埼玉県教育委員会より、令和5年度の入学者選抜実施状況が公表されました。

〈各教科の平均点〉
 過去2年間の各教科の平均点と受検者数は次の通りです。
 前年度よりも下がった教科は国語と英語(学力検査・学校選択)です。一方、社会は前年度よりも+11.2点と大幅に上昇しました。
 英語と数学で学校選択問題が実施されるようになった平成29年度入試以降の各教科の平均点は次の通りです。

 推移を見ると、令和5年度の社会と理科は、現在の入試の形になってから最も高い平均点であることがわかります。一方、英語は学力検査問題、学校選択問題共に最も低い平均点となってます。
 小問ごとの通過率(正答率)等の詳細なデータについては、例年7月ごろに埼玉県立総合教育センターのHP(https://www.center.spec.ed.jp)で公開されます。

〈その他〉
 欠員補充を実施した学校数等については、51校1,485人でした。昨年よりも12校、197人減っています。
 欠員補充後に募集人員が充足しない学校数は47校で、昨年よりも12校減っています。