入試サポート

行ける学校ではなく、行きたい学校へ―

 「行ける学校ではなく、行きたい学校に行く」志望校の選択は、実際に学校に足を運んで、自分の目で見て選ぶ、というのが山手学院の進路指導です。そのために毎年私立高校見学会を行っています。内申点や偏差値で合格できそうな学校を選ぶのではなく、自分の将来を考えて自分にあった学校を積極的に選択することで受験勉強のモチベーションを高めます。また、入試報告会・入試情報講演会など様々なイベントで入試に役立つ情報を保護者の皆様にお届けいたします。様々な情報が巷にあふれているため、山手学院では本当に役立つ情報を的確に分析してお届けいたします。

入試報告会

前年度の入試を総括・分析し、わかりやすく解説します。

 前年度の入試を総括し、今後の展望についての詳細で的確な分析をわかりやすく解説します。高校入試を取り巻く環境の変化や入試を迎える上での準備や心構えについて知ることができます。高校の先生をゲストとしてお呼びし、講演していただくこともあります。

入試情報講演会

入試に向けた心構えや勉強の方針をお伝えします。

 最新の入試動向や入試を迎える上での心構え、準備、勉強の方針などについて、わかりやすく解説します。また、大学進学を見据えた高校の選択や各高校の最新情報などについても詳細な解説をおこないます。志望校や併願校を具体的に決める際に役立つ講演会です。

私立高校個別相談会

1日に複数の個別相談が受けられます。

 毎年11月に実施しています。県内・都内の私立高校から入試担当の先生方にお集まりいただくことで、1日に複数の高校の個別相談を受けることができます。11月までの会場テストの結果をもとに、最新の成績資料で相談することができます。

特徴

山手学院の個別相談会は高校ごとに教室を分けて実施します。あらかじめ生徒一人ひとりのタイムテーブルを組むため、待ち時間も少なく、1日に複数の学校の個別相談を効率よく受けることが可能です。

生徒面談・三者面談・保護者面談

一人ひとりの現状を把握し、今後の指針を確認します。

 定期テストの前後や通知表が配布された後などを中心に実施している面談です。面談時までに実施されたYOTや育伸テスト、会場テストや学校の定期テスト、通知表など様々な成績資料をもとに、今後の勉強の指針や目標の設定、志望校の確認をします。時期や必要に応じて、生徒面談・保護者面談・三者面談と形式を変えて実施します。