県立所沢北高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2021年

M.Y.さん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 所沢北(普通)、星野(文理特進)、山村学園(特別進学SA)、大宮開成(特進選抜Ⅱ類)


山手学院に入塾して良かった
 私が山手学院に入塾したのは、中学2年生の秋でした。学校の授業を先取りした山手学院の授業を受けた後に、学校の授業を受けたことで、学習内容をしっかり理解することができ、定期テストの点数も上がり、内申点も上げることができました。また、志望校が決まった中学3年生になったころは、成績に不安を感じていましたが、難関公立ゼミの問題や、授業で配られた入試対策プリントの問題を解くことで、実力をつけていくことができました。特に、難関公立ゼミの問題は、自分の苦手な単元を見つけることができ、苦手を克服するのにとても役立ちました。
 私が合格できたのは、山手学院の授業を受けたり、教材を使ったことで成績が上がったからだと思います。山手学院に入塾して良かったです。

県立所沢北高校

日高市立 高萩北中 K.Mくん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立所沢北高校(理数科)、城北埼玉高校(本科)


楽しくてかつ頑張れる山手
 僕は、中2の冬期講習から山手学院に入塾しました。
 同じ学校の人がいなくて最初は緊張しましたが、徐々に友達ができてとても楽しかったです。
 授業では、笑えるところが時にあり、楽しく勉強ができていたので本当に山手学院に来て良かったなと思いました。
 山手に来た当初は英語ではプリントの3分の2が間違うくらいできませんでした。
 しかし、授業を受けたり自分で勉強したりして、初めのときからとても成長できたと思います。
 中学3年生の1年間で普段の授業や講習、ゼミなどからたくさんの刺激をもらい勉強を頑張れたことが、合格の要因だと思います。本当に先生には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

坂戸市立 千代田中 H.A.さん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立所沢北高校(理数科)


山手学院に感謝
 私は所沢北高校を受験して無事合格することができました。受験の日まで山手学院の先生方に支えていただきました。私が山手学院に入塾したのは小学5年生です。はじめは緊張していましたが、先生がとても優しかったので学びやすかったです。山手学院は三月から次の学年の勉強をはじめるので、学校の授業は受けやすかったです。定期テスト対策がありましたので、定期テスト勉強もしやすかったです。中学三年生になったばかりの頃は何をどのように勉強したらよいのかわかりませんでした。二学期の途中で理科、社会の成績が良くなかったので悩んでいました。理科は考えて解く問題は得意でした。先生のアドバイスは、しばらく難しい問題を解くのではなく基礎を暗記する努力を徹底するようアドバイスをもらいましたのでひたすら暗記しました。社会は先生の課題をひたすら解きました。その結果、理科、社会の成績が上がりました。他の教科もわからない問題の質問対応をしてくれました。山手学院に入ってよかったです。

県立所沢北高校

坂戸市立 浅羽野中 T.H.くん
●山手学院 坂戸校
●合格校 県立所沢北高校


成長を実感
 僕は中学1年生の春から山手学院に通い始めました。当時の僕は英語が苦手で学校のテストであまり点数が取れませんでした。しかし、山手学院で丁寧に親切に教えてもらったことで勉強が好きになり、テストの点数も上がっていきました。
 同じくらいのレベルの人と一緒に授業を受けることでとてもいい刺激になり自分のモチベーションがとても上がりました。
 塾で日々勉強していくことで自分の成長を感じることができました。山手学院に通って本当に良かったです。

狭山市立 入間野中 U.T.さん
●山手学院 狭山校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、狭山ヶ丘(Ⅰ類)、錦城(進学)


合格への後押し
 山手学院はとても雰囲気の良い塾でした。私は個別と集団のどちらの授業も受けていたため、より山手学院の環境の良さを感じられたように思います。個別では自分の苦手を潰せることはもちろん、常に自分に気を配って下さる先生がいたので間違いをそのままにせず、学習を進めることができました。集団では同じくらいの学力を持った生徒でクラスが編成されていたこともあり、ある程度競争心が芽生え、自然と集中して授業を受けられる空間となっていました。どちらにおいても自分に良い刺激を与えてくれたことは、確実に合格への後押しになっていたと感じます。山手学院の先生は生徒一人一人に真摯に向き合い、共に目標に向かって走って下さる、そんな信頼のおける先生ばかりです。その先生方に囲まれながら質の高い授業を受けられたことが何よりも心の支えであり、着実に学力を上げられた理由だと思います。中学校でこの経験をし、人生の糧にできて良かったです。

狭山市立 山王中 A.K.さん
●山手学院 狭山校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、星野高等学校(Ⅲ類)


山手学院で得たもの
 私が山手学院に入って良かったと思うことは二つあります。一つ目は、山手学院に入って演習量が増えたことです。特に国語では、長文の問題を解く回数が多くなったことで、様々な問題に触れることが出来ました。それによって、長文を解くことが前よりも得意になったと思います。
 二つ目は、自習室で集中して勉強できたことです。家で集中して勉強できないときに、よく自習室に行っていました。自習室で勉強すると、途中で分からないところがあっても、先生方に質問することが出来るため,内容をより理解できると思いました。質問に丁寧に答えてくださった先生方のおかげでたくさんのことが分かるようになりました。

狭山市立 入間野中 M.C.さん
●山手学院 狭山校
●合格校 県立所沢北高校(理数科)、狭山ヶ丘(Ⅱ類)


先生とのコミュニケーション
 私は中学三年生から山手学院に通い始めました。三年生になったばかりの頃は「受験生」という自覚があまりありませんでした。そんな私を山手の先生方は「受験生」へと少しずつ切り換えて下さり、自然と勉強への意欲が高まっていきました。休校期間中は、授業動画と少人数の授業により、学習が遅れてしまうといった不安はありませんでした。山手のテストや北辰テストを受けるうちに志望校が定まっていきました。最終的に県立高校二校に絞られました。その二校でとても迷いましたが、先生方は最後まで相談に乗って下さいました。年が明け正月特訓が終わり県立高校入試一ヶ月前、私はかなりあせっていました。今までたくさん勉強して本当に頑張ってきましたが、心配性の私の気持ちは沈んでいきました。しかし、先生方が私を元気づけて下さいました。「大丈夫」と言って下さった先生方に何度も何度も救われました。先生方が言って下さったことを紙に書き、入試当日持っていきました。あまり緊張せず、自分に自信を持って受けることができました。そして、私の一番行きたい高校に合格することができました。先生方に合格を報告したとき、一緒に喜んでくださいました。本当に嬉しかったです。
 山手に入って本当に良かったです。先生方と不安なことも嬉しかったこともどんなことでも話せたことが一番良かったと思います。私はよく授業終わりにカウンターで先生方とたくさん会話をしていました。本当に楽しかったです。一年間お世話になりました。本当にありがとうございました。高校生活を思い切り楽しみたいです。

県立所沢北高校

所沢市立 東中 S.E.くん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立所沢北高校(理数科)、川越東(普通)、狭山ヶ丘(Ⅱ類)


二つの対策
 僕が、所沢北高校の理数科に合格するために行ってきたことを二つ紹介します。
 一つ目は、休憩時間に何をするかです。テレビやスマホに触れたくなかった僕は、文系教科と理系強化を交互に勉強するという対策をとっていきました。つまり、文系教科を勉強したら、休憩として理系教科を勉強するということです。この方法を始めてから、僕は効率よく学習することができるようになりました。
 二つ目は、苦手教科の対策です。僕は特進クラスに在籍してはいましたが、クラスの中で圧倒的に国語ができませんでした。先生方にたくさんの助言をもらい、僕は国語の対策をたくさんしてきました。その中で心がけたことは、解答だけでなく解説を中心にしっかりと見直しをするということです。
 僕はこれらの対策をとり、熱心に勉強を続けた結果、第一志望に合格できました。今年はレベルが高いと聞いていたので、気をゆるめないようにしていきます。

所沢市立 南陵中 E.N.さん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立所沢北高校、山村学園(文理)


最後まであきらめない
 入塾当時、私の理社の偏差値は50台前半と、第一志望校である所沢北高校には程遠いスタートでした。秋の北辰では、成績が上がるどころか下がる一方で、何度も心が折れそうになりました。志望校を変えた方がいいのではないかと何度も悩みました。そんなときに、山手学院の先生方がたくさん声をかけてくれて、何とか頑張り続けることができました。分からないところを質問すると、分かるまで詳しく教えてくれて、少しずつではありましたが、確実に学力が向上している手ごたえがありました。
 山手学院での授業や日曜ゼミを通して、一年間で理社の偏差値は10以上上がりました。そして、最後まであきらめずに勉強を続けた結果、第一志望に合格することができました。一年間頑張り続けられたのは、一緒に頑張ってきた友達、支えてくれた先生たちのおかげです。一年間ありがとうございました。

所沢市立 南陵中 K.T.さん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立所沢北高校、錦城(特進)、狭山ヶ丘(Ⅰ類)


バスケと受験の両立
 私は、小学校三年生からバスケを始め、中学生になっても上の大会に出場することを目指していたので、定期テスト前以外は、ほとんど勉強をせず、部活から帰った後もクラブチームに通うなど、バスケばかりしていました。
 しかし、中学三年生になり、受験を意識し始め山手学院に通い始めた頃から、勉強でも上の学校を目指してみたいと思うようになりました。
 けれども、私の学力は全く足りていませんでした。そこで、今まで以上に授業に真面目に取り組み、分からないところを周りの友達や先生にどんどん質問するようにしました。その結果、十一月を境に学力を急激に伸ばすことができました。また、日曜ゼミや冬期講習で苦手な数学を少しは克服することができ、最終的に目標の学校に合格することができました。
 私が合格することができたのは、先生方や周りの友達のサポートのおかげです。本当にありがとうございました。

所沢市立 中央中 R.K.さん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立所沢北高校(理数科)、狭山ヶ丘(Ⅱ類)、錦城(進学)


特進判定の失敗から
 私は、中二の夏期講習から山手学院に入塾しました。初めは特進クラスでのスタートで、学校では習わないような英語の文法や数学の解法などを授業で学べました。ですが、中二の終わりの特進判定テストで失敗してしまい、中三の最初はV1クラスでのスタートになってしまいました。先生はそんな私に「中三の夏にもう一度チャンスはあるからそこでまた上がってくればいい」と言ってくださいました。だから私はもう一度特進クラスに上がることを目標にして日々勉強を続けて、その結果特進クラスに戻ることができました。特進クラスでは自分と同じ高校を目指す人も多くいて、より一層受験勉強に気合いが入りました。苦手な数学では分からないところを先生に積極的に質問しました。先生は、理解が遅い私にも分かるまで教えてくれました。そのほか、各教科の先生方も私の質問に丁寧に分かりやすく教えてくれました。
 志望校合格を勝ち取れたのは山手の先生たち、親のサポートのおかげだと心から思っています。本当にありがとうございました。

県立所沢北高校

所沢市立 中央中 K.F.くん
●山手学院 所沢西口
●合格校 県立所沢北高校、山村学園(特進文理)、錦城


最後まであきらめないでください。
 僕は、初めは県立川越高校を第一志望にしていました。しかし、その高校の学力は僕にはまだ程遠いものでした。今まで受けてきた北辰テストの結果も、毎回C1判定でした。
 一月になり、私立高校の受験が始まり、最初に山村学園の特別進学コースの文理クラスを受験して合格しました。次に川越東高校をチャレンジ受験しましたが不合格でした。この時点で川越高校を受検するのはやめて、所沢北高校にするのか、所沢高校にするのか悩んでいました。二月になり、東京の私立高校の錦城高校をチャレンジ受験して合格しました。やった!と思いました。そこで第一志望の公立高校を所沢北高校に変更しました。しかし、変更したからといっても、一月の北辰テストの結果はC3判定と危うい状態でした。錦城高校の進学コースに合格したことで、精神的に楽になりました。授業でも模擬テストでは、どの教科も所沢北高校に合格できるほどの結果ではありませんでした。一番苦手な理科では、50点から60点の間を行き来していました。途中から良くなったものの、60点から70点の間を行き来する不安定な状態でした。
 一月から二月に移り変わるころ、僕は自分にこう言い聞かせていました。「このままでいいのか。あと一ヶ月自分を信じて頑張ってみろよ!」と。僕は頑張りました。どんなに難しい問題でも自信をもって取り組みました。すると驚いたことに、模擬テストの結果がだんだん良くなっていき、公立入試直前の理科の模擬テストでは、80点を超えることができました。そして、三月八日、第一志望の所沢北高校に合格することができました。合格したことが分かったときは、涙があふれそうになりました。今まで応援して下さった山手学院の先生方に感謝したいです。
 後輩のみなさん。最後まであきらめないでください。僕のように自分を信じて取り組むことで、残り一ヶ月で躍進することができます。ぜひ、自分の志望校に向けて自信を持って取り組んでください。

所沢市立 柳瀬中 Y.S.さん
●山手学院 東所沢校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、西武台(特進S)、細田学園(特進)


 私は受験勉強に取り組む中で自分の苦手な教科に向き合うこと、ノートを作って見返すことの大切さ、勉強は裏切らないということを知りました。
 私は苦手な教科に向き合うことをあまりしなかったため、北辰テストや入試本番で苦手教科の点数が他教科よりも低くなってしまいました。五教科の点数を伸ばすためには、苦手教科から逃げずに向き合うことが必要だと改めて感じました。また、私は、自分が知らなかった英単語や用語、わからなかった問題の解説を専用のノートにまとめ、持ち歩いていました。この利点は、しっかり覚えられるという点だけでなく、モチベーションを上げることができるという点です。
 勉強はやればやるだけ自分の力になると思います。これから受験をするみなさんも、一日一日を大切に、自分の夢に向かって受験勉強を頑張ってください。

県立所沢北高校

所沢市立 三ケ島中 H.I.くん
●山手学院 藤沢
●合格校 県立所沢北高校、狭山ヶ丘高校(Ⅲ類)


継続は力なり
 私は中学3年生で山手学院に入塾するまで、テスト前以外、家庭ではほとんど勉強をしていませんでした。特に苦手な国語や理科は、定期テストでも高い得点は取れず、北辰テストでは偏差値40台ほどでした。そんな状況だった私にも、山手学院の先生は丁寧に指導してくれました。
 私が本格的に受験勉強に力を入れたのは、部活動を引退した8月からです。自分なりには精一杯頑張っていたつもりでしたが、11月の北辰テストではそれまでで最も悪い成績になってしまいました。しかし、その後すぐに山手学院の先生と面談をし、これまでの勉強を振り返り、改善点を見つけ、それを修正していく綿密な計画を立てました。
 その後も、志望校は変えず、決めたプランを愚直に継続し、合格することができました。
 この文章を読む中学生へ、私の経験を、皆さんに参考にしてくれると嬉しいです。

狭山市立 入間野中 M.T.さん
●山手学院 藤沢校
●合格校 県立所沢北高校、錦城(特進)、星野(S類)


切磋琢磨できる環境
 私は中学3年生の春に山手学院に入塾しました。最初に受けた塾内テストでは思っていたより順位が低く、自分の立ち位置の低さに驚いてしまいました。このままではだめだと思い、まずは次の特進判定テストの合格を目標に頑張りました。無事に合格したときは本当にうれしかったです。
 夏期特訓、正月特訓、日曜ゼミは、どれも大変でした。しかし、大変だった分、確実に力もつきました。他の校舎の人たちと一緒に学んだり、他の校舎の先生の授業を受けたりすることは、大きな刺激になりました。
 大変な1年間でしたが、山手学院で勉強した時間はとても充実していました。先生の授業はとても楽しかったし、同じクラスの仲間が頑張っている姿には何度も励まされました。
 私が所沢北高校に合格できたのは、山手学院のおかげです。本当にありがとうございました。

H.Kさん
●山手学院 入間校
●合格校 県立所沢北高校、狭山ヶ丘高校(Ⅱ類)


先生方にもらった言葉を信じて
 私が山手学院に入塾したのは、中3の夏期講習からでした。塾に入るまでは入試の仕組みも全く分からず、志望校も決まっていませんでした。しかし、受付でお話を聞いた日から、入試を意識するようになりました。
 今まで私は塾に行ったことがなかったので、塾に入ることで今までと違った視点で勉強を進めることができるようになりました。授業には全く欠席せずに、頑張っていましたが、はじめは北辰テストで思うように結果が伸びず、周りの友達が自分を残してどんどん遠くへ行ってしまうような焦燥感にさいなまれました。入塾するタイミングが遅かったのかもしれないと後悔することもありました。そのような悩みを抱えていたときに、山手学院の先生は、「林くんは今まで通り頑張ればいい、学力はコツコツやっていれば、ある日急激に伸びる時が来る。」と励ましてくれました。それからは目の前の結果が芳しくなくても、意志を曲げずに、先生方にもらった言葉を信じて最後までやり遂げることができました。力強いご指導本当にありがとうございました。

2020年

県立所沢北高校

●狭山市立 狭山台中 S.K.くん
●山手学院 狭山校
●合格校 県立所沢北高校(理数科)、川越東高校(普通コース)、西武学園文理高校(理数科)


1回1回を大切に
 僕は、私立の高校を決める際、理数が得意で国語が嫌いなため、理数科がある高校に絞りました。11月頃から個別相談会が始まり、川越東高校、西武文理高校、錦城高校に行きました。内申点が35もなかったため、西武文理高校しか確約が取れず、とりあえずそこと川越東高校を受けることにしました。過去問のほとんどを終わらせた状態で受験したため、一般受験でも川越東高校の普通科に合格することができました。
 公立高校に目を向けたとき、理数科のある所沢北高校一択でした。この内申点なら380点は必要と言われ、点数の振り分けを考えながら目標点を1科目ずつ立て、過去問に取り組みました。勉強するとき、内申はもう変えられないから、当日点を稼ぐために1回1回を大切に過ごしました。
 第一志望校受験日、僕の周りに知り合いはいませんでしたが、先生方や友達の応援メッセージを見て自分を鼓舞しました。これまで応援してくださった方々に感謝しています。

県立所沢北高校

●毛呂山町立 川角中 R.Y.さん
●山手学院 坂戸校
●合格校 県立所沢北高校(理数科)、西武学園文理高校(普通科)、山村学園高校(特別進学コース SAクラス)


7年間の集大成
 私は、小学校3年生から7年間、山手学院に通いました。私はこの7年間の先生の熱心な指導のおかげで、勉強が好きになり、勉強に意欲的に取り組むことができました。私が山手学院に入って良かったと思ったことは3つあります。
 1つ目は先生の授業のわかりやすさです。授業中に丁寧に教えてくれるだけではなく、一人一人のに苦手な所をメモし、授業外でプリントをくれたり、サポートしてくれる所です。
 2つ目は自習室が常に使える所です。自習室は、早い時には10時から開いており、私は受験が近くなると、毎日通い、分からない所や苦手な所をなくしていきました。
 3つ目はクラス全体でレベルアップ出来る所です。同じクラスで同じレベルの人達と競い合うことで、自分はとても成長出来て頑張ることができたと思います。
 私は山手学院のおかげで無事第一志望校に合格することができました。常に支えて、応援してくださった先生方、本当にありがとうございました。

県立所沢北高校

●所沢市立 南陵中 K.H.くん
●山手学院 所沢西口校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、狭山ヶ丘高校(Ⅱ類)


あきらめない
 僕が今回の受験で、最後まであきらめないことの大事さ、を学びました。僕はもともと器用な方ではなく、運動神経もあまり良い方ではありません。そのため内申点は伸びず、志望校の合格者の内申点平均にはまったく及んでいませんでした。その時僕は志望校を下げることを考えましたが、山手学院の先生が、志望校は下げずにこのまま頑張っていこう、と言ってくださり、志望校を変えずに受検することにしました。受験は長期戦です。長い間努力を続ければ、内申点の差を埋めることができます。僕は、山手学院で各季節の講習に参加し、「夏期合宿」「所沢北ゼミ」「大晦日正月特訓」にも参加しました。それらは決して楽なことではありませんでした。しかし確実に自分の力になったと思っています。その結果、志望校に合格することができました。ぜひこれから受験するみなさんも努力を惜しまず、志望校に合格してもらいたいです。

県立所沢北高校

●所沢市 G.T.くん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、錦城高校(進学コース)、狭山ヶ丘高校(Ⅱ類)


時間の使い方
 僕が本格的に受験勉強を初めて、山手学院に入塾したのは三年生の夏期講習からでした。決して早くはないスタートでしたが、部活が終わりしっかりと勉強しようと決心した上での入塾でした。
 塾に入ると、学校の先取りのような形で学習ができるので、学校の授業では山手学院で習った範囲を復習するという感覚になりました。二度習えるということは、内容がとても頭に入るので山手学院に入って一番良かった点はそこだと思います。
 授業で習ったことをすぐに理解できると、授業でやらなかった難しい問題などに時間を使えるようになりました。このようにして自分の目指す高校のレベルに合った問題をたくさん解けるというのは非常に大切だと思うので、自分の欲しい結果が得られるように時間を大切、そして有効に使えるように頑張ってください。

県立所沢北高校

●所沢市立 南稜中 M.T.さん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、狭山ヶ丘高校(Ⅱ類)


感謝
 私は中学二年生の冬期講習から山手学院に入りました。最初は塾という場所に緊張や不安があったけれど、先生たちの授業は分かりやすく、時には笑えるところもあって楽しく勉強することができました。
 また、私は吹奏楽部に所属していたため、中学三年生の夏休みという受験への大切な時期にコンクールがあり、部活と勉強の両立が体力的に大変でした。それでも、授業の間で先生方から吸収できることがたくさんあり、夏期講習や夏期合宿などで勉強をやりながらも、部活に真剣になれる夏休みを過ごすことができました。
 今、このように受験のことを振り返ってみると、山手学院の先生には感謝でいっぱいです。塾の授業を通して自分なりの勉強の仕方やよりよい時間の使い方も見つけることができました。私は山手学院に入って本当に本当に良かったです。高校生になっても頑張っていきたいです。

県立所沢北高校

●狭山市立 狭山台中 N.F.さん
●山手学院 狭山校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、狭山ヶ丘高校(Ⅰ類)


熱意ある進路指導
 春から自分の志望校に進学できることを心から嬉しく思うとともに、献身的に学習面はもちろん、精神面までも支えてくださった山手学院の先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。
 入塾した頃は授業の進度の速さと、周囲の塾生のレベルの高さに驚きました。今思えば質の高い授業と、周りの塾生の頑張りに刺激を受け、成長できたのだろうと思います。とても整った学習環境でした。
 私が一番印象に残っているのは、先生方の進路指導です。私は学校の先生に「志望校の合格の可能性は余り高くない」と言われていました。そのために受験に前向きになることができず、勉強に身が入りませんでした。そんなときに狭山校の先生が、「自分の行きたい高校なんだから、人の意見を気にする必要はない」といってくださいました。適切な進路指導を本当にありがとうございます。山手学院の先生方が仰ることを信じてきて良かったです。
 このような熱意ある先生方に指導していただけるので、この先に受験を控えている塾生の方には安心して受験勉強をして欲しいです。山手学院は努力する人を裏切らない塾だと思います。
 授業だけにとどまらず、自習時の質問でも真剣に教えてくださった全ての先生方、ありがとうございました。

県立所沢北高校

●入間市立 豊岡中 M.I.さん
●山手学院 入間校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、星野高校(共学部・α選抜コース)


私の「挑戦」
 私の高校受験を一言で表すなら「挑戦」だと思います。私は受験を通して、多くの人の力をお借りしながら、確実に「成長」することができました。
 私は中3の1学期まで「進学」クラスに在籍していましたが、夏期講習から「特進」クラスに入ることができました。それまで挑戦することが苦手だった私にとって、これは大きな一歩でした。しかし、このクラスでレベルの高い問題を解く楽しさと同時に、同じくらい周りの人よりも実力がない悔しさを感じました。それでも、熱心に指導してくれる先生のおかげで、少しずつ克服することができました。
 私は、この一年間で挑戦することの大切さと周りの人たちの支えの大切さを知ることができました。「挑戦」することを恐れていた私ですが、挑戦で失うものは何もないと気づきました。むしろ、たくさんのものを得ることができたのです。私を成長させてくれた山手学院の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。一人だったら決して乗り越えることはできませんでした。小6の春、山手学院を選んで本当に良かったです。ありがとうございました。

県立所沢北高校

●入間市 N.A.さん
●山手学院 入間校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、星野高校(共学部・α選抜コース)


つかみとった合格
 私は中3の夏から本格的に受験勉強を始めました。それまでは、多くの習い事と部活動の両立が難しく、定期テスト前に集中的に勉強するというスタイルでした。しかし、受験に向けてはそれだけではいけないと思い、一生懸命勉強を始めました。分からない問題を先生方に聞くようになると、分かるまで丁寧に教えてくれ、苦手を一つずつ潰していくことができました。志望校のことで悩んだときには、一緒になって考えてくださり、いつも気にかけてくれ、とてもうれしかったです。そして、何より最後に合格することができて本当に良かったです。
 ここまで私が頑張れたのも、たくさんの人の支えがあったからです。たくさん悩んで、たくさん悔しがって、つかみとった合格は本当にうれしかったです。今まで私に指導してくださった全ての先生方、本当にありがとうございました。

県立所沢北高校

●入間市立 上藤沢中 A.S.くん
●山手学院 藤沢校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、狭山ヶ丘高校(Ⅱ類)


日曜ゼミで得たもの
 私は、第一志望校である県立所沢北高校に合格することができました。私が本格的に受験勉強に取り組むようになったのは、中学三年の夏期講習からです。夏期講習では自分の苦手科目だった数学の二次関数や平面図形のポイントを掴むことができ、今まで以上にスムーズに問題を解くことができました。
 また、私は日曜ゼミにも参加し、所沢北コースで自分と同じく所沢北高校を志望するライバル達と勉強に励み、難しい問題にチャレンジすることで自分の苦手としている分野を見つけ、苦手を克服することができました。夏期講習や日曜ゼミなどの特別授業に参加したことが第一志望校の合格につながったのだと思います。
 高校受験を通して勉強することの大切さ、予習・復習することの大切さを学ぶことができました。高校受験で培った知識や経験を次の大学受験に最大限に生かせるようにこれからも勉強に取り組んでいきたいです。

県立所沢北高校

●新座市立 第四中 M.A.さん
●山手学院 新座校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、大宮開成高校(特進選抜Sコース)


勝利のカギは自信
 私がこの所沢北高校を知ったのは、中学二年生の冬で、部活の先輩が進学していたからです。そこで山手学院主催の説明会に参加したところ、所北の参加者が他の学校の参加者の何倍もいてとても不安になりました。北辰テストでもずっと努力圏と合格圏の間でした。しかも私は特進クラスでもなく、難関ゼミも受けていなかったので、所北を受験する他の人と差があるだろうと思っていました。そこで、その差を少しでもうめるために苦手だった数学で、今までどおりのクラス授業に加えて個別授業を受けることにしました。すると実力がついていっているのが自分でも感じられ、また先生にも「よく頑張ったね。」と言っていただき、自信がついていきました。そして受験本番、数学以外ももちろん自信を持って解答することが出来ました。私をここまでしてくれたのは山手学院の先生方のおかげです。本当に感謝しています。ありがとうございました。

県立所沢北高校

●ふじみ野市立 大井中 M.H.さん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、星野高校(女子部・文理特進コース)、大宮開成高校(特進選抜Ⅱ類コース)


あきらめない心
 私は中学2年生のころ、所沢北高校に行こうと決めましたが、勉強と部活の両立が難しく、入試に向けた勉強があまりできていませんでした。中学3年生になり、焦りを感じていたものの、思うように成績が伸びず、悩んだ時期もありました。しかし、山手学院の授業を受け、その内容を理解し、また、自習室を活用することで、所沢北高校合格をつかみとることができました。
 山手学院の先生方にはとても感謝しています。私が合格できたのは、いろいろな人のサポートがあったことと、あきらめない心をもって取り組んだからだと思います。受験生のみなさんは、成績が伸びすに悩み落ち込むこともあるかもしれませんが、あきらめずに頑張って勉強に取り組んでください。

県立所沢北高校

●ふじみ野市立 花の木中 T.N.くん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立所沢北高校(理数科)、星野高校(共学部・α選抜コース)、城西大学付属川越高校(特進コース)


山手学院に入って良かった
 僕は夏期勉強合宿までは全くといっていいほど勉強をしていませんでした。その結果、夏期勉強合宿の最後のテストでは、どの教科もクラス平均を下回ってしまいました。その結果に危機感を感じ、勉強に励むようになりました。勉強していくにつれて、学力が向上しているのを実感し、最後の北辰テストではA判定を初めて取ることができました。しかし、少し天狗になってしまい、その2週間後に行われた県立模試では合格目標点を下回ってしまい、志望校内順位も最下位に近いものでした。絶望を感じましたが、そこから死ぬ気で勉強に励みました。その結果、合格することができました。
 僕が合格できたのは自分自身の力だけでなく、山手学院の先生方や家族おサポートがあったからだと思います。山手学院に入って良かったです。本当にありがとうございました。

県立所沢北高校

●川越市立 東中 J.S.くん
●山手学院 南古谷校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、川越東高校(普通コース)、城西大学付属川越高校(特進コース)、明治学院東村山高校


山手の仲間達と一緒に
 私が山手学院に入塾したのは、3年生の春期講習からです。友人に勧められて入塾しました。そもそも今まで塾に入っていなかったので心配でしたが、先生と生徒の距離が近くすぐに馴染め、楽しかったです。
 入塾当初は、国語、数学、英語の3教科だけを勉強していましたが、自分の志望校が明確になり始め、先生が目標校にあった授業やゼミで教えてくれたおかげで無理なく勉強ができました。「難関公立ゼミ」や「正月特訓」ではほかの校舎の先生の授業を受けることができ、周りには同じ志望校の人たちがいるので良い刺激になりました。入試を意識した「県模試」では厳しい採点が合格に近づけてくれました。
 整った環境、先生の手厚い指導があったからこそ約1年間頑張れたのだと思います。この勢いを保ったまま高校生活でも頑張っていきたいです。

県立所沢北高校

●川越市立 南古谷中 Y.K.さん
●山手学院 南古谷校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、山村学園高校(特別進学コース文理クラス)


良く学び良く寝る
 私がこの一年間を通して頑張ったことは、国語、数学、英語、理科、社会のなかで国語です。最初は作文もうまく書けなかったけれど、たくさん練習してうまく書けるようになりました。毎日コツコツ自習をしました。いつも勉強はいやだと思っていたけれど、合格したかったので頑張りました。
 ですから、みなさんもたくさん練習して、いっぱい勉強して、よく寝てください。最後まで諦めずに頑張ってください。

県立所沢北高校

●川越市立 霞ヶ関東中 O.S.さん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、星野(共学部・α選抜コース)


諦めからのスタート
 私が本格的に勉強を始めたのは、受験になってからでした。それまで勉強が苦手で、大嫌いで、「所沢北高校は自分の学力では無理だ。」と思っていました。私の受験生活は、諦めからスタートしました。
 私は、勉強だけは本当に自信が持てず、いつもネガティブ思考でした。ミスをすると、できない自分に腹を立てたり、考えすぎて泣いてしまったり、不安でいっぱいになることが多かった気がします。そんなときに、山手の先生方は、理解の遅い私の受験勉強に常に全力で理解できるまで付き合ってくれて、不安な気持ちがけるような言葉をかけてくれました。うんざりするほど迷惑をかけたと思います。それでも見捨てず、寄り添ってくれた山手の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。また、毎日温かい食事を準備してくれた母、早起きや高校見学会などに付き合ってくれた父、全力で応援してくれた仲間達はかけがえのない存在です。
 私が合格を勝ち取ることができたのは、先生方や家族、仲間の支援があったからだと思います。受験生としての1年間を乗り越えることができるか不安でしたが、周りらの支えもあり何とかやり切ることができました。山手の先生方、家族、一緒に頑張ってくれた仲間達、お世話になりました。本当にありがとうございました。
 次の受験生のみなさん!支えてくれる人に感謝して、自分のことだけは絶対に信じて合格を掴み取ってください!頑張れ!

県立所沢北高校

●川越市立 鯨井中 H.Y.さん
●山手学院 霞ヶ関校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、山村学園高校(特別進学コース文理クラス)


もし入塾していなかったら……
 私は、中学二年生の夏期講習から山手学院に入塾しました。最初の頃は初めてのことばかりで大変でしたが、だんだんと慣れることが出来ました。先生の授業もわかりやすかったので、定期テストの結果もどんどん良くなり、とてもうれしかったです。
 そして中学三年生になり、いよいよ受験生となりました。最初のうちはあまり受験生という実感が湧かず、勉強がはかどりませんでしたが、部活が終わり、夏期講習が始まった頃から本気で勉強するようになっていきました。冬期講習や正月特訓はとてもつらかったですが、必死に勉強したおかげで最後の北辰テストで安全圏をとることができ、本当に良かったです。また、入試当日はあまり緊張しなかったのですが、それは県立模試などのおかげだと思います。
 私は山手学院に入塾していなかったら、志望校に合格できていなかったと思います。山手学院の先生方、本当にありがとうございました。

県立所沢北高校

●鶴ヶ島市立 南中 T.H.くん
●山手学院 鶴ヶ島校
●合格校 県立所沢北高校(理数科)、川越東高校(普通コース)


なぜ伸びたか
 私が入塾したのは中学一年生の秋でした。入塾した当初は、不安な部分もありましたが、次第に馴れてきて、安心して授業を受けられるようになりました。
 今振り返ると、塾に入る前よりも、塾に入った後の方が明らかに学力が向上し、記憶力も良くなったと思います。というのも、授業中に所々要点をまとめていたり、社会や理科などの、用語や出来事の時代を覚えるためのプリントや教材が多く配布されたからだと考えています。
 通常授業だけでなく、定期テスト対策授業や、日曜日のゼミ、各季節に行われる講習などの授業により、既に学習した単元の復習や、さらに細かい部分にも着目した解説を行うことにより、確実な知識の定着が行われていたと考えます。
 中学生の間の塾での学習により、今後の人生にも活かせる教訓を得られたと思います。ご指導いただいた先生方、ありがとうございました。

県立所沢北高校

●川越市立 名細中 Y.H.さん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、星野(共学部・S類特進選抜コース)


苦手の克服と努力の仕方
 私が中二の冬期講習から山手学院に入塾しました。初めは受験に対してぼんやりとしか目標がなく、なんとなく塾に通っていました。六月に部活を引退してからやっと志望校についてしっかり考え始めました。日々の授業や夏期講習、合宿などを通していく内にどんどん勉強の楽しさ気づいていったことを今でも覚えています。親身になって話を聞いてくださる先生や周りの友達の存在もあり、夏過ぎに志望校を決定しました。
 私は元々理科が苦手で、山手学院に入塾したのも理科の授業があるからでした。十二月頃からは塾の教材だけを何度も解き直し、苦手なところをなくしていきました。入試までこれを続けたことが合格に結びついたと思っています。どの教科においても少ない教材を極めることが大切だと実感しています。
 先生方には授業だけでなく精神的にもかなり支えていただき感謝しています。また努力は必ず報われることを実感した一年でした。

県立所沢北高校

●川越市立 名細中 Y.H.さん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、星野(共学部・S類特進選抜コース)


苦手の克服と努力の仕方
 私が中二の冬期講習から山手学院に入塾しました。初めは受験に対してぼんやりとしか目標がなく、なんとなく塾に通っていました。六月に部活を引退してからやっと志望校についてしっかり考え始めました。日々の授業や夏期講習、合宿などを通していく内にどんどん勉強の楽しさ気づいていったことを今でも覚えています。親身になって話を聞いてくださる先生や周りの友達の存在もあり、夏過ぎに志望校を決定しました。
 私は元々理科が苦手で、山手学院に入塾したのも理科の授業があるからでした。十二月頃からは塾の教材だけを何度も解き直し、苦手なところをなくしていきました。入試までこれを続けたことが合格に結びついたと思っています。どの教科においても少ない教材を極めることが大切だと実感しています。
 先生方には授業だけでなく精神的にもかなり支えていただき感謝しています。また努力は必ず報われることを実感した一年でした。

県立所沢北高校

●鶴ヶ島市立 富士見中 K.M.さん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、星野高校(共学部・α選抜コース)


後悔しない勉強
 公立入試二週間前、英語の模擬テストで史上最低点を取り、間近に迫った入試への不安や焦りで押しつぶされそうになりました。しかし、そのときの先生方のアドバイスで最後まで諦めず戦い抜くことができました。
 初めての北辰の志望校判定で、努力圏となって、危機感を感じ、そこから本格的に勉強を始めました。私は「絶対に後悔しない勉強をする」ということを一番大切にしました。そのために一問でも多く解こうと考え、一番集中できる自習室を沢山使いました。毎日の積み重ねが合格の鍵だと思います。当日は不安を捨て「いつも通り」を意識しました。合格発表で自分の番号を見た時は、嬉し泣きをするほど感動しました。受験生のみなさん、どんなときも決して諦めないでください。努力は必ず目に見える形になります。今まで支えてくださった全ての方々には感謝しきれません。本当にありがとうございました。この先は夢に向かって努力を続けていきます。

県立所沢北高校

●川越市立 城南中 M.K.さん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、星野高校(共学部・α選抜コース)


苦手科目も自信を持てた
 私が志望校を決めたのは中学二年生の後半の頃でした。その頃は塾に通っておらず、成績も全く伸びなかったので一度は諦めようとしました。しかし、塾に通い始めると少しずつ成績が伸びて、志望校にほんの少し手が届きそうになりました。
 私は社会や英語が苦手で、英語の学校選択問題はいつも平均点より下か、ぎりぎり上くらいでした。しかし、塾の先生方の指導によって、問題の見かた、ポイントなどが分かるようになり、得意とまではいきませんがある程度力をつけることができました。また、合宿などで長時間学習をすることで、集中力を高めることができ、耐える心も育ちました。
 ここまでとても大変でしたが、受験は長いようであっという間に終わりました。私が合格できたのは勉強の他に強い心を持つことの大切さを教えてくれた山手学院の先生方や多くの人が支えてくれたおかげです。最後まで諦めなければ夢は叶うのだと思います。

県立所沢北高校

●川越市立 城南中 R.I.くん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、西武学園文理高校(普通科)、川越東高校(普通コース)


継続して学習する習慣が身についた
 私は、初めやる気も行きたい高校もありませんでしたが、自分で志望校を決めてからは、一生懸命頑張りました。まず、夏期講習の授業後に、毎日少しでも必ず自習をするようにしました。そこでは新しく学習したことではなく、その日の授業でできなかったところを重点的に復習するようにしました。その習慣は冬まではなかなか続かず、成績が伸び悩んだ時期もありました。焦りも覚えましたが、冬からは塾の授業の前に勉強に取り組み、塾の授業がない日も毎日自習室での勉強に励みました。そうして一つずつ苦手をつぶしていき、合格することができました。

県立所沢北高校

●川越市立 川越第一中 K.Cくん
●山手学院 川越本部校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、大宮開成高校(特進選抜Ⅰ類コース)


仲間と支え合って合格
 「受験は団体戦」。僕は今、この言葉に強く共感しています。3年生になった4月、僕はこの言葉に共感するどころか、理解することもできませんでした。1人1人進路は違うから「受験は個人戦」であると感じていました。しかし、日が経つにつれて、長時間机に向かい、不安を感じる日々に嫌気がさし、勉強から逃げ出したくなるときもありました。そんなときに助けてくれたのは、周りにいる友達や先生たちでした。共に努力する友達や、熱心に指導してくださる先生の姿を見て、「僕も頑張ろう」という前向きな気持ちを抱くことができました。そして、最後まで勉強し続け、合格を勝ち取ることができました。僕は友達や先生がいなければ、長い受験生活を乗り越えることができなかったと思います。1人で抱え込んでしまいがちな受験期ですが、そんなときこそ周りの仲間と支え合い、合格を勝ち取りましょう。

県立所沢北高校

●川越市立 寺尾中 A.Y.さん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、大宮開成(特進選抜Ⅱ類コース)


最後まで諦めずに
 私は3年生から山手学院に入りました。私が1番山手学院に入れて良かったと思うことは、良い仲間に出会えたことです。特進クラスのメンバーはとても良い仲間であり、ライバルであり、日々刺激を受けながら勉強していました。
 先生方にもお世話になりました。私は最後の北辰の結果が思ったほどふるわず、志願先変更も考えましたが、先生方が最後まで支えてくださり、入試まで自分を追い込むことができました。
 山手のイベントの中で、1番印象に残っているのは、正月特訓です。長時間の勉強は大変でしたが、その分、力をつけることができたと思います。テキストもよくて、教室もきれいで、心地よく勉強することができました。
 今までありがとうございました。

県立所沢北高校

●川越市立 砂中 A.W.さん
●山手学院 新河岸校
●合格校 県立所沢北高校(普通科)、星野高校(共学部・S類特進選抜コース)、大宮開成高校(特進選抜Ⅱ類コース)


努力は報われる
 わたしは小学校5年生の時に、山手学院に入りました。
それから何となく勉強していましたが、中学校3年生の勉強合宿で自分の意識が変わることを感じました。同じクラスの人たちが自分よりも断然勉強ができることを知り、自分ももっと頑張らなくてはと思いました。
 それから空いている日はなるべく自習室へ行き、土日は10時間、平日は4時間を目標に勉強していました。すると夏休み明けの北辰テストで偏差値が大きく上がり、努力は報われることが分かり、より勉強に力を入れることが出来ました。頑張っているつもりなのに偏差値が下がることもあり、常に不安もありましたが、周りも同じだと自分に言い聞かせて受験を乗り越えることが出来ました。 
 今回の受験勉強で自分が努力できることを知ることができたので、これからも努力し続けたいと思います。