してよかったと思っています。山手学院には感謝しかないです。今まで僕のことを支えてくださった山手学院の先生方、本当にありがとうございました。

●ふじみ野市立 大井西中 K.H.さん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立所沢北(普通科)、星野(女子部)(文理特進コース)


仲間の存在と強い志
 私は受験の約一年前の春期講習から入塾しました。当初から所沢北高校を目指していましたが、最初の北辰では努力圏でした。
 少しずつ成績は伸びていましたが、10月の北辰で急に数学の偏差値が下がってしまいました。元々苦手教科だったため、どうしたらよいか分からなくなってしまいました。その時、山手の先生が親身になって相談に乗ってくれました。先生のアドバイスに従い、基礎を徹底したことで、数学の偏差値が上がり、無事に所沢北高校に合格することができました。
 1年間、辛いことや苦しいことばかりでした。それでも最後まで頑張れたのは家族の支えや山手の手厚いサポート、そして志望校への強い憧れがあったからです。新3年生の皆さん、「絶対にこの高校に行くんだ!」という強い意志を持ち、最後まで諦めずに頑張ってください。応援しています。

●ふじみ野市立 大井中 K.A.さん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立所沢北(普通科)、星野(女子部)(Ⅲ類特進選抜コース)、山村学園(特別選抜SAコース)


急成長の秘訣
 私は中学3年生の春に山手学院に入りました。1年間で私が最も成長した時期は夏休みです。私は中学1年と2年であまり勉強をしてこなかったため、基礎がおろそかになっていました。しかし、夏期講習で基礎を学び直したため、夏休み以降成績が急激に伸び始めました。夏休みに分からない問題をたくさん教えてくださった先生方には感謝でいっぱいです。
 私が一番苦手だったことは、切り替えをすることです。前まではテストでよくない点数をとるとずっとそのテストのことばかり考えてしまっていました。しかし、過去問を解きながら切り替えの練習をすることで、入試本番では良くできなかった教科のことを忘れて、一生懸命に取り組むことができました。このように受験勉強では多くのことを学ぶことができ、充実した1年間になりました。

●川越市立 砂中 S.R.さん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立所沢北(普通科)、山村学園(特別選抜SAコース)


意志の強さの大切さ
 発表前は、正直あまり自信はありませんでした。というのも、公立入試直前の北辰でC判定を取ってしまい、それから本番までの間のモチベーションをうまく保つことができなかったからです。
今では自分の行きたいと思った高校に合格できて本当にうれしいです。私が受験を通して学んだ事は人に左右されないことの大切さです。私は周りの人と同じことをしていないと落ち着かない性格で、「これをやろう」と思っていても周りの人が違うことをしているとすぐに自分の意思を曲げてしまっていました。
 自分の弱点を一番よくわかっているのは自分なので、学力を向上させるためには自分のやるべきことをしっかり把握して、人に左右されずに取り組むことが大事だと思いました。
 また、私はわからない問題があると一人で解決しようとすることが多かったのですが、「受験は団体戦」というように、先生や友達に積極的に質問することも大切です

県立所沢北高校●川越市立 川越西中 S.T.くん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立所沢北(理数科)、川越東(普通コース)、城北埼玉(本科コース)


決してあきらめない
 「決してあきらめない」この言葉は受験をする中でとても重要だと考えます。
 自分が勉強をしていると何度も志望校をあきらめそうになりました。北辰テストで悪い点数をとったときや、なかなか勉強が進まないとき。しかし、そのときに何度も「決してあきらめない」と心の中で唱えました。すると謎の力が湧いてきます。勉強するための手がどんどん動く。頭に入ってくる。不思議な力を得られました。そんな中、一番心が折れそうになったのは、本番の昼食の時間です。自分の年度は数学と社会が難しく、昼食は本当はおいしいのに、おいしく感じませんでした。そんななか救ってくれた言葉があります。「決してあきらめない」この言葉が自分の心の支えでした。山手学院は受験に役に立つ内容を一年生から教えてくれました。1・2年生からしっかり復習することも大切です。

●鶴ヶ島市立 藤中 I.M.さん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立所沢北(理数科)、星野(女子部)(文理特進コース)、山村学園(特別選抜SAコース)


意欲を持つことができた
 私が所沢北高校を第一志望にしたのは中学3年生の冬でした。それまでは市立浦和高校や川越女子高校などの高校と迷い、明確な目標を立てることができませんでした。しかし、冬休み中に受験後の自分に必要なことを考えると、所沢北高校の理数科が自分に合っているとわかり、志望しました。それに対して1月北辰ではC2判定を出してしまいました。そんな私を合格に導いてくれたのが山手学院です。
 私が山手学院に入塾したのは、中学三年生の春期講習です。まだ習っていない範囲もありましたが、先生方のわかりやすい授業によって、理解することができました。定期テストでも、勉強の成果が出て順位を上げることができ、それを受験に活かすことができました。入試直前には過去問での合格判定でA判定を取れたことにより、勉強への意欲も上がり、本番までやりきることができました。山手学院のおかげで志望校合格ができました。ありがとうございました。

●川越市立 川越西中 S.R.さん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立所沢北(理数科)、西武学園文理(グローバル選抜コース)


行きたかった理数科に
 私が山手学院に通い始めたのは、中学1年生の春期講習からです。そのころは家庭学習の習慣がなかったので、普段の学習は塾の授業に支えられていました。
 私は理科が好きで、高校の理数科に興味がありました。しかし、数学に関しては心配なところがあり、倍率も高かったので、普通科と理数科で迷っていました。
 不安が多かったのですが、塾の授業で演習を繰り返すうちに数学の成績も少しずつ良くなりました。先生に励ましていただき、数学も少し自信がついて、理数科を受検するという決断ができました。
 周りの人々の支えによって合格できたのですが、その中でも塾の先生方の力は大きかったと思います。
 山手学院で学ぶことができて本当に良かったです。ありがとうございました。

県立所沢北高校●川越市立 霞ヶ関東中 N.R.くん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立所沢北(普通科)、川越東(普通コース)


真剣に向き合ってくれる塾
 僕はこの山手学院に通うまで偏差値が伸び悩んでいましたが、通ってからは先生たちの熱意のこもった授業により大幅に偏差値を上げることができました。また高校を選ぶときは両親と同じくらい真剣に向き合ってくれました。そして偏差値が下がってしまった回があっても「気にしないで、前を向いて志望校を一緒に目指していこう」と先生は僕に励ましの言葉をかけてくれました。このように山手学院は生徒一人ひとりと真剣に向き合ってくれる塾でした。そのため僕は合格することができました。入塾する当初は不安と心配でしたが、今は入塾して良かったと自信をもっていうことができます。今まで本当にありがとうございました。高校部でもがんばります。これからもよろしくお願いします、山手学院!

県立所沢北高校

●坂戸市立 坂戸中 K.R.くん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立所沢北(普通科)、山村学園(特別進学ELコース)


理科社会の重要性
 僕は山手学院に入って本当に良かったと思っています。山手学院の先生たちは、とても熱心に勉強を教えてくれるとても良い先生たちだと思います。また、丁寧に教えてくれるので、とてもわかりやすいです。
 僕は、はじめ所沢北の合格判定がCでした。僕は理社の偏差値が低かったのですが、先生の指導を受けてコツコツ勉強することで、偏差値を10上げることができました。それにより、5教科の偏差値も上がり、最終的には判定がAになりました。また、難しい問題が少しずつ解けるようになり、勉強が楽しいと感じるようになりました。これからも気を抜かずに、しっかりと勉強してこれまで習ってきたことを高校の勉強に生かしていけるように頑張りたいです。本当にありがとうございました。
 最後に、受験生になるみんなには、最後まで自分を信じて勉強してほしいです。今まで積み重ねてきた努力はきっと自分を合格に導いてくれます。自分を信じて最後までやりぬいてください。

県立所沢北高校●坂戸市立 千代田中 Y.K.くん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立所沢北(普通科)、城北埼玉(本科コース)、山村学園(特別選抜SAコース)


弱点を克服しよう
 私は北辰テストの偏差値は足りず、内申点も高くなかったので初めは不合格になると思っていました。しかし、合格するために塾の過去問演習会に積極的に参加し、自分のできていない部分の分析と対策を行いました。特に国語と英語の作文は何回も繰り返し練習しました。理科や社会は比較的得意であったので、点数の取りにくい記述問題や計算問題など重点的に勉強することで点数を伸ばすことができました。
 私は本番に弱く、いつも北辰テストや定期テストなどで空回りしてしまっていたのですが、先生方や友達からの激励のおかげで自信を持てたので合格できました。

県立所沢北高校●狭山市立 中央中 K.H.く
●山手学院 狭山校
●合格校 県立所沢北(理数科)、川越東(普通コース)、星野(共学部)(S類特進選抜コース)


一年間を終えて
僕は山手学院に来る前は、成績が伸び悩んでおり、思うように結果が出せていませんでした。しかし、入ってから徐々に成績が伸び始め、北辰テストで偏差値70をとれるまでに成長することができました。特に、国語、数学は入塾前に比べ、かなりできるようになりました。問題演習や過去問を中心に、熱心に解法や注目すべきポイントを教えてくださったので、復習時に分かりやすく、覚えやすかったです。おかげで、ずっと志望していた高校に合格することができました。受験生の皆さん、時間はあるようでないです。焦らず、落ち着いて頑張ってください。

県立所沢北高校

●狭山市立 狭山台中 H.H.くん
●山手学院 狭山校
●合格校 県立所沢北(普通科)、川越東(普通コース)


合格できた要因
 僕は、三年生の夏期講習からの入塾で、約半年間お世話になりました。最初のうちは周りも知らない人ばかりだし、特進クラスというレベルの高い中でやっていけるか不安だったけれど、授業を進めるごとにだんだんと慣れていきました。
 僕は数学が苦手で山手学院に入る前までは何となく解けたということが多かったのですが、入った後は問題を解くための方針の立て方を学んだことで、理解して解けたという問題が多くなり、自分に自信がついていきました。また、毎週の日曜ゼミも合格できた大きな要因だったと思います。レベルの高い教材での演習と要点のまとまった解説で難しい問題も解けるようになりました。さらに2週間に1回行われる確認テストでは参加者の中で順位が出るので、自分の立ち位置や、苦手なところがよくわかり、より勉強が効率的にできるようになりました。この山手学院に入って自分の学力は確実に上がりました。ありがとうございました。

県立所沢北高校

●狭山市立 山王中 Y.H.さん
●山手学院 狭山校
●合格校 県立所沢北(普通科)、錦城(進学コース)


山手の良かったところ
 私は山手学院に入ってよかった点が2つあります。1つ目は、夏と冬の集中特訓です。集中特訓では北辰偏差値や志望校が同じ人が集まって勉強するため、とても刺激的でした。ライバルの姿を見て、より頑張ろうとやる気がでました。先生方の教えもわかりやすく、私は集中特訓の後の北辰では偏差値が大きく伸びました。普段の授業と比べ、短期間で、すごく充実した勉強をすることができ、やってよかったです。
 2つ目は、先生方とのコミュニケーションです。先生方の熱意とかけてくださった暖かい言葉には本当に助けられました。私の北辰の偏差値が上がらず悩んでいた時は、的確なアドバイスを下さり、受験前で不安な時は優しく声をかけていただき安心しました。
 集中特訓や先生方の熱心な指導のおかげで私は合格することができました。山手学院に通ってよかったです。ありがとうございました。

県立所沢北高校●所沢市立 所沢中 S.Y.さん
●山手学院 所沢西口校
●合格校 県立所沢北(普通科)、西武学園文理(グローバルクラス)


自分に打ち勝て!
 僕は、山手学院生として無事第一志望校に合格することができました。今まで手厚く指導してくださった先生方、本当にありがとうございました。
 僕は、中学校3年生の夏ごろから山手学院に入塾させていただきました。入塾する以前は、成績が思うように伸びず、北辰テストではもちろん、自分の第一志望校でA判定を取ったことが一度もありませんでした。しかし、山手学院に入塾してからは学校の成績も向上し、北辰テストでもA判定を取れるようになりました。その後も、夏期講習、冬期講習と必死に勉強を続け、念願の所沢北高校に合格することができました。
 受験を終えた今だからこそ言えることは、最後の追い込みが大切だということです。日々の勉強もそうですが、やはり最後の頑張りによって、合否は大きく左右されると思います。受検当日、僕は得意科目の社会だけは、一人優越感に浸って問題を楽しみながら解いていましたが、苦手科目の数学と英語に至っては、苦しみながら問題に向かっていました。落差がすごいですね(笑)。それでも大きなミスもなく、手堅く点数を取ることができたのは、受検前に過去問をひたすら解きまくる「最後の追い込み」をやったからだと思います。
 受検を制する人は、自分に厳しい人だと思います。自分にどれだけ打ち勝てるかで、結果は大きく変わります。今、存分に苦しんで、最後、笑っちゃってください(笑)。

県立所沢北高校●所沢市立 南陵中 T.S.さん
●山手学院 所沢西口校
●合格校 県立所沢北(普通科)、山村学園(特別進学ELコース)


成長の1年
 私が山手学院に入塾したのは、中学3年生の春でした。学校の成績が悪くなってきて、塾を悩んでいた私は、友人に誘われ、春期講習に参加しました。しかし、講習で目の当たりにしたのは、周りとの明らかな差と、自分の能力の低さでした。特に英語では、最初の総復習テストで、自己最低点を取り、当時の私は所沢北高校を目指せるような状況ではありませんでした。
 その後、本格的に山手学院に入塾しました。特進クラスで授業を受けていた私は、周りについていくだけで精一杯でした。しかし、自分より学力の高い人たちに囲まれて勉強したことで、得るものがたくさんあり、今思えば、特進クラスでよかったと心から思います。学校の成績は、定期テスト対策授業や通常授業によってだんだんと向上し、内申点もかなり上げることができました。また、ボロボロだった英語は入塾してから物凄く伸び、英検準2級を取得することができました。英作文や面接など実践の形での手厚いご指導と、英語が楽しいと思えるようになった、内容の濃い授業のおかげだと思います。
 講習や集中特訓、日曜ゼミなど、忙しくて大変で、不安で、悩むことも多々ありました。それでも第一志望校に合格できたのは、紛れもなく、全ての教科において、分からなくても分かるまで熱心に丁寧に、時には面白くご指導して下さった先生方のおかげです。自分自身でも、成長したと感じることができました。山手学院で学ぶことができて本当に良かったです。

県立所沢北高校

●所沢市立 所沢中 G.A.さん
●山手学院 所沢西口校
●合格校 県立所沢北(普通科)、白梅学園(特別選抜コース)


ラストスパート!
 私は小学4年生の冬から山手学院に入塾させていただきました。小学生の頃は、勉強に興味もなく、塾で出された宿題は、直前にやるか、やらないかの二択しか頭にありませんでした。しかし中学校に入ると、山手学院の授業のスピードも上がり、周りについていくことができなくなってきました。その悔しさがあったから、私は自分から勉強に取り組むようになりました。
 私は、中3の9月ごろまで部活があったこともあり、志望校を決めたのは11月頃でした。周りと比べてスタートが遅れてしまったこともあり、焦る気持ちとともに始まった受験勉強でした。夏休みに勉強をすることができなかった分、北辰テストや日曜ゼミのテスト結果はどんどん下がっていき、成績が伸びることはありませんでした。それでも、勉強をすることはやめずに、学校からそのまま塾に来たり、授業後に残って自習をしたりして、すき間時間を見つけて勉強を続けました。そして年明けの北辰テストでは、今までで一番良い成績が取れ、日曜ゼミのテスト結果も上がり、自信を持つことができました。
 受験を通して、改めて継続することの大切さを知ることができました。周りに支えてくれる仲間、先生方がいたからこそ、この半年間を乗り越えられたのだと思います。
 約5年間、たくさん迷惑をかけましたが、最後まで丁寧にやさしく教えてくださり、本当にありがとうございました。

県立所沢北高校

●所沢市立 所沢中 M.M.さん
●山手学院 所沢西口校
●合格校 県立所沢北(普通科)、狭山ヶ丘(Ⅰ類)


感謝
 私は小学5年生の冬期講習から山手学院に通い始めました。私は数学が特に苦手でした。その数学を克服するために個別指導も受け、徹底的に苦手を克服するために頑張りました。入試前には英語の個別指導も取りました。第一志望校の私立高校の推薦入試は、当日の入試点が合否を大きく左右する学校でした。合格のために頑張ったのですが、残念ながら第一志望校の結果は不合格でした。一般入試で再チャレンジをするか、第二志望の県立高校に切り替えるか悩みました。山手学院の先生や両親と相談して、県立高校合格に切り替えることにしました。入試までの1ヶ月で徹底的に理社を固めました。私立高校入試で不合格となったときは落ち込みましたが、ここまで頑張ってこれたのは学習面や精神面で支えてくださった山手学院の先生方のおかげです。最後の最後まで丁寧に指導して下さった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

県立所沢北高校

●所沢市立 南陵中 T.A.さん
●山手学院 所沢西口校
●合格校 県立所沢北(普通科)、拓殖大学第一(特進コース)


秘訣は「シツ」と「スイミン」!
 私は中学3年生の春から山手学院に入りました。はじめの頃は、他のみんなより勉強に遅れが出ていて不安などがありました。私が志望校を決めたのは、11月の北辰テストの結果が良くなってからでした。それまでは「受験」という実感があまりなく、やる気も正直ありませんでした。しかし、自分の行きたい高校が決まってから、勉強に対する意欲が高まりました。勉強をしようとしても、家ではだらけてしまっていましたが、山手学院は私に受験に対する心構えや危機感を教えてくれる場所だったので、塾に行くと、絶対受かってやる、と思えます。私は英語と数学が特に苦手だったのですが、わかりやすい授業のおかげで好きになれました。最後の1ヶ月は、理社を固めました。
 これから受験を迎える人には、量より質という考えと、睡眠を大切にしてほしいです。部活や学校で忙しいかもしれないけど、日ごろから30分程でも集中して、勉強をする習慣をつけ、たくさん寝るといいと思います。

県立所沢北高校

●所沢市立 中央中 T.Y.さん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立所沢北(普通科)、錦城(特進コース)、星野(女子部)(文理特進コース)


転塾して素晴らしい環境に巡り会えた
 私は、1年生のときは個別指導の塾に入っていました。2年生になり、集団塾でどのくらいの位置にいるのか知りたくて、山手学院に入塾しました。それまではマイペースに勉強していましたが、集団塾に入ると周りの人についていこうとしっかり勉強することができました。
 受験が終わった今、私が思うことは2つあります。1つ目は、内申があれば志望校選択も幅が広がり、当日の試験もゆとりを持って取り組めるということです。内申を取り続けることができたのは、山手学院の先生方がテスト対策を毎回行ってくださったからだと思います。また、私の苦手な部分は、課題を出していただいたことにより克服することができました。
 2つ目は、集中特訓や日曜ゼミなどにしっかりと取り組むことが大切だということです。講習では難しい問題をたくさん解きました。分からなかった問題は後日先生に聞いて最後まで理解するようにしました。そのおかげで、違うテスト等で似たような問題が出たときには解けるようになりました。
 最後に、いつも励ましてくれた先生方、一緒に勉強した友達、本当にありがとうございました。

県立所沢北高校

●所沢市立 小手指中 S.K.くん
●山手学院 小手指校
●合格校 県立所沢北(普通科)、城北埼玉(本科コース)


先生たちのおかげで
 私は2年の夏に山手学院に入塾しました。はじめは授業のスピードに困惑していましたが、日が経つにつれて慣れていき、自分の能力の向上が結果に現れてきました。それは、先生方が授業の後にわかりやすく解説してくれたり、自分の中で周囲の人たちに負けないように闘争心を燃やしたりしたからです。特に先生方の長年の知識からのアドバイスはとても役に立ちました。
 全体でみると、私の点数は向上しました。しかし、入試前の最後の北辰テストで、過去最悪の点数を取ってしまい、志望校へ合格する自信を喪失してしまった時がありました。そんな時私を救ったのは、今までやってきた授業のことや、先生の言葉でした。下を向いてもすぐに上を向くことができるのが、山手学院です。先生達は優しく、授業の質もとても良いです。私はこの山手学院に入ってとても良かったと、自信を持って言えます。ありがとうございました。

県立所沢北高校

●所沢市立 狭山ヶ丘中 E.A.さん
●山手学院 小手指校
●合格校 県立所沢北(普通科)、星野(女子部)(Ⅲ類特進選抜コース)


内申点の重要性
 私は中1の春期講習から山手学院に通い始め、この春に無事所沢北高校に合格することができました。
 私は受験を終えた今、内申点の大切さを感じています。中1、中2の時は内申点のことをなめていたと思います。中1、中2の時は、定期テストの二週間前以外はほぼ勉強しておらず、遊んでばかりいました。そのため、内申点も納得のいく数字が取れていませんでした。本当にもったいないことをしていたなと反省しています。中3ではやっとやる気を出して勉強し始めたものの、結局高い内申点をとることができず、内申点という不安要素を抱えたまま入試本番を迎えることになってしまいました。このような後悔をしないためにも、これから受験を経験する皆さんには内申点を少しでも多くとることを心掛けてほしいと思います。
 最後になりますが、今までお世話になった山手学院の先生方本当にありがとうございました。

県立所沢北高校

●所沢市立 北野中 T.M.さん
●山手学院 小手指校
●合格校 県立所沢北(普通科)、狭山ヶ丘(Ⅱ類)


わかりやすい授業
 3年間、山手学院に通ってよかったです。1年生のときは理社、2年生のときは数英、3年生では英数国の授業を受けさせていただきました。どの教科の授業もわかりやすく、日々少しずつ学力が上がっていくことが実感できました。英語の授業では問題演習の解説時に単語などの新たな知識をたくさん得ることができました。数学の授業では、問題が難しいもののときでも、先生の丁寧で分かりやすい解説により、理解することができました。国語の授業では、問題の解説時に、答え合わせをするだけでなく、考え方を説明することで問題に対する理解をより深めることができました。また、学校の定期テスト前の対策講座では、テスト範囲に関する様々な問題に触れて授業が行われ、とても役に立ちました。山手学院の先生の皆さん、3年間お世話になりました。ありがとうございました。

県立所沢北高校●入間市立 東町中 M.C.さん
●山手学院 入間校
●合格校 県立所沢北(普通科)、狭山ヶ丘(Ⅰ類)


やりたいことのために
 私は中学2年生の頃から山手学院に通い始めました。受験も近づいてきたし、友達も通っていたので、自分の中には大きな理由もなく入塾しました。私は将来何かしたいことや行きたい高校もなく、定期テスト前に勉強するぐらいで、あまり勉強しているとはいえない毎日を過ごしていました。そんな中で、一つだけやりたいことが見つかりました。野球部のマネージャーです。そこから志望校を所沢北高校に決めて、必死に勉強し始めました。受験前には、山手学院に週5日通い、早く抜け出したいと苦しいときもありました。でもそんなときに、一緒に通う友人や山手学院の先生方の丁寧な指導のおかげで乗り越えることができました。最後に所沢北高校に合格することができ、本当によかったと思います。今まで本当にありがとうございました。

県立所沢北高校

●川越市立 東中 T.H.くん
●山手学院 南古谷校
●合格校 県立所沢北(普通科)、川越東(普通コース)


楽しさも誇りに
 小学3年生から入った山手学院での様々なできごとは、僕の人生を変えたといっても過言ではありません。僕は、この塾で勉強だけではなく、個性豊かな先生方や、共に高みを目指して切磋琢磨し、時に支え合ってきた仲間との出会いなど、いくつもの忘れられない経験をすることができました。思えば、この出会いたちが僕の高校受験を「楽しいもの」に変えてくれたのかもしれません。やりたいことが見つからず、志望校がなかなか決まらなかったときも、先生は面談を通して的確なアドバイスをしてくれました。また、思うように成績が伸びなかったときも、同じ目標を目指す仲間と励ましあって乗り越えてきました。この塾で過ごした多くの日々は、どれをとってもかけがえのないもので、まさに青春でした。つらいときや苦しいときもありましたが、振り返ってみると、なんだかんだで楽しかったと思える受験生生活でした。この経験は、これからの僕の人生を豊かに彩ってくれることでしょう。三年後に待ち受ける大学受験も、高校受験を乗り越えたという誇りを胸に、突破していきたいと思います。両親や塾の先生、そして僕の受験に関わったすべての方々、今まで本当にありがとうございました。