県立浦和第一女子高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2021年

浦和一女

新座市 立第二中 Y.M.さん
●山手学院 新座校
●合格校 県立浦和第一女子高校、淑徳与野(選抜A)


スランプを恐れない
 私が山手学院に入塾をしたのは小六のときで、「友達がいるから。」という理由で選びました。学校よりも速いペースで行われる内容の濃い授業は私にとってとても楽しいもので、評定で良い数字をもらうことにもつながりました。中三になって志望校レベルを上げたときも、あまり不安はありませんでした。しかし、初めて会場で行われる北辰テストで私は地獄を見ました。緊張で力不足に苛まれ、自分の目を疑う結果をとってしまいました。しかし、先生方が何度も私の弱音を聞いて励ましてくださいました。そして二か月後の北辰の数学で偏差値を二十上げ、その後はずっと安全圏をキープできました。山手には、私を成長させてくれる環境があり、山手の支えがあったからこそ合格できたと思っています。受験生の皆さんには、スランプを恐れずに志望校から目を離さないことを大事にし、早い時期から受験勉強を始めてもらいたいと思います。最後に、山手の先生方、本当にありがとうございました。

浦和一女

ふじみ野市立 大井東中 R.T.さん
●山手学院 ふじみ野校
●合格校 県立浦和第一女子高校、栄東(東・医)、星野(Ⅲ類特進選抜)


切磋琢磨し合える仲間と熱心な先生方のおかげ
 私が浦和一女を受験したいと考えるようになったのは、中学3年生の夏ごろでした。まだ部活動を引退したばかりで、長時間勉強することに慣れておらず、夏休み中の授業は私にとって大変なものでした。しかし、高い意識をもって学習する周りの仲間や、熱心かつ丁寧な指導をしてくださる先生方から刺激を受け、意欲的に学習に取り組めるようになりました。また、思いどおりの結果が出ないときにも、先生方は課題を明確にして、アドバイスをたくさんしてくださり、私をサポートしてくださいました。
 切磋琢磨し合える仲間と熱心な先生方のいる山手学院が、私の勉強に対する意識を変えてくれました。山手学院に入って本当に良かったです。

浦和一女

狭山市立 山王中 K.S.さん
●山手学院 狭山校
●合格校 県立浦和第一女子高校、栄東(αコース)


自信につながった1年間
 私は中学二年生の二月頃に山手学院に入塾しました。当初は別の高校を第一志望としていましたが、学校説明会に行き、校風に強い魅力を感じて浦和第一女子高校を第一志望に決めました。しかし、十月の模試では過去最低の成績を出してしまい、とても落ち込みました。それでも、山手学院の先生方が私に言ってくださった励ましの言葉や勉強についてのアドバイスを思い出しながら、最後まで合格に向かって受験勉強に取り組む事が出来ました。そして、日曜ゼミや夏期・正月特訓では、近い目標を持った人達と切磋琢磨した事で、自分の実力が着々と向上しているのを感じ、自信に繋げる事が出来た事も、私が合格に一歩近付く事が出来た理由だと思います。
 山手学院の先生方のサポートがあったからこそ、ここまで勉強を継続し、本番に自信を持って試験会場へと向かう事が出来ました。約一年間という短い期間でしたが、色々とお世話になりました。本当にありがとうございました。これからも山手学院での学びを無駄にせぬ様、勉強を続けていきたいと思います。

2020年

浦和一女

●朝霞市 M.K.さん
●山手学院 朝霞台校
●合格校 県立浦和第一女子高校、淑徳与野(選抜A)、大宮開成(特進選抜先進コース)


日々の積み重ねが結果につながる
 私が第一志望を浦和一女にしたのは、中学三年生になった頃でした。中学校入学当初は行けるはずがないと思っていた学校でした。しかし、特進クラスに入って、レベルの高い授業、仲間からの刺激を受けられたことで、自分を大きく成長させられたと思います。また、勉強に対する姿勢が大きく変わるきっかけがありました。それは中二の合宿です。自分がいかに勉強をしていなかったのか気づかされました。私にとって合宿は辛いものでしたが、自分に厳しくなれる一番の手段でもありました。三年生になり、本格的に受験勉強をしていく上で、合宿を乗り切ったことは自信につながったと思います。
 私は、高校受験を通して、最後まで諦めずに取り組むこと、そして、自分の力を信じられるまで勉強することの大切さを知りました。頑張れたからこそいい思い出になっています。これから受験を迎える皆さん、日々の積み重ねが結果につながると私は思います。目標を持って、努力をすれば、明るい未来が見えてくると思います。頑張ってください。
 最後になりますが、私は山手学院でよかったと思います。今まで授業をして下さった先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

浦和一女

●さいたま市立 大成中 H.M.さん
●山手学院 日進校
●合格校 県立浦和第一女子高校、開智(Sコース)


志望校から進学校へ
 私は入塾してから山手学院の先生のわかりやすい授業のおかげで、右肩上がりで成績がのびていきました。しかし、十一月頃から成績が落ちていってしまいました。さらに入試直前の模試では過去最低点を出してしまいましたが、先生方がとても熱心に授業をしてくれ、志望校についての相談にも親身になってのってくれました。そのおかげで志望校を変えることなく入試に臨むことができ、志望校から進学校へと変えることができました。
 今考えると、志望校を変えないで入試を受けることができてよかったと思っています。変えずに頑張れたのは山手の先生が私の性格を理解してくれていたからこその的確なアドバイス、そして私の弱点を見つけてくれたおかげだと思っています。アドバイスのおかげで自分を見つめ直すことができ、弱点を重点的に勉強することで自信をつけることができました。すべて山手のおかげだと思っています。本当に感謝しています。自分の成績に不安を感じることがあると思いますが、自分と山手の先生方を信じ、突き進めば憧れの志望校に合格することができると思います。

浦和一女

●志木市立 志木第二中 M.K.さん
●山手学院 志木校
●合格校 県立浦和第一女子高校、淑徳与野(選抜C)


C判定でも最後まであきらめなかった
 私は、中学三年の春期講習から山手学院に通い始めました。しかし、部活が三年の十月まであったため、他の人と比べてあまり勉強時間を取ることができず、焦りを感じていました。そこで、勉強する前に、具体的に計画を立てたり、目標を決めたりして、工夫して勉強していました。このことによって、短い勉強時間の中で効率的に勉強をすることができました。
 具体的な志望校は三年の秋頃に決めました。勉強に身が入らない時もありましたが、そのような時は、志望校のパンフレットを見ることでモチベーションを上げ、集中して勉強することができました。
 北辰テストでは、C判定しかもらえませんでしたが、最後まで諦めずに勉強したことで合格することができました。最後まで支えていただいた山手学院の先生方、本当にありがとうございました。

浦和一女

●朝霞市立 朝霞第三中 F.H.さん
●山手学院 志木校
●合格校 県立浦和第一女子高校、淑徳与野(選抜B)


自信を持って入試に臨む!!
 私が入塾したのは中学二年の冬期講習からで、今いる先生方とは約一年の付き合いですが、どの先生も私の疑問に真摯な態度で応えてくださいました。私は最初塾に入ることにあまりメリットを感じませんでしたが、同じレベルの人たちが集まる塾で互いを高め合い、一人で集中して勉強出来ないときも自習室を活用することで受験を乗り切ることができました。
 私が受験で大切だと思うのは自信を持つことです。一教科で失敗しても他教科で取り返すことは可能です。私は理社があまり出来ませんでしたが、個別で数学を教えてもらったことで無事合格することができました。自信が無いと解くのが遅くなったり、ミスが増えてしまったりします。本来取れた問題を間違えてしまうのが一番悔しいので、見直しも大切にしてください。
 塾では基本から実践まで教えてもらえたので、自信を持って受験当日を迎えることができました。山手学院の先生方本当にありがとうございました。