県立所沢高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2020年

県立坂戸高校

●所沢市立 南稜中 I.K.くん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立所沢高校、狭山ヶ丘高校(Ⅱ類)、東京電気大高校


ラストスパート
 僕は、三年生のはじめに入塾して、コツコツと日々の勉強を行っていました。しかし、それは最低限の量しか勉強をしていなかったことでもあります。北辰テストでは、毎回合格確率が90パーセント以上でしたが、二月に行われた肝心の県立模試ではかなりひどい結果を出してしまいました。
 僕はその結果に吐き気を催すほどのショックを受け、心を入れ替えました。それからは最低限の勉強量ではなく、必死に勉強を進めていきました。その結果、所沢高校に受かることができました。これまで導いてくださった先生方、ありがとうございました。

●所沢市立 所沢中 S.A.さん
●山手学院 所沢西口校
●合格校 県立所沢高校、狭山ヶ丘高校(Ⅲ類)


志望校合格の秘訣
 私は所沢高校に合格して、一年間の自分を振り返ってみました。
 私は塾に通いながら学校で10月下旬まで生徒会や混声合唱団で活動していました。そのため周りよりも勉強の時間が短くなってしまいました。私が所沢高校に合格できた理由は二つあると思っています。一つ目は、毎回の授業内容を復習してノートにまとめたことです。周りよりも勉強できていない分、絶対に遅れてはならないと思い、授業内容をしっかりと覚えるようにしました。これによって重要語句を覚えることができ、入学試験本番でもしっかりと問題を解くことができました。二つ目は、自習室を利用していたことです。私は家庭学習が苦手で、生徒会や混声合唱団の活動が放課後遅くまであり、帰宅すると寝てしまうことがありました。しかし自習室に行けば、先生方がいるので寝てしまうことなく集中して勉強することができました。また、先生方が分からないところや難しいところを丁寧に教えてくれました。
 私はこの一年間過ごしたことを忘れず、高校でも勉強をがんばろうと思います。そして大学進学を目指していきます。

県立坂戸高校

●所沢市立 狭山ヶ丘中 K.H.くん
●山手学院 藤沢校
●合格校 県立所沢高校、狭山ヶ丘高校(Ⅱ類)


理社で追い込もう
 中一の時は、高校の事なんてまるで考えず、はっきりと通いたい高校が決まったのは中二の最後くらいでしたが、それでも中三の三学期ほど勉強したことはありませんでした。いえ、自分が遅すぎただけで、他の人はもっと早く勉強していたかもしれません。ですが、遅かれ早かれ追い込みの期間は誰にでもやってくるのです。だったら早く勉強した方が断然いいに決まっています。ヤバいと思い始める前に勉強しましょう。中三の二学期からは、スマホのゲームの使用時間を一日三十分未満にし、学校から帰ったら塾に行って勉強する事を強くお勧めします。また、北辰の解き直し、過去問(特に公立)の解き直しは必須です。あと、理社は得点源なので、しっかり勉強しましょう。社会、歴史は語呂合わせでゴリ押しできますし、公民は自分が主体となって考えると分かりやすいです。理科は、色々な問題に総当たりしパターンを覚えましょう。受験勉強頑張って下さい。

●川越市立 川越西中 K.C.さん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立所沢高校、狭山ヶ丘高校(Ⅲ類)


道を指示してくれたから
 私が塾に通い始めたきっかけは受験勉強の仕方がわからなくなった時でした。それまではやり方がわからなくて、勉強する時間も短くて、成績が思うように上がりませんでした。塾に通い始めてからは、勉強する時間が何倍も増え、苦手なところも徹底的に勉強するようになり、過去問でもだんだん点が取れるようになりました。
 併願で受けた狭山ヶ丘高校は、スライドで上のコースに合格することができ、第一志望の所沢高校に向けて、大きな自信をつけることができました。公立入試の日まで、過去問や苦手なところを何度もやりました。入試では、苦手だった分野も解くことができました。
 私が第1志望に合格できたのは、多くの人の支えがあったおかげです。高校では勉強や部活をがんばって、たくさん活躍したいです。本当にありがとうござました。