県立松山高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2022年

県立坂戸高校

●川越市立 川越西中 S.N.くん
●山手学院 伊勢原校
●合格校 県立松山、東京農業大学第三(Ⅱコース)


調子にのっているあの時の自分へ
 今だから正直に書きたいと思います。私立高校入試前の私は調子にのっていました。過去問の正答率がよく、難関校とよばれる学校の問題も解けたので有頂天でした。うかれていたまま、私立高校に願書を出すときには個別相談で相談したコースより上にスライドできるように書きました。当日、テストがまったく出来ず、焦りました。本当に後悔しました。上のコースへのスライドを希望している受験票が恥ずかしくて、思わず受験票を裏返してしまいました。家に帰ってからも親に謝りました。やってしまったかもしれないと思いました。しかし合格発表が届くとスライド合格ができていました。このことがさらに私を調子づかせました。ここから勉強をサボった日もありました。それがまた県立入試当日の後悔を生むことになりました。あと少しでできそうなのにできない、そんな問題がたくさんありました。自分の中では不完全燃焼です。山手でやっていたところが出たから助かりました。合格できたからよかったものの悔しさは残ります。もし今、私立高校入試直後にタイムスリップできるのなら、調子に乗っている自分を殴ってカツを入れてやりたいと思います。合格発表までの間、できなかった不安におびえ続け、後悔する恐ろしい1週間が待っているぞ。だからサボるな!

県立坂戸高校●鶴ヶ島市立 藤中 N.M.くん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立松山(理数科)、埼玉栄(普通科 αコース) 


継続は力なり
 僕は3年生の夏期講習から山手学院に通い始めました。山手学院に通う前は、勉強時間は短く非効率でもあったので成績は悪く、受験に対してすごく不安を持っていました。しかし、山手学院に入って効率的な勉強方法を身に付けることができ、また、毎週土日は自習室に通うことで勉強時間を確保することもできました。先生方は成績を上げるために適切な範囲と量の宿題を出してくださり、自宅での勉強時間も確保することができました。難しい問題を宿題に出されて、時間がかかることもありましたが、宿題をきちんとやることで北辰テストの偏差値を上げることができました。
 先生方や塾に通わせてくれた両親にとても感謝しています。ありがとうございました。これからは今まで身に付けてきたことを無駄にせず、大学に合格できるように頑張りたいと思います。

県立坂戸高校●川島町立 西中 I.M.くん
●山手学院 若葉校
●合格校 県立松山(普通科)、山村国際(進学コース)、東京農業大学第三(Ⅰコース)


努力の大切さを知った
 自分は小学校5年生から山手学院に通い始めました。中学生になってから学習内容が難しくなっていき授業について行けなくなってしまうことがありました。受験に近づくにつれて焦りを感じ、毎日一生懸命勉強し続けた結果、少しずつ成績が良くなっていきました。受験に合格して、今まで自分が頑張ってきたとということを実感することができ、自分に自信を持つことができました。何事にも努力が大切だとこの1年を通してわかりました。