東所沢校【中学1・2年生対象 学年末試験対策授業】のお知らせ

 これまで東所沢校では、定期試験直前に5科目の試験対策授業を実施してきました。今回も、学年末試験の直前に対策授業を実施いたします。  各中学校の定期試験問題を分析した上で、学年別、学校別で出題されやすいことを復習・演習していきます。試験前の総仕上げに最適です。是非ご参加ください。 ※定期試験対策授業は、通常授業を受講している、していないに関わらず参加できます。  参加ご希望の場合は、教室へお気軽にお問合せください。 ■日程 ○安松中 1年生 2月15日(土)14:00~15:50 英語・数学 2月16日(日)14:00~16:50 理科・社会・国語・ ○安松中 2年生 2月15日(土)16:00~17:50 数学・英語 2月16日(土)14:00~16:50 国語・理科・社会 ○柳瀬中 1年生 2月23日(土)11:30~14:50 英語・数学・理科 2月24日(月)13:30~15:20 社会・国語 ○柳瀬中 2年生 2月23日(土)15:00~17:50 数学・国語・社会 2月24日(月)13:30~15:20 理科・英語 ○東中 1年生 2月23日(土)11:30~14:50 数学・英語・社会 2月24日(月)13:30~15:20 国語・理科 ○東中 2年生 2月23日(土)13:00~15:50 国語・社会・英語 2月16日(日)16:00~17:50 数学・理科 □持ち物  筆記用具・学校ワーク・塾ワーク(持っている生徒のみ) ※塾生は、学校ワーク・塾ワークの提出チェックをします。対策授業前に提出できるように  計画を立てて、進めておきましょう。 山手学院東所沢校の校舎案内へ戻る

鶴ヶ島校【2019年2学期期末テスト成績上位者】

名細中3年・1位    470点 名細中3年・2位    443点 名細中3年・2位    443点 名細中3年・2位    443点 藤中3年・2位     475点 南中3年・3位     473点 南中2年・4位     483点 高萩北中1年・5位   458点 名細中3年・7位    428点 藤中2年・9位     463点 南中3年・9位     450点 藤中3年・10位    456点 霞ヶ関西中2年・10位 421点 山手学院鶴ヶ島校の校舎案内へ戻る

狭山校【学年末テスト対策授業】のお知らせ

 2月25日より1年の集大成である学年末テストが始まります。山手学院狭山校では以下の日程でテスト対策授業(理社)を実施致します。  限られた時間野中で効率よく勉強するために、是非ご参加ください。 対 象:中1・中2 費 用:無料 持ち物:筆記用具・学校の教科書・ワークなど ◆2月23日(日) 13:20~14:10 堀兼中1年(社会)・中央中1年(理科)・狭山台中1年(社会)・山王中1年(理科) 14:15~15:05 堀兼中1年(理科)・中央中1年(社会)・狭山台中1年(理科)・山王中1年(社会) 15:15~16:15 狭山台中2年(理科)・山王中2年(社会)・中央中2年(理科) 16:20~17:20 狭山台中2年(社会)・山王中2年(理科)・中央中2年(社会)・堀兼中2年(理科) 17:25~18:25 堀兼中2年(社会) 13:00~18:00 201自習室開放 ◆2月24日(振) 13:30~14:20 中1数学・中2国語 14:25~15:15 中1英語・中2数学 15:20~16:10 中1国語・中2英語 13:00~18:00 201自習室開放 ◆3月1日(日) 13:40~14:30 入間野中1年(理科)・入間野中2年(社会) 14:40~15:30 入間野中1年(社会)・入間野中2年(理科) 山手学院狭山校の校舎案内へ戻る

霞ヶ関校【小学生 ワーク勉強会】のお知らせ

 あと2か月あまりで、新しい学年がスタートします。新しい学年になる前に、勉強会に参加して、現学年の学習内容の復習をおこない未定着の部分をなくしていきましょう。 対象 小学生 日程 3月7日(土)・14日(土)・21日(土) 時間 14:00~15:30 ※前学年の塾ワークが進んでいない生徒さんは必ず参加してください。ワークが順調に進んでいる生徒さんも、苦手な単元をプリント等で対応できますのでぜひ参加してください。 山手学院霞ヶ関校の校舎案内へ戻る

そろばん通信|2020年3月号

珠算式暗算は脳の働きを高める②  珠算式暗算は、前頭前野でそろばんのメンタル・ピクチャアを操作することです。  前頭前野の働きが人の知能ですから、珠算式暗算は、実効性のある脳トレであるといえます。脳トレのソフトウエアはいろいろありますが、算数的能力・数学的能力をつちかうには、やっぱり珠算式暗算です。  昭和の初頭、名古屋市新道尋常小学校校長の榊原孫太郎先生が珠算と珠算式暗算を児童たちに指導しました。その実践に基づいて、昭和七年に『一元的算術教育』を出版します。なにごとも論より証拠ですから、この書物に書かれていることは貴重です。  榊原先生の意見をみなさんにわかりやすいようにまとめてみましょう。 『暗算には、能力暗算と珠算式暗算のふたつがあります。小学校で課せられるのは能力暗算ですが、覚えるまでに労力と時間がかかるうえに、数が大きくなると、けっきょく珠算か筆算にたよるしかありません。ですから、能力暗算は、実用向きとしては不便なのです。  珠算式暗算は、脳に思い描いたそろばんを使って計算する方法です。そろばんを抽象的にイメージして計算しますから、実際にそろばんを使って計算すること以上に、正確に速く、五六桁以内の加減乗除はかんたんです。  おどろく人もいますが、そろばんを弾くことができる人であれば、だれでも可能ですし、難しいことではありません。暗算の練習をしていないから、できないだけです。  ためしに目を閉じて、そろばんを思い浮かべて、2+3の計算を思い描いてみれば、おぼろげであっても梁(はり)の上の五玉を下ろし、梁の下の玉二個を払って、5という答えを得るでしょう。  珠算式暗算の基礎は、数をそろばんの形にして脳に思い浮かべることです。手始めに、残像を利用しましょう。たとえば、そろばんに二十六と置いて、約三十秒、これを注視して、目を閉じれば残像が残ります。(脳の記憶域のワーキングメモリーの働き)この残像を維持しながら、計算していくと、順次、玉の変化したそろばんのイメージが頭に残ります。答えは、脳に浮かんでいるそろばんを読めばいいのです。一学期のあいだに、四桁・五桁くらいのイメージができるようになります。  そろばんのイメージの確かさをチェックするためには、たとえば、3467を脳に描いたそろばんに置き、それを下の桁からいわせると、7643といえますし、基数の和を問えば20と答えられます。そろばんを脳に描けているならば、かんたんです。  じゅうぶんにイメージ練習ができたならば、一桁の補数練習、二桁の補数練習を行い、加法の練習から始めましょう』(以上、引用および書きかえ)  このあと、人の記憶に、視覚型、聴覚型、筋肉型、混合型等があることが説明され、榊原先生の実践では、多くの児童が視覚型と筋肉型の混合であったことが報告されています。筋肉型というのは、空中にそろばんがあるかのようにイメージして、手指を動かしながら暗算するタイプのことです。  児童たちのうち、視覚筋肉両型の混合型がもっとも上達したようです。そういっても、手指を動かすような動作は初歩のうちで、熟練した児童たちは、よそ見をしながらでも、笑いながらでも、落書きをしながらでも、正確に、敏速に計算していて、外から見ただけでは計算しているように見えなかったようですから、たいしたものです。 学院長 筒井保明

学院長からのメッセージ 2020 February

もっとすごい自分になる! Be Your Better Self.  目の前に自信を失っている生徒がいたら、それがだれであっても、どんな状況であっても、無条件で「君はできるのだから、やってみよう」と励ます。「自分はできる」と信じれば、だれでもできるようになるからだ。  もちろん、効率的な学習習慣や効果的な学習方法など、具体的なことも教える。  けれども、「自分はできない」と思い込んでいるとき、どんな方法も役に立たない。思い込みの極端な例が強迫観念で、やる前から「できないとばかにされる。できないと叱られる」と恐れや不安を感じておびえてしまう。このとき、脳の偏桃体がネガティブな感情を増幅して、情報処理をつかさどる脳の海馬の働きを妨げるので、けっきょく学習することができない。  たとえば、アルプスの少女ハイジは、文字が読めなかった。令嬢クララの家庭教師が必死に学習を詰め込もうとしても、ハイジは学習を吸収することができなかった。なぜなら、羊飼いのペーターに「文字を読むことはできないよ」と何度も何度もいわれたので、「文字は読めない」という思い込みが根付いてしまっていたからだ。家庭教師も「この子には無理だ」と思いながら教えていた。  家庭教師から「ハイジは学ぶことができない子どもだ」と報告されたクララの祖母は、「ハイジはかならず読めるようになる」と反論した。  クララの祖母は、笑顔でハイジに近づくと、アルプスに関する絵本を手渡して、まず「読みたい」という気持ちをハイジから引き出した。そして、「読むことはできる」という確信をハイジに与えてから、読むことを教えた。すると、ハイジは、みるみるうちに本が読めるようになった。  ハイジの学習を妨げていた思い込みをメンタル・ブロックという。「自分はできない」という思い込みがメンタル・ブロックだ。  学習にかぎらず、スポーツでも、芸術でも、「自分はできない」というメンタル・ブロックが最大の障害物である。「できないこと」は、だれでもいやになる。いやになったら、やりたくなくなる。やりたくないことは、なかなかできるようにならない。遅かれ早かれ、多くの人たちが「できないこと」から逃げ出してしまう。  クララの祖母がすばらしい教育者であることは、最初に「読みたい」という気持ちをハイジから引き出したことでわかる。だれでも、やりたいことは、進んでやるだろう。この自発性が、学習のカギだ。  つぎに、「かならずできる」という確信を与えたことも重要だ。教師が「この生徒はかならずできる」という確信を持っていれば、目の前の生徒も「わたしはできる」と自然に確信できる。これは非言語的な要素なので、口先で「君はできるよ」といってもあまり効果はない。クララの家庭教師は「ハイジには無理だ」と思って教えているから、ハイジはできるようにならなかった。クララの祖母は「ハイジはできる」と確信しているから、ハイジはできるようになった。ハイジがメンタル・ブロックを外すことができたのは、クララの祖母の確信度のおかげである。  わたしたちは、君たち一人ひとりがかならずできるようになると確信している。  「もっとすごい自分になる!」(Be your better self.)というのは、新年度のテーマの一つだ。君たちは成長過程にあるので、君たちのベストはまだまだ未知である。現在の君より、未来の君はもっとすごい君であるはずだ。  「できる」という確信をもって、しっかり取り組んでいこう。 学院長 筒井保明

所沢西口校【定期テスト対策授業(3学期学年末テスト)】のご案内

 県公立高校を第一志望にするならば、中1から中3までの3年間の内申点(学年評定)を早くからしっかりと意識し、1点でも高い点数を取っておくことが大切です。  そこで山手学院所沢西口校では、志望校合格を全力でサポートするために、定期テスト対策授業を実施しています。  定期テスト対策授業の特長は5つあります。 ①授業形式…定期テストの学習ポイントを授業形式で伝授します。 ②中学校別・学年別…それぞれの中学校の試験範囲に合わせた内容になります。 ③5教科…主要5教科をすべて実施します。 ④授業料無料・教材費無料 ⑤各中学校授業時間310分…国語・数学・英語(50分×3コマ)・理科・社会(80分×2コマ)  ここでしっかり学習を積み重ね、定期テストで高得点を目指し、志望校合格を手にしよう!!  山手学院にまだ通われていない方も参加できます。お気軽にお問い合わせください。 ■南陵中(中2) ★ワークチェック締切 2/13(木) 2/11(火) 理科・社会 15:30~18:20 2/16(日) 3科 9:00~11:50 ■南陵中(中1) ★ワークチェック締切 2/13(木)  2/11(火) 3科 17:00~19:50 2/15(土) 理科・社会 9:00~11:50 ■向陽中(中2) ★ワークチェック締切 2/13(木)  2/15(土) 理科・社会 9:00~11:50 2/16(日) 3科 9:00~11:50 ■中央中(中2) ★ワークチェック締切 2/20(木)  2/16(日) 3科 9:00~11:50 2/22(土) 理科・社会 9:00~11:50 ■所沢中(中2) ★ワークチェック締切 2/21(金)  2/22(土) 理社 9:00~11:50 2/23(日) 3科 9:00~11:50 ■所沢中(中1) ★ワークチェック締切 2/21(金)  2/23(日) 3科 9:00~11:50 […]

ふじみ野校【中学受験新年度授業2月7日(金)開始】のお知らせ

 山手学院の中学受験コースは、「偏差値なんてふっとばせ」を合言葉に、「行ける学校ではなく行きたい学校に」をモットーに指導をおこなっています。  一人ひとりをしっかりと指導し、それぞれの目標に合わせた指導を実践しています。テストの解きなおしや補講などを随時おこない、合格までとことん面倒を見させていただきます。 ◆時間割 新小学4年生  算数 月曜日 17:10~18:45(45分×2)  国語 水曜日 17:10~18:45(45分×2)  理社 土曜日 15:05~16:40(各45分) 新小学5年生  算数 水曜日 17:00~19:05(60分×2)  国語 金曜日 17:00~19:05(60分×2)  理社 土曜日 14:35~17:10(各75分) 新小学6年生  算数 月・水曜日 17:00~19:05(60分×2)  国語 金曜日 17:00~19:05(60分×2)  理社 土曜日 15:30~18:40(各90分) 2月無料体験授業受付中です。お気軽にお問い合わせください。 山手学院ふじみ野校の校舎案内へ戻る

個別スクール朝霞校【入試直前勉強会】のお知らせ

 いよいよ県公立高校入試が目前となりました。個別スクール朝霞校では「入試直前勉強会」を行います。スケジュールは以下のようになっています。  教科や内容は日程ごとに変わることがありますが、理科・社会の指導が中心になります。理科・社会は、県公立高校の合格点を最も左右しやすい教科のため、その最終確認をしていきます。また、国語の作文対策や、数学の小問対策など多くの内容を考えています。  ぜひ、この機会を利用して志望校の合格を勝ち取ってもらいたいと思います。 対象: 県公立高校受験予定の中学3年生 日程: 2/16(日) 2/23(日) 時間: 13時~17時 費用: 無料 入試までの残りの期間を有効活用し、本番当日、自信を持って試験に臨めるよう、直前まで全力で取り組みましょう! 個別スクール朝霞校の校舎案内へ戻る

藤沢校【入試直前対策勉強会 】のお知らせ

藤沢校では、中3生の第一志望合格に向け、以下の日程で勉強会を実施します。 ■都内私立入試対策 (○国語A/数学A…城北高校、錦城高校など  ○国語B/数学B…拓殖第一高校など) 日付 曜日 9時00分~9時55分 10時00分~10時55分 11時00分~11時55分 2月2日 日 国語A 英語A 数学A 英語B 数学B 国語B ■県立入試対策 (○理科A/社会A…80点以上を目指す生徒 ○理科B/社会B…60点以上を目指す生徒) 日付 曜日 9時00分~10時25分 10時30分~11時55分 2月16日 日 理科入試問題演習A 社会入試問題演習A 社会入試問題演習B 理科入試問題演習B 日付 曜日 9時00分~10時25分 10時30分~11時55分 2月22日 土 理科入試問題演習A 社会入試問題演習A 社会入試問題演習B 理科入試問題演習B 2月23日 日 理科入試問題演習A 社会入試問題演習A 社会入試問題演習B 理科入試問題演習B ※どの授業を受講すればよいか迷う生徒は、教師までご相談ください。 山手学院藤沢校の校舎案内へ戻る