県立浦和第一女子高校合格を実現した山手学院の塾生による合格体験記です。

2023年

県立大宮

●川越市立 野田中 O.E.さん
●山手学院 川越西口校
●合格校 県立浦和第一女子、淑徳与野(T類)


山手の先生を信じて
 私は、中学1年生の夏期講習から山手学院に通い始めました。
 私はもともと別の高校を志望していましたが、浦和第一女子高校の学校説明会に行き、とても楽しそうだと思ったので、浦和第一女子高校に志望校を変えました。そこから私が無事に合格することができたのは、山手学院のおかげだと思っています。山手学院の先生方が最後まで全力で勉強を教えてくださったおかげで、受験日のギリギリまで苦手な国語と英語を伸ばすことができました。山手学院の先生方、本当にありがとうございました。
 最後に受験生のみなさんに伝えたいことがあります。それは、勉強を最後まで頑張れば、最後まで学力を伸ばすことができるということです。みなさんには、山手学院の先生方を信じて最後まで諦めずに勉強して、合格を勝ちとってほしいと思います。

県立大宮

●新座市立 第二中 M.H.さん
●山手学院 志木校
●合格校 県立浦和第一女子、淑徳与野(T類)、星野(Ⅲ類特進選抜コース)


耐えた入試
 私は小学六年生から山手学院に入塾しました。私の成績は浮き沈みが激しく、志望校に合格するのは無理だと思ったことも何度もありました。特に、三年生になると周囲のレベルも格段に上がり、思うように成績が上がりません。受験生の皆さん、辛いです。耐えましょう。
 さて、入試最後の模試から入試まで、三週間程度あります。私は、模試の結果がとても悪く、入試前は不安でいっぱいでした。しかし、家族や先生方のサポートもあり、短い時間ですが多くのことを学び、志望校に合格することができました。自分の気持ちを信じてあきらめないでください。ただし、模試の結果が悪くても大丈夫ということではありません。もちろん勉強した方が良いです。焦らずに、頑張ってください。
 最後に、私が志望校に合格することができたのは、家族、先生、友達をはじめとした多くの方々のおかげです。たくさん支えていただき、ありがとうございました。

県立大宮

●新座市立 第二中 U.H.さん
●山手学院 新座校
●合格校 県立浦和第一女子、大宮開成(特進選抜先進コース)、星野(Ⅲ類特進選抜コース)


励ましあえる仲間
 私は中学二年生の秋から山手学院に入りました。特進クラスに入ったものの初めは授業のスピードについていけませんでした。
 中学三年生になって、考えて→解くの流れが身につき、問題を解くことへの意欲がよりわきました。難関公立用のゼミでは新しい友達ができ、志望校への意気込みを聞いて勉強へのやる気が出ました。
 山手学院に入ったことで北辰偏差値や学校の評定も上がりました。私は一月後半に過去問の点数が合格点に届かず、志望校を変えるかどうか迷いました。しかし、山手学院の先生は面談の時間を設けて不安を和らげてくれました。そのような先生方のサポートによって志望校をあきらめずに無事、合格できました。
 後輩のみなさん、私は受験の中で一緒に励まし、頑張りあえる友達をつくることが大切だと思います。模試やテストの結果に一喜一憂せず油断しないで頑張ってください。

県立大宮

●新座市立 第二中 O.M.さん
●山手学院 新座校
●合格校 県立浦和第一女子、淑徳与野(T類)


山手学院での日々
 合格者の一覧に自分の受検番号を見つけた時、真っ先に山手学院の先生方の顔が思い浮かびました。先生方は勉強だけに限らず、学校生活のことまで気にかけてくださり、塾は私にとってかけがえのない場所でした。私は理数への苦手意識があり二年生から個別指導も受け始めました。私に合った指導をしてくださり、入試では理科が大きな得点源となるまで成長しました。九月から始まった日曜ゼミでは他の校舎の先生方の授業も受け、回を重ねるごとに実力が伸びていくことを実感しました。定期テストや北辰テスト、どんな試験でも緊張していた私ですが、県立入試当日だけは全く緊張せず、全力で挑むことができました。日々重ねてきた努力、揺るぎない自信、山手学院の先生方からいただいた力強いメッセージのおかげです。山手学院で学んだ五年間を心の糧とし、感謝を忘れず、高校生活でも様々なことに挑戦していきたいと思います。

県立大宮

●所沢市立 南陵中 S.M.さん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立浦和第一女子、淑徳与野(T類)、星野(Ⅲ類特進選抜コース)


周りの環境に支えられて
 私は小学生の頃から山手学院に通っていましたが、長い間通い続けて良かったと思います。山手学院には志望校合格という同じ目標を持つ仲間がたくさんいます。その仲間達が目標に向かって頑張る姿を見て、「私ももっと勉強しよう」と思ったことが本当にたくさんありました。共に高め合う仲間達がいたからこそ、受験まで努力し続けることができたのだと思います。
 また、山手学院の授業はとても分かりやすく、特に面白いので楽しく勉強をすることができました。先生方も親身になってサポートしてくださり、大きな支えになりました。
 「受験は団体戦」という言葉をよく耳にすると思いますが、私自身この言葉のとおり支えてくれる周りの人の大切さを実感した一年間でした。支えてくださった先生方や両親、友達、本当にありがとうございました。これから受験する皆さんも周りの人を大切に、合格を目指して頑張ってください。

2022年

県立大宮

●志木市立 志木第二中 S.S.さん
●山手学院 志木校
●合格校 県立浦和第一女子、星野(女子部)(Ⅲ類特進選抜コース・特待第一種)


周りに流されない受験勉強
 周りに流されないこと。これが何よりも大切だと思っています。私は普通の受験生とは違う生活を送っていたのではないかと思います。受験生になって勉強漬けになりたくない人は参考にしてみてください。
 私は部活に打ちこむために勉強の効率を上げることを頑張りました。中1の頃から定期テストの勉強を大切にしていました。学校の授業に集中してその時間内にできる限り覚えることが1番効率が良いと思います。そして、山手の定期テスト対策で直前に要点を整理することで高得点をとることができました。私はこの勉強を3年間続けました。様々な模試を受ける中で中1から頑張ってきてよかったと思いました。中3になっても生活リズムはほとんど変わりませんでした。秋頃から難関公立用のゼミがはじまり、そこで英語と数学の学校選択問題がたくさん解けるようになりました。そして本番、今までの成果を最大限発揮し、第一志望に合格することができました。高校でも今までの勉強習慣を続けていきたいと思います。
 本当にありがとうございました。

県立大宮

●新座市立 第二中 T.A.さん
●山手学院 志木校
●合格校 県立浦和第一女子、大宮開成(特進選抜先進コース)、星野(女子部)(Ⅲ類特進選抜コース)


苦手を克服するためにしたこと
 私は、小学生の頃から山手学院に通っていました。浦和第一女子高校を志望校にしたのは中学3年生の時からでした。
 山手学院では、たくさんの先生方にお世話になりました。私には苦手な教科がありましたが、先生に直接質問することで少しずつ苦手を克服することができました。また、今年は新型コロナウィルスの影響でガ合宿が中止になってしまったにも関わらず勉強量を増やしていくことができたのは先生方のサポートのおかげだと思っています。私は先生方の言葉にもたくさん助けられました。先生方の言葉は私にとって励みになり、自信を持って入試に挑むことができました。
 志望校合格へ導いてくれた先生方、本当にありがとうございました。そしてこれから受験を迎えるみなさん、自分の力を信じて最後まであきらめず、志望校合格に向かって突き進んでください。

県立大宮

●川越市立 霞ヶ関東中 K.M.さん
●山手学院 霞ヶ関校
●合格校 県立浦和第一女子、淑徳与野(T類)、星野(Ⅲ類特進選抜コース)


自分を信じてつかんだ合格
 私が山手学院に入ったのは、中学入学前の中学準備講座でした。最初は勉強法が分からなかったため、全く成績が上がらなかったですが、山手の先生方のおかげで勉強法が分かり、初めて受けた北辰テストから偏差値が10上がり志望校に合格できました。志望校を上げたときにはとても心配でしたが先生方が相談にのってくれました。受験当日は、自分を信じて臨んだので、まったく緊張せずやり切ることができました。最後に、支えてくれた家族と山手学院の先生方、大変ありがとうございました。受験生の皆さん、最後まで諦めずに頑張ってください。

県立大宮

●所沢市立 東中 O.N.さん
●山手学院 所沢東口校
●合格校 県立浦和第一女子、星野(Ⅲ類特進選抜コース)


想像以上の学力向上
 私は中学3年生の春期講習から山手学院に入塾し、同時に本格的に受験勉強を始めました。
 当初は別の高校を第一志望にしていましたが、山手学院に通うことで学力が上がっていき、浦和第一女子高校を第一志望に決めました。しかし、私は模試などで少しでも失敗してしまうと、すぐに自信をなくしてしまい、何度も志望校を変えようか悩むことがありました。その度に、山手学院の先生方から励ましの言葉や適切なアドバイスを頂き、塾の友達ともお互いに励まし合いながら努力を続けていくことで、志望校を変えずに受験することができました。
 私がここまで成長することができたのは、山手学院の先生方の支えがあったからだと思います。1年間という短い期間でしたが、本当にありがとうございました。

県立大宮

●狭山市立 西中 Y.S.さん
●山手学院 入間校
●合格校 県立浦和第一女子、淑徳与野(T類)


目標は高く
 私が山手学院に入ったのは、中学2年生の頃でした。その頃の印象として、先生方が学校では教えないような細かい部分まで丁寧に説明してくださり、勉強がとても楽しったのを覚えています。
 私が本格的に浦和第一女子を目指し始めたのは、中学3年生の秋頃でした。周りよりも少し遅い志望校の決定だったので、不安に感じていました。しかし、そんな中で山手学院の先生方が、志望校に合わせて的確なアドバイスをくださってとても助かりました。合格発表の日、自分の受験番号を見つけたときは本当にうれしかったです。
 最後に受験生の皆さんに伝えたいことは、受験に合格するのに特別な才能は必要ないということです。私自身も勉強は得意ではありませんが、たくさん量をこなすことと絶対に合格したいという気持ちで頑張りました。ぜひ、目標は高く、そして見失わずに合格を勝ち取ってください。

県立大宮

●さいたま市立 大成中 S.R.さん
●山手学院 日進校
●合格校 県立浦和第一女子、淑徳与野(SA類)


継続の効果
 このたび、浦和第一女子高校に無事合格することができました。私が合格できた最大の理由は、やはり山手学院に通い続けたからだと思います。私はもともと勉強が嫌いで、塾に通うことになったときも、行ったところで何も変わりはしないと思っていました。
 しかし、支えてくれる先生方のおかげで継続の効果というものを知ることができました。塾があったから、先生方が隣で私を見てくれたから、苦手な勉強を続けるということができました。
 これから受験に向かっていく後輩たちにも、根気よく継続することが、結果が実を結ぶ一番の近道であることを知ってほしいと思います。山手に通い続けた数年間でそれを学ぶことができました。ありがとうございました。